本日の注目ニュース!!

トカゲの肺も、鳥のように空気が「一方通行」で流れる?

8
コメント
古生物
引用元:AFP


 人間など多くの動物は呼吸する際、吸い込んだ空気に含まれる酸素を肺の一番奥の肺胞と呼ばれる小さな袋のようなものが集まった組織から血液中に取り込み、代わりに排出された二酸化炭素を逆流させ呼気として放出する。


 これに対し鳥類の肺は、ガス交換をせず、気管に入った空気は肺を一方通行で通過して出ていくことが分かっている。この一方通行の呼吸システムは、激しい運動の際に効率よく酸素を取り込むことができると考えられ、鳥が酸素濃度の低い高高度で飛び続けることができるのはこのためだとの説もある。3 :名無しのひみつ:2013/12/13(金) 23:39:48.99 ID:uZf8bpEW
中国人の肺はこれからどうなるんだ。




5 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 00:00:27.06 ID:W1SpY3jV
ワニ・鳥・恐竜は近い種類だけど、トカゲ・ヘビはかなり離れた種類だって話のはずだが・・・

33 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 13:44:23.17 ID:S23DgpEA
>>5
まあそれでも哺乳類に比べたら近いだろ。
しかしSauriaの共通祖先までこれが遡ってしまうのが確定となると、
逆にそれ自体は恒温性とは無関係という話になるな。



6 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 00:05:33.97 ID:nPdlUD2b
吸った分の空気から 取り込んだ酸素の分だけ少なくなった分を吐いてるってことか?
いずれにしても吸って 吐いての2方向だから、一方通行と言われてもピンとこないな。

15 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 05:14:17.89 ID:uzoqVXPg
>>6
ひばりのさえずりは吸っても吐いても鳴るそうな。



8 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 00:17:15.55 ID:scmOY6Cp
トカゲには肺胞が無いのか。
そんなことが今までわかって無い訳ないかな。



9 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 00:22:56.16 ID:1wn1LxNG
気嚢システムがそこまで遡ると、カメやヘビにも気嚢システムがある。
もしくはかつてあった、ということにならないか?

14 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 05:04:04.18 ID:n6XKjjpN
>>9
これは 「恐竜はなぜ鳥に進化したのか」 に載ってる話のほとんどまんまで
三室心臓の呼吸気体循環も同様に独立に保たれてるって話だと思うぞ。
ちなみに、その仮説の対象としてヘビ類が挙がってた。



11 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 00:44:52.43 ID:BDfMrGxd
哺乳類の呼吸システムはダサい。それは知ってるよ。

24 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 09:44:41.98 ID:trH1k2+7
>>11
哺乳類(人類含む)はいずれ滅亡する事が確定しているからな。
種として爬虫類よりも長く生きる事はまず無い。
厳しい環境で生き残るには爬虫類のシステムの方が優秀。



10 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 00:44:14.38 ID:7NlDsP1a
ヒトの肺も気管支に弁つけて下の方で左右の肺を連結したら、
すんごいアスリート作れないかな?

45 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 21:05:05.31 ID:Q4cbp2qN
>>10
この呼吸システムを持った人間がいれば、凄いことになるのは間違いないよ。
先天的じゃない限り、人体改造のバッシングも凄いことになるだろうけど。



12 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 01:01:43.73 ID:W1SpY3jV
トカゲやヘビなど爬虫類には横隔膜はないんだよな。
気嚢システムもなかったら呼吸効率が悪すぎるし。
どうやってペルム紀大量絶滅を乗り越えたんだって話になるわ。



13 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 04:36:30.83 ID:xqReceVL
Wikipediaによると、鳥が呼吸する時の空気の流れ方には2系統あって、
こんな感じになっているみたいだ。初めて知った。

    息を吸う           息を吐く
1) 気管→肺→前部気嚢    前部気嚢→気管
2)  気管→後部気嚢     後部気嚢→肺→気管



17 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 06:11:14.29 ID:yxn8JVyX
変温動物で代謝が低いのに、呼吸器だけ高スペックとは・・・
宝の持ち腐れ感が半端ないw

57 :名無しのひみつ:2013/12/15(日) 19:52:07.85 ID:sBT8K6SH
>>17
変温動物は恒温より劣る、その発想自体が間違い。
種によって、特定の条件下では運動能力も遜色ない。
魚類でも最速の種はイルカ以上の速度を持つし、水上を走りぬけるトカゲもいるように、
進化の妙により鳥や獣でも不可能な事をするのもいる。
トカゲは所詮下等動物、と思ってはいけない。

もっともこのトカゲも完全に変温ではない可能性があるがな。
ワニとかは若干の恒温性を持つ。
59 :名無しのひみつ:2013/12/15(日) 21:57:13.04 ID:rNdkobdU
>>57
オサガメは恒温性だよ。ワニは聞いた事がないなあ。
63 :名無しのひみつ:2013/12/15(日) 23:30:31.25 ID:q37+IRSB
>>59
ワニは内温性からもういっぺん外温性に進化したという説がある。



18 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 06:30:01.44 ID:xGReqd/m
でも、鳥の呼吸システムって飛ぶなり移動してなきゃ呼吸できない欠点もあるし、
哺乳類の呼吸が劣っているわけじゃないかと・・・
筒があるとしてその筒を動かさないと中の空気は移動しないしね。

19 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 06:52:41.61 ID:SItVPaod
>18
鳥って寝てるときは呼吸してないの?
27 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 10:19:43.57 ID:U2IwsTJv
>>18
それはマグロだ。



23 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 08:27:08.50 ID:DMdJ/Y0t
行き止まりで買い物してUターンする哺乳類等に対して、ドライブスルーできるって事か。出入口以外は。
排気口とか出来たら、さらに良さそうだな。



25 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 09:57:29.91 ID:SbQ5YRVD
スレタイがトカゲの姉に見えた。



28 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 10:28:08.89 ID:prUROK3C
一方通行の意味がよくわからない・・・

44 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 20:44:58.45 ID:LcZA5ES+
>>28
アニメネタかと思ってスレ見てしまった・・・



29 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 10:50:45.65 ID:+RRA2igQ
ジェットエンジンつんでるみたいだな、かっこいい。



31 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 11:50:00.85 ID:scmOY6Cp
恐竜にも備わっていたという鳥類の呼吸システムとはこうだ!


46 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 21:55:34.89 ID:e4h3S8Ye
>>31
酸欠や毒ガスの検知にカナリア使うのも、この仕組みで肺の換気が早いせいか。
47 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 22:31:29.63 ID:bp3Tolil
今は機械のセンサーのほうが発達しているから、カナリアは使われないみたいだけどな。
48 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 22:53:37.20 ID:MBQAXq6w
>>31
鼻詰まりが酷かった時、耳鼻科で呼気の空気交換率測定したことあるわ。
呼吸で空気が100%交換されるわけじゃないことを実感した。
50 :名無しのひみつ:2013/12/15(日) 07:33:34.27 ID:Yr49Mwdo
>>31
気嚢の体積を考えると、体積あたりの効率は横隔膜方式のほうが優れてね?
55 :名無しのひみつ:2013/12/15(日) 14:48:22.99 ID:16o1UIBu
>>50
鳥の場合は中空のフレーム構造(的?)にする事で、軽くて丈夫な胴体にする事にも役立ってる。
飛行機の中をギッシリ詰めたら、飛び難いだろw
62 :名無しのひみつ:2013/12/15(日) 22:38:09.67 ID:Yr49Mwdo
>>55
気嚢の部分に別の臓器詰めて全体をコンパクトにしたほうが表面積は減るから、
同じ骨格の重さで丈夫さは増すぞ。



32 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 12:07:40.57 ID:caWl1rvL
ジェットエンジンみたいな作りってことか?



37 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 18:15:44.56 ID:S7mqEd0E
これがあるから、鳥は高度1万mでも飛べたりするんだよな。
自分の筋肉で空気を圧縮して肺に送り込めると。





38 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 18:50:22.69 ID:BcFuGx7j
マグロと同じで止まると死ぬ。

41 :名無しのひみつ:2013/12/14(土) 19:51:19.04 ID:ZmHA+I3O
大半の鳥は飛んでいる時間よりも飛んでない時間の方が長い。
止まると死ぬとかアホか。
49 :名無しのひみつ:2013/12/15(日) 03:15:20.33 ID:7495/SdK
>>38 >>31の構造を見れば分かるが、翼の羽ばたきとも前進運動とも連動してないぞ!



51 :名無しのひみつ:2013/12/15(日) 12:13:39.12 ID:tW2NMr3r
>>1の書き方だと哺乳類生まれなさそうだ。



52 :名無しのひみつ:2013/12/15(日) 14:31:06.08 ID:5kz5ZPoV
1方通行だと便利な気がするけど、口か鼻でやっぱり混ざるんだな。
1方通行なら吸うのと吐くので別の穴を開ければいいのだが、まだ進化の途上なんだろう。
そのうち肛門からガスを放出するように進化するよ。



56 :名無しのひみつ:2013/12/15(日) 19:28:17.75 ID:sn8iU6Fd
人の肺はフラクタル構造で、表面積を大きくしていると何かに書いてあった。



58 :名無しのひみつ:2013/12/15(日) 21:44:12.05 ID:lFut48oG
ヲイヲイ、人の肺は呼気の最中も酸素を取り入れているぞ。
まるで吸気の時のみ酸素を取り入れているように勘違いしているのがいるな。



61 :名無しのひみつ:2013/12/15(日) 22:30:55.41 ID:LhqNbbkC
なんでこれが今更わかったのか・・・

66 :名無しのひみつ:2013/12/16(月) 09:03:38.48 ID:WNyJ9zxn
>>61
誰か調べてるだろと思ったら誰も調べてなかったとかかな。




64 :名無しのひみつ:2013/12/16(月) 07:03:01.83 ID:ucSftn+P
エラ呼吸みたいな物だろ。
出口と入り口が同じだけで、中では空気が循環しているようになっている。



67 :名無しのひみつ:2013/12/16(月) 09:37:41.20 ID:HJrnDCJH
一方通行って言うから吸気と排気が別れているのかと思った。
口から吸って尻から出すとか。



68 :名無しのひみつ:2013/12/16(月) 09:56:24.96 ID:Ck6sIMHe
しかしこれで、鳥類はロンギスクアマの子孫という説が復活するかな。




72 :名無しのひみつ:2013/12/16(月) 12:40:51.63 ID:2BUnVpaO
哺乳類は鳥類やトカゲよりもある意味下等なのか。

73 :名無しのひみつ:2013/12/16(月) 13:40:11.03 ID:d8ICQ2bx
>>72
アンモニア排出システムについては明らかに劣っている。
哺乳類は脳や神経が発達しているが、その神経系を単に運動神経や知覚神経に使うだけでなく
自律神経に使い、ホルモンを使った恒常性の維持能力が高いのが特徴だ。
75 :名無しのひみつ:2013/12/16(月) 14:01:48.74 ID:2BUnVpaO
>>73
雑誌かなんかで似た話を聞いたことがあるがやはりそうか。

>ホルモンを使った恒常性の維持能力が高いのが特徴
下等動物が逆境から進化して下剋上して来たみたいだなw
78 :名無しのひみつ:2013/12/16(月) 19:13:58.87 ID:Yx6BbY5E
>>72>>75
高等下等という分け方がナンセンス。



74 :名無しのひみつ:2013/12/16(月) 13:47:54.26 ID:MCHFAM/k
哺乳類の横隔膜もターボチャージャー的部品じゃなかったっけ。
鳥方式だったら管楽器が発達しなかったんだろうか。



76 :名無しのひみつ:2013/12/16(月) 14:13:12.55 ID:Ck6sIMHe
当然主竜類のワニもそうなんだろうな。

77 :名無しのひみつ:2013/12/16(月) 19:12:59.54 ID:Yx6BbY5E
>>76
当然。
現存種はもちろん中生代のワニも。



79 :名無しのひみつ:2013/12/18(水) 11:09:28.87 ID:p6JpCmGT
でも、カメは横隔膜式の呼吸法なんだよね。
どこでどう分かれて行ったんだろう。

80 :名無しのひみつ:2013/12/18(水) 14:47:13.80 ID:Ex6nRPgj
>>79
http://www.ne.jp/asahi/inlet/jomonjin/kame_necropsy.html

カメには機能的な横隔膜はないよ。
大胸筋が発達してるのである程度代用になるが。
横隔膜ほど機能的ではないので咳やしゃっくりが起きない。

BUZZったイチオシ記事!!!!!(*゚∀゚)ゞ

    この記事へのコメント

    名無し隊員さん
    2013年12月22日 21:47
    カテゴリーの大きさの感じってよく分からない。
    哺乳類という分類と対等なのが爬虫類でないことは分かる、爬虫類では範囲が広すぎる。
    主竜類なのか、首長竜やカメも含むのか?
    恐竜というのは有袋類より広いのか狭いのかもよくわからん。
    名無し隊員さん
    2013年12月23日 06:01
    そもそも、高等下等とか、食物連鎖、霊長とかいう考え自体が、
    キリスト教のヒエラルキーである。
    名無し隊員さん
    2013年12月23日 08:18
    別に人間贔屓する訳でもなんでもないけど
    呼吸効率以外で横隔膜にするメリットってある気がするんだがどうなの?
    例えば病気に強いとか、寝る時楽だとか
    女性にとっては子供産みやすいとか
    名無し隊員さん
    2013年12月23日 13:40
    ※2
    「知恵がある方が進化している」ってのが最大の勘違いだからな。
    人間は「知恵」を進化させた代償に自分が生存するのに必要な環境を
    自らの手で破壊しないと生存できない時点で生命種としては終わってる。

    滅亡を回避するためには搾取対象を常に確保するために、
    ガンガン突き進むしか方法がないわけだが、
    いまだに宇宙に出るのに困っているようでは・・・。
    名無し隊員さん
    2013年12月23日 15:01
    気嚢システムは全身に張り巡らされている分、感染症に弱いとか聞くな。

    ※4
    「先進国」「後進国」のカテゴリーも同様の勘違いがあるように思える。
    先進国が先進国であり続けるためには、搾取対象を確保する必要が有るが、先進国では人命・人件コストが高すぎるので海外に求めざるを得ず、国内の空洞化を招いている訳だし。スペイン帝国の頃から変わっていない。
    その点、中国は国内で搾取対象を確保可能な為、今の所は発展している。環境破壊がヤバイけどな!(エジプト・メソポタニア・インダスやイースター島と同じ)
    日本も、明治の頃はハゲ山ばかりだったらしいが、現在は人手不足で別の意味でヤバイ(鹿とか猪多過ぎ! そのくせ、駆除すると動物愛護団体とやらが煩いし)。
    名無し隊員さん
    2013年12月23日 22:18
    ※5
    別に先進国は後進国から搾取しなくてもやっていけるぞ。発展途上国はあまりに貧乏すぎて先進国と所得レベルが違いすぎるから。
    20世紀前半の話じゃなくて、現代の話をしてるんだよな?
    名無し隊員さん
    2013年12月24日 01:14
    ※4
    ほぉーそれって素晴らしくおもしろい意見
    生態系ってのはそれ自体が優れたシステムで生物は部品みたいなもんだものな
    人間はまだシステムを操作するようなレベルにはなれていない(なれるとも思えんが)
    だからこそ外れてきてる今は危険で終わりに向かってるとも思えるよな
    地球にとって、いったいなにが優れてるんだろうな
    名無し隊員さん
    2013年12月24日 10:59
    ※7
    「地球にとって」は人類なんて「どうでもいい奴ら」かとw
    「地球にとって」と人類が考えること自体がおこがましい。
    人類は地球に「居候させてもらっているデキの悪いどら息子」でしかない。

    太陽の安定期は10億~20億年続くと言われているし、
    人類が核戦争でも環境汚染でも勝手に滅んだ所で、
    その程度の傷は長くても数千万年年もたてばさっくり修復される。
    人類がどうやって滅ぶとしても、生命(単細胞生物など含む)を
    殺し尽くて道連れにすることはたぶん不可能だし、
    高等生物への"種"さえ生存していれば、
    地上ではまた別の生命種体系が再生されるだけ。