本日の注目ニュース!!

植物のサイズ制御に成功  原形質流動の本質的な役割を解明

10
コメント
植物学
引用元:47NEWS


 理化学研究所と千葉大の研究チームは、植物の細胞の中を満たす「細胞質」の動きを制御することで、細胞のサイズを大きくしたり小さくしたりすることに成功したと11日付の米科学誌に発表した。理研の富永基樹専任研究員は「食料やバイオ燃料となる農作物の収量を増やせる可能性がある」としている。


ミオシンXIの運動モデル

 細胞質は細胞の中でさまざまな方向に流れているが、何のために流れているのかは詳しく分かっていない。今回、この流れの速度を変えることに初めて成功し、植物細胞のサイズに違いが表れることが判明した。
3 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 00:30:29.06 ID:14owwISD
何の為のシステムか解らないなら何が起きるかも解らない。
植物の変異力は意外と早いし、人間への影響もすぐに出る。
早く解明出来ると良いね。



9 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 00:43:13.36 ID:zNSK/xSf
解明と言いつつ分かってないとはこれいかに?



10 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 00:44:57.92 ID:OmLpynWq
原形質流動の速度を弄っても生育出来る事に一番驚いた。
細胞が小さくなるなら、キメの細かい硬い木材とか出来そうで面白いな。



12 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 00:52:22.91 ID:S1F32eDz
後は速さか。



13 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 00:55:15.82 ID:BYsQno/w
ついに増えるワカメが巨大化するのか。
よくやるなあ理研は。

P1010511

14 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 01:01:28.64 ID:Lg39xrKk
>>13
その理研は理研ビタミンだろ。関係ないぞ。
こういう生物の大きさを決める因子って、案外簡単にできてるんじゃねえかと思う。



18 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 01:42:04.97 ID:zYis8t5u
この応用で、巨人が作れるようになる。



20 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 02:00:08.71 ID:DIrOEzuj
従来の3倍の直径を誇る巨大ミニトマトの誕生である。



23 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 04:45:05.87 ID:yDMZdfZy
園芸分野での需要が大きそう。



26 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 11:20:52.09 ID:ITMboGBS
矮性化と早実化が実現できればいいよな。
確か何年か前に稲の矮性化と、多収穫化出来る遺伝子発見したとか新聞に出てたけど。
どうなったのかな?



28 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 11:54:21.54 ID:uydS/Doq
盆栽市場が荒れるな。

29 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 11:57:48.10 ID:x/qz/H8O
>>28
小、並、大と作れるから遠近技法が発達する。
34 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 17:58:25.17 ID:a21ybaB1
>>29
遂にパノラマ島をリアルで見られるのか。



30 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 13:23:03.59 ID:jWrT5ShL
超巨大イチゴとか萌えるね。超巨大枝豆とかもいいな。
まあ経済的には数を増やすのとどっちが得なのかって話だけど、学問的には面白いし、夢もある。

32 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 13:37:12.98 ID:uydS/Doq
枝豆でっかくなると、ゆで時間と塩加減のバランスが難しそう。



33 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 13:50:23.55 ID:0xuvCVfQ
米粒が口に入らないサイズになりスズメ全滅



35 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 19:17:48.98 ID:K4iTZuSM
酒米は粒が大きいほうが喜ばれるからこれを活用したら、と思ったけど・・・
稲がさらに風に弱くなっちゃうな、きっと。ビール麦芽の二条麦あたりはどうなんだろう?


酒蔵の真珠



36 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 19:42:34.24 ID:PIVJoGhh
得られる結果としては面白い。

37 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 19:45:26.09 ID:+ey7xNI8
>>36
左から
 ナズナ
 ナ───ズナ
 ナズナ
って感じだw

zu3



38 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 20:00:26.79 ID:6tFGtgvo
二倍体が巨大化する理由もこれなんかね?



39 :名無しのひみつ:2013/11/14(木) 20:23:52.02 ID:PIVJoGhh
多核体の議論みたいなもんだな。
核が分子的に支配できる大きさに限界がある、みたいな。



44 :名無しのひみつ:2013/11/15(金) 00:22:49.22 ID:nYo/i8xM
信じられん・・・
ほんまかいな



45 :名無しのひみつ:2013/11/15(金) 00:48:11.44 ID:e7/yQ6+U
高速と低速ってことは・・・
単に反応速度が上がったとかいうことなの?
ところで、誰がどうやってかき回してるんだろうな?

46 :名無しのひみつ:2013/11/15(金) 07:08:14.22 ID:qohdqYHt
>>45
ミオシンXI

BUZZったイチオシ記事!!!!!(*゚∀゚)ゞ

    この記事へのコメント

    名無し隊員さん
    2013年11月15日 20:43
    応用の利きそうな話で結構ですなぁ。

    >>26
    米はそっから十何年くらい掛けて品種化するんじゃなかったかな。
    実際植えて何世代も様子見て。
    名無し隊員さん
    2013年11月15日 21:45
    細胞のサイズが変わるだけなの?
    とすると大きくても質量そのままとかになったりするんだろうか。

    細胞数が変わらず大きさが変わるのって問題起こしたりとかないだろうか
    名無し隊員さん
    2013年11月16日 10:56
    すごい発見。シロイヌナズナさまさまやね。最近、さまざまな手法で植物の形状を変えたり機能を操作したりできる発見が相次いでいるね。まずは食物じゃない鑑賞植物あたりから実用化されるのかな。
    名無し隊員さん
    2013年11月16日 11:42
    バイオ系かじっているものだが、シロイロナズナがよく実験で使われるのは全遺伝子配列が明らかになっているためだとか。
    何年先になるかはわからないけど、実用化されたとしたら植物を商品として扱ってるお店に喜ばれるかな?
    名無し隊員さん
    2013年11月16日 17:06
    >>38
    二倍体は普通だろ
    無理して発言すんな
    名無し隊員さん
    2013年11月16日 19:06
    高速型ってのはかなり徒長気味だな。
    徒長管理ができれば、栽培の管理も楽になりそうだな
    名無し隊員さん
    2013年11月17日 00:06
    実が大きくなろうが、収穫量が増えようが、
    日本人は、そんな遺伝子操作されたような作物なんか食わないよな?
    そんなもの、臭くて汚らしい中国人にでも食べさせておけ、ってなもんだろ?

    何しろ日本人は、宇宙で一番清らかで美しい人種だからな。
    名無し隊員さん
    2013年11月17日 19:14
    ファンタジー的なドリーム社会が実現しそうだなw

    ※7
    なんというか。関係ないところで諸外国卑下して面白いの?
    お前の程度が知れるって言うか。人の屑だなっていうか…。
    2013年11月17日 20:49
    ※2
    質量はそのままにならんだろ
    名無し隊員さん
    2013年12月13日 11:59
    >>2
    君は何を言っているのかねw
    人間だって細胞が大きくなったら太るだろ。
    当然体重増えるよな。