本日の注目ニュース!!

「褒められると伸びる」 は本当 科学的に証明

64
コメント
生理学
引用元:47News


 「褒められると伸びる」は本当。運動トレーニングをした際に他人から褒められると、上手に運動技能を取得できることを、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の定藤規弘教授(神経科学)らの研究グループが実験で明らかにし、米オンライン科学誌プロスワン11月7日号に発表した。

anigif_enhanced-buzz-11921-1338821926-5

 グループの田中悟志名古屋工業大准教授(神経工学)は「褒めて伸ばすという言葉が科学的に証明された。教育やリハビリテーションの現場で応用できる」としている。これまでの研究で、うれしいことがあると、脳内で記憶の定着に重要な役割を果たすドーパミンが分泌されると判明している。2 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 18:33:33.00 ID:cAvQ1uUU
同時に俺様、姫様になる確立も高くなるよね。
ゆとりちゃんで実証済み。

6 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 18:44:50.69 ID:XQBfc9ay
>>2
なるねー、ここ二年は物凄い勘違い野郎が沢山入社してきてる。
全然出来てないのにドヤ顔で仕事を提出してきたり。

マニュアル化された仕事すら、俺流で改悪して失敗したりとか。
それを咎めると新型うつ病になって、パチンコしに行って会社来なくなる。
ふざけてるとしか思えない失敗しても、叱っちゃ駄目なんだよな。
優しく優しく諭していかないと。



8 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 18:46:23.75 ID:JGBcn0I9
褒め方を間違えれば、とんでもない馬鹿になることも証明してくれ。



9 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 18:46:34.55 ID:McXEnhkd
伸びるのは伸びる要素のある事だけ。
駄犬を褒めても伸びないよ。



12 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 18:48:24.70 ID:YPKZdMWe
ピグマリオン効果とゴーレム効果。
昔から言われてる。

24 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 19:48:28.08 ID:tgeJXXEX
>>12
実験的な証明ってされてたの?



16 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 18:55:54.26 ID:N923ebQY
勘違いしちゃいけないが、この研究結果は決して叱っちゃいけないといってるわけじゃない。
褒められたら伸びるってことがわかっただけ。



20 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 19:16:00.31 ID:pIlgV6Hv
これで体育会系の意味がない上に、頭悪い扱きがなくなればいいね。



22 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 19:39:05.89 ID:Q0JgfmSb
マジレスすると、認められると嬉しくなって頑張る。
認めてもらえないと自己評価が下がって心が病む、って感じかな。



25 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 19:53:20.83 ID:hf5QC8v7
勘違いして怒る・責めることを放棄するような、アホ親が増えるだけなきがする。



26 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 19:57:51.88 ID:1jJPppIm
指導する側が無能だと、理論だけ優秀でも結果は出ない。



28 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 20:06:54.97 ID:+ML2GYao
これを応用し 自分だけを褒めさせ他人を褒めないで貶すことにより(ry



30 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 20:22:10.69 ID:JmRMubEl
褒めると伸びるのは本当だな。
嫁の料理褒めてたら不味い料理がさらに不味くなった。



31 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 20:25:02.80 ID:JqlMokOz
>>30
おもしれーw
そのジョーク初めて聞いた
32 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 20:30:08.13 ID:le4sy0tv
>>30
自己反省できんヤツは付け上がるだけだよw
35 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 20:55:19.18 ID:Ywuji+8C
>>30
だから熱いうちに打てと言っただろうに・・・



33 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 20:34:55.94 ID:NZnRkWe/
根性論一辺倒の日本は・・・

37 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 21:07:01.54 ID:30v9zKXS
>>33
米国の方が根性論は強い。
そもそも、根性のない奴はクズ扱い。



40 :名無しのひみつ:2012/11/08(木) 23:33:36.76 ID:DJZFuxZB
なぜ叱られたやつと比較しない。



42 :名無しのひみつ:2012/11/09(金) 03:28:16.47 ID:IU22v9NC
でもこれ向上心があることが前提でしょ?
勘違いするアホが出てくるから、ちゃんと書いといて欲しいわ。

43 :名無しのひみつ:2012/11/09(金) 04:01:10.99 ID:FJjwkBWa
>>42
そうとも言えない。
少なくとも子供は褒めるとやる気になる場合が非常に多い。
ていうか、褒めると向上心が出て成績よくなるって話だから。



44 :名無しのひみつ:2012/11/09(金) 05:45:34.16 ID:bF6zam+y
短期的には、効果あるとしても。
長期でやると逆転する可能性あるよな。



45 :名無しのひみつ:2012/11/09(金) 11:21:45.13 ID:N6f8allB
落合の息子を思い出した。



46 :名無しのひみつ:2012/11/09(金) 14:50:10.68 ID:qcsoR/+g
なにを褒めるかが大事だろな。
他人に迷惑をかけたりしてるのを褒めてたらあかんわ。



47 :名無しのひみつ:2012/11/09(金) 15:14:47.99 ID:eA+nxTkj
褒めるときに褒め、叱るべき時に叱る。
どちらが欠けてもだめだろう。

正しいことはして当たり前、間違ったことをしたら罰を与える → 指示待ちで臆病な人に
正しいことをしたら褒め、間違ったことをしても甘やかす → 自己中でわがままな人に
正しいことをしたら褒め、間違ったことをしたら罰を与える → まともな人に
正しいことをしてもなにもせず、間違ったことをしてもなにもせず → 無責任かつ無自覚な人に



50 :名無しのひみつ:2012/11/09(金) 16:02:31.66 ID:4cn6iOXF
略称は生理研だよ。



53 :名無しのひみつ:2012/11/09(金) 20:12:58.88 ID:GLdXG2l2
叱るというか怒るのは良くない。
叱る側の自己満足だし、ストレス発散してるだけ。
親の不安定な精神につられてキレる子供になる。





ほのぼのニュース+@2ch掲示板から。


5 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 10:39:57.37 ID:z4Re/L0O
やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。
山本五十六は正しかった。



8 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 10:49:32.25 ID:fStVGVAk
根本的にドーパミン不足だったりする人はムクナ飲め。

10 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 10:51:22.22 ID:z4Re/L0O
>>8
おお、初めて聞いたわ。試してみる。



9 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 10:50:03.25 ID:vWl7mR0O
それも限度があるだろう。
たまに叱られるから 「褒める」 効果が出るのでは?



13 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 11:00:50.40 ID:1+Hh9HVD
褒めたら伸びても舞い上がったり図に乗ったりで、使い勝手が悪くなる事もあるじゃん。



16 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 11:20:23.67 ID:5SepIXqd
大正初期生まれながら父は 「子供は褒めて育てよ」 主義。
しかし自分は疑い深い子供で、褒められると嬉しいと同時に「そんなことあるまい」と思っていた。
でもこの年になると、小心者の自分に厳しい親だったら辛い人生だったかもと思う。

48 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 23:52:34.11 ID:KaRBNYSr
>>16
感慨深いお言葉です。
ありがとうございました。



17 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 11:26:40.09 ID:tYOmYf98
伸びるというか 「やる気になる」 と考えると、経験則では当たり前だけどね。



18 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 11:36:08.21 ID:ilVw5AlA
褒められて伸びるのは最初だけ。
けなされて反骨心を糧にして伸びてこそ一人前。

19 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 11:37:33.62 ID:sGATBLA/
>>18
今の時代、貶される事ですぐダメになる弱い人間が多い。
49 :やまとななしこ:2012/11/09(金) 00:16:31.58 ID:ISiRwJka
>>19
それでダメになる奴はその程度、そんな奴はいらんさっさと辞めちまえ。
22 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 12:18:55.54 ID:tF6ZtPv4
>>19
そりゃ貶されなれてないからだ。
ちやほや育てすぎて世の中全員自分に、好意的だと思いこんで育っちまったんだろう。



社会に出て誰一人として貶さない保証があるならいいが
そんな世の中は存在しないんだから、普通に怒ったりほめたりして育てたほうがいい。
それで伸び率が多少減ってもその分中身が詰まった強い成長するだろう。

褒められてだけで伸びたやつなんてヒョロヒョロだよ。
いっぺん貶されたらすぐ終わる。
26 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 12:48:43.97 ID:kkm+Sbkx
>>22
それはどうだろう?
右肩成長の高度成長期に罵られ貶されても、それは叱咤激励になるだろうけど
不況期でそれをすると、陰湿な苛めの類ではないかな。
32 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 13:59:47.38 ID:tF6ZtPv4
>>26
この先不景気だからこそいくらでも貶されるんだから、ちやほやしてもしょうがないじゃん。
社会に出た途端即死させたいの?



20 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 11:54:25.50 ID:NyG3DPEa
心理学レベルでは、ピグマリオン効果として既に認知されてるね。



34 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 14:09:49.44 ID:qE8zHU3c
適当にほめてたら変な癖付くってことか。



35 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 14:10:24.62 ID:RPcpTyQv
褒めるのも貶すのも大事、そのバランスが問題。



37 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 15:57:59.24 ID:J+2UWOEq
「叱る」 と 「怒る」 「貶める」 は違うのな。子供には凄く分かる。
叱られて、怒られて嬉しい!てことあった。もっと叱られようと悪いことした中学時代。

38 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 16:59:30.70 ID:5Y6PzX+8
>>37
それはただの変態。



43 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 22:41:18.24 ID:CVeoDEqP
生理学研究所の略称は通常 「生理学研」 ではなく 「生理研」 な。



46 :やまとななしこ:2012/11/08(木) 23:10:15.62 ID:GbA5ieG4
人の気質にもよるだろうな。
ただ、圧倒的に褒めてのびるタイプが日本人には多いと思う。

BUZZったイチオシ記事!!!!!(*゚∀゚)ゞ

    この記事へのコメント

    2012年11月09日 21:18
    >同時に俺様、姫様になる確立も高くなるよね。
    > ゆとりちゃんで実証済み。
    これってちゃんと出来てもいないのにただほめてきたからじゃないか
    逆に咎めないが褒めもしないできたのも多い

    叱るとか言うけど大抵怒鳴ってまともにフォローも出来ない人も増えてきた
    教えるほうもだいぶ劣化してる
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 21:36
    トップ画像が動いてビックリした
    それだけです
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 21:37
    褒められたらうれしい。嬉しければ自信が芽生える。
    自信があれば、チャレンジする。
    当たり前の精神構造だと思います。
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 21:42
    >>6は自分の職場が落ち目だと気づいてないかわいそうな子
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 21:43
    褒められるのが当たり前になってしまえば嬉しさが麻痺するから効果ないし
    逆に全く褒められずに叱られ続けると心を病む

    「何もかも褒める」馬鹿な大人と「何もかも叱る」馬鹿な大人のせいで
    馬鹿な子供が育ちます
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 21:44
    教育系の仕事についているが・・・子供、とくに5歳までは褒めると非常によく伸びる
    褒めても効果がなくなる頃からは、よく噛み砕いて言って聞かせる
    子供と侮るなかれ、下手な大人より理解力が高い
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 21:46
    <褒められて伸びるのは最初だけ。
    <けなされて反骨心を糧にして伸びてこそ一人前
    こういうこと言うやつが大体褒められて勘違いしてる人間

    褒められて育ったからけなされても反骨心がうまれる、褒められてない人はそもそも貶されるのが当然だから変化なんてないよただやっぱりだめなんだな・・・とマイナスに行くだけ
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 21:47
    純情なうちは色々と効果があるだろうて
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 22:04
    ボロクソに貶す上司の前では怖いからしっかり仕事するし
    甘い上司の前では気が抜けて適当になっちゃうなあ
    怖い上司に教わったほうが忘れると何言われるかわからんから覚えも良かったり
    不本意だけどやっぱ厳しいほうが合理的なんじゃないかなあと俺は思った
    本当に本当に不本意だけど
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 22:12
    何故か否定ばかり入る変な記事。まあみんな誰かを落としたいのかね
    シロ鬼
    2012年11月09日 22:18
    あの子も褒めた方が伸びるのかな…赤鬼の赤ちゃん。。。
    名無し2ちゃんねる(n´・ω・`n)
    2012年11月09日 22:26
    褒めてやらねば人は動かじ、って奴だろ?
    怒られたからって、こいつを見返してやろうなんて思うわけがない
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 22:43
    おい、眠いな
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 22:44
    なんかヒステリー起こしてる奴いるけど
    褒めるとおだてるは違うぞ
    褒めるということは良い部分を指摘しているわけだからそら伸びるわな
    名無し
    2012年11月09日 22:44
    ピグマリオン効果って実験の手順に問題があって、一般化できる法則ではないと聞いたことがあるけど、どうなの?
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 22:44
    ちゃんと怒られ褒められして育ってきた気がするが、極端に自信が無いと最近思う。
    親に申し訳がたたんのう・・・。
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 22:57
    いつからゆとりが褒められて育てられたと錯覚していた?
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 22:59
    俺のように褒められるとかえって不安になったり自虐的になったりする人だって居るわけだが
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 23:10
    一番上の画像で拍手されてた人は伸びなかったねえw
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 23:14
    褒めれば伸びるけど、だからといって、
    誰もが一流のオペラ歌手になれるわけじゃないってことか
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 23:33
    ゆとり世代って全く褒められてねーんだけど。むしろ逆なんだが。
    脳内妄想と現実の区別つけろよ。
    というか>>6はこいつ自身が勘違いしてるだけだろ。
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 23:37
    こういうのはちゃんと挫折も失敗も経験してからの「成功体験」に
    褒める事を加えたからこその「バランス」の配分問題だと思うんだがなぁ。

    例えばよくまとめサイトとかでも見る
    「全巻買っても公開しない漫画を教えてくれ」とか
    「誰でも簡単に作れる美味しい貧乏飯教えてくれ」とか

    自分で調べたり壁にぶち当たって越えようと思わない、
    既に成功したマニュアルに乗っ取って「成功」を「追体験してるだけ」
    という人々もだいぶ増えてる気がするよ。

    これに関してはネット人口の大半が当てはまる部分があると思うな。

    勿論「すべき苦労は買ってでもするが、○○ごときに擂り潰すコストはない」
    と言うだけの事かも知れないが「誰かに(気に入った)答えを聞く」事を
    安易に選ぶ割合が増えていないか?

    勿論それは近年の社会構造にも問題がある。
    「勝ちたければ負けるな」という思考だ。

    挫折や失敗を味わいながら、成功をつかむ事への忌避(格好悪いとか色々マイナスイメージ)を
    どうにか変えて行かないとならない気がするよ。
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 23:49
    *22
    ただの時間圧縮でしょ?
    人生は短い。
    名無し隊員さん
    2012年11月09日 23:52
    塾の先生やってるけど
    今まで<できてない時に正しいやり方を言う>ように普通に教えてたら
    「何度言えばわかるんだ」って思うほどうまく行かなかったけど
    <できてる時にほめる>ってやるようになったら一回で理解してくれてうまく行くようになった。

    単純に「ほめる」「叱る」の二元論じゃなくて
    「できてる時には必ずほめる」って考えた方がいいと思うぞ
    そうすれば自然と叱る回数は減ってくはず
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 00:00
    上達してるのに「まだまだだな」とかマイナスなことしか言わない古臭い鬼コーチみたいなやり方はダメってことだろう。
    良くないものでも褒めろって話じゃあるまい。
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 00:17
    モチベーションの問題でもある気がする。
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 00:19
    ダメなときはしっかり指摘する。
    ほめることが可能なときは必ず褒める。

    自信過剰な性格の相手は褒めない。

    これでいいと思う。
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 00:29
    (幼女に)褒められると(鼻の下が)伸びる
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 00:29
    俺の場合、褒められ・怒られタイプじゃない。
    周りが無関心だとものすごく伸びるタイプ。
    2012年11月10日 00:37
    ほめるのと謙虚さを養わせるのは別々にやれってことじゃないの?
    ほめると伸びるのは伸びる。天狗になるようだったらそのことを教えてあげといたらいいし。身近な人が背中魅せてたら天狗になりようがないけど
    傲慢な人間は大概長続きしなくてうまくいかないことが多くなる。
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 00:48
    褒めて伸びるのは本当だけど思うけど
    「褒めて伸ばす」を勘違いしてるバカ親がわがままな子を育てるんだよね

    「叱る」と「怒る」と「どなる」の違いがわからないバカ親みたいなのが
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 00:55
    自信勇気覚悟は 自分で生産するものとちゃうんけ
    人からおだてられてヨイショされて 上手く流れに乗せてもらって 他人の力で
    そんなことで上々な人間になった奴には
    意地でも負けたくないし 絶対に負けてやらんと思ってしまうな

    正当な扱いを正当で返す奴 これは普通の奴
    不当な扱いを受けて正当な態度で返せる奴が 正しい大人だ
    褒めて伸ばすとか 何を甘っちょろいことを言っているんだ
    まあ俺は他人を褒めるけどな すごいねー!次もこの調子で頼むよー!っつって
    でもいい年になったんなら 根本で舐められてることに気付けよな
    いい大人に甘えるな 自分が大人になるんだ
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 01:24
    悪い事をしたら叱る。
    良い事をしたら褒める。
    悪い事でも良い事でもないなら自分なりの評価をする。
    ただそれだけの事。難しいのはタイミングだけ。
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 01:25
    これって何か新しいの?
    神経工学がどうのとあるけど神経伸びるとこが観測できたとかって話?


    あと最後なんだw最後wwww
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 01:45
    拍手喝采は人を愚にするの道なり
    つとめて拍手せよ、つとめて喝采せよ
    渠おのづから倒れん
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 03:04
    冒頭の画像は「市民ケーン」かな
    オーソン・ウェルズ懐かしい
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 06:05
    ※32
    どれだけ自己中なんだ
    口先だけのお褒めの言葉なんて相手だって分かってるだろ
    その上で君に合わせてあげてるんだろうよ
    それにそこまで自分に自信があるなら
    少しは他人をおだててヨイショして 上手く流れに乗せてやって
    君の力で本当の上々な人間にしてやるべきだろ

    自分の事しか考えられない奴こそ子供って言うんだよ。
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 08:46
    褒めて伸ばすってより、おだてて調子に乗せてやる気を出させるってのが本質だから
    昔の日本のやり方みたいに、貶す一辺倒では確かにやる気は落ちる一方だろうね
    かといって褒めるばかりやってたら図に乗って向上心が無くなる
    適当にやってても褒められるwって感じにな
    日本の指導の仕方は極端なんだよな
    昔は鞭ばかりで飴を与えず、鞭ばかりじゃ駄目だと飴を過剰供給したのがゆとり教育だし
    飴と鞭のバランスが一番重要なのにな
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 08:57
    たまには感情的に怒ることも必要だと思うよ。
    ただし、憎悪じゃなく愛情を持って。

    その愛情が伝わる保証はないけど。
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 09:00
    ※22
    >既に成功したマニュアルに乗っ取って「成功」を「追体験してるだけ」
    数世紀前から日本はそういう国だよ。
    例えば農民の子が農民にならずとも、
    生き方を決める際に親や因習に従わなくともよくなったのなんてここ2世代ほどの特異な現象。
    それでも、工業化で選択肢が増えた中でも、すでにあるマニュアルに沿って生きることがよしとされてきたろ。
    「学歴社会」がその典型さ。
    増えてるんじゃない。昔っからそうなのよ。
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 12:33
    ※40
    今あるものは理由があって存在する
    ただ否定するだけならサルでもできる
    代案をだせよ
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 13:11
    怒るのは自分のため、叱るのは相手のため。
    甘やかすのは好かれたい自分のため、優しくするのは強くならないといけない相手のため。

    心に届き人を伸ばす褒め言葉は「すごーい」「テンサーイ」じゃなくて、
    頑張る姿をちゃんと見つめ、間違ったら指摘をした上で、
    くじけずに最後までやり遂げた時の「よくがんばったね」だと思う。
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 13:47
    ネガキャンしか起きないよなこの国。寒々しいわ
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 14:29
    能力じゃなくて努力を誉めた方がいいらしいな
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 14:46
    ほめられる時って、その人には悪いのだけれど話半分に受け取っていて、それで特に問題はないと思っている。天狗にならずに済んでいるつもりだし、一方でノリノリにもならないのだけれど。

    ただ、叱られる・怒られる時は、それがまっとうな叱咤か判別しておきたいのだけど、つかなくて困ることがある。正当な指摘なら聞き入れたほうがいいのだけれど、頭おかしい絡まれ方をしているように思えることが多い。本当に不当な指弾なら気にすることはないのだけれど、いちおう聞き入れている内に、今後なにをやっても自分は駄目で、真面目に取り組んでも技能向上は望めない気がしてくるんだなあ。
    2012年11月10日 14:52
    叱ると怒るって違うよな。
    叱るって咎めたり激励したり、飴とムチ両方の要素入ってる。
    怒るのは、子供と一緒。怒ってるっていう感情をぶつけてるだけ。

    大体、人への対応なんてケースバイケースな事なのに。あーだこーだ決めつけて、雑な処理をするから雑な対応されるんだと思うわ。
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 18:31
    米41
    40とは別の人だけども・・

    学歴の代替案は、職種別、専門性、技能とかそういうの。
    一つの物差しで人を測るのは、能力ではなくて身分制度。
    大学入学試験では、計測が楽な学力だけで職業で必要な能力を測れないことがあまりにも多すぎる。

    たとえば、職業・職種分野ごとに学校を作って現役の職業人が教え実際の職務をシミュレーションした成績で優劣を判断し、不十分なものは別の職業学校に移る。
    この学校は労働組合が後押しし、労働者の質の高さをアピールし賃金の向上を訴える根拠にする。
    とかね・・・もちろんこれも不完全だろうが改良しないほうが良いという根拠にはならない。


    科学技術も実験室では失敗を積み重ねて問題を解決しごく一部がようやく実用化できるのに社会システムになると「改良の試みをしたらどうか?」という意見さえ受け入れられないのはなぜ?
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 18:34
    わかった! 人類みんな馬鹿なんだな! ( ゚∀゚ )
    2012年11月10日 20:00
    ※45
    あなたの発言からは、
    結局のところ相手の言葉を、それが評価であれ叱責であれ、端から信頼していないだけのような印象を受ける。
    もちろん何を言われても鵜呑みにするのよりはマシかも知れないが、もうちょっと人間をよく見ても良いのではないかなと思う。
    少なくとも自分で判断がつかない時には謙虚に受け止めた方が、そりゃ結局ハズレの時もあるだろうけど、トータルでは得るものが多いように思う。
    無視や忘却は後でも出来るのだから。

    (世の中バカばっかりだ)と見識が狭い人ほどそう思っているものだし、
    人を信頼できるかどうかは、相手以上に自分の勇気の問題だよ。
    日本でひとかどのプロフェッショナルとして生き残っている人間は、決してそう頭ごなしにバカにしたものでは無いし、
    本当に経験ある有能な人間が誠実に真剣にあなたの事を考えて言葉を選んで発した言葉なら、
    その場で話半分に聞くのは、あなた自身にとって損かも知れないよ。
    名無し隊員さん
    2012年11月10日 20:08
    ※47
    ※41は現在のものを否定するなら代わりの具体案を出せって言ってるようにみえるが。
    別に改良を否定はしてないだろ。
    名無し隊員さん
    2012年11月11日 02:49
    コメ45
    どんなに理屈としては正しい指摘だったとしても
    自分には理解や咀嚼できない内容だと
    自分の成長や問題の解決に繋がらないので
    ちょっと心に留めておく程度にしとけば?
    名無し
    2012年11月11日 12:38
    褒める→やる気がでる
    なんて単純な話しじゃないんだよ。

    褒めるというか認めることで、自己肯定感が養われる。
    それは困難を乗り越える力になる。

    大事なのは自己肯定感なんだよ。
    名無し隊員さん
    2012年11月11日 13:47
    少なくとも何に対しても否定的な人間が多すぎることに失笑。
    名無し隊員さん
    2012年11月11日 18:22
    「褒める」と「甘やかす」を混同している人が多いような気がするなー

    この記事のコメが伸びているのはやっぱりみんなこういうことに関心があるんだろうな。
    何故か否定的意見が多いけど。
    名無し隊員さん
    2012年11月12日 05:55
    ナルシズムは絶対的な自己愛を生む一方で、それ以上に自己否定もする
    何事も程々が一番
    名無し隊員さん
    2012年11月12日 07:59
    要するにアメとムチでしょ
    名無し隊員さん
    2012年11月12日 12:46
    ※52
    やっぱやってることを承認されるって体験が必要なんやろうな
    名無し隊員さん
    2012年11月12日 23:43
    まぁ私も子供の頃は良く褒められていたんだけどね(´・ω・`)
    名無し隊員さん
    2012年11月13日 08:22
    褒める・叱るのどちらも方法を間違ってる親は結構多い気がする。
    叱る時に人間的なことまで一緒に貶したり。

    あと所謂ゆとり甘ちゃんって、親が褒めすぎたというより、
    そもそも自分で何かを選んだり、成し遂げたことが殆どない事が多い。
    小さい頃から進路やら勉強やらあれこれ指示されて育ってたりとかな。
    名無し隊員さん
    2012年11月14日 11:02
    つ「アメリカインディアンの教え」
    名無し隊員さん
    2012年11月15日 08:15
    あぁあああああぁぁぁあぁあああぁあ!

    おまえら全員馬鹿すぎるだろ! >>1の記事が書いてるのは心以前の認知や回路の話だろ?

    ドパミンが出たときの記憶は文字記憶、運動記憶、感覚記憶全てにおいて定着しやすいって仕様が人間にはプログラムされてんの!

    その初期設定を活かすも殺すも克服するも応用するも心と意志しだいではあるけど、初期設定が違うなんてことはほぼ存在しないの!違う話題なの!

    なんで自分の思い出話やそれに対するいちゃもんや自説の教育業界論でしめられてんの?枝葉末節すぎるだろ!

    日本の未来が暗すぎてゾクッとしたわ!科学版でこれなのかよ!
    名無し隊員さん
    2012年11月15日 08:57
    これは「おいしいお菓子を盗んだ子供はまずいお菓子を盗んだ子供より上手い盗みを覚えるのが早い」っていう報酬系記憶回路の話題であり、自己承認は関係が無い
    全ての動物実験でのオペラント条件付けにみられるように無意識レベルで自己承認は大切であるがそれよりメタな話題

    褒めるというより「喜ばせる」事と「自分の行動によって成功した事を自覚させる」事が認知科学的に大事
    だから教育者は何も言わなくても成功の記憶が薄れないうちに甘いものを与えるとか成功ボーナスを渡すとか、お互い嫌いあってるなら「成功しやがって・・・」って悔しがって見せるだけで学習効率が上がる
    名無し隊員さん
    2012年11月15日 08:57
    自分へのご褒美ってのも効果がある
    ただし努力持続の為のモチベーションの問題とは違った神経作用なので溜めて溜めていっきにご褒美ってよりも少しの即時的な喜びをタイムリーに成功の直後にってのが大事
    ガッツポーズをとって出るほんの少しのドパミンで効果があるので、逆に失敗したときに自分を鼓舞しようと嬉しい事をするのは避けるべきとも言えるが、その次元であっても支配的な法則とはいえないので、そこは心の問題とバランスをとる

    根性がどうとか逆に自尊心が負けん気を生むとか以前の根本的なレベルの話。魚だって虫だって同じルールで学習してる
    「上手い狩りとか良い事をしたらきっと良い目にあう。良い目にあったんなら良い事をしたんだな、なら忘れないようにしよう」無理矢理自然淘汰の圧力を自然言語に翻訳するとこうなるだろう
    でもご存知の通り進化に意志は無い。あるのは関係図だけ。だから進化で培ったシステムの話に心の話題をつなげるのはお互いに冒涜的で誤解が広がるよくない方法だ

    ただこのレベルから見えるように、褒めるテクニックの重要性はわかると思う。褒めると嬉しいなんてのは社会性生物限定のただのバグだ。バグだから嬉しさ無限ループとか平気でできるし、コストパフォーマンスもチート級で絶対やったほうが良い。ゆとり世代は可哀そうに褒められも叱られもされなかったようだが、せめてどっちかしてやれと思う
    まあ枝葉末節な余談だがな
    2012年11月19日 11:14
    取り合えずゆとりって言っとけばそれらしくなると思ってるのがな
    新人時代にぼろくそ言われたから、後輩が入ってくるたびぼろくそ扱き下ろす、ってのは虐待の連鎖によく似てる
    体育会系の「伝統」を言論でやってんのが新人類と氷河期