本日の注目ニュース!!

ヒトはこの先生きのこるために色覚を得た?

49
コメント
脳科学
引用元:マイコミジャーナル


 京都大学(京大) 正高信男 霊長類研究所教授の研究グループは、人間がまだ子どもの段階で、視覚探索によってヘビをすばやく見つけるのに、色の情報が重要である事実を実験的に明らかにした。同成果はNPGのオープンアクセス誌「Scientific Reports」に掲載された。

s-c_cerastes_lstm_080706-015


 哺乳動物の中で、人間のような高度に色覚を発達させた種は限られており、類人猿とアジアアフリカに棲むヒヒやニホンザルの仲間だけで、 中南米のサルやキツネザルなど原猿も未発達である。しかし、その色覚の進化が何を目的としたものであるのかについては、これまで不明で学説としては熟した果実をみつけやすいため、というものがあるが、推測の域を出ないものであった。(下略
3 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:06:02.32 ID:V1ariqXc
ヘビ限定なの?なんだか微妙な推論だな。



5 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:06:28.99 ID:lWx987Fs
× ヒトは幼児期にヘビを見つけ
○ ヒトは幼児期でもヘビを見分け

13 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:10:35.12 ID:0iRHIa1M
>>5
成体にとっては脅威ではなかったんじゃないか?



6 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:07:06.85 ID:CGqiftTU
中南米の方が、もんのすごいヘビがいそうだけど?



8 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:08:56.90 ID:zfWgnwUC
ヘビが一番の大敵なのか。
オレがヘビ大嫌いなのはDNAに刷り込まれたものなのか。



10 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:09:30.29 ID:MOg0h30T
赤ちゃんの玩具に、ヘビの縫ぐるみとかって禁忌だってこと?

by IKEA 船橋へ行ってきました



14 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:12:25.91 ID:/11x6oW8
犬とかネコって色覚ってないの?



15 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:14:26.18 ID:MZOstygd
ヘビがいなかったら色のない世界になってたかもしれなかったのか。
これは凄いことのような気がする。



17 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:18:42.79 ID:HNcDjBOW
どういう実験をして証明するのこんなの?



21 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:35:37.25 ID:GqivKi48
ヘビは何ともないが、クモは見つけ次第殺すようにしてる。

31 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:55:29.96 ID:D7BZmGBz
>>21
クモは殺しちゃだめだよ。
害虫を食べてくれるんだから。



22 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:36:12.18 ID:F/74bP3O
ものすごいエデン臭がする。だいたいクモでもいいじゃないか。
それに画像見ると白黒の方が見分けやすいとか、どういうことだよ・・・

25 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:41:12.72 ID:0iRHIa1M
>>22
ヘビに食われる子サルはいるけど、クモなんか子サルでも襲われるどころか食っちまうだろ。
27 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:43:52.33 ID:F/74bP3O
>>25
食われちゃう、ってどういう意味? 飲み込まれるということ?



23 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:36:42.90 ID:ShAnjQRF
つまりヘビと同居する環境に居たサルのうち
ヘビを先に見つけて対処できる種が生き残って進化した、ということか。



24 :名無しのひみつ:2011/09/04(日) 23:39:34.06 ID:debzM3y7
京大の研究所がキリスト教原理主義の汚染を受けていないか?
踏み絵をしてみる必要がある。



35 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 00:04:02.63 ID:+hfnyMkn
> ヒトは幼児期にヘビを見つけ、生存確率を高めるために色覚を得た
なんか無理やり屁理屈こねてるよにしか見えんw



37 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 00:06:59.93 ID:Y/HacYWb
ヘビに遭遇する確立なんて低いだろうから、それが、色覚どうのになるんだろうか。
>>3って感じがするが、京大も暇だな。

40 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 00:15:05.10 ID:o7TqZAzE
>>37
本来、湿地帯や川付近はヘビだらけだよ。
ただマムシやハブなんて、色で識別する要素あまりないような気がするけどね。

mamshi2
by マムシ



38 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 00:12:14.23 ID:r9CrzEni
色盲だと緑色とオレンジ色の区別が付かなかったりするからな。
そりゃ豊かな色彩を認識できる方が有利だよ。



39 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 00:14:33.19 ID:rzVlR82f
"ため"じゃなくて、"色覚を得た個体が生き残った"じゃないの?



43 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 00:25:09.04 ID:CydoSoy+
ヘビを識別するためだけじゃないと思うけどなぁ。
色覚を得た方が、ヘビを識別しやすいってのはそのとおりだと思うけど。



46 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 00:30:16.51 ID:hPuwQfZf
ヘビだけじゃなくて、何となくヘビっぽいと言うだけで縄やら棒やらも怖がるから、
数ある生物の中でヘビを優先的に怖がることには、特別な意味があるんじゃないかと
みんな注目するよな。

Pri
by 毒蛇 | 沖縄草玩具館



47 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 00:35:08.04 ID:1jT2TZg8
しかし、ヘビを怖くは思わないと思う人もいるという点がヒトとサルとは違う。
サルはヘビを一応に怖がるからな。



52 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 00:59:57.43 ID:NiqpbxJ+
こういう話聞くと進化論も胡散臭いと感じてしまう。
自分で自分の能力を思うように高められるなら、誰も自分自身の能力の無さに
苦しむことも無いだろうに。

53 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 01:07:03.19 ID:4lqrZmvX
>>52
突然変異や、元々の素質で、環境に一番適応できる性質を持った個体が自然淘汰に
よって生き残っていって、それに特化した結果が進化なんだ。

環境に適応できない個体は、消えていくんだよ。
それが進化なんだ。



55 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 01:17:14.68 ID:ncw/Rwac
パソコンのスペックが高くないと、豊かな色彩でビデオ映像の処理ができない。
脳みそも同じだろう。



56 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 01:21:32.98 ID:JYp/sRQG
蛇始めてみたのに、毒のない蛇だってわかったのは不思議だったな。
逆にマムシ始めてみたときは、模様に何かやばいものを感じた。

59 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 01:29:10.56 ID:HCd+wgi1
>>56
ヤマカガシが毒蛇だってことは知っていた? 俺は知らなかった。
ヤマカガシ
by ヤマカガシ | Japanese Snakes

子供のころ、平気で捕まえていたよ。
でも、よく観察すると、そういえば体の色からして毒蛇っぽかったなあ。



57 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 01:21:57.95 ID:HCd+wgi1
確かに白黒の画面よりカラーの画面のほうが、脳が対象を分節しやすいように思える。
防犯カメラもカラーのほうが犯人を特定しやすい。



60 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 01:31:45.00 ID:xjfLXDxM
色覚があるのが人間と一部のサルだけだったとしたら、
森に生えている毒キノコとか毒蛙なんかは、どうしてあんな鮮やかな色をしているんだろう?

毒キノコ



61 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 01:43:39.09 ID:/YLqiF1f
各人が色はどのように見えているのかは、証明できないって知ってるか?
形状なら簡単に説明できるけどな。



62 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 01:47:33.91 ID:nFEA7XRj
昔人間の祖先はネズミのように小さくてヘビに捕食されてたから、怖がるのは当然らしい。
天敵を怖がる本能は遺伝するらしい。



63 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 01:52:44.11 ID:1j9aNnFm
ヘビとクモに対する恐怖を引き起こす遺伝子は、特定されていたはず。

74 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 04:17:26.37 ID:V/WF0u4g
>>63
遺伝子レベルの問題なのか。
ヘビは何とも無いがクモは怖すぎる。





65 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 02:08:08.18 ID:mMXxfbAl
逆じゃね? 色が判るようになったから、ヘビのようなモノが気持ち悪く見えると。
白黒写真の方が味があって、かっこ良く見えるときもあるじゃん。



66 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 02:16:54.64 ID:HCd+wgi1
色覚は、鳥のほうが人よりも優れているんじゃなかったっけ?
昆虫の擬態も色の関与がありそうだから。



73 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 03:08:25.87 ID:XzdPEB4F
猫の尻尾の動きは蛇の真似から来ている、という説と同じくらい胡散臭い。




76 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 04:26:47.66 ID:7CPhvjOc
つまりヘラクレスか。




77 :名無しのひみつ:2011/09/05(月) 04:46:30.69 ID:o7TqZAzE
まあ、色覚が発達してたほうが、毒性のある植物や昆虫を見分けやすいよな。
脳が大きく発達したことによって色覚も獲得できたんじゃないの?
ヘビ特定とか無理があるような気がする。



関連画像
03504398100

BUZZったイチオシ記事!!!!!(*゚∀゚)ゞ

    この記事へのコメント

    この先生
    2011年09月09日 21:39
    キノコる
    2011年09月09日 21:46
    人間と犬は共存関係にあり、直立で遠くまで見渡せる人間は視覚を、
    逆に四足で地面に近い犬は嗅覚を担当した・・・

    って説を聞いたことあるな
    強い共存関係にあるのが猫だったら蛇を警戒する必要はなかったかも?
    いや、猫も共存関係だから人に害をなすものを退治してくれる?
    2011年09月09日 22:08
    先生 キノコる かと
    なぜここで奈須きのこの話が!?ってホルホルしてしまった。
    2011年09月09日 22:16
    関連画像の黒ラブかわいすぎワロタ
    ていうか自分も「きのこる」に見えて何のことかと思った
    2011年09月09日 22:20
    ※3
    俺もだ
    悶々
    2011年09月09日 22:23
    スレタイで10秒迷った
    2011年09月09日 22:28
    俺も先生キノコるに見えた
    2011年09月09日 22:33
    別に色鮮やかなモノが危ないわけではないが、自然界では目立つ色の動物の方が毒を持っている可能性が高いのは確か。
    毒を持っていることで擬態せずに済むわけだからね。
    2011年09月09日 22:34
    済まぬ、我も数秒悩んだ。

    というか「生き残るために獲得した」というよりは
    「たまたまそうなった奴が生き残っていった」
    というのがより正確じゃないかなと思う。

    蛙や茸も、たまたまその色の個体群が生き残る率が
    高かった、ということなんじゃないかなと。
    2011年09月09日 22:49
    色弱の俺には関係ない話だ
    2011年09月09日 23:02
    父親が蜘蛛嫌いで母親が蛇嫌いだけど俺はどっちもなんてことはない
    Gはダメだけど
    中身◆OZ3bFThwrE
    2011年09月09日 23:10
    ( ФωФ)y~ 京大えらい叩かれてた
    2011年09月09日 23:32
    >>60は言い意見だと思う
    あれだけ色鮮やかな毒生物がいるわけだしヒトの色覚に限った話じゃないよね
    2011年09月09日 23:34
    キノコるだと思ってた人がいて安心した。
    2011年09月09日 23:36
    >>9

    進化論に反対してたファーブルの主張が中々考えさせられる話だったのを思い出した。狩り蜂の行動はどれ一つ欠けても
    狩り蜂が生存できない事を表している、ならば進化途中の狩り蜂などあり得ないのではないか?、って話。
    タイトルは
    2011年09月09日 23:38
    ネタ
    2011年09月09日 23:38
    >>12

    まだ根拠が薄いしねえ、って感じなんですかね大勢の意見としては。
    2011年09月09日 23:57
    樹上メインの原猿で未発達で、地上生活が多い類人猿で発達しているとすると「天敵は蛇」と考える理由は薄いよなぁ。むしろキリスト教的影響を感じる。
    個人的には異性の健康状態や繁殖可能か否かを体色で判断する為に発達したと思ってるけど。
    色差を顕著に感じるのが肌色から赤側近辺なのもそこらへんから来てんじゃないかな。
    2011年09月10日 00:00
    ※3
    ※5
    ※7
    ※14
    2011年09月10日 00:24
    あ、じゃあ俺漏れも
    2011年09月10日 00:24
    ACスレじゃねーのかよw
    2011年09月10日 00:29
    色分かるのが一杯いないとせっかく毒ヘビを真似ても損だしな
    2011年09月10日 01:39
    >10
    やーいお前はヘビに噛まれて死ぬんや~
    2011年09月10日 01:42
    きのこる知らない人がいるとか
    時代の移り変わりを感じる
    2011年09月10日 01:42
    ※19
    なんてことだ、ここにはきのこる先生も知らない奴ばかりだったのか
    2011年09月10日 02:20
    ※25
    そうそう、あれは結構つらかったけど今になってなるほどと思う。
    2011年09月10日 03:07
    >10がなんでこんなに気持ち悪いんだろう…
    2011年09月10日 03:28
    ヘビは昔からその毒がヒトの生死に大きく影響を与えたから、知恵を持つ以前から危険であることを生物的に理解しており、原始宗教の中でもたびたび登場し恐れられていたことが垣間見られる。龍なんかもその流れがある。
    …ってばっちゃが言ってた。スレはあんまり見ていないごめん。
    2011年09月10日 03:39
    色つきのほうが蛇を見つけやすいってのは事実だとしても
    色覚の発達を蛇のせいにするのはちょっと飛躍してるというか、結局それも推測の域を出なくないか
    2011年09月10日 03:44
    樹上生活をしていくうちに立体視が鍛えられ、そのまま聴覚や嗅覚より視覚を強化していったほうが手っ取り早かったからじゃね?
    2011年09月10日 07:43
    視覚が強化されたのはうれしいが、
    嗅覚が退化したのはなんでだろうな。
    犬並とは言わなくとも、野生動物並にあったら便利だったろうに。
    2011年09月10日 08:30
    管制塔~!
    ちゃんと援護しろよ!
    けいたい!
    2011年09月10日 09:54
    嗅覚が退化してなくて数m先のおっさんの加齢臭を感じたりしたら俺は耐えられないよw
    2011年09月10日 10:26
    錐体細胞(昼用)とかん体細胞(夜用)の発達だと色彩検定の参考書に載ってた様な気がする
    ただ、人間は他の動物より夜みえないじゃん・・・。
    2011年09月10日 12:12
    そんな動きじゃ、この先生きのこれないぞ
    2011年09月10日 13:44
    逆にきのこ先生が危険だから鮮やかに目立つように見える(あるいはそう注意できる種が生き残った)んじゃないかな?

    赤や黄色が鮮やかと感じるのは人間の感覚だしね。

    あと蛇だけじゃなく蜂の黄・黒もあるんじゃまいか。
    2011年09月10日 14:05
    元記事見たけど、この実験方法じゃダメだろう
    画像の大きさや背景の色によっても結果が変わるような気がするんだが
    グラフも有意差ついてるのこれ?
    2011年09月10日 14:26
    ※10
    1つ色覚細胞弱くても蛇を見分けられれば
    キノコれるんじゃね?
    2011年09月10日 14:28
    ※37
    心理系で表示実験してるとこと組んで、
    問題点洗い出してやったほうがいいよな。
    2011年09月10日 17:07
    ※36
    ついでにヘビやハチなんかの方でも、鮮やかに見える色の個体が選択的に生き残った可能性もあるよな。
    毒持ってても地味だと最初の一匹は食べられちゃう訳だし。
    いーつ
    2011年09月10日 21:35
    こじつけじゃん。白黒しか分からない小哺乳類でヘビに喰われそうなやつが生き残ってるし。ヒトの天敵がヘビでもあるまいし。
    ぅん
    2011年09月10日 21:50
    ハブやコブラって夜行性なんだろ。
    2011年09月10日 22:20
    *36
    赤色は波長が短いから、見えにくいってのもあるよ。
    2011年09月10日 22:59
    最後の画像は何なんだ?

    黒ラブたんが蛇食ってるのか?
    2011年09月11日 07:43
    >>60
    確かに、毒性を持つ生物の警告色を考えると、
    ヒトと関わりのない生物が、なぜ色盲の生物に対して鮮やかな色彩をとる必要があったのかは、興味深い問題だな。
    2011年09月11日 20:48
    *43
    コメ36は波長といった物理的な受ける器の関係する話じゃなく、それをどう認知するのかといった話だよ。

    色はついてても鮮やか(目立つ・注意をひかれる)色として認識するか、そうでないか。
    視神経に刺激の強いもの=鮮やかとは言わないからね。

    ひいて言えば、色覚を獲得したのとそれによって危険を察知する能力を得たのは別のフェーズで起きたものという考えに基づいている。
    2011年09月13日 09:11
    この理論すげー間違ってんじゃねーか
    生き物はもともと、紫外線や赤外線も見分けるほど高度な視覚を持っていたんだぞ
    魚とかな。
    それが、地球が暗くなったり、氷河期になったときに哺乳類たちは地中にもぐったため
    どんどん退化して
    白黒だけになった。
    そして現在また、ふっかつしてきたっつーのに
    本当にうそだな この研究者
    2011年09月15日 10:26
    色覚でヘビ難を避けられるのなら、ヘビはキツネザルとか食い放題なわけか?
    なんか違う気がするな
    2011年10月12日 02:26
    猫科の大型種に致命傷を負わされた原人の化石も見つかってるけど、
    この話が本当なら
    蛇よりもはるかに危険な猫科に対してはどういう進化をしたんだろう?

    つーか、46時中母親に引っ付いてるニホンザルの赤ちゃんとかはこの能力不要だな。
    デス13のスタンド使い並に危険対処能力ある赤ん坊ならともかく。