本日の注目ニュース!!

原発の盲点「全電源喪失」 を回避するには?

74
コメント
技術
引用元:日経新聞


 東日本大震災が誘発した福島第1原子力発電所の事故から1年が経過し、世界の原子力関係者が「フクシマの教訓」を総括したうえで、原発の安全性強化に動き始めた。最大の焦点は、巨大津波の直撃で施設内外の電源がすべて使えなくなる全電源喪失(ステーション・ブラックアウト)への対応だ。津波に襲われる心配が日本より少ない国も、これまで十分に考慮してこなかった「盲点」と位置づけ、対策に乗り出している。


 ステーション・ブラックアウトとは、原発が事故を起こした場合に施設内の予備電源などが使用不能になるだけでなく、外部からの交流電源の供給もストップする非常に危険な状態のこと。福島第1原発事故の検証で、主要国の原発専門家が最も注目した事象の1つだ(下略3 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 18:51:11.98 ID:erxHI5oj
予備の原発をいつも横で動かしとけばいんじゃね?

48 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 20:43:16.82 ID:KR1AN3sa
>>3
大前研一も原子炉を緊急停止しないで、そのまま動かしていた方がよかったと言ってたしな。
113 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:39:10.92 ID:+pDXe8Cj
>>48
大前自身が後知恵になりますがと言ってたし、地震で痛んでた可能性があるから
今となってはそれはない。



5 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 18:52:49.00 ID:wtw/FWi8
授業料として全世界から金を徴収しよう。



8 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 18:57:19.00 ID:IfqnCwZg
民間事故調報告 「 状況を悪化させるリスクを高めた、菅首相ら官邸対応が混乱の要因 」
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120228k0000m010104000c.html

100 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:27:09.08 ID:IxnP2c9T
>>8
プラグが合わないなら線を向いて半田付け・・・だめなの?
103 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:29:11.27 ID:QoULhwU+
>>100
絶対障害者になる作業員の年金、お前全部払えるのけ?
107 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:32:45.31 ID:qODnb11h
>>103
通電中にハンダ付けすんの?

102 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:28:54.04 ID:V9xRpN+j
>>8
そもそも電源車は東電が持ってて当然なんじゃね?
109 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:33:24.28 ID:Vub3DQ58
>>102
つーか最初に要請したのは東電なはず



10 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 18:58:46.26 ID:tB6WqMHU
津波の水力発電でどうよ。

13 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 19:02:41.78 ID:2M1U1w12
>>10
日立製のタービンのハネがもげます。
運営費もクソ高くなり?

51 :3月18日 沖縄 新都心公園 反マスコミデモ開催:2012/03/07(水) 21:00:59.22 ID:EEzJJNZy
>>10
定期的にこまめに津波が来んと意味なくない?
たまにやと、費用のほうが嵩みそうな悪寒



11 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 18:58:49.26 ID:xlYLzFr0
一番危険なのは、「 僕わとってもげんしりょくにくわしいんだ」とか言って、
現場にアホな指示押し付ける首相だろ?

94 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:23:14.46 ID:hAyHb2dK
>>11
それだよな。
壁を作ったり電源を確保するより先に、まず体制の整備が先だよ。
原発の素人が原発災害の対策本部長になることが、そもそも間違ってる。



15 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 19:03:28.97 ID:qzhAZ7/9
電源有っても水なかったりして。



17 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 19:05:42.36 ID:TVPehN04
そういや大前研一が、火力発電所を原発に隣接しろとか言ってたな。


20 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 19:08:45.07 ID:M7bpGRqu
>>17
火力隣設しても一緒に止まるんじゃね。
原発の話題に隠れて横浜辺りのが止まってなかったか。
26 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 19:15:38.83 ID:bnJ4QK5B
>>17
火力はそこまでレスポンス良くないよ。
すぐに立ち上げられるのは水力しかない。
69 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 21:58:00.32 ID:oFIeOV5Q
>>26
非常用DGは火力だろ。

71 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:01:22.72 ID:Pm9QMAgl
>>17
海岸の火力は津波で稼動不可能になったのに、何もわかってないな。
76 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:07:18.77 ID:GVpyT+Av
>>17
刈羽原発の時に「外部電源や非常用発電機はいざというときあてにならん」
と思ってそう提案したみたいだな。



18 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 19:05:46.47 ID:tPF7mRMc
今後も世界各地で事故が起こるんだろうな。
核ミサイルの事故とかもやりそう。



19 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 19:07:30.13 ID:vf0tSqg8
発電所で停電の心配ってなんだ?
原子炉動かして発電して、それで冷却装置動かせばいいじゃないか。

119 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 23:10:03.37 ID:ppYt2fzy
>>19
原子炉が止まったら冷却装置も止まるだろ。



21 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 19:12:45.58 ID:N9f56tPs
ダムの横に作る。
やばいときは施設全体を水没できる設計にする。





28 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 19:18:27.32 ID:LAZ3BH3o
日本の停電時間は世界最短、たとえ停電してもすぐ復旧する。
ゆえに全電源喪失は想定する必要は無い。



29 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 19:18:44.03 ID:yO+Fjgo0
電源喪失だけじゃなくて、配管が壊れた場合に水を入れる可動性パイプも
すぐに突っ込めるように準備しとけ。



33 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 19:48:33.75 ID:rqTyVstg
遅すぎるんだよな・・・



34 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 19:51:55.14 ID:WfhC2otv
1)堤防をかさ上げする工事は世界の笑いものになっている
  金がかかるわりに、堤防より高い波がきたらアウトだからだ

2)配電盤が重要だ
  配電盤が水没したから、電源車をつなぎ込めなかったし
  電源を空輸しても、配電盤が水没してたら、原子炉直結する羽目になって
  「電圧が違う!」「ケーブルが足りない」ということになっていた
  常用は地下のスイス式水密BOX 非常用は高所(崖の上とか)に設置して
  両方近接設置して、一遍に配電盤全滅しないようにすべき

3)臨時配線、配管部隊の空輸が必要
  どうしても、色々壊れるから、臨時の仮設配線・配管が必要だけど
  自衛隊はそんな訓練はうけていないし、
  夜間に東電単独で召集できた電気工事士は少なすぎ、仮設配線に時間がかかってるうちに溶けた

4)電源だけでなくポンプ・熱交換器・汚染水浄化装置も空輸/高速海上輸送が必要
5)水素爆発防止が必要
6)使用済み燃料は、一刻も早く、海上の中間貯蔵船に移すべき

44 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 20:34:48.35 ID:Vub3DQ58
>>34
水素爆発しなかったら上から水入れることも出来なくて燃料ドロドロで、
線量上がって打つ手無しになってた可能性高い。
47 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 20:40:51.14 ID:qODnb11h
>>44
爆発すること無く放射線量の急上昇がなかったら、
速攻で瓦礫片付けて一週間以内に冷却水のポンプ・パイプ類を復旧させてた。
54 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 21:05:23.14 ID:oYbdqeuC
>>34
放射能ばらまきの一因は、ベントそのもの。
86 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:16:38.64 ID:ftBnN7pX
>>34
2.はM/Cがアメリカ方式で竜巻対策のため地下にあっために水没。設計段階でミスがあった。当時の日本はアメリカの設計者の言いなりだった時期だ。それをそのまま使い続けた使用者側にも落ち度がある。

3.確かに優秀な空輸部隊は欲しいな。でもそんなことするより、既に対策済みのように既設の高台に色々と備えておけば良い。
5.福島第一の事故設備は格納容器が強度不足のためメルトダウン時の水素を放出しなければならなかった。これも設計時のミスだった。設計元のアメリカでは問題になったが、電力会社側の圧力で手抜き改修で済ませたのが問題。そもそも国が全電源停止対策不要というルールを打ち出したのが問題。建設に大きな費用が必要で、廃炉には更に莫大な費用が発生するので、欠陥原発を運転し続けたこと自体に問題があった。チェルノブイリを格納容器が無いとバカにしていたが、西側の原子炉にも格納容器がほとんど無い状態だったものが沢山あったという笑えない話。

原発とは国策であり、電力会社側だけではなく規制側も大きな責任があることを主張したい。



35 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 19:56:53.47 ID:6OwClGH2
原発の「停電」って笑える・・・・



37 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 19:59:33.94 ID:j51oPmuZ
どうせ水を被るんだから原子力潜水艦設計で良いよね?



39 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 20:08:08.69 ID:b63SwV1b
日本は原発技術が世界一だろ?
東芝、日立は何してるんだ。



41 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 20:20:25.16 ID:ieA8yfIZ
事故から1年経つんだからそろそろ戦犯どもを刑務所に送れよ。
だれも刑事的責任を取らないのなら再稼働もくそもねーよ。

49 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 20:49:15.28 ID:V9xRpN+j
>>41
こういう文脈で「戦犯」って言葉使っていいのか?



43 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 20:29:50.56 ID:z4q7Zqlk
海抜0mより低いとこに炉心配置しとけば、外壁を爆破するだけで海水で冷却できる。
燃料棒損傷前にやれば海洋汚染もそれ程ではない。



46 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 20:39:21.21 ID:zXbB8bl7
「電源喪失なんてありえない話だよ君ぃw」



52 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 21:02:37.48 ID:pBhWfLrX
チェルノブイリ事故も電源喪失時の冷却実験が発端なんだから、
この四半世紀はなんだったんだ?





53 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 21:03:54.49 ID:VsJ+RRCK
冷却水の空冷設備も必要だろ。



55 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 21:07:01.06 ID:XK806b68
いっそフランスみたいに海中に原発作るとか。
まあ地震の無い国限定になるけど。



56 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 21:08:03.65 ID:5EUBrino
チェルノブイリから30年間何してたんだ?
当時のロスケですら考えたのに。

57 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 21:09:39.11 ID:V9xRpN+j
>>56
日本の原発は、チェルノブイリとは構造自体が違うから問題ない(キリッ



61 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 21:16:37.72 ID:IHNiKjlP
非常電源の発電機のエンジン室を密閉にしとけばそれで済んだんだけどね
空気だけ吸気塔たてて上から吸い込む

108 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:33:04.35 ID:IxnP2c9T
>>61
燃料がひっくりかえったけど・・・なにか・・・



63 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 21:31:44.13 ID:JHk5Gq6a
福島の原発って、地震が起きた後に停止させなければよかったんじゃあねえ ?
少なくとも、自分自身で発電していれば電源喪失はなかったし。

64 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 21:40:25.79 ID:fgSZMz5H
>>63
制御盤も水かぶって、操作不能になってたから、自動停止しなかったら、
今度は、停止するすべもなく、チェルノブイリみたいな大爆発・大火災を起こし
最悪のシナリオになっていたのでは。

大前研一
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか
http://pr.bbt757.com/pdf/interimrepo_111028.pdf
65 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 21:42:34.78 ID:V9xRpN+j
>>63
津波をかぶった後まともに発電を続けられると思うのか?



67 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 21:46:12.34 ID:PrEZPOxm
波力発電をバックアップにすればいいんじゃないかな。



72 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:05:14.88 ID:QoULhwU+
・周辺全部が津波に飲まれるケースが想定されてない
・どこかしら電力が動いてるから融通できればいい

こんな感じだが、今回の事故はコンセント形状(NEMA)が合わなかったという
どっかの自民党員に全責任あると思う。

75 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:07:12.90 ID:qODnb11h
>>72
あんな言い訳、まだ信じてるん?
コンセントがなくたって応急的に繋ぐことはいくらでも出来る。
なにしろ、後続車両が到着する数時間もたせりゃいんだから。
77 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:08:05.34 ID:QoULhwU+
>>75
うん、信じる。
いろんな設備系統の仕事で、ドツボにはまるのもあれだから。



82 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:15:10.26 ID:pBhWfLrX
今回の事故で、電源車を側の高台に配置とか言ってるけど
近距離であっても有事にたどり着ける保証は無い。建屋屋上にヘリポート作っておかないと。

85 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:16:33.99 ID:QoULhwU+
>>82
>>84
日産ディーゼルの昔のタイプだと、水没しても排気管だけ煙突にしとけば動いたかも。



83 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:15:18.44 ID:Vub3DQ58
2:46 地震発生
3:27 全電源喪失
5:50 線量上昇確認



84 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:15:25.76 ID:To4Vgg3s
電力以外で稼働するようにはできんのか?



87 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:17:03.09 ID:ve882zmG
海辺に原理力潜水艦を繋いで発電するのはどうかな?
地震も津波も無敵だと思うけど。



89 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:18:19.69 ID:QoULhwU+
>>87
軍事機密を守るために、F15跳ばしてマスコミに機銃照射しないといけないね。



91 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:19:40.16 ID:HIm7H+U/
災害揚陸支援電源船券ヘリ母艦病院船。
非常用電源って常用じゃないから結局整備ミスが発生する。



99 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:26:08.03 ID:6CDCs/gG
原発1機を動かす発電機って、ヘリ程度で運べるの?

103 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:29:11.27 ID:QoULhwU+
>>99
漫画みたいに電源機沢山必要。
事故のとき計算したけど忘れた。
109 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:33:24.28 ID:Vub3DQ58
>>99
自衛隊や米軍と相談したけど、重量オーバーで無理だった。



101 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:28:03.81 ID:ieA8yfIZ
次は日本よりも韓国とか中国がやらかして、日本が巻き込まれるパターンだと思う。



104 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:29:18.79 ID:YZnPV69G
原発の隣にソーラー発電所を作ればええねん。

105 :名刺は切らしておりまして:2012/03/07(水) 22:31:28.41 ID:6CDCs/gG
>>104
ソーラー名案だ。

BUZZったイチオシ記事!!!!!(*゚∀゚)ゞ

    この記事へのコメント

    名無し隊員さん
    2012年03月11日 21:07
    普通に働く頭脳があれば十分に想定できる状況を盲点とかアホじゃねーの
    中身◆OZ3bFThwrE
    2012年03月11日 21:09
    ( ФωФ)y~ 石油プラットフォームみたいに、原発プラットフォームはどうかな?喪失したら破棄。
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 21:21
    ちっちゃい火力発電所を併設すればいいだけだろ。
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 21:22
    こういう時こそ「こういうこともあろうかと…」というのが必要なんだろうけどねぇ。
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 21:24
    福島の教訓
    ・予算はケチらない
    ・デフォ置きはしない
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 21:48
    安全()
    ちまちま変電所つくればいいだろ?
    家に水素発電施設置くとかさ
    下水発電とか水道発電とか考えろよ
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 21:49
    しかし、未だに同じような事態になったらどうするかって決まってないのはなぁ。
    ノロノロやってるとまた大地震来るぞ
    ku
    2012年03月11日 21:56
    第二はギリギリセーフだった。
    それは津波対策が辛うじてされていた事もある。

    女川はほぼ上出来な津波対策がされていて、
    電源も来ていたから問題なかった。


    やっっぱり対策放置した東電の責任だな、うん。
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 22:05
    なんでも100%なんてありえないんだからどんな対策取っても事故る時は事故る。
    原発作るんなら本土が放射能の影響受けないような例えば小笠原諸島あたりに作ってどうにかそこから送電できるようにする。

    なんてことはできないんだろうか・・・
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 22:07
    福島と同じマーク1原子炉を使ってるフランスは、電源三箇所、水密扉付きとちゃんと備えて運用しるんだよね。
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 22:29
    まあ最悪の事態を想定いないで、いいわいいわでやってきたツケだな。
    同じ事が放射性廃棄物の処理でも出てくるぞ。
    なんとかなる、ではなんとかならない。
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 22:35
    マジレスすると、問題は全電源喪失じゃない
    問題は全電源喪失後に、20時間以上も一切手を打たなかったところ
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 22:38
    一時置き場の燃料プールに
    使用済み燃料を保管しているような設計自体が間違い
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 22:40
    >>12
    そんなアホな事産経ですら言ってない
    日本の3つの調査委員会ですら電源喪失でメルトダウンは不可避だったとしているし

    自民東電の息がかかっていないIAEAみたいな海外の調査では
    「過去に津波のリスクを過小評価した最大の原因だ」と
    4月くらいからちょっと前の声明まで一貫して結論付けられている
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 22:43
    ※10
    「外部に置いてある予備電源用のディーゼル燃料が津波で流されました」だから…。
    確かに陸揚げするときには海岸沿いに貯蔵タンクがあった方が楽だけど、
    なんつーか。間抜けでお話にならない。

    あと俺は何より二号炉の爆発・損傷だけは「震災での」と
    一括りに報道しているマスゴミと東電を許さない。
    「予備発電機に燃料を入れ忘れて空焚きした」という超間抜け自体なのに、
    誰も責任を追及しないし、ほとんどニュースでも言わないものな・・・。
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 22:50
    コスト目的で原発作っても、
    金に代えられないリスクがあるなら作らない方がいい
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 22:56
    結局のところ東電が津波を過小評価(というか考慮にすら入れてない)のが原因だと思う
    実際女川・東通の方は大きな問題は起きてないからね
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 22:58
    ※15
    同感。
    まるで地震と津波が直接原子炉をぶっこわしたかのような印象を与えるよね。
    たしかに予備電源を含めたシステム全体としての欠陥はあったわけだけど、それが即ち原子力=悪と言う風に直結するのはおかしい。
    反対派も原子力っていうぼんやりとした「わるいもの」に反対するだけで、具体的な欠陥を指摘せずに止めろという。
    結局「臭いものに蓋」みたいな行動原理に感じる。
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 22:59
    内海で海中原子力発電所だな
    地震も津波も台風も海流もテロにも強い、メンテが面倒だが
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 23:13
    揚水発電所を併設すればいい。

    福島第一みたいに、25mの高台を削ってまで原発敷地を
    造成するようなあふぉには無理な発想だろが。
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 23:16
    しかしこれって盲点なの?
    最初に警戒しておくべき事じゃないのかよ
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 23:22
    東海村原発事故が起きた後、日立を中心として当時の日本屈指の技術者たちが
    対放射能装備をつけた事故対応ロボットを作っていた。
    これは国からの資金も出て数十億かけて6台が試作機として生産されたが、その後、自民党原発族議員と東電によって潰されている。

    当時の東電の社長が「東電の原発に万が一はありません」と技術者を頭から押さえつけ、原発への導入を拒否。
    これに加えて自民党の原発族議員たちが、
    「事故対応ロボットの存在そのものが原発の安全性を疑わせることになる!」
    と試作機の維持費をカットさせるように圧力をかける。

    それにより、試作機は全て廃棄処分が決定する。
    しかし、その状況で数人の技術者が何とか残せないかと走り回った結果、東北大の展示スペースに一台だけ試作機を残すことに成功した。

    当時の技術者は、もしあの時本格的な導入を行っていれば、少なくとも敷地外に人体に影響のある放射線が出るような事故にまでは至らなかったはず、と涙を呑んでいる。


    ちなみに、世界のロボットが次々と原発内部で故障したり撮影に失敗する中、事故から数ヶ月たって原発の内部の撮影をし、無事にデータを持ち帰ってこれたロボットは、このとき東北大に保管されたロボットと、当時の技術データによって復元された事故対応ロボットの改良版である。
    技術者たちの無念は晴れはしないだろうが、東電役員や当時の政治家に対し一矢報いることができたであろうか。
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 23:39
    古い原発の廃止と原発の規格統一が先決だな
    日本は新旧規格が入り乱れてもはやガラパゴス原発
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 23:41
    予備発電設備が水を被ったのは単なる設計ミスじゃないと思う。
    非常用発電機みたいな重心の高い重量物を地面に近い場所に
    据え付けるのはプラント設計の世界では定石って言えば定石なんだわ。
    もし上層階へ持っていけば耐震計算が通らなくなる。安全性に疑問符が付く。

    例えば一般建築物の耐震設計でも1階に置くのと上層階に置くのじゃ
    耐震計算に要求される重力加速度の係数が3倍違うしね。
    (建築設備耐震設計施工指針2005年基準)
    重さ何十トンも有る5000馬力の化け物ディーゼルエンジンなんて地下にしか置けないって。

    技術者の目線と、上っ面の知識しかない一般人の目線ってどうやっても合わないんだよね。
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 23:49
    制御棒入れても熱出すんなら発電タービン止めなきゃ良いだけじゃねーのかな?
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 23:51
    やっぱり組織対応がまず過ぎた
    あと自衛隊にも原子力対応できる人材育成すべき
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 23:51
    ソーラーは夜中だと発電しないのにぃw
    横に置くのがなんであれ津波食らったらあれだよね

    海中はコスト的にはどうなのかな?


    個人的にはコンテナレベルまで小型化した原発とか見てみたい
    ヘリででもちょっと水があるとこならどこでも移動させれて
    新しい場所で即発電できる的な

    発電所が災害に余裕で耐えれても途中の線が壊れたら送電できないわけだし
    他国製の者を大きいまま使うなんて日本らしくないっしょww
    名無し隊員さん
    2012年03月11日 23:55
    九州電力の川内原発って川内火力の川向うにあるよな。ちょっと河口が広いからあれかも知れんが偶然じゃないだろ?
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 00:03
    ※25
    原子炉の内部構造を知らないと思うので説明が難しいが…
    タービンを止めることと原子炉の冷却水の循環が止まるのは全く別の話。
    沸騰水型なら原子炉が非常停止すれば自動的に主蒸気がタービンを
    迂回する設計になっているし、何らかの問題で主蒸気が原子炉に
    戻らなくなっても幾つか用意された非常用炉心冷却系というシステムの能力で
    十分に冷却できるように作られている。補機を動かせる電力が有ればね。

    福一の場合は色んな要因が重なって設計どおりに動かなかった。
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 00:12
    非常用原子力電池が無難じゃない?
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 00:19
    虚しい気分になる。
    大多数の日本人は原子炉からコンセントまで来るのに
    どれくらいの複雑なシステムを経ているか。
    どれくらい沢山の技術者が尽力しているか。全く分かってない。
    2012年03月12日 00:24
    まあ、後出しじゃんけんで現場の判断を叩くヤツはなかなか減らないよな。
    最近はどいつもこいつもwikiでかじって、半端な知識を持ってる気になってるから始末悪い。
    働いたこともないやつほど、好き勝手言うから片腹痛い。
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 00:33
    スレ内にも「電線が切れたらハンダ付けすりゃいいじゃん」とかマジで言ってる奴が居て笑える。

    せっかくだからもうちょっと勉強してくれよって気持ちは有るね。うん。
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 00:44
    あるわけないだのコストカットだのとで安全対策に関わる技術放棄させられて
    今度は原発技術放棄しましょうの少数大合唱でやってられねー
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 01:06
    各国が「盲点だった」っつってるんなら、それはつまり
    今回の事故が東電の怠慢というよりは天災による不
    運だったってことなのではないか。

    福島第一の津波想定が女川よりも低かったのは確か
    なんだろうけど、それが低すぎたということは果たして
    震災前に判ってたんだろうか?

    どうも、事故が大きすぎるだけに誰か悪者が居たこと
    にしたい心理が働いてるように思える。
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 01:43
    え?普通に免震塔の最上階(15m以上)にディーゼル発電設置でいいんじゃないか?
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 02:18
    大きな船や列車・高速鉄道もブレーキをかけてもしばらく止まらないのが分かったまま使われ続けている。

    事故が起きてからなら何でも言える。
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 02:25
    よく知らないのでいい加減な知識ですが
    非常用電源は離れた場所に設置されるものじゃないのか
    制御棒いれてから核分裂反応が落ち着くまでそんなに時間がかかるものなのか
    水素爆発起きた時点で炉心が融けてるの分かってたんじゃないのか
    等々いろいろ疑問におもうことはたくさんある

    あと送電ロスとかケーブルのこと考えたら発電所を離島とかに建設するのは
    厳しいんじゃないかな
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 03:18
    もともと原発って、原子力潜水艦ノーチラス号が元祖だろ?陸に上げたらいかんぜよ
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 03:41
    ※22
    マジでか・・・腹立つし泣ける話だな。

    津波対策なら、去年チラッとニュースで見た
    海岸の岸壁くり抜いて地中に原発作るってのはどうなんだ?
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 04:09
    記事タイトルも、元スレや※欄の論点もピンぼけ気味なように感じる。

    全電源喪失をどうやって回避するかの技術的方法論は、
    「深層防護」と既に元記事の中でも現実的でまともな答えが示されてる。
    スイスなんかはもうやってるから日本もちゃっちゃとやって行きましょう。ってだけ。
    ただ、停止中の原発再稼働の判断に際してそこまで義務付けるべきかどうかは議論の余地がある。
    大地震が起きて原子炉を緊急停止しないなんて判断はあり得ないし、
    火力を併設なんて、置いてあった非常用ディーゼルとどう違うんだ?

    科学技術畑から考える必要があることと言えば、もう一つ提示されてる「原発の設計基準再検討」だね。
    炉設計、プラント設計にどう取り入れてゆくか。これは商機でもあるんだよ。

    本当の難問はやっぱり、技術じゃないところにあると思うな。
    低確率大ダメージなリスクに備えるコストをどこまで受容するか。誰が負担するか。
    テクニカルさゆえに、ずぶずぶになりがちな監査・指導体制をどう運用するか。
    そして非常時に内閣・監督省庁・企業が組織として効果的に対応するための制度設計。
    権限や責任、対応手順を明確にして、たとえ菅を超えるバカが首相であろうと機能するような制度を。
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 04:59
    直通電話回線が3つしかない部屋に総理大臣と官房長官がいて
    総理大臣が直接自衛隊に電源車何台必要とか連絡してたらしいからな
    どれほど組織としての対応が酷かったか分かる
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 06:59
    ディーゼルだけじゃなくて軽いガスタービンを2~3階に置いとけば良かったのかもね
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 07:17
    スレ※34
    どこの海外で笑われてんのか教えてくれよ。今作ってる会社にいるんだが。
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 08:07
    ガスタービンとか火力とかのタービンは、地震が起こった時点で壊れる可能性が高い。
    周方向の間隔なんて0.3mmぐらいしかなかった気が。


    あと、ディーゼル発電機は耐震クラスSだったかな。Aだったかもしれんが。
    耐震考えてあるから弱いところに作れん。

    震災以降の対策として、電源車設置+いろいろ考えてるみたいだけど大変ぽいね。
    号機間融通とか共通のD/G作ろうとしても保安関係がめんどいらしい。

    BWRはやっぱ怖い気がするんだけど・・・・
    PWRだとSGにとりあえず水さえ入れれば炉心冷却できるし、電動死んでも
    タービン動補助給水ポンプあるし。
    消火水もつっこめるしな。

    配電盤水没は、確かに厳しいだろうな。海水だと絶縁抵抗やばいからな。
    防波堤のかさ上げも意味がない気がするんだけどな。
    結局、海水ポンプの吸い込み分の穴は開けとかんとあかんからなぁ。
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 09:20
    この際だから電源車じゃなく、電源ヘリなるものでも作ってみたらどうか
    もちろんヘリポートもどこかに
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 09:52
    電源が落ちたらそれが停止に繋がる仕組みには出来ないものだろうか
    エレベーターのブレーキは普段電力で開放してて、停電時にかかるらしいけど、そんな感じで
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 09:57
    浜岡なんかだと、非常用電源設備が原子炉建屋の中にある。
    これなら、津波が来ても大丈夫だったはず。
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 11:32
    屋上に乾電池を備蓄
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 11:35
    ※47
    あなたは基本的に何か勘違いしている気がする?

    今回の福一事故も地震発生時に炉はちゃんと停止したよ?
    ただ、ウラン燃料の性質上、原子の「崩壊」もその時に発生する
    「崩壊熱」も止めることはできない。今回の「電源喪失」で最大の問題点は、
    その「崩壊熱を冷やす冷却装置が作動できなかった」のが問題なわけで…。

    ウラン燃料は一度崩壊を始めたらそれを止めることは現在では事実上不可能。
    もしそれを止めることができたら…ノーベル賞レベルどころの騒ぎではなく、
    その時が本当の意味で「人類が原子力を扱える」日だろうね
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 11:55
    *50
    単純なヒートシンクが無難だねー
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 13:04
    >>35
    報道を見れば分かるけど、海外は普通に、設計ミス、想定ミスで見解は一致してる
    その責任を問うべきだってな

    日本は報道規制か知らないが欠陥原発を設計、誘致した人間の責任に触れるのはタブーになっている
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 13:12
    http://togetter.com/li/267562
    これ読むと管にも評価できるところはあると思う
    もう1年経ってるんだしもっとテンション下げたらどうか
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 14:09
    今現在点検中で停止してる原発も
    全電源喪失起こって数日間復旧しないとメルトダウンするんでしょ?

    海抜0m以下に作って最悪の場合は水没させるってのは良いかもね
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 17:32
    油圧でもコントロールできるようにしたらどうだろうか
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 19:03
    地震は夜にも来るんだぞ
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 19:41
    事故起こしたら対処できないものを地上に建設する意味あまりないよね。
    海上にメガフロートでも作ってそこに建てればいいんじゃね。
    天災とかでどうにもならなくなったら原発ブロックだけ海溝に捨てられるように、
    今の放射能垂れ流しよりましだと思うんだが。
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 21:24
    水中って言うけど
    それって最悪水蒸気爆発で放射性物質拡散フラグ・・・
    名無し隊員さん
    2012年03月12日 22:36
    ※36
    日本の建築基準法では100kg以上の、建物と一体になって使用される設備は
    全て想定される重力加速度に耐える設置強度を持ってなきゃいけない。
    つまり、“地振動でずっこけたり落下したりしない”検討が求められる。
    具体的には、床、壁面、天井や、そこに固定する器具の強度を十分に確保するってのが大きい。
    原子力施設の場合はもっと違う基準が有るはずだが、
    地下に置けば基準の0.6倍の重力加速度で済むところを、屋上だと2.0倍要求されたりする。
    (公共施設等で適用される最も厳しい基準の場合)
    つまり、重いものは低層階に置く方が技術的に簡単だし、安全性も高い。

    発電機みたいな特殊で重い設備の場合は燃料タンクとか色んな物も一体で運用されるので
    容量が大きくなればなるほど上層階へ据え付けるという選択肢は取りづらい。

    あと、冷却水を運ぶポンプとかは汲み上げる水面が近くないと、管路が真空に近づくのでポンプが空回りして上手く動かなくなる。
    物理的に超えられない壁でもあるので、運用するためには出来るだけ低層階に置くというのが今も昔も常識だ。

    「水没は設計ミス」とか言ってる連中はそれをよく理解した上で発言してほしいものだが…。
    2012年03月12日 23:58
    配電盤が水没した場合は水没したことによりそこの空間が回路になり、新しい配電ルートが形づくられるようにする。
    できりゃ「こんなこともあろうかと」の世界だが、さすがに遠まわしすぎるか。その後二度と近づけない気もするし。

    発電機の方はどうにもならんかなー。時間稼ぎ程度の最低限の冷却をするためにはどの程度の電源が必要なのだろうか。人力で置き換えられたりする程度なのだろうか。
    名無し隊員さん
    2012年03月13日 00:17
    >配電盤が水没した場合は水没したことによりそこの
    >空間が回路になり、新しい配電ルートが形づくられるようにする。
    全く意味わかんねーんだけどw
    俺、配電盤の設計やってるプロだけどそこんとこ詳しく教えてくれないかな?

    >程度の電源が必要なのだろうか。
    とある資料によると合計で2000kVA以上だな。
    大体一般家庭の電力消費が5kVAくらいだから300世帯分以上。
    ほぼ15階建てくらいの高層ビル1棟分。エンジン発電機なら最低2700馬力。
    仮に乗用車のエンジンで置き換えたら20台分、軽自動車なら40台分。
    人力で起こせとか太陽光使えとか、バカげた話だよ。
    2012年03月13日 14:08
    米60
    そんなに水素爆発おこしたいのかな?
    名無し隊員さん
    2012年03月13日 23:23
    ※53
    どこが評価できるのかまったく分からない…。
    下村氏は、電源の大きさなど現場判断できることをきいたことを
    評価しているようだけど、まったく評価できない。

    ここで上の人間は、
    ・運べるのか、かかる時間は、と
    ・接続できるのか、(と電源は足りるのか)
    を考えるべきで、1つ目は大きさなど聞く必要は全くない。
    ただ、「はこべるか?」と聞けばいい現場で判断する次項。
    むしろトップとしては2つ目の見落としがないよう、
    「つなげるのか?」と聞くことが役割だったわけだが、
    それが全くできなかったことが後に書かれている。

    企業でも組織でも、部下の見落としを防ぐ注意点を大きく指摘するのが
    上のものの役目。
    細かい作業状況や取引状況、現場で判断できる部分を聞くのはただの馬鹿。

    下村氏は菅への贔屓目からか、そういう常識的な上のポジションでの考えが
    決定的に抜けているし、そういう全うな下への指導や監視ができないなら、
    政治は失敗だろう。
    名無し隊員さん
    2012年03月13日 23:57
    新潟県中越地震の時、柏崎で燃えた所内変圧器の大きさが確か40MVA。
    ニュースで黒焦げになった小山みたいな変圧器の映像が頻繁に流れてたよな。
    地方都市の変電所でもこんなバカでかい変圧器はなかなか無い。
    これを考えれば原発が発電所であるのと同時に運転のためにどれだけ莫大な
    エネルギーを必要としているかが分かる。

    緊急時に必要なのが仮に1割だとしても、それを確保するのは相当至難の技なわけで。
    2012年03月14日 00:47
    ※61
    壁で絶縁する/ある程度水位があるようなら逆に貯めてしまう
    って話なだけだけど何か難しいか?

    >とある資料によると合計で2000kVA以上だな。
    それ、最低限じゃないよね
    もしそうであるなら電源車1台2台しか用意しないというのがそもそもおかしい。

    ※62
    水素爆発させる・させないじゃなくて冷却するにはどうするって話をしてたんじゃないのかなー?
    配電盤や発電機が水没してしまったのは大きな原因の一つじゃないんでしょうか。何を言いたいのやら。
    2012年03月14日 01:15
    とりあえず柏崎の場合は原子炉1基あたり1600kVAあれば100度以下で安定して冷やせるらしいですね。
    40kVA~800kVAの予備電源が配備されているところでは弁操作・注水は可能で機器の電源も確保できると。
    1次か2次か知らんが冷却水の循環をさせるポンプでかなり電力を食うのな。
    名無し隊員さん
    2012年03月14日 06:55
    ※65
    お前さんは言い回しが明らかに素人だし、配電設備を簡単に考えすぎてて笑えるって言ってんの。
    周りに自分より知識を持ってる人間が居るのに「難しいか?」って逆に問い返すことに疑問を感じないのか?

    高圧の配電設備ってね、ちょっとショートしただけでも大爆発を起こして使用不能になるの。
    空間の物質が高電圧で励起されてプラズマ状態になり、爆発的に膨張する。
    絶縁って言うのはそういう状態になるのを回避するのが最終目的。
    水が入って無事な状態で済むなんて甘い考えは通用しない。
    川内原発で400Vのロードセンタ盤をショートさせて作業員が死傷した事故の報告書を読むといい。
    電機/電気は一般人が考えてるよりはるかに怖い。
    2012年03月14日 10:00
    ※65
    電気分解て知ってる?
    68
    2012年03月14日 10:05
    思い出した、海外で配電盤に小便ぶっ掛けて電撃食らった馬鹿がいたね
    ※65さ、この意味わかるよね、コレでも遠回し過ぎかな?
    名無し隊員さん
    2012年03月14日 23:42
    川内原発の事故は結構悲惨だったな
    ショートさせた作業員は全身火傷で死亡
    半径3メートル以内に居た5人が重軽傷

    多分ブレーカの上側を電源側と思い込んだ単純ミスだけど
    パワーの有る電源はやっぱ怖いね
    2012年03月16日 18:13
    今回の件でも分かったけれど、バッテリーとディーゼルで二系統のバックアップ電源があります、って意味無かったよな。
    ここら辺は外部電源の問題は共産党の吉井議員が以前から指摘していたな。
    海外の例を見ると、多いところは5系統とかだしな。
    そういった事を散々指摘されてもこれで十分だとしか回答しなかった原子力行政は脳みそがおかしかった事が良く分かる。
    危機なんて起きない、起きないって自分で思い込んでるから危機管理に必要なシミュレーションが行われない。
    軍隊のリスクコントロールの考えで原子力行政を見たら穴だらけで頭が痛くなるんだろな。
    名無し隊員さん
    2012年03月16日 22:17
    ※71
    一部間違ってる。
    バッテリーは即応性が高いが使える容量が限られるので
    ポンプのような動力を動かすのには適していない。
    (主に照明、コンピュータ、制御装置の電源)
    ディーゼルは燃料とエンジンオイルさえあれば結構長時間動くし容量も大きい。
    器械なので定期的に動かしてみないと正常に運転できるか分からないのが欠点。

    「電源を二重化する」って言うのはバッテリーと非常用発電機の
    両方を用意するのとはちょっとニュアンスが違う。
    厳密には同じ用途で使える電源を複数用意して初めて二(多)重化と呼べる。
    名無し隊員さん
    2012年03月24日 19:31
    民間が原発をもってると最終的にコスト競争を始めて
    安全をおろそかにしてコスト削減に走るから事故が起こる。
    民間が競争をするという前提での原発運営は
    安全を犠牲にするという意味で問題がある。
    かといって国などが運営するのも非効率で無駄である。
    そこでコスト競争によらずに経済に組み込み
    ギルドやジオンのような志の高い高潔な人材によって
    原発を運営する方式を提案してみる。
    名無し隊員さん
    2012年12月19日 17:28
    外部電源には高台に設置した風力発電と太陽光発電から
    NAS電池を通して供給を行うようにすれば、ディーゼル発電のように燃料の心配は
    不要だと思います。