本日の注目ニュース!!

中国最大級の恐竜化石発見 大腿骨だけで2メートル

25
コメント
古生物
引用元:共同通信


 15日の新華社電によると、中国新疆ウイグル自治区トルファンで、約1億6千万年前の地層から、これまで中国で見つかった中で最大級の草食恐竜の化石が大量に発見された。調査に当たった専門家チームが同日、記者会見し発表した。

CI0003


 大腿骨だけで2メートルを超えており、推定で体長は約35メートル、体重は約30トン。四川省で過去に発見された長い首が特徴のオメイサウルスやマメンチサウルスなどに骨格が近く、竜脚類の一種とみられるという。2 :名無しのひみつ:2012/04/15(日) 23:58:47.90 ID:VQOwuxQp
中国が化石研究をリードする時代はいつまでつづくの。



3 :名無しのひみつ:2012/04/15(日) 23:59:18.75 ID:GjFENJZL
ねつ造を疑ったら負けなのか?

4 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 00:02:54.26 ID:w9gGTReL
>>3
この板では負けだな。
仲間がコピペとか論理破綻のカルト信者しかいないから。
15 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 01:39:23.34 ID:gAxvTtJ3
>>4
じゃあお前は同じく中国で出土した、中身がナマの恐竜の卵の化石や
同じくナマのままのティラノの赤い筋肉の化石も信じてろよw



8 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 00:36:33.14 ID:YemhDFUM
化石発掘とウイグル人狩りが地方で同時進行ってんだから、恐れ入るわ。



10 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 01:06:49.58 ID:aMuzAttw
サイズ比較つきの写真は?



12 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 01:11:52.10 ID:RaWbnlTp
> 大腿骨だけで2メートルを超えており
世界最大くるか・・・



13 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 01:16:09.33 ID:7lJveSln
どうせ中国のすることだから、ブロントサウルスやウルトラサウルスみたく
数年後には無かったことにされるだろう

14 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 01:37:13.30 ID:RWVvyr8p
>>13
どっちもやらかしたのはアメリカなわけだが?
…ウルトラサウルスに関しては、勝手に別のウルトラサウルスを後から作ってしまったxx人がいた。
おかげで本家が名乗れなくなるエピソードを挟んでいるわけだが。



20 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 03:01:06.56 ID:0Eg673O1
数年前の恐竜博で全長35mのマメンチサウルス?とされる
復元骨格が展示されていたが、そいつとの関係が気になる所ではある。
日本の恐竜博は、結構フライングなものが展示される事が多いから。


マメンチサウルス



26 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 03:51:11.98 ID:4/P7O1Uf
しかし恐竜はこれほど大きくなれたのに、今の哺乳類は象どまりなん?
酸素濃度とか気温が違うだけ? まさか重力が違うとか?

27 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 04:13:10.85 ID:bMJXFlPC
>>26
またかい重力
31 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 10:18:14.79 ID:yQIe8AnT
>>26
ナガスクジラは大きいだろ。
34 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 11:17:42.23 ID:tSBTfM05
>>26
>>31さんも言ってるけど、ナガスクジラ、シロナガスクジラはでかいよ。
大きくても体重が8トンしかないシャチが、海洋生態系の頂点だから。

45 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 15:23:29.90 ID:0Eg673O1
>>26
過去にはバルキテリウムのような例外がいたけれど、概ね少ないね。
中生代の酸素濃度や重力、赤道温度は今とはあまり変わらない。
(極地は異常に暖かかったが)

おそらくだが、哺乳類がより完全な恒温性だった事に原因があるかも知れない。
恐竜も恒温説があるけど、哺乳類と比べると不完全だったと思われる。
まして巨大な竜脚類はかなり変温動物に近かったかもしれない。
(種類や系統によって恒温の順応度が違うと思われる)

実は、恒温動物はエネルギー消費が変温動物のそれよりも一桁高い。
他にも、恒温動物が巨大化すると、発生する熱量が多くて命に関わる。
故に哺乳類が巨大化すると、食料がバカにならず、体も熱くなってしまって、
あまり有効ではないと思われる。
46 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 16:08:59.85 ID:IVEenuIh
>>45
まあ「玄人」でも、こういう逆立ち論理で飯食ってきた連中が少なくないからねぇ。
この「学問」は・・・


29 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 06:32:34.73 ID:sxBbVu1C
>>26
竜脚類って、長い首と尾でかなり体長を稼いでいるから実はゾウだって
いい線いってるだろう。
32 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 11:11:44.90 ID:yj4eLsRH
>>29
その長い首と尾で地面に寝ていたとは考えられん。
足が体重で潰れるし、あばら骨も潰れそうだし。
食事以外は水の中にいたのではないのか?カバみたいに。

33 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 11:15:25.73 ID:yj4eLsRH
>>32
たまに長い首だけ水面から出し、長い尾をユラユラ揺らしながら泳ぐ。
42 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 14:30:38.55 ID:0aJf9aED
>>32
立ったまま寝る動物もいる。
首を仲間にひっかけて円陣描いて寝てたりとか、妄想したことはあるけど。
43 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 15:13:21.26 ID:0Eg673O1
>>32
過去にさんざん否定された、水中生活説を持ち出してくるってのが驚きだ。
竜脚類の骨格はあれでも結構軽量化されていて、水中で行動するには軽すぎる。
水深が深い所だと(ゾウと同じで)浮く筈。だとしたらあの足の形状は意味が無い。
ちなみにクジラ等の海生動物の骨は、そんなに軽量化されていない。

長い尾も断面が丸くて水中推進用としては意味が無い。
(ヘビですら水に適応したウミヘビだと縦に平らになっている)

あと、長い首だけ出して採食だと、今度は水圧で呼吸できない問題が出てくる。
シュノーケルが何mも長く出来ない理由を考えてみよう。



28 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 04:16:06.90 ID:XEQfSfdc
文化大革命の時の犠牲者の遺骨って話だぞ。



41 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 14:30:16.28 ID:fCGAKVPZ
異常肥大化した骨が発掘される確率は、どれくらい低いんだろ?

44 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 15:14:51.77 ID:0Eg673O1
>>41
正直あんまないよ。
30m超の竜脚類化石は、部分骨格を含めたら世界中から出ているから、
もはや偶然や奇形の産物ではない。

BUZZったイチオシ記事!!!!!(*゚∀゚)ゞ

    この記事へのコメント

    ku
    2012年04月16日 21:39
    手付かずの環境が多い中、ガンガン開発しているから発見も多いんだよね。

    別に中国だけ恐竜が居たわけではないし。
    名無し隊員さん
    2012年04月16日 21:50
    水中説理詰めで否定してるけどさ・・・理屈ぬきで説得力あるよ
    証拠は?って言われても困るけどさ
    名無し隊員さん
    2012年04月16日 22:32
    まあ中国で見つかったといっても他国の研究チームが見つけてる場合が多いから捏造ってのは可能性低いね
    まあ見つけたものを持って帰れないけどな
    名無し隊員さん
    2012年04月16日 22:48
    太古の海はきっと塩分濃度が薄かったのさ
    名無し隊員さん
    2012年04月16日 22:53
    ※2
    それは「理屈を抜いたから」説得力があるような気がしているだけだぞ。
    水圧は、人間の価値観に関係なく働く自然現象だからね? 分かってる?
    名無し隊員さん
    2012年04月16日 23:09
    足跡の化石が出てるから水中説はほぼ否定されたらしいな
    首としっぽが強力な健で釣り合いがとれていて、やじろべえやモッコの
    様に前後でバランスをってゆったり移動していたらしい
    名無し隊員
    2012年04月16日 23:13
    そもそも、あんなデカいのが水中に沢山いるって考えると怖いな。
    名無し隊員さん
    2012年04月16日 23:17
    ※1
    そうらしいね。
    春秋より前の時代の新たな遺跡が見つからないか期待しているのだが。
    名無し隊員さん
    2012年04月17日 01:26
    足の形状とかの理屈はわかるが
    水中だと肺が潰れるってのはクジラとかがいるわけでその表現だと微妙じゃね?
    実際は骨格とかからありうる大きさ等が計算されて否定されてるんだと思うが
    名無し隊員さん
    2012年04月17日 01:40
    むぅ、骨の内部構造までわかる化石とか出ないかなぁ。

    色々語りたい事もあるがとりあえず聖衣を脱いで廬山昇龍覇を撃っておく。
    名無し隊員さん
    2012年04月17日 02:19
    恐竜の巨大化について、前にとあるブログで読んで
    ここにも書いたことのあるネタだが、そのブログ、テキストだらけで
    異常に読み難い気がしたんで自分なりに纏めてみた

    ・太古の地球では激しい火山活動で火山(メタン)ガスが大量に放出されていた
    ・放出されたメタンガスは軽いため上昇、中間層上層に達し臨界温度まで冷える
    ・すると更なる上昇では拡散・蒸発による気化熱が発生し、より温度が低下していく
    ・-131℃以下になったメタンガスは空気よりも比重が増し大気を圧迫していく
    ・そして地球を覆った重いメタンによって加圧された大気の中、圧力による筋肉・骨の強化や浮力の増大で生物は巨大化・繁栄していく
    ・だが巨大隕石落下で、天を覆っていたメタンガスは崩落、急激な気圧変動による全地球規模の巨大嵐と崩落以降の気圧・気温の低下によって巨大生物は消えていった

    以上、「メタンの天蓋」っていう妄想説だそうだ
    俺は結構面白いと思ったんだけど、どうかな?
    因みにそのブログ、以後、音沙汰無いしもしかしたら主、死んでるかも
    名無し隊員さん
    2012年04月17日 02:23
    *9
    カバ骨から、あのプリっとした肉体って出せるもんなん?
    名無し隊員さん
    2012年04月17日 13:22
    ※10
    なぜ脱ぐ。なぜお前はいつもそうやってすぐ脱ぐ。
    最強の盾をなんだと思っている。
    名無し隊員さん
    2012年04月17日 15:42
    >>※11
    ネタとしては面白いけど、メタンガスが冷えて空気よりも比重が増したら
    他の気体より下へ「沈む」だけのような気がする。
    名無し隊員さん
    2012年04月17日 16:50
    新種かそれとも純粋にでかいだけか
    どちらにしろ夢が広がるな
    もっと研究が進んで色々解明されるといいがな
    名無し隊員さん
    2012年04月17日 18:05
    水圧では潰れるのに重力では潰れないとか
    自然現象ってご都合主義なんだねえ
    2012年04月17日 20:00
    1mのパイプ持って水中潜って呼吸できるか試してこい

    肺の中の空気圧は外気圧と同じだが水中だと違ってくる事もわからんの?
    名無し隊員さん
    2012年04月18日 14:56
    ※14
    ※11だけど、それについては書かれてないね
    けど沈んだらまた気温が高い層に入る、か
    断熱圧縮で温度が上がって上昇していくんじゃない?
    …そうすると、大気圏上層で循環するイメージになるのかな?

    そのブログ、確認で久しぶりに見たらエロコメが削除されてた
    自動削除とかない限りは主さん、生きてるみたいだ
    名無し隊員さん
    2012年04月18日 20:58
    ガキの頃読んだ子供向け恐竜本では、
    鳥類が恐竜の子孫「かもしれない」だったし、
    恒温動物だった「かもしれない」って書き方だったな。
    もちろん水棲動物説も乗ってたw

    古生物学もかなり進歩してるんだな。
    名無し隊員さん
    2012年04月19日 16:32
    メタンって成層圏までいったら紫外線で水と二酸化炭素の分解するんでは無かったっけ?
    中間層でも残るくらい高濃度ってどれくらいなんだろう
    名無し隊員さん
    2012年04月19日 18:15
    砂漠化が進んで今まで永久凍土に埋まってた場所のが、簡単に掘り出せる様になったんだろう。ロシアのマンモスも近年の発見多いし。
    名無し隊員さん
    2012年04月22日 12:50
    中国人の言うことは信用できませんw
    名無し隊員さん
    2012年04月25日 23:57
    問題は重力だろうね。
    惑星の軌道が太陽側に近づいた所為なんだろうね。

    その内人間に良く似たDNAを持つ恐竜でも発掘されんじゃないの?
    名無し隊員さん
    2012年04月28日 17:01
    >>9
    哺乳類=横隔膜持ってる上に
    首が長いどころか首といえる部位自体がほとんど無いクジラと
    比べてどうすんだよアホか
    名無し隊員さん
    2012年07月09日 13:04
    ここまでアンフィコエリアス・フラギリムス無し