本日の注目ニュース!!

深刻化するヘリウム不足  東京ディズニーランドも風船販売中止

50
コメント
化学
引用元:日経新聞


 ヘリウムの工業原料としての特徴は、特異な性質のために代替が難しい用途が数多くあること、供給源が限られていることにある。この意味で、水素(H)に次ぎ2番目に多い元素であるにもかかわらず、レアアースと同じ供給問題を抱えるリスクがある。


 特異な性質の一つは、沸点が約-269℃と元素の中で最低であること。比熱が大きく熱伝導率が高い特徴もあって、冷却用途に適している。光ファイバの製造工程において、溶融して成形したガラスの冷却、半導体製造のスパッタリング工程で高温になったシリコン(Si)ウエハーの冷却などに使える。超電導コイルを利用するMRI(核磁気共鳴画像法)機器やMEG(脳磁計)などの医療機器でも欠かせない製品がある(下略4 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 01:29:10.22 ID:EWQm2w/V
ヘリウムは使うと宇宙空間に放出されるから、どうしようも無い罠。



8 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 01:39:09.56 ID:IjcADmYB
USJは普通に売ってるけどね。



9 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 01:39:35.04 ID:Ye/nnob4
風船文化と声高くするのは消滅だな。




11 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 01:41:26.50 ID:nQ5HKjWX
水素使えばいいんじゃね?

12 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 01:44:26.40 ID:EWQm2w/V
>>11
ヒンデンブルグ号知らんのかい。
16 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 01:48:10.57 ID:0ihsP7aH
>>12
ヒンデンブルグの原因は水素じゃなくて、飛行船の外皮だったはず。
17 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 01:48:42.67 ID:Gz+wjriu
>>12
ヒンデンブルク号爆発の原因はテルミット反応であって、水素は関係ないことが分かっている。



13 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 01:46:11.65 ID:urOe6dlZ
ヘリウムなんぞ月に死ぬ程あるだろ。



14 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 01:47:04.96 ID:W84l5vy1
何とか合成できないものか?

19 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 01:49:42.40 ID:0ihsP7aH
>>14
核融合



21 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 01:53:35.15 ID:3ctd1FsN
声高くなるとか言って使いすぎちゃったか(テヘペロ



22 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 01:55:52.42 ID:20bUfUg9
水素で良いじゃん。

23 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:06:08.74 ID:eb+slGEH
>>22
水素で出来んなら最初から水素でやってるだろが。
24 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:07:22.72 ID:20bUfUg9
>>23
昔は水素だったと思った。
最初からやってたんじゃないの? 途中からできなくなっただけでw
35 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:35:48.50 ID:wqu8VjMk
>>24
紐に火をつけて遊ぶ行為がはやったから、ヘリウムになったんだっけ。



25 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:11:49.75 ID:LdxeoLdY
太陽には腐るほどあるのにな。



26 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:15:41.94 ID:V3oss0Uz
水素、ヘリウムの次に比重の軽い気体を使えばいいんじゃね?

59 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 04:17:16.42 ID:lRo/DU7S
>>26
メタンとかの可燃性のガスくらいしかない。
空気の8割は窒素、2割が酸素。これより軽くて風船に使えそうな安定した気体はヘリウムくらいしかない。
62 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 04:55:24.01 ID:khlhaJrL
>>26
水兵リーベ、僕の船、七曲がりシップスクラークか、スコッチ、バーボン、クロマティー
H、He、Li、Be、B、C、N、O、F、Ne、Na、Mg、Al、Si、P、S・・・
Nの窒素以下での気体ってのは単一元素では無いなぁ~

一応、分子体としか考えるならネオン(Ne)、メタン(CH4)、アンモニア(NH3)が存在はするが、
安全面や空気との比率を考えると悩ましいな。



32 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:29:26.37 ID:3TaA0ezM
風船なんて水素を使えばいいじゃん。
ヘリウムの半分の重さでヘリウムより安い。



33 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:31:41.20 ID:3TaA0ezM
MRIで使う超伝導磁石を、ヘリウムじゃなく水素でも冷やせるようなのにすれば、
ずいぶんヘリウム消費量が減ると思う



36 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:35:58.01 ID:CHrg6pWL
>>33
冷剤なら窒素だろ。
46 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:49:09.19 ID:wqu8VjMk
>>36
JRマグレブの冷却システムは、ヘリウムじゃなかったかな。
49 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:53:34.00 ID:CHrg6pWL
>>46
今の形式は液体窒素すら必要なく冷凍機のみでいける。
50 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:55:28.93 ID:wqu8VjMk
>>49
おおーまじか。
そろそろ予算編成の次期だから、JRマグレブに関するニュースが流れてもいいころなのに。



37 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:39:55.35 ID:545eb4gD
昭和時代の昔は風船に水素使ってて、沢山風船に詰めてたのが静電気で引火爆発。
子供が大ヤケド負った事故とかしょっちゅうあった。
水素の爆発力を甘く見てはいけない。



43 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:45:28.38 ID:1FZpmnf6
パーティグッズでドナルドダック効果とかやってる場合じゃないじゃん。



47 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:49:46.83 ID:545eb4gD
最近は実験やらないからだろうな。
昭和時代は小学校6年の理科で、水の電気分解で水素集めて燃焼実験やったよな。

50 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:55:28.93 ID:wqu8VjMk
>>47
電気分解の前に亜鉛と塩酸を使って、上方置換だが水上置換じゃね。



48 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 02:50:25.17 ID:CHrg6pWL
自然生成の供給源はおそらく、アクチノイド元素のα崩壊



51 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 03:09:51.63 ID:zCUKf4tV
核融合技術でエネルギーの安定供給が実現すれば・・・
海水から逆浸透で真水を生成したり、電気自動車の普及等エネルギーをたくさん使う用途に
利用できるようになって大体万事解決だね、原料は海に無尽蔵に存在するし・・・
なにより現行の核分裂と違って連鎖反応が起きないところが大きい。

52 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 03:12:00.42 ID:jIMPM8y0
>>51
と言い続けて50年。



54 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 03:19:40.58 ID:37yDa2zd
おまいらが変な声だー!とかなんとか吸って遊ぶから (´・ω・`)




57 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 03:52:37.99 ID:GSnqNh5o
また、存在量は水素に次いで宇宙で2番目に多い。

58 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 03:53:56.49 ID:CHrg6pWL
>>57
軽すぎて地上に保持できないんだよ。



60 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 04:23:43.31 ID:uvn7h2VL
アンモニアは?

63 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 04:58:19.72 ID:khlhaJrL
>>60
アンモニアは危険物指定されてる毒物だよ。
85 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 08:32:45.53 ID:Gc5THNOc
>>63
危険物→消防法上の「危険物」にはあたらない。
毒物→毒物及び劇物取締法では「劇物」



61 :名刺は切らしておりまして:2013/02/15(金) 04:42:37.78 ID:XE/GUfOm
※お客様各位
本日都合によりドナルド・ダックは地声です。

BUZZったイチオシ記事!!!!!(*゚∀゚)ゞ

    この記事へのコメント

    名無し隊員さん
    2013年02月16日 20:24
    んなの何年も前にアメリカがヘリウムの生産制限入った時に言われてたろ
    すげー今更感だ
    名無し隊員さん
    2013年02月16日 20:33
    核融合発電で生成されたのを使えばいいんじゃね?
    名無しさん
    2013年02月16日 20:52
    芹那が大量に買ったんだろ
    名無し隊員さん
    2013年02月16日 21:08
    京大では未だに使い放題です。ごめんなさい。
    そして低温研ありがとう。
    名無し隊員さん
    2013年02月16日 21:09
    ヘリウムはα線っていう放射線なんだよって教えたら、大概のバカは買わなくなるだろうな
    ユーザーの大半はその程度のバカなんだから、貴重なヘリウムを無駄遣いさせる必要は無いだろう
    MRIなんかの医療用だって、10年前は使っていなかったんだしなぁ・・

    ヘリウムを実験で大量に使いたい側の意見です、はい
    名無し隊員さん
    2013年02月16日 21:16
    米1
    実情はもっと複雑だよ。
    ちょっと前まではアメリカが自国の油田から副産物として精製分離したヘリウムを
    安定した地殻を持つ古いガス田に充填して膨大な量を戦略備蓄してたんだ。
    生産設備は老朽化していて定期改修が必要な時期に差し掛かっていたが
    しばらく生産を減らしてもこの戦略備蓄を放出すれば市場の流動性は保たれると踏んでた。
    ところが近年になってC国とかの新興国で需要が急増、投機マネーなんかも流れ込んで
    買占めや市場価格の高騰が起こり始め、それが全世界に波及した。
    アメリカの戦略備蓄を精製して市場に流すまでのプロセスが上手く機能していなくて
    流通量が思ったより増えていないという話もある。
    名無し隊員さん
    2013年02月16日 21:20
    うちの会社でも最近この話でたなあ
    名無し隊員さん
    2013年02月16日 21:45
    >ヘリウムはα線っていう放射線なんだよって教えたら
    そういう中途半端な知識をひけらかすと逆に知ってる奴から
    「うわぁ…コイツきっと原子核とか荷電粒子も知らないんだな…」
    って思われるのがオチ
    名無し隊員さん
    2013年02月16日 21:51
    化学実験ではヘリウムみたいな希ガスが必須なんだよね。
    使えないと本当に困る。
    2013年02月16日 21:54
    日本国民が全員同時に屁をこいたら一瞬で足りるだろ
    それくらいの努力すらしてねえでヘリウム不足とかいい加減にしろ
    名無し隊員さん
    2013年02月16日 21:54
    ガス惑星でも開拓できればなぁ。
    名無し隊員さん
    2013年02月16日 21:57
    ※10

    ツッコまんぞ、絶対にツッコまんぞ!
    名無し隊員さん
    2013年02月16日 22:04
    生産プラントが止まってもアメリカの戦略備蓄の放出とロシア、アフリカ、
    中東の新規プラントの稼動で賄えるって見込みが外れたんだよ。
    実際の需要は数年前の見込みより早いペースで増加しちゃったし、
    新規プラントの稼動もなぜか軒並み遅れてる。
    トドメに戦略備蓄の精製に手間取って流通量が期待されてたより増えなかった。

    これじゃ買占めが起こらないわけが無いよねw
    名無し隊員さん
    2013年02月16日 22:54
    影響の割りに注目度が低いけど、5月頃にカタールからの供給が始まらないと、徐々にいろんな化学物質の供給が止まるよ・・・ 光ファイバーも、半導体もやばいよ。
    名無し隊員さん
    2013年02月16日 23:00
    つかアンモニアって爆発するから危険じゃね?
    鉄工所とかだとボンベの周りに水まいてるよね
    名無し隊員さん
    2013年02月16日 23:03
    いつかはDART MSとかNMRとか使えなくなるのか?
    名無し隊員さん
    2013年02月16日 23:14
    >光ファイバーも、半導体もやばいよ。
    ヘリウムの供給逼迫は今回が初めてではなくて、ここ15年で数回起きてる。
    なので産業界は既に多少はリスクを認知していて工業的な利用法では既に
    代替手段が開発されているか、回収することによって消費量を減らす努力がされてる。
    光ファイバーは1次製品の在庫さえ有れば持ちこたえるし、半導体は
    プロセスに使う両自体が少なく、単価が高いので価格に転嫁することが十分可能。

    むしろ打撃を受けるのはそういった対策が難しい高度医療機器用の冷却材や
    金属の熱処理や溶接用のガスの供給だろうな。
    2013年02月16日 23:36
    少なくともヘリオックスはアルゴックスに置き換えられるだろうな。
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 00:05
    >>17
    測定機器用の冷媒用にもう何年も液体ヘリウム買ってるけど
    今回のヘリウム危機に関して言えば、過去の比ではないよ。
    過去の危機では単なる値上げで済んだけど、今回の場合
    値上げしても売るヘリウムがない。
    回収していっても補充するヘリウムがない。
    ガス屋からは今月も改善の見込み無しの連絡をもらってる。
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 00:18
    今回のヘリウム不足はアメリカの供給減も理由に挙げられるけど、
    中東で期待されていたヘリウムプラントが日本企業の技術不足で
    稼働が遅れているのが大きいとか聞いたけど、本当のところはどうなん?
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 00:23
    溶接はほぼ、アルゴンガスだろ、、、
    ヘリウム雰囲気下なんて最近聞いたこと無いぞ。
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 00:30
    哀川翔が地声になっちゃうの?
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 00:32
    風船の中の水素が静電気で爆発とか寝言言ってる奴が居るけど
    どんな風船なんだろうな
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 00:47
    元記事にも書いてあるとおり、たしかにD-T核融合炉でヘリウムは発生するけども、仮に核融合炉を急速に実用化に漕ぎ着けたとしても効率は高くない。
    実証炉のITERで出力50万キロワットなので、そっから大雑把に計算するとヘリウム発生量は2×10^20個/sってところ。それを100%回収出来たとしても、1モル22.4リットル作るのにだいたい一時間掛かる計算になる。
    動かせる炉の数も、連続運転時間も現状の見通しではたかが知れているしね。
    ヘリウム生産装置としてあてに出来るような数字じゃないね。
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 00:50
    中国の需要増大であれが逼迫これも逼迫、って言われてると、
    ホントにもう、地球は先進国並みの生活を送る人間のキャパいっぱいのとこまで来てるのかなって気がする。
    それで何が起こるのかと考えると、不吉なことしか思いつかないのがイヤだわぁ。
    2013年02月17日 00:57
    それに加えて後進国の賃金が上がり、先進国並みの商品、サービスを享受できるようになってきたからな。
    その分、先進国が割りを食うわけだ。
    これから先もっと生活は苦しくなるけど、現状を打破できるのは省力化とエネルギーの確保しかないんだよな…
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 05:47
    ガスを注文したけど納入まで二ヶ月かかった
    たぶんこれでも恵まれてる方だろうな
    開発した装置のリークテストに使っちゃるけんね
    大気中に放出して済まぬ…
    2013年02月17日 09:05
    ※5
    馬鹿丸出しの説明ありがとう
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 09:40
    水素入りの風船はバブル期の前半くらいまでは使われてたんじゃないかな。
    デパートのイベントで爆発して観客が怪我をした事例も実際に有るし
    今では日本国内の殆どの自治体で火災予防条例によって禁止されてるよ。

    条件付きで使うことが認められてるのはアドバルーンとか観測用気球くらいじゃないかなぁ。
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 11:36
    ヘリウムの再利用技術とか開発せんと科学技術全般の発展を阻害しかねない
    2013年02月17日 11:46
    大気中に数ppm含まれている分を分離するのが最後の手段だな。

    コストは跳ね上がるが、枯渇することはないだろうな
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 13:48
    水素は危険
    小学校の頃水素の酸化反応勉強してためしに放課後実験したら大変だった
    先生にも怒られたし親には殴られた
    今でも片耳が聞こえない
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 15:22
    うちの会社は売ってる側だけど新規客は全部断ってるな
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 15:52
    風船が爆発したんじゃなくて
    風船に水素を入れるためのボンベから出てた水素に引火して爆発したんだよ
    2013年02月17日 16:06
    米32
    洗剤入りのたらいに水素と酸素のボンベで泡作って火でも付けたんか?
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 19:44
    ヘリウムまで行かずとも三重水素までの道のりさえ確かなものにすれば
    20年ほどで半分ちょっとがヘリウム3にはなるけどな、
    ただ、軽い元素って粒子数が結構重要なんだよな、実際液化温度も違うし
    超流動も具合が違うし。

    ヘリウムと同じようにつかえる気体っつーと同族のネオンやアルゴンになる、
    当然周期表一周分、二周分原子番号も粒子数も倍以上に増えるからな。
    有用だけど厄介だよな、基本的にヘリウム4はα崩壊が主な供給源だろうし。
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 19:53
    もしマジでヘリウム枯渇したらって思うとゾッとする。
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 20:42
    空気中から冷却して採集することは・・・できないんだろうなあ
    名無し隊員さん
    2013年02月17日 23:11
    シェールはダメらしいから、極東シベリアの天然ガス田開発に期待だな。
    名無し隊員さん
    2013年02月18日 09:42
    ※39
    日本がそれに上手くのれれば、美味しいって事か・・・。
    2013年02月18日 10:48
    NMRオワタ→材料化学オワタ→日本オワタ→諦めの境地
    名無し隊員さん
    2013年02月18日 12:04
    アメリカらしくないね
    裏があるのか?
    名無し隊員さん
    2013年02月18日 23:02
    アメリカにとっては自国内に在庫が有れば当面は乗り切れるし、
    取り立てて需要が急増してるわけではない。
    足りなくなったら輸出を絞れば良い。
    静観してても痛くも痒くもないってのが本音では。
    名無し隊員さん
    2013年02月19日 18:24
    水素だけじゃ爆発力が強くて危ないってんなら、ネオンと程良く混ぜてタンクに詰めといて風船に充填するとかでどうにかならんかねえ
    風船なんてかろうじて浮くくらいの方が、子供が手を離しても周囲の大人がフォローできて良かろう
    名無し隊員さん
    2013年02月19日 18:42
    風船用途はほっといても値上がりしたら売るのやめるだろう
    科学用途の冷却用He不要な新型開発しないといかんだろうな
    2013年02月19日 22:27
    >>本スレの32
    水素分子は2個、ヘリウムは1個
    ヘリウムのが軽い
    名無し隊員さん
    2013年02月20日 01:13
    意外と地球が滅ぶ原因ってヘリウムの枯渇とかだったりして
    名無し隊員さん
    2013年02月20日 21:09
    >>57

    さあ、今こそ木星船団の整備を!
    名無し隊員さん
    2013年02月24日 14:52
    ※46

    名無し隊員さん
    2013年03月29日 01:32
    荒田技術を使えば無尽蔵にヘリウムを採取できるのに・・