本日の注目ニュース!!

アートと科学の融合 ゴッホの失われた左耳が蘇る

8
コメント
3Dプリンター
ear1


後期印象派の画家であるゴッホが、自分の左耳を切り落として、それを紙に包んで売春宿に送った、というのは有名な話だ。ゴッホは精神的に不安定で、苦悩の天才であったのは知られている。

この耳を切った話は現代まで何度も何度も語られており、時にはロマンチックな色付けがなされて語られることもある。彼は、愛する人に耳を送ったのだ、というものだとか、彼は精神的に参っている時に耳を切り落としたが、耳たぶは彼の友人と同業のアーティストとの諍いの際に落としたのだとするものもある。ゴッホは、のちに自分の肖像画を描いており、その絵には顔に包帯が巻かれている彼自身があった。

この耳について、新しい逸話が増えた。その耳を、再現した人が現れたのだ。

 


アメリカに拠点を置いて活動するオランダのアーティスト、Diemut Strebeは、ボストンにある”Brigham and Women’s Hospital”でその耳を作った。彼女の目的は、科学とアートを止揚することだった。Strebeは、ゴッホの甥の孫にあたるLieuwe van Goghに声をかけ、耳の軟骨と唾液をDNAのために提供してもらった。彼女はこれを、ゴッホの耳の再現に使用したのだ。

このゴッホの遠い親戚は、およそ16世代離れて同じ遺伝子を共有していた。Strebeは、コンピューターのイメージ処理によってこの耳の形をゴッホのオリジナルのものと全く同じものにしたのである。それから、それを3Dバイオプリンターでプリントアウトした。一旦耳がプリントアウトされたら、次はそれが成長するまで待った。そう、その耳は、事実上生きているのだ。耳を生かしておくため、容器は栄養価の高い液体で満たされ、保存された。耳は生きており、理論上”聞く"こともできる。また、保存方法のおかげで、数年は生きながらえるであろう、という。

その耳が、こちらである。

ear
 

このアートの何がすごいのか。アーティストとしては、ゴッホの耳を再生したにすぎないのかもしれないが、医学的な重要性はアートにおけるそれに勝る。体の部品を生きている細胞組織とDNAから再生するというのは特筆すべきひとつの達成であり、アートの活動はそれが3Dプリンターによって完全に可能であることを証明したのである。厳密に言えば、3Dバイオプリンティングと、3Dプリンター、だが。将来的には、損傷したり病気によって侵されているような四肢や臓器をレプリカと置き換えて、それを成長させる、ということが可能になるかもしれないのである。


ゴッホの耳は、現在、ドイツのKarlsruhe、ZKM Media Museumに、ノーム・チョムスキーの講義とともに紹介され、展示されていた。展示会にやってきた閲覧者たちは、マイクロフォンを通じて耳に話しかけることができた。この耳は、追って、ニューヨークやその他の地域でも、Diemut Strebeの展示会で見ることができる予定だ。

引用元:3D print today 

 
こちらも読まれております。

【驚愕】ファンキー加藤がDJケミカルにした仕打ちが・・・これマジ・・・?

【愕然】ジェネリック拒否した結果wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

韓国人「日本人の83%が生まれ変わってにも日本に!一方、韓国は…」

元寇の神風、本当に吹いた? 米研究者、伝説が事実である証拠を見つけたと主張

【芸能界の噂】枕営業って本当にあるの?→超大手芸能事務所のマネージャーが明かした真実をご覧下さい…

【舛添要一都知事】 政治資金で絵画、美術品など896万円購入 事務所家賃も自宅に1516万円:計2412万円の不適切な計上!?

メディアが考えるゲーム脳と実際のゲーム脳の違い

日本人は世界一眠っていないことが判明 平均睡眠時間は「5時間44分」 お前らは何時間寝てる?

小学生の女子は怖い!小2の娘が落ち込んで帰宅。訳を聞いてみると...。

【医学】「寝すぎ」がもたらす脳の異変が明らかに

BUZZったイチオシ記事!!!!!(*゚∀゚)ゞ

    この記事へのコメント

    名無し隊員さん
    2014年11月12日 09:38
    いまいちこう言う事をロマンチックと受け取れない。
    うっすら狂気すら感じるんだが、感覚の違いかなぁ。
    名無し
    2014年11月12日 09:41
    ※1
    同じく
    偉大な画家だから耳再生しますってちょっとな
    名無し隊員さん
    2014年11月12日 10:11
    記事の中でロマンチックって言葉が使われてる部分は全然そういうところじゃない訳だが
    名無し隊員さん
    2014年11月12日 10:24
    ゴッホを選んだのは話題作りだと思うが
    現在生きている人間や最近死んだ人間でやらないのは
    きっと人工的に作った耳が本人のものと似ていないことがバレちゃうせいだと思う
    名無し隊員さん
    2014年11月12日 12:12
    ゴッホ家16世代共通の遺伝子だから、画家ゴッホの耳ではなく、ゴッホ家の耳だな。
    つまり、ゴッホの耳(フィンセントとは言ってない)ってことか…
    2014年11月12日 12:35
    これ相当前の話じゃね?
    名無し隊員さん
    2014年11月12日 14:25
    確かに以前どこかで見た記事の気がする
    あとギガジンとねた被りすぎ
    まとめブログリーダー
    2014年11月12日 15:29
    外耳部分だけ再生して「理論上聞こえる」のか?