本日の注目ニュース!!

海草は森林よりも大量のCO2を吸収する

22
コメント
環境学
引用元:時事ドットコム


 (上略)海草が地球全体の海に占める面積は0.2%に満たないが、平方キロメートル当たりのCO2吸収量は最大8万3000トンに上り、典型的な森林の吸収量3万トンの倍以上だ。地球上の海は重要なカーボンシンク(CO2吸収源)で、毎年海に吸収されるCO2の10%以上は海草が蓄えているという。


seagrass at semakau


 フォアクリーン氏は声明で、「海草にはその根や土壌にCO2をため続けることができるという特異な能力がある」とし、「数千年にわたってCO2をためている藻場の事例を発見した」と述べた。海草はCO2を吸収するほかに、沈殿物を浄化したり、魚や甲殻類、その他の商業的に重要な魚介類の生息地を提供したりしている。海草は、油漏れによる汚染、船舶のスクリューなど人間の行為で打撃を受けることがある(下略)2 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 01:11:19.83 ID:32KrFIS5
カーボンサイクルのスピードが速いだけだろ



3 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 01:19:23.19 ID:gU7mPRFr
さすがに空気中のCO2までは除去できないんだろ?
それに海草を丘で栽培とかできないじゃん。

5 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 01:21:02.45 ID:Hg7/KuqN
>>3
CO2は水によく溶ける。
小学校の理科で習ったろ。
6 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 01:23:53.28 ID:N61KaW5S
>>3
海中のCO2が減れば空中のCO2も海中にさらに吸収されるだろ。
あと、海草を丘で栽培する必要はない、むしろ海でできることに意味がある。
陸地はやることいっぱいあるだろそんな余裕はない。



7 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 01:28:25.74 ID:UFeE9cAK
いくら吸収しても、石炭や石油のできていた時代と違って、植物は完全に分解される。
森でも海草でも、総体積やら蓄えた総CO2量やらは限界があるのだから、人の手で伐採して、
そのまま地底か海底へ封じ込めないと大気中のCO2は減らない。

22 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 02:52:07.25 ID:730q9+lg
>>7
最終的に植物由来炭素繊維素材ができたら、人類文明自体が炭素固定するようになる。
まあそれも最終的に廃棄 → 再生産だから限界はあるだろうが。

toray_grph_02
CFRP(炭素繊維強化プラスチックス)



8 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 01:32:31.86 ID:7C6LLenK
海草を増やしてCO2減らそうぜ。

9 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 01:33:47.33 ID:N61KaW5S
>>8
8の言う通り、海草を増やせば減るがな。
だいたい海草を利用したバイオ燃料とか、そういう思考方法だろよ。



12 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 01:41:56.38 ID:4D9RenPp
これは素晴らしい。
水草増やして杉全部切れよ。



13 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 01:43:00.22 ID:OzWut+q3
海に瓦礫はCO2対策だったのね。

『海、よみがえれ』 3・11で止まった時間(



15 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 01:46:23.99 ID:dSfjBcxA
海は広いからな。



16 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 01:48:12.23 ID:ph6Gbey5
海草の生える場所は水深の浅い部分だけ、その上、グレートバリアリーフのように
日光が届くところですら、海草ではなくサンゴが生息している地域が多い。

水中の栄養素は深海に沈殿するばかりで、河川からの供給量は少ないし、多くすると
赤潮のような酸素不足を招く。N、Pなどの不足が、ダイビングスポットのような綺麗な
海を維持しているわけで、海草だらけになってダイビングする?



18 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 01:58:29.80 ID:XQFAQSUD
これであんまり極端に水中の海藻増やすと、海の生態系が崩れんじゃねーの?



25 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 04:41:13.53 ID:Ujj+d5aT
海草ってアマモとかの仲間か。
じゃあジュゴンはアマモを食べるので温暖化の原因になってるんだな。駆除しないと。

26 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 05:00:43.84 ID:N61KaW5S
>>25
自分の肉に変換してるだろ?
駆除したら大気に返ってしまう。



27 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 05:29:15.36 ID:5lVM/Tc5
排出権のあれにはこれは込み?
それともこのことで扱いや立ち位置の動きはある?



29 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 07:24:47.40 ID:VmcAUlFV
温暖化すれば珊瑚の分布域が拡大して、炭カルとして今以上に固定化してくれる。
コンブとか規模の大きな海草群は比較的冷たい海に分布してるし
海レベルの系は柔軟性もハンパないだろ。



30 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 07:35:47.90 ID:5Xk3BtrE
炭酸が溶け込んだ飲料水は飲むとどんな味が舌に感じるか思い出せよ。
あの刺激の水中で植物(海藻)が育つと思うか?

31 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 08:00:17.84 ID:VmcAUlFV
>>30
アクアリウムで水草育成のためのCO2添加は割りと普通だが?



32 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 08:17:49.91 ID:5f/WyIJL
固定力はサンゴのほうが遥かに上と思われる、珪藻は忘れた。
だからサンゴの生息環境が乱れると結構ピンチ。

37 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 09:10:34.73 ID:ed4kWgT0
>>32
面積あたりの能力はそうなんだけど、珊瑚の生息域って限られるからな。



35 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 08:31:49.76 ID:aI1+GKFD
1ヘクタールあたり300トン? 栽培作物ですら10トンでっせ。
原著者のインチキ大風呂敷をボケ査読者が見抜けなかったか?
それとも邦訳した奴がドジったのか?



36 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 08:52:07.78 ID:X3MwZwFV
北京オリンピックのセーリング競技会場なんかは、凄い海藻だったがああいうので良いのか?
IMG_1696

39 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 09:20:07.96 ID:RUxdGRiV
>>36
あれはアオサだったから、ここで触れている被子植物の海草ではなく、藻類の方で緑藻類だ。
なお藻類のうち少なくとも紅藻(ノリ)や褐藻(コンブワカメヒジキ)は、五界説で分類すると原生生物界に
なってしまうというのが現在の説。これらには、藍藻類が真核生物と共生してできた痕跡が、余りにもあからさまに残っているためである。



38 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 09:14:09.68 ID:RUxdGRiV
> 海草にはその根や土壌にCO2をため続けることができる

アマモの根にデンプンでも溜まってイモか球根(鱗茎葉)みたいになっているのかと思ったw
土壌に溜め込む、つまり黒土みたいな泥になるということか。
あるいは海水が被っているからグライ土かな?



40 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 09:59:43.43 ID:iYgPmQ+t
水質改善のために昆布を栽培する話があったな。



42 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 14:13:23.49 ID:duc2+vkU
日本の船舶が寄港する港湾部では、日本産のワカメが外来種として大繁殖してるそうな。
日本は人知れず世界中でCO2対策に貢献していたんだね。素晴らしい。



46 :名無しのひみつ:2012/05/27(日) 21:45:44.47 ID:uWUl85GC
植物プランクトンはどうした?
全世界の海面にいるんだろ?



47 :名無しのひみつ:2012/05/28(月) 00:33:28.04 ID:mAsZd0cI
磯焼け何とかしろ。
080801_04
磯焼け地帯の写真



48 :名無しのひみつ:2012/05/28(月) 17:05:41.95 ID:caiwj1uf
ヒトデとウニだっけ、海草食っちまうのは。
uni
ウニに喰われてついた「傷」



50 :名無しのひみつ:2012/05/28(月) 18:48:18.04 ID:ygr0Ib1s
海上に風車発電作っている国あるけど、あれって間違っていたってこと?



52 :名無しのひみつ:2012/05/28(月) 22:11:30.34 ID:yW9/erlq
海藻じゃなくて海草だな。一旦陸上で進化して海に帰化したのが海草だ。
炭素固定の能力が陸上の植物並みなんだろうな。

53 :名無しのひみつ:2012/05/29(火) 02:16:48.13 ID:LGX+6fN/
>>52
この場合の海草は広義の海草だと思うがな。
54 :名無しのひみつ:2012/05/29(火) 07:33:35.48 ID:VSsPFtAz
>>53
広義って?
56 :名無しのひみつ:2012/05/29(火) 08:14:39.79 ID:olc+hJ28
>>54
海に生息する多細胞の光合成生物全てって事かな?
57 :名無しのひみつ:2012/05/29(火) 08:54:16.32 ID:VSsPFtAz
>>56
> Seagrass ecosystems as a globally significant carbon stock
でも論文タイトルがちゃんとseagrassじゃん。



60 :名無しのひみつ:2012/05/29(火) 18:30:08.70 ID:hVeLWKpz
海水で育つホテイアオイを作ったらどうだろう?
090428k9265090427k9222
ホテイアオイ投入

61 :名無しのひみつ:2012/05/29(火) 18:46:26.79 ID:q9sDTGRX
>>60
アカウキクサ・イベントとは、今からおよそ4900万年前に、アカウキクサ類の一種が北極海周辺で
爆発的に発生したことで、気温が大きく低下したとする仮説である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/オオアカウキクサ



63 :名無しのひみつ:2012/05/29(火) 19:10:52.68 ID:abfb63lQ
これって結構大きな発表じゃないかと思ったけど、何でこれ、いまさら出てくる発表なんだろ。
海草のCO2なんてとっくに調べられてて当たり前じゃないのか。



66 :名無しのひみつ:2012/05/29(火) 19:43:15.92 ID:A47AKW36
海洋国家日本はCO2排出量取引で有利に働くの?



70 :名無しのひみつ:2012/06/01(金) 08:55:46.75 ID:EXqUvx7B
熱帯雨林の二酸化炭素固定の純収支はプラマイゼロだよ。
現存のバイオマス分は貯蔵しているけど、森林として成熟していれば枯死したものが速やかに
分解されてCO2になってしまう。熱帯雨林地域は分解速度も早くて土壌中への固定量は限りなくゼロ。
熱帯雨林がどんどんCO2固定さているようなイメージあるけど全くの嘘。

71 :名無しのひみつ:2012/06/01(金) 09:56:55.11 ID:ftUAZWcS
>>70
逆に切り開かれて、炭素固定の少ない田畑にされてるのが問題なんじゃね?
74 :名無しのひみつ:2012/06/02(土) 00:12:21.66 ID:NyP6bmVP
>>70
極相に達した熱帯雨林だとそうなるよ。
だから、まあ15%くらいは伐採して、後で適当な苗木を植えないといけない。
十分な森林になったらまた切る。

BUZZったイチオシ記事!!!!!(*゚∀゚)ゞ

    この記事へのコメント

    ku
    2012年06月03日 21:18
    色々と推定されていたけど、いよいよ確定的になってきたか!!
    名無し隊員さん
    2012年06月03日 21:49
    オーストラリアでわかめが増えたのは良いことだったんだ!
    名無し隊員さん
    2012年06月03日 21:57
    生態系として豊かな海を維持するには森も重要だし、海草だけ育てれば良しという訳ではないよね。
    今井将
    2012年06月03日 22:24
    海の海草の増殖を無視し続けた場合の数字なんだけど、
    200年後の地表の平均気温って100℃超えるらしいね。
    名無し隊員さん
    2012年06月03日 22:25
    豊かな森を維持するにも海洋資源が重要だし、結局バランス良くないと効果ないってことだな
    名無し隊員さん
    2012年06月04日 00:24
    ※4
    ありえない仮定ってなんて言われるか知ってるか?
    名無し隊員さん
    2012年06月04日 00:52
    1つ前の記事の地球寒冷化と一緒に考えるなら、もっとワカメを食べて温暖
    化効果を増幅しよう(= 寒冷化を遅らせよう) ってことになるのだろうか?
    名無し隊員さん
    2012年06月04日 02:57
    食用のわかめは養殖だから供給量で調整するだろうよ
    名無し隊員さん
    2012年06月04日 03:10
    >>22って
    炭素系素材を研究して宇宙で使えるようになればいいのかな?
    月とか火星の衛星・基地で使えば地球大気には戻らないよね
    名無し隊員さん
    2012年06月04日 08:27
    俺はそんなの食ってんのか
    名無し
    2012年06月04日 09:19
    適当なこと言ってる人もいるけど、この人たちはなにもんだ?
    名無し隊員さん
    2012年06月04日 09:27
    君たち、語尾にコンブ、ワカメなどをつけることを忘れるな。
    名無し隊員さん
    2012年06月04日 09:27
    濃度が上がったら植物が成長しやすくなるし
    結局炭素が地球の表面で移動してるだけだよな
    名無し隊員さん
    2012年06月04日 09:39
    〃∩ ∧__∧
      ⊂⌒ ( ・ω・)  あーこんぶきたこんぶ
        `ヽ_つ   /⌒ヽ
              / .i! ヽ
             (  .||  )
              ) .|| (  
             (  .||  )
              ) .|| (
              ヽ || ノ
               ヽ||/
                || ))))



         〃∩ ∧__∧
         ⊂⌒ (・ω・ )  あーこんぶいっちゃうこんぶ
           `ヽ_つ_~つ
      /⌒ヽ
     / .i! ヽ
    (  .||  )
     ) .|| (  
    (  .||  )
     ) .|| (
     ヽ || ノ
      ヽ||/
       || )))))
    名無し隊員さん
    2012年06月04日 09:53
    >>14
    泳いでるのかと思ったら来てたのかwww
    名無し隊員さん
    2012年06月04日 11:10
    一センチ四方に人間一人の全頭髪分毛が生えてるラッコの毛皮目当てに乱獲したら、主食のウニが増殖して米西海岸のケルプが激減、ラッコ保護して生態系回復してきたと。
    人間が獲る事で生態系が守られる場合が有るとカナダ罠猟師の映画でも言ってたが、思い上がった保護一辺倒が生態系を崩すのをアホ白人に分からせんと。
    名無し隊員さん
    2012年06月04日 11:50
    海草の植え過ぎで珊瑚が絶滅という未来が一瞬見えた。
    サンゴ礁の固定能力ってどんなもんなんだろう。
    名無し隊員さん
    2012年06月04日 12:41
    ※16
    白人様の中には、人間が獲って食うという営みもまた自然の一部だっていう思考が全く持てない人がそれなりにいるみたいだからなぁ。
    環境保護ってのは、人間VS自然じゃなくて、
    「人間もまた自然であるがゆえに備わっている“より豊かにと”いう際限ない欲望」VS人間、
    動物としての人間の中に当然備わっている本能を、その手が強大になり過ぎたが故に抑制しなくてはいけないところに難しさがあるんだと思う。

    ※17
    サンゴと海藻って最初からほとんど共生してなくね?
    名無し隊員さん
    2012年06月04日 13:21
    人間活動なんてゆらぎの範囲内
    でなかったら生物なんてとっくに滅んでるわ
    地球内の事ならバランス取れるシステムになってるから心配しなくていい
    重要かつ真実は外的要因
    名無し
    2012年06月04日 14:17
    ※16
    後半の話はまあ同意なんだけど、前半のラッコの話で
    何を言いたいのかよくわからんので教えてほしい。
    過剰な保護が生態系を崩す場合があるというけど、
    ラッコとウニとケルプの例ではどれを保護したんだ?

    そのまま読むと、よくある乱獲によるバランス崩壊
    の事例にしかみえないんだが。
    名無し隊員さん
    2012年06月05日 18:58
    ※4
    海が沸騰するんか?
    名無し隊員さん
    2013年04月01日 17:42
    >>35はあほ
    平方と立方の違いもわからんのか
    Z軸まで考えればその程度にはなるよ。