本日の注目ニュース!!

ショウジョウバエを50年1400世代暗闇で飼育すると、毒に強くなる?

16
コメント
ゲノム
引用元:京都新聞


 暗闇の中で半世紀以上、1300世代にわたって飼育されたショウジョウバエの遺伝子の変化を、京都大理学研究科の布施直之研究員や大学院生の井筒弥那子さんのグループが解析した。変異は解毒酵素を作る遺伝子に多く、暗闇への適応ではないかという。米科学誌プロスワンで15日に発表した。

Drosophila_melanogaster


 目をはじめ野生のハエと外観に大きな違いはないが、1万4千個の遺伝子のうち、変異が代々受け継がれているとみられる遺伝子が241個あり、解毒酵素エステラーゼの関連遺伝子が9個と多かった。「太陽光を浴びない環境では、有害物質が体外に排出されにくくなり、体内の毒を消すため解毒活性を高めているのではないか」という(以下略)9 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 14:51:21.66 ID:22VDSaYc
どうせ京大だろと思ったら、やっぱり京大だったw



12 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 15:02:38.77 ID:gTi10WsI
暗いか否かより、1400世代も天敵もなく食うに困らん環境でぬくぬくしてる方が
機能に影響があるような気もする。



54 :名無しのひみつ:2012/03/16(金) 00:22:43.13 ID:ls4LFun8
>>12
確かにw



14 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 15:17:55.52 ID:YnQ9eDPR
それ以外の部分で劇的な進化をしてそうだが。



15 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 15:21:19.47 ID:w50Z8wzX
進化しないやつは、いつまでたってもアメーバーはアメーバーだし、
ショウジョウバエは何世代たっても、たいした変化しないんじゃないかな?


ニートはニート



16 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 15:34:55.76 ID:1efU21bk
京大グローバルCOEの看板ネタだったのに、5年かけてプロスワンか。
阿形さんの肝いりでゲノムまで読んだのになあ

17 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 15:37:17.06 ID:h31mNfbI
>>16
ゲノム読むだけではだめで、マッピングしないとわからんわな。
結局、最新の分子生物学でも遺伝学は超えられないわけで。
モルガン恐るべし。



18 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 15:39:08.39 ID:+1syI39F
獲得形質って遺伝するんだよねやっぱり。

19 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 15:44:59.62 ID:h31mNfbI
>>18
獲得形質の遺伝と解釈するか。
中立変異と自然淘汰のコンボと解釈するか。
さてさて。
29 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 17:07:17.25 ID:QgE7l7ET
>>18>>19
獲得形質とは違うと思うよ。
この実験もそういう事を言ってる訳じゃ無い。
スレタイが誤解されそうなスレタイになってるけど。
突然変異と自然淘汰でしょう。



20 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 15:53:38.14 ID:3iVTABr9
本人の努力や環境で遺伝子が変化できたら、ノーベル賞だろうな。



21 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 15:56:10.01 ID:dPmzmrbt
この研究がどうでもいい研究に感じるセンスにビックリw

25 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 16:14:52.81 ID:1efU21bk
>>21
過去の遺物を有効活用しましょう的な研究だから、デザインが緻密じゃないんだよなあ・・・
たとえゲノムを読んで特定の表現型に対応する変異を見つけたとしても、それが何世代目で起こって、どのようにアリル頻度が変わっていったのかという進化の過程をさかのぼることができない。

これじゃ野生の近縁種を比べているのと大差ない。
大腸菌とか線虫みたいに凍結保存できる生物種なら良かったんだけど。
26 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 16:17:34.57 ID:h31mNfbI
>>25
まあ、生かし続けなければならないのが辛いところですわな。
ゲノムDNAが残っていれば、、、という時代がやってくるとは思いつきもしなかったであろう。
33 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 17:36:15.47 ID:QwEiIQ8t
>>25
全然門外漢だけど、変数が暗闇だけなのとありとあらゆるファクターが入ってくる野生の種では、
まったく研究のレベルが違う気がするんだけど。
55 :名無しのひみつ:2012/03/16(金) 00:34:46.27 ID:3vgEQcc2
>>33
どちらも今ある物しか見ることができないってことね。
過去が分からない。



22 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 15:57:24.77 ID:1efU21bk
つ 遺伝的同化(genetic assimilation)



24 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 16:05:01.63 ID:RksEOR6s
50年もよく飼育しているな、そちらのほうが感心する。



28 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 17:04:13.05 ID:VMiGI6FT
す、すごい実験じゃないよこれ。今まで知りたかった疑問の一つに答えでたでしょ。
ウサギの耳にタールを塗り続けた実験と肩を並べるべきだよ。

人工癌標本
人工癌標本



32 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 17:34:31.36 ID:jKCbMhRP
科学っていうのは積み重ねなんで、こういうもんだ。
文系には想像もできないほどの、努力の積み重ねと実証の繰り返し。



34 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 17:38:45.49 ID:VMiGI6FT
1400世代目で、ようやく価値あるデータが取れたんだろうなあ。
よもや50年掛かるとは、本人も思ってなかったんじゃないかな。



35 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 17:39:47.08 ID:PgKtvif2
このネタでPLoS ONEはないだろ。
最低でもPNASかGeneticsぐらいには突っ込めよ。

40 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 18:32:34.36 ID:TJIIkltH
>>35
雑誌の名前で評価するなよ。
内容で評価しろよ。



36 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 17:52:18.90 ID:EYm0Yhm7
長年積み上げだ成果は凄いけど、くれぐれも変異種を野生化させないで下さいね。



44 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 20:00:56.04 ID:zfwfYQ09
あんまり意味のない研究だと思う。
淘汰がかかってないもん。

45 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 20:07:51.95 ID:nbll5nQa
>>44
光に関する負の淘汰がかかって無いって点で意味はあるかも、
そのわりには1.4k世代立っても退化が進んで無いようで洞窟型が見られるには
あと1桁ぐらいかかるのかもしれないが。
65 :名無しのひみつ:2012/03/16(金) 10:07:58.54 ID:qGROYgVO
>>44
淘汰がかかってない状態で50年かけたらこうなったっていう重要な情報じゃん。
閉鎖環境で似たようなのあるかもしれないし。

研究するなら、必ず目的通りにいかないといけないっていう脳がすでに学者のそれじゃない。
研究の99%は、こうしたらうまくいかなかった (という情報が得られた)の繰り返しだよ。
>>46みたいな実際とシミュレーションで差異を測るのも面白いし。
重要な意味があるだろう



46 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 20:10:36.13 ID:vaR2dT4X
遺伝的アルゴリズムでも、シミュレーションしてくれ。
差異を見てみたい。



48 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 20:45:18.09 ID:q712R+qm
趣旨とはあまり関係ないけどさ。
58年前から研究を続けてるってこの研究をしてる研究生の論文ってどんな感じなんだろ?
テーマとかどうしてるんだろうな、内容とかほぼテンプレ化してるんだろうか。



50 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 21:57:35.15 ID:eesJaRKk
ニュースのタイトルだけ読んで紫外線が無い事と 近親相姦を考えてた。



57 :名無しのひみつ:2012/03/16(金) 01:00:54.63 ID:UN7J6cba
暗黒の洞窟にメクラウオ、ブラインドケーブ・カラシンなる目のない魚がいるわけだが
ショウジョウバエはそういう方には行かなかったのかな?

astyanax1
by ブラインドケーブ・カラシン

58 :名無しのひみつ:2012/03/16(金) 01:07:58.31 ID:WgTtH32d
>>57
ずっと暗黒ってことは集団全員(機能的にはあっても)盲目で生きてるわけだから、
視覚障害の個体が突然変異で生まれても淘汰されず集団中に広がっていく(個別に何度も)
って過程を経てやがて目の見えない個体群になってしまうっていうのがあるはずなんだが、
変異率からするとこのくらいの世代数じゃぜんぜん足りなかったのかな。
60 :名無しのひみつ:2012/03/16(金) 02:44:35.12 ID:3vgEQcc2
>>58
集団中に広がるにしてもどれくらいの個体群サイズで維持されてたのかな?
毎世代数十匹くらいなら、変異が出現してもランダム浮動ですぐ消えてしまいそう。



59 :名無しのひみつ:2012/03/16(金) 01:15:31.61 ID:9hFrTVdC
むしろ、あんまり変わらないということの方が驚きなんではないかと。




39 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 18:25:03.53 ID:832Pk8Qq
このハエ達にとってこの京大の先生は神様みたいなもんだ。

42 :名無しのひみつ:2012/03/15(木) 19:17:07.66 ID:r23IK8BC
>>39
ハエからすればもっと光を!って思ってるだろうな。

BUZZったイチオシ記事!!!!!(*゚∀゚)ゞ

    この記事へのコメント

    名無し隊員さん
    2012年03月16日 13:11
    >>12が早送りでもなんでもなく、本当に1時間動画だったことに戦慄した記事でした!
    2012年03月16日 13:22
    よくわからんけど、視力とか変わってないのかね。
    中身◆OZ3bFThwrE
    2012年03月16日 13:37
    *1
    なんかいいよね
    2012年03月16日 13:49
    変化というものには外的な要因の方が大きいということなのかな
    天敵とかいたほうが変化が起こりやすいとか
    2012年03月16日 14:05
    1400世代回すのに50年も掛かってるのか
    もっと生まれて成体になって死ぬまでに3日くらいの実験昆虫はいないのかね
    名無し隊員さん
    2012年03月16日 16:37
    ※5
    あんまり短いと全滅のリスクも高いし、そいう種はべらぼうな多産型だったりするし、そもそも飼育方法が確立されてないとかで安定させるの難しい、居るかは知らんがw
    名無し隊員さん
    2012年03月16日 19:22
    人間でもやればいいのに。

    1万年計画で。
    名無し隊員さん
    2012年03月16日 19:46
    餌をやる時も全く光の入らない状態でやったのかな。
    それで1400世代ほとんど姿が変わらないなら獲得形質は遺伝しない、
    遺伝するとしてもかなり時間がかかるという事になるんじゃ
    名無し隊員さん
    2012年03月17日 12:00
    ※7
    気付いていないだけでまさに今神様が人間で実験の最中なのかもよ?
    論文のネタにならなくてイライラしてるかもしれんが。
    名無し隊員さん
    2012年03月17日 12:32
    ※9
    ヒマを持て余した神々の遊びですか?
    2012年03月17日 22:11
    京大ってベネ・ゲセリットみたいなことやってたんだな
    ということはその真の目的はクイザッツ・ハデラッハを生み出すこt
    名無し隊員さん
    2012年03月22日 09:04
    地球も観察してる人がいるのかな!
    名無し隊員さん
    2012年03月22日 22:11
    今の先進国も大して淘汰がなされてないからそのうち奇形だらけになるんじゃないかと思ったが
    この実験見る限りまだ大丈夫そうだな
    名無し隊員さん
    2012年03月26日 21:05
    代々継代してきた虫なんだから、遺伝的浮動の影響が大きそうだがどうなんだろう。9/241だと偽陽性じゃねw?とかおもうんだが、その辺どんな議論しているんだろう。
    オープンアクセスジャーナルだととりあえず読めるから良いな。


    米5 昆虫じゃないけど、モデル生物なら線虫C. elegansの世代時間はそれくらい。60年代だと線虫で遺伝学やっている人はいないので、歴史あるハエはすごい。それにしても、よく系統を保持したよなあ。
    名無し隊員さん
    2012年04月22日 04:05
    一定周期で天敵の投入を希望!
    増えるサンプルを極限まで減らすのを1400世代繰り返せば天敵は彼らの捕食になるはずだ!
    がんばれ京大!
    名無し隊員さん
    2012年05月24日 22:32
    淘汰すればもっと早く進化しそうだ