本日の注目ニュース!!

テキトーに考えた世界史で熱く語ってみようぜ

8
コメント
考古学
CIMG3866_convert_20130328011113

1: 2016/03/28(月) 02:22:51.791 ID:uUh0PyxIa.net
ムッガール帝国がサウンワン朝に攻め込まなければムスコ帝国は存続できたんじゃないのか?

身に覚えの無い借金返済の督促が。警察に行くも相手にして貰えないので直接金融会社へ出向いた結果→

私「なんで敬語使わないの?」大学生の新人「敬語は使えるけど、なんでお前らに使わなきゃいけないの?」私「…」→結果…

道外の人「え、旭川にいるの?いま私札幌!あそぼうよ!」

「日本よ、これがロボットだ!」 アメリカさんが本気出してきた件

彼女がバイト先の店長と浮気→俺「どういうことだ!」店長「証拠は?今の時代は証拠がないとね~」

脱原発とか言ってるやつ来いよ


2: 2016/03/28(月) 02:23:43.232 ID:rhhhujF70.net
でもそんな中戦ったロイナマルサが英雄なんだよなぁ

3: 2016/03/28(月) 02:24:24.300 ID:uUh0PyxIa.net
>>2
ロイナマルサは実はスパイ説もあるからなぁ‥

4: 2016/03/28(月) 02:26:21.815 ID:HcHllz250.net
でも戦争が起きなくてもムスコ帝国って経済的にヤバかったんじゃなかったか?

7: 2016/03/28(月) 02:28:24.466 ID:uUh0PyxIa.net
>>4
いやムスコ帝国は当時には珍しくきちんと貨幣経済が成立してたよ
ただムッガール帝国の暴れっぷりに引きずり込まれただけだと思うんだよね

5: 2016/03/28(月) 02:26:30.741 ID:GKpISovX0.net
パスルタクスの反乱が無ければサウンワウン朝も滅んでたよな

6: 2016/03/28(月) 02:28:14.701 ID:49+imdZca.net
そもそも皇帝ギガンティアーク15世が諸悪の根源だからな

12: 2016/03/28(月) 02:30:46.392 ID:uUh0PyxIa.net
>>6
ギガンティアーク15世は世界史の中でもベスト3に入るほどの愚帝だよね

8: 2016/03/28(月) 02:28:50.443 ID:MnBY3VOt0.net
猛虎帝ガルンガと鬼将アグニムの戦いは世界史に大きな影響を与えたよね

13: 2016/03/28(月) 02:32:20.249 ID:uUh0PyxIa.net
>>8
ガルンガとアグニムの戦いは伝説だけどあれも実は裏で手を結んでたって話もあるらしい

9: 2016/03/28(月) 02:29:27.276 ID:Bl7asn5Ld.net
ムッガール帝国といえばヴァンダレイ・シウバ2世の政治手腕は凄かったよな

10: 2016/03/28(月) 02:29:34.141 ID:uUh0PyxIa.net
パスルタクスは嫁さんがムッガール帝国の人間だったって言うから反乱もわざと引き起こしたんじゃないかな

15: 2016/03/28(月) 02:34:13.778 ID:D3kbwVWw0.net
ログマ平原でシス王朝が栄えたのってエマタイ3世の力が大きいのかな

18: 2016/03/28(月) 02:36:22.030 ID:uUh0PyxIa.net
>>15
エマタイ3世は手腕も評価されてるけど人望も厚かったらしいね

16: 2016/03/28(月) 02:35:10.488 ID:GKpISovX0.net
ムスコ帝国は同盟国だったマーロ帝国から援助があれば助かったかもしれないのにな…
マーロ帝国はマンゲル人の侵攻を喰い止めるのに必死だったのが残念だ。

19: 2016/03/28(月) 02:36:34.157 ID:kENoe2gc0.net
ディルノフィーディ五帝会戦で黄国が興陽取ってなかったら
ムッガールはじめスヴィノ教の連中が油田手にして世界の覇権握ってたのかもとか妄想すると楽しい

21: 2016/03/28(月) 02:37:55.253 ID:B7YLBBzx0.net
表向きはそうかもしれないかど実際には宗教戦争的なところもあったやろ

26: 2016/03/28(月) 02:39:12.574 ID:uUh0PyxIa.net
>>21
当時はまだナムン教が各地に絶大な影響力を持ってた頃だからね

22: 2016/03/28(月) 02:38:01.750 ID:uUh0PyxIa.net
でも今の学説ではマーロ帝国はマンゲル人の侵攻を喰い止めるのに必死だったってのは建前で
実はムッガール帝国の息がかかってたってのが主流の考え方らしいよ

29: 2016/03/28(月) 02:41:28.630 ID:GKpISovX0.net
>>22
あのマーロ帝国をも乗っ取るムッガールスゴいわ。
なのにブリブリタニア王国の植民地になってしまったのは不思議でたまらない。

35: 2016/03/28(月) 02:46:08.354 ID:uUh0PyxIa.net
>>29
ブリブリタニア王国は漁夫の利を得ただけだろw
地政学的にもまさに丁度いい位置関係だった訳だし

23: 2016/03/28(月) 02:38:22.182 ID:ueMtXOTv0.net
かの有名なダッカダッカル国が滅亡しかけた時、最後の1人が予言を残したらしいな
なんだったっけな

31: 2016/03/28(月) 02:42:42.430 ID:uUh0PyxIa.net
>>23
ダッカダッカルの予言者だよね
俺もダッカダッカルあたりの歴史はいまいり勉強してないんだけど預言者がいたよね

30: 2016/03/28(月) 02:42:07.751 ID:dmkuvXIi0.net
ウルガヤックも賛否両論だよなぁ
俺はよくガラマカラハ思想かよって言われる

33: 2016/03/28(月) 02:44:08.088 ID:U8Li5Ky4d.net
そういえば、ムッガールの裏で秘密結社ヌッペンホフスが糸引いてた、とか昔話題になったけど、あれって結局デマだったんだっけ?

37: 2016/03/28(月) 02:51:37.360 ID:D3kbwVWw0.net
>>33
糸引いてたかは定かではないけどギャミックの会合にヌッペンホフスの工作員が潜入してムッガール再建の為に秘密裏に情報を盗もうとしてたのは公式記録にあるよ

36: 2016/03/28(月) 02:50:55.531 ID:9o1FBXyu0.net
神聖デデドニア帝国が1対199で一度勝った話でもする?

40: 2016/03/28(月) 02:52:53.501 ID:uUh0PyxIa.net
>>36
あれはさすがにお伽噺だろw

43: 2016/03/28(月) 02:56:39.079 ID:uVl/Sb/w0.net
>>36
それカトリアル時代に付け加えられた俗説だよ
敵の大将ブラム11世が田中の罠に引っかかった実質1体1だった
それでも十分すごいけどね

47: 2016/03/28(月) 02:59:31.388 ID:uUh0PyxIa.net
>>43
田中は今で言うと室伏みたいな奴だったんだろうね

42: 2016/03/28(月) 02:54:38.066 ID:dmkuvXIi0.net
最近だとシュパトルクの書物は史実を元にしてるって説が有力だぞ

44: 2016/03/28(月) 02:56:55.245 ID:uUh0PyxIa.net
>>42
シュパトルクがマジならウルンガの戦いもチェスの伝説もマジってことか?
それはさすがにないだろw

50: 2016/03/28(月) 03:02:01.460 ID:dmkuvXIi0.net
>>44
ウルンガはさすがに怪しいよなww
どうやったら全裸の男数人で城落とせるんだよwww

51: 2016/03/28(月) 03:04:05.515 ID:uUh0PyxIa.net
>>50
しかもウルンガの攻撃方法は「叫び」だからなw
全裸で叫んで城が落とせるとか意味わからんわw

53: 2016/03/28(月) 03:07:13.234 ID:uVl/Sb/w0.net
>>51
シュパトルクの書物は今でいうギャグ漫画みたいなもんだから多少ネタ要素は入ってる
でも大筋の流れは史実にそられてるからウルンガの強さも間違いではないと思ってる、確たる証拠はないけどね

46: 2016/03/28(月) 02:58:49.314 ID:sqwpBU9K0.net
詳しすぎついていけない
俺なんてロイナマルサがニョロイの戦いで敵国の女騎士と好い仲になったことしか知らんわ
スパイ説はここからかな

49: 2016/03/28(月) 03:01:32.553 ID:01/yNHZk0.net
俺は今でもカシュトリヤの戦いが忘れられないな
自由を求める ただそれだけの理由でランゲラ人がジャラマホンに勝てると思うか?人の精神力の強さを感じるね
ブランブル将軍の名言も有名だよな

52: 2016/03/28(月) 03:06:40.456 ID:uUh0PyxIa.net
>>49
ランゲラ人には子孫を守るという大義名分があったんだよ
彼らはそのためだけに戦ったんだ

54: 2016/03/28(月) 03:07:24.581 ID:sqwpBU9K0.net
いやいや確かアルカクロイも似たような逸話あるしあり得るんじゃねーかな
声の力は馬鹿に出来んぞ

57: 2016/03/28(月) 03:11:35.524 ID:uUh0PyxIa.net
>>54
アルカクロイはけっこう重火器を持ってたって話じゃない?
さすがに声だけを武器に敵を倒したってのは現実的じゃないだろw

58: 2016/03/28(月) 03:14:03.304 ID:NGgqlTNup.net
>>57
「叫び、囁き、導く」今でも連綿と受け継がれてきた人心掌握の教えやで

63: 2016/03/28(月) 03:16:43.155 ID:uUh0PyxIa.net
>>58
人心掌握としてはわかるけどそれで敵を倒すってあんまりだろw
結局はお伽話なんだよ

75: 2016/03/28(月) 03:25:04.512 ID:sqwpBU9K0.net
>>57
あの時代重火器なんてないし後世の創作だろ
大方スペーチェルスの書を間に受けたんだろうけどさ
大砲が出来たのはフィニシチュア王朝の時代って習ったろ

60: 2016/03/28(月) 03:15:25.301 ID:uVl/Sb/w0.net
カシュトリヤの戦いはジャラホマンたちマーロ軍が一方的に悪みたいな扱い受けてるけど自分はそうは思わないな
むしろランゲラ人の戦勝後の拷問の方がひどかったでしょ
間接的ではあるけどマーロを滅亡させたのはランゲラ人だと思う

65: 2016/03/28(月) 03:18:48.665 ID:uUh0PyxIa.net
>>60
ランゲラは独特の考え方があったからね
当時の世界情勢としてはかなり珍しいものだった
だからこそジャラマホンにも勝てたと思う

64: 2016/03/28(月) 03:18:04.722 ID:9o1FBXyu0.net
ウルンガの戦いほんとすき
命がけの色仕掛けが功を奏したんだっけ

74: 2016/03/28(月) 03:24:54.641 ID:uVl/Sb/w0.net
>>64
伍巾の大反乱はウルンガの戦いだけ有名になってるけど最終的には結局反乱軍が負けたんだよ
色仕掛けを早めにばらしてしまったのが惜しまれる、どっちにしろ死因を詳細に分析できたゼニス王の技術力も称賛されるべきだけど

66: 2016/03/28(月) 03:19:09.838 ID:8dq0bkZT0.net
神話とごっちゃにしてるやつ多いな

68: 2016/03/28(月) 03:19:55.318 ID:+6WbwM1B0.net
そもそも中世ヨーロッパのジョセフ ライオニルが革命を起こさなければこんな世界にはならなかったのに、、、

72: 2016/03/28(月) 03:24:12.986 ID:uUh0PyxIa.net
>>68
ジョセフライオニル持ち出すのは反則でしょw
あいつの出現辺りから世界史はまたガラッと変わったわけだし

73: 2016/03/28(月) 03:24:33.122 ID:9o1FBXyu0.net
>>68
A級戦犯おじさんの話はやめて差し上げろ

70: 2016/03/28(月) 03:22:19.788 ID:GyO47ed6d.net
ウルンガの戦いって本当にあったのか??
皇帝に仕えた人物の主観で書かれた史実だと思ってたわ

77: 2016/03/28(月) 03:25:54.985 ID:uUh0PyxIa.net
>>70
ウルンガの戦い自体は実際にあったと思うよ
けど「声で戦った」とか「全裸の男数人で戦った」とかその辺はちょっと現実的じゃないよなぁ‥

78: 2016/03/28(月) 03:26:55.746 ID:AyDGzfeK0.net
>>77
それって規模の問題でしょそもそも闘いの定義によるよね

83: 2016/03/28(月) 03:29:42.560 ID:sqwpBU9K0.net
>>77
だからこそ歴史に残ったんだろ
ありえないことを成し遂げての英雄だよ
数十万の相手に八百の騎兵で総大将討ったディルディンが本当に実在してたってのは記憶に新しい話だろ

88: 2016/03/28(月) 03:32:14.492 ID:NPOfIPwOd.net
>>77
カワカムリン達の闘いの事か

79: 2016/03/28(月) 03:27:28.644 ID:34fSPn4n0.net
結局テンガイラズメンは、エラヤノファンの裏で糸引いてたマルイボサエノスの手によって殺されたってことでFA?

82: 2016/03/28(月) 03:29:26.098 ID:uUh0PyxIa.net
>>79
マルイボサエノスの嫁はテンガイラズメンの姪だからそれはない

89: 2016/03/28(月) 03:32:26.406 ID:GKpISovX0.net
厨二病だった頃はジョセフライオニル崇拝してたわ…

90: 2016/03/28(月) 03:33:36.165 ID:AyDGzfeK0.net
俺もマンゲル語族崇拝してたわ…

101: 2016/03/28(月) 03:37:52.503 ID:9o1FBXyu0.net
>>90
高確率で授業中ネタにされるマンゲル語族
なんでや!かっこいいやろ!

128: 2016/03/28(月) 03:48:57.974 ID:AyDGzfeK0.net
>>101
まあ厨二には受ける要素だらけだな
神とはスペイン語で、人とはフランス語で、ジョセフライオニルとはマンゲル語で話せ
って言われてるくらいだし

91: 2016/03/28(月) 03:34:17.245 ID:uVl/Sb/w0.net
お前ら古代史好きだなw
近代史専攻の俺としてはバイル危機に端を発するクロズダン戦争が好きなんだが
世界中が第三次核戦争の危機に怯える中土剣だけで対黒同盟を破ったクロズダンはほんと鳥肌ものだよ

107: 2016/03/28(月) 03:40:35.778 ID:sqwpBU9K0.net
>>91
結果的に意味なかったけどな
そこら辺の儚さも好きと言えば好きだが
クロズダンだけじゃなくてニュンリマも味方についてたらあるいは……なんて想像してしまうわwwww

117: 2016/03/28(月) 03:45:13.222 ID:uVl/Sb/w0.net
>>107
親黒派だったニュンリマ49代首相ミズサンマリナがもう1年長生きしてればなぁ…

109: 2016/03/28(月) 03:41:29.176 ID:kENoe2gc0.net
>>91
近代って言っても戦術核が列強で一般化した19世紀末を境にまるで別の時代に別れるからなあ
俺は第一次核戦争後のヴィスコール体制の時代が一番はっちゃけてて好きだけど

114: 2016/03/28(月) 03:43:06.599 ID:AyDGzfeK0.net
>>109
そのあたりの詳しい歴史書「渚からこんにちは」が絶版で手に入らんのだが?

123: 2016/03/28(月) 03:47:05.035 ID:kENoe2gc0.net
>>114
30年くらい前には時勢もあって日本語の研究書が多かったらしいけどなあ…
時代感じちゃうわ

129: 2016/03/28(月) 03:49:14.126 ID:+6WbwM1B0.net
>>114
実は最近こっそり電子版が出てるの知らないのか??

92: 2016/03/28(月) 03:34:51.196 ID:D4WRpYw70.net
ジョセフライオニルは身長72cmって聞いたんだが

94: 2016/03/28(月) 03:35:43.120 ID:AyDGzfeK0.net
>>92
何歳のときの話だよw

96: 2016/03/28(月) 03:36:21.512 ID:D4WRpYw70.net
>>94
16

95: 2016/03/28(月) 03:35:48.082 ID:dmkuvXIi0.net
>>92
それは肖像画で盛った時の推定じゃなかった?

99: 2016/03/28(月) 03:37:22.733 ID:NPOfIPwOd.net
>>92
オトタッケンダルマの間違いでは?

103: 2016/03/28(月) 03:38:23.360 ID:uUh0PyxIa.net
>>99
「五体不満足にして絶倫」の称号をもらった障害者だっけ?

93: 2016/03/28(月) 03:35:14.847 ID:9o1FBXyu0.net
ジョセフライオニルは紙幣に採用して欲しくない歴史上の人物ランキングでぶっちぎりのトップだったからなぁ

97: 2016/03/28(月) 03:36:23.262 ID:uUh0PyxIa.net
でもジョセフライオニルに関してはいまだに熱狂的な支持者がいるらしいからなぁ

100: 2016/03/28(月) 03:37:47.036 ID:AyDGzfeK0.net
>>97
確かなんか戦艦かなんかの名前に採用されてなかったっけか?
no title

98: 2016/03/28(月) 03:37:10.917 ID:IbHd7b6Q0.net
ジョセフフライオニルをピーターランビアーニが演じたのはワロタw

104: 2016/03/28(月) 03:39:25.030 ID:uVl/Sb/w0.net
ジョセフライオニル支持者をただの中学生だと思ってるのは危険だぞ
ブラル周辺の後進国ではジョセフライオニルを支持してる歴史学者がブライオクライネと手を組んで反乱を起こしたこともあった
あいつの支持者は行動力が無駄に高いのが怖いわ

112: 2016/03/28(月) 03:42:13.037 ID:+6WbwM1B0.net
>>104
今となれば第2のイスラムと呼ばれるまでになってしまったからな

106: 2016/03/28(月) 03:40:05.576 ID:+6WbwM1B0.net
またそのジョセフ ライオニルの奥さんが世界的に有名だったあのジョバル デュ オルセギアだったからなぁ やっぱ人間は分からんなぁ

108: 2016/03/28(月) 03:41:20.547 ID:uUh0PyxIa.net
>>106
オルセギアは元々ただの売春婦だったらしいね

116: 2016/03/28(月) 03:44:02.408 ID:+6WbwM1B0.net
>>108
元々は普通の美人だったらしいが ジョセフに会って変わってしまったらしいな

119: 2016/03/28(月) 03:46:13.103 ID:uUh0PyxIa.net
>>116
いまだにこれだけジョセフライオネルの影響力がある背景には
絶対にオルセギアの影響はあるからね
ただ美人だっただけではないだろう

125: 2016/03/28(月) 03:48:21.803 ID:34fSPn4n0.net
>>119
オルセギアはなかなか洗脳が上手かったらしいぞ
売春婦時代の客は皆オルセギアの言うことなら1mmも疑わなかったそうな

118: 2016/03/28(月) 03:45:51.977 ID:D4WRpYw70.net
ルビーノ=ガレスが悪役と見られてるのはもともとジョセフライオニルのせいだしな。

127: 2016/03/28(月) 03:48:38.321 ID:uUh0PyxIa.net
>>118
ルビーノガレスはジョセフライオニルと正々堂々と対峙した希有な人物

124: 2016/03/28(月) 03:47:50.944 ID:OVihWmMc0.net
そんなことよりクラップアー王女とツェヘベリヘリン2世の貴族百合の話しようぜ

138: 2016/03/28(月) 03:51:29.253 ID:sqwpBU9K0.net
>>124
それクラップラー王女の立場を弱める為のデマじゃん
その後赤字革命起きたし
フェルナー神父に足引っ張られなきゃノイッシュはあと100年は上手くいったんだろうなぁ

146: 2016/03/28(月) 03:54:36.109 ID:uUh0PyxIa.net
>>138
ノイッシュはなぁ‥
赤字革命さえなければ下手すりゃ世界制覇出来たかもしれない国だからなぁ
もちろん歴史にifはないわけだが

149: 2016/03/28(月) 03:56:30.629 ID:OVihWmMc0.net
>>138
デマとは言うけど実際義姉妹の契を交わしてたんだろ?結局あのふたりが仲良かったのがスーツェニッヒ衝突事件での和解につながったんだしさ

162: 2016/03/28(月) 04:02:47.465 ID:sqwpBU9K0.net
>>149
仲良かったのは事実だけど義姉妹の契りは後世の創作だよ
でその仲いいところをフェルナー神父につかれた訳
スーツィニッヒ衝突事件は元々起こることが予測されてたからね
先にスパイとしてツェヘベリヘリン二世を送ってた王女の慧眼を褒めるべき

126: 2016/03/28(月) 03:48:31.686 ID:D4WRpYw70.net
ジョセフライオニルには子供が7人いたけど全員暗殺されたというのは本当だろうか?

139: 2016/03/28(月) 03:51:39.359 ID:34fSPn4n0.net
>>126
表向きはな。
だがホランデナジヤネンとキレヂナファラネンもジョセフライオニルの子だって説もあるからなあ

144: 2016/03/28(月) 03:53:19.435 ID:td818DCO0.net
>>139
それはねえだろwww
と思ったがラグナイルの件があったから完全にないとは言い切れないのか

140: 2016/03/28(月) 03:52:38.620 ID:+6WbwM1B0.net
>>126
3人目のエルドロスだけ無事だったが結局その後打ち首にされてたな

141: 2016/03/28(月) 03:52:45.598 ID:gE2gbAG30.net
>>126
確か末男のジョナサンライオネルだけはサウンワン帝国の皇帝に連れ去られてたはず

130: 2016/03/28(月) 03:49:23.817 ID:kENoe2gc0.net
それでもジョセフライオニルが原因となった戦争で
血清だの蒸気機関だの現代の科学技術の基礎が作られてる訳だから
もしジョセフライオニルがいなかったら文明が4,50年遅れてたと思うとぞっとするわ

134: 2016/03/28(月) 03:50:58.971 ID:uUh0PyxIa.net
>>130
逆を言えばジョセフライオニルがいなければ全世界で6000万人も人が死ぬことはなかった

152: 2016/03/28(月) 03:56:50.301 ID:uVl/Sb/w0.net
>>130
ジョセフライオニルが嫉妬でシラビの国々を滅亡させていなければもっと早くに科学技術が発達してたよ
シラビの国々は独自に進んだ科学技術を持っていたからね、平和的にシラビの国々と交易を結んでたら世界的にもその進んだ科学技術が知れ渡るようになっていたはず
それをすべて無下にしたのがジョセフライオニル

155: 2016/03/28(月) 04:00:04.132 ID:uUh0PyxIa.net
>>152
シラビを個人的な理由で滅ぼしたのは人類的に見て多大な損失だったね
俺がジョセフライオニルを評価しない一番の原因はそこ

156: 2016/03/28(月) 04:00:10.617 ID:td818DCO0.net
>>152
それよく言われてるけどさ実際シラビ側の対応も問題やったと思うわ
いや、もちろんジョセフライオニルが一番悪いんだけどね

164: 2016/03/28(月) 04:03:09.773 ID:uUh0PyxIa.net
>>156
シラビは最初「全面的に協力するし敵対しない」って約束したんだぜ?
それをジョセフライオニルが一方的に条約破棄して滅ぼしたんだから
やっぱあいつは世界史的に見てトップのクズだよ

169: 2016/03/28(月) 04:05:37.639 ID:td818DCO0.net
>>164
あれ、そうだったか?
俺の記憶やと最初強く突っぱねた気がしてたんだけど…すまんな記憶がごっちゃになっとるかも

181: 2016/03/28(月) 04:11:04.164 ID:uVl/Sb/w0.net
>>169
簡単にまとめると、
ジョセフライオニルが領土拡大のために戦争しようとする→シラビの国々が突っぱねる→武力で無理矢理同盟を組む→ジョセフライオニル軍敗北、責任をシラビに押し付けた上、勝手に組ませた同盟を自ら破ってシラビを滅ぼす

って感じ

187: 2016/03/28(月) 04:13:46.048 ID:td818DCO0.net
>>181
そうやったなサンクス
それにしてもジョセフライオネルが実は宇宙人説とか聞いてことあるけど実際どうなんやろ

206: 2016/03/28(月) 04:20:39.747 ID:9o1FBXyu0.net
>>187
初めて謁見を許されたベウケド族が過剰にカリカチュアライズしたのは有名だから、
その図版が広く分布したため宇宙人説を唱える者が現れたとも見れるな

208: 2016/03/28(月) 04:21:55.893 ID:AyDGzfeK0.net
>>206
当時のベウケド族の肖像画様式が独特だったことも後押ししているのだ

209: 2016/03/28(月) 04:22:30.339 ID:td818DCO0.net
>>206
ああ、じゃあフロンノンと同じパターンか

165: 2016/03/28(月) 04:03:18.243 ID:kENoe2gc0.net
>>152
確かにシラビには技術はあったが、あのまま行っても技術を独占した国々で勝手に戦ってただけ
シラビ内外を巻き込む大戦争になったから世界的に技術のレベルが上がったし革命の手助けにもなった
ジョセフライオニル自身はともかく戦争は悪い面ばかりじゃない

171: 2016/03/28(月) 04:06:30.468 ID:uUh0PyxIa.net
>>165
こいつ怪しいぞ
ひょっとしたらライオニラーかも知れん
お前ら気をつけろ

131: 2016/03/28(月) 03:49:35.901 ID:EH8M3erK0.net
んだよ世界史って第二世界の話かよつまんね
第四世界専攻だった奴いねえのかよ

148: 2016/03/28(月) 03:56:15.631 ID:gE2gbAG30.net
レイリック=ペンソン詳しいやついる?
あいつの取った政策が良くわからん

154: 2016/03/28(月) 03:57:53.884 ID:uUh0PyxIa.net
>>148
ペンソンはただのポピュリスト
衆愚政治の世界的な先駆けとなった男

158: 2016/03/28(月) 04:00:53.136 ID:uVl/Sb/w0.net
日本はホワティエルとの国交を早くに結んでたのが凄いよなぁ
当時弱小国の一つだったホワティエルの成長をどうやって見抜いたんだろうな、もし黒君時代に行けたら真智岩外相聞いてみたい

163: 2016/03/28(月) 04:03:07.518 ID:td818DCO0.net
>>158
マジであん時の真智は有能やわ
まあその後老害化していったんですけどね

161: 2016/03/28(月) 04:01:54.286 ID:+6WbwM1B0.net
ジョセフ ライオニルについて誉められる点といえば 今で言う靴べらの元祖を作った 位しか知らないわ

168: 2016/03/28(月) 04:05:10.847 ID:uVl/Sb/w0.net
>>161
独自に靴べらを作ったのは確かに凄いよな
でもマンゲル以外の国だと200年くらい前には今とほとんど変わらない靴べらは開発されてた
マンゲルは当時交易してなかったからジョセフライオニルは自分が初めて開発したと思ってたらしいけど

174: 2016/03/28(月) 04:07:46.920 ID:D4WRpYw70.net
>>168
でもジョセフライオニルって確かその靴べら?をスプーン代わりに使ってたらしいからな……………

178: 2016/03/28(月) 04:09:57.443 ID:td818DCO0.net
>>174
斬新すぎw
やっぱこいつ奇行が目立な

170: 2016/03/28(月) 04:06:23.285 ID:GKpISovX0.net
ジョセフライオニルの侵攻を退けたインムランド王国のタドコロ王朝コウジはもっと評価されても良いと思う。

176: 2016/03/28(月) 04:09:09.476 ID:sqwpBU9K0.net
>>170
秋庭喜照=コウジ説は面白かったわ
時代的に有り得ないけど似通いすぎ

183: 2016/03/28(月) 04:11:24.359 ID:uUh0PyxIa.net
>>176
秋庭喜照=コウジ説は実は俺も中学生の頃は真剣に信じてたわ

186: 2016/03/28(月) 04:13:28.549 ID:9o1FBXyu0.net
>>170
それいうと結局神聖デデドニア帝国のピンキーナ王女に行き着くんだよなぁ・・・

188: 2016/03/28(月) 04:14:50.778 ID:D4WRpYw70.net
ダードナ=ハウトっていう王様がいたはずだけどどこの王様だったっけ?

193: 2016/03/28(月) 04:17:04.828 ID:AyDGzfeK0.net
>>188
それがシラビだろw あれちがったっけか

196: 2016/03/28(月) 04:17:54.397 ID:uVl/Sb/w0.net
>>193
細かい事言って悪いがシラビじゃなくて南シラビね
シラビってのは大陸名

190: 2016/03/28(月) 04:15:23.427 ID:AyDGzfeK0.net
ニューリッヒ=ル=デムニって人物はシラビとなんか絡んでたっけ?

197: 2016/03/28(月) 04:18:20.269 ID:uUh0PyxIa.net
>>190
ニューリッヒデムニは確かシラビの学者じゃなかったかな?
考古学か天文学だったと思う

227: 2016/03/28(月) 04:27:36.990 ID:gyKJBgUUM.net
スペンダルズのバストン宝石って結局どうなったの?
トリンクル海底に沈んだまま?

230: 2016/03/28(月) 04:28:25.096 ID:td818DCO0.net
>>227
いや、確か近くを通ったダイバーがたまたま見つけたらしい

236: 2016/03/28(月) 04:31:36.217 ID:td818DCO0.net
>>230
ああ、ちょっと言葉不足やったな
正確にはこないだ民間人のダイバーがバルバローザの取り残しを見つけたらしい

232: 2016/03/28(月) 04:29:53.617 ID:yPsGa4B00.net
>>227
メルゲラータ帝国の命を受けた海賊バルバローザ・グランティースの一味が回収したっていう噂もある

237: 2016/03/28(月) 04:32:13.211 ID:9o1FBXyu0.net
>>227
とっくに見つかっててゲン・マ地方の歴史博物館に保管されてるってきいたけど

235: 2016/03/28(月) 04:31:23.482 ID:uUh0PyxIa.net
すまんスレ主だがそろそろ寝ようと思う
俺としてはもっとムスコ帝国の話がしたかったんだが
やっぱりジョセフライオニルの話になってしまったな
みんなありがとう

シビラ万歳!

238: 2016/03/28(月) 04:32:22.399 ID:td818DCO0.net
>>235
万歳!

242: 2016/03/28(月) 04:33:11.990 ID:IbHd7b6Q0.net
>>235
また今度こそはムスコ帝国の話ができるといいな
シビラ万歳!

244: 2016/03/28(月) 04:34:21.999 ID:dmkuvXIi0.net
>>235
ムッガールについても意見聞きたかったよ
シビラ万歳!

249: 2016/03/28(月) 04:35:44.462 ID:9o1FBXyu0.net
シビラ万歳!

なつかしいなwwwwwwwwwww

254: 2016/03/28(月) 04:37:08.631 ID:Gto4MVPn0.net
カトロフ山で神隠しにあったバルティ公爵ってどこにいったんだろうな

259: 2016/03/28(月) 04:39:55.192 ID:uVl/Sb/w0.net
>>254
バルティ公爵はカトロフ山で暗殺されたんだよ
神の使者ことブライクドが暗殺したからカトロフ山の神隠しって名前がついてるだけ

262: 2016/03/28(月) 04:45:06.849 ID:9o1FBXyu0.net
ムスコ帝国の話になると「ムスコの息子wwwwwwwwwwww 」とかいうやつがクラスに一人はいた

263: 2016/03/28(月) 04:46:07.737 ID:atrbAS3L0.net
話ずらして悪いんだけどアンダーソン川第58橋の戦いでブラッカー軍はどういう作戦を取ればよかったと思う?
カリッター軍の方が戦力上だったわけだし一点に戦力集中させた方が良かったと思うんだけど

266: 2016/03/28(月) 04:48:39.798 ID:UHAtHSAf0.net
>>263
流石にあの兵数差じゃ勝ち目ねーよ

273: 2016/03/28(月) 05:03:10.711 ID:UkyZqJxmM.net
ムスコ帝国だけ知ってる

275: 2016/03/28(月) 05:07:22.713 ID:uVl/Sb/w0.net
19世紀末を境とした日本の堕落だけど、一番の元凶って誰だと思う?
列強の中で日本を孤立させた所痲といつまでも非核にこだわり続け列強の核投下に無抵抗でやられた阿佐達の2強かな

277: 2016/03/28(月) 05:13:45.514 ID:AyDGzfeK0.net
基礎物理が遅れてたんだよな列強より十年とか二十年とか

278: 2016/03/28(月) 05:16:39.974 ID:atrbAS3L0.net
>>277
実はあの当時2国も3国も核持ってたのはとある技術者が情報漏らして核抑止力を作ろうとしたからなんだぜ
当時は放射線の怖さもよくわかってなかったからポンポン使われちゃたまらんし

280: 2016/03/28(月) 05:20:24.746 ID:AyDGzfeK0.net
>>278
外交官を誑し込めるなら政治家になればよかったなその技術者w

281: 2016/03/28(月) 05:31:20.803 ID:atrbAS3L0.net
>>280
いや別に外交官なんて通してないよ
確か国内にいたスパイ通して渡してたはず

287: 2016/03/28(月) 06:51:37.617 ID:a2H5OgpL0.net
ペソソ戦争は酷い戦いだったよね…

288: 2016/03/28(月) 06:57:55.524 ID:atrbAS3L0.net
>>287
長雨が続いたせいで感染症による死者が9割だっけ?

289: 2016/03/28(月) 08:21:21.844 ID:zznXqOWQ0.net
ゾット帝国は滅亡直前に完全にボコボコにされてて草wwww

247: 2016/03/28(月) 04:35:29.728 ID:i1TlAgrG0.net
最初から読んでると頭おかしくなりそうなスレだ



こちらも読まれております。
フフってなるGIF画像貼っていく!!!

なぜ最近の若者はタバコを吸わなくなったのか?

【GIFあり】チンピラ集団が、プロボクサーに喧嘩売った結果wwwwww


癌になった90歳のおばあちゃん。治療せず旅に出る!

【閲覧注意】狂犬病に罹った人間の映像

車でウトウトあいていたら、隣の女性が俺の手をなでなで。握りに来たので、思い切り振りほどくと...


私「勝手にうちの新聞取らないでください」馬鹿夫婦「戻してるから良いでしょ!」


【ドラえもん】野比家の電話番号が流出wwwうわさの電話番号にかけてみると…

信じられないほど複雑な髪型で登校する少女


韓国人「韓中日関係を分かりやすく説明する」

20代前半客「ナナコ幾らある?ん~?」店員「000円です」客「ん~?んな訳ないだろ7000円はあるはずだ!」店「昨日6000円程使用されてますが」客「あ~それ不正利用だ!」


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BUZZったイチオシ記事!!!!!(*゚∀゚)ゞ

    この記事へのコメント

    名無し隊員さん
    2016年03月31日 13:15


    ローマ帝国に反逆しなければローマ王国はローマ公国のように存続できたかもしれない。
    名無し隊員さん
    2016年03月31日 13:16
    大草原不可避
    名無し隊員さん
    2016年03月31日 13:33


    ムスコ帝国が滅んだのは特産品のザー麺の材料が枯渇して経済が破綻したのが原因だよ。
    ムッガール帝国のサウンワン朝侵攻はあまり関係なかったと思う。
    名無し隊員さん
    2016年03月31日 14:01
    なんでこんなに熱く長いこと語ってられるんだよw
    名無し隊員さん
    2016年03月31日 14:14
    おもんな
    名無し隊員さん
    2016年03月31日 14:46
    カシュトリヤとか絶対クシャトリヤから連想したろ
    名無し隊員さん
    2016年04月01日 00:53
    誰かこれ全部盛り込んでラノベ化してクレメンス
    名無し隊員さん
    2016年04月04日 02:50
    ジョセフライオニルが全ての元凶ということはわかった