本日の注目ニュース!!

【うわぁ…】パリの警察署に貼られていたDVのポスターの内容が怖い・・・

21
コメント
Twitter
unhappy_woman6




 

こちらも読まれております。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう



BUZZったイチオシ記事!!!!!(*゚∀゚)ゞ

    この記事へのコメント

    名無し隊員さん
    2019年03月17日 08:50
    ソースは?
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 08:56
    あーあったあったは草
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 09:00
    ポスターの画像がほしいよな
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 09:07
    子供虐待する親の大半もこうだよな
    機嫌が良いときはちゃんと世話もするし優しく接する
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 09:35
    暴力を振るう女は一切無視してる辺りパリも男性差別してるなあ
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 09:38
    あちらのまんさんが殺されるまでおとなしく耐えてるとは思えんがねぇ
    そんなに頭悪い木偶人形の訳ないやろ
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 09:40
    そういう屑男多いよね
    殴るまで行かなくても
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 10:04
    軽くたたく程度はよいと思うんだがな
    赤ちゃんの布団に乗ろうとする猫を叱ろうとするんだが
    妻がすごい剣幕で暴力は止めてと叫ぶ
    いって聞かせてといわれても猫だからな
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 10:47
    >>6
    共依存はどの人種でも起こるし海外でも監禁されて洗脳されて逃げれなくなった事件とかありますけど。
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 10:49
    >>5
    女の方が力弱いから返り討ちにあうことが多いし、男性の方がホルモンの関係で攻撃的な人が多いから暴力を伴う犯罪は男性の方が多いからじゃないの?
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 11:08
    ツイッターのが厳しい意見が書かれてワロタ
    まとめ民は優しいな。
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 12:41
    >>5
    翻訳時にこいつが意図的に「配偶者」という言葉を「ご主人」にしてる可能性があるから、原文見ないとわからないよ。その辺敏感なフランスが考えてないとは思えない。

    >>10
    ちなみに日本の既婚者で、配偶者から暴力を受けたことのある人の割合は、ざっくり女が30%、男が20%。更に男の場合は世間体からか訴えない場合も多いと聞く。
    一般的には暴力を伴う犯罪加害者は男の方が多いと言えるとは思うが、こと家庭内暴力に関しては言い切れないと思う。
    (上記の被害割合は言葉の暴力も含んでる可能性あり。ただ妻から夫への身体的暴力はゼロではない。)
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 12:44
    写真ぐらい貼れよ
    だから嘘松って言われんだろうが
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 13:04
    嘘松じゃなくてこれbotです
    普段はボケてとかコピペとか自動で投稿してます
    これも信憑性ありません
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 14:00
    まぁ女なんて子供2人くらい産んだら○しちゃってもいいんでしょ
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 16:20
    >>12
    同じ統計で犯罪認定されるレベルだと女が9割以上被害者だし女も世間体、経済力のなさ、子供の安全を考えて訴えられないことは多いのに何でそういう結論になるんだろう
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 17:19
    ただの犯罪
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 18:42
    女が腹の中にいるってわかった時におろしとけ。
    名無し隊員さん
    2019年03月17日 23:37
    >>15
    でも童貞チビハゲデブなんやろ?
    名無し隊員さん
    2019年03月18日 06:56
    画像ねえのかよ
    名無し隊員さん
    2019年03月18日 18:33
    >>16
    被害者は女の方が多いっていうのは否定してないし、女側にも訴えられないケースもあるんだろうさ。
    それはわかるが、まあ細かい数字より、ともすれば「男から女」の形態しかないと思われてそうな家庭内暴力も、逆の形もあり得るってことを認識してほしいだけ。それもそんなに少なくない量。