本日の注目ニュース!!

生体をゼリーのように透明化する水溶性試薬を開発

24
コメント
生物学
引用元:時事ドットコム


 浸すだけで生体の組織を透明化する試薬の開発に理化学研究所の研究グループが成功し、30日付の米科学誌ネイチャー・ニューロサイエンスに発表した。組織内部の3次元的構造を壊さずに詳細に観察することができ、さまざまな研究への応用が期待される。

01
透明化したマウス胎仔(胎生15日)


 多くの動物の身体は、外から入ってきた光を散乱させるため、表面から内部を透かして見ることはほとんどできない。有機溶媒で透明化する技術もあるが、溶媒がたんぱく質を変性させるため、緑色蛍光たんぱく質(GFP)などを使った可視化はできなかった。

 理研脳科学総合研究センター細胞期脳探索技術開発チームの宮脇敦史チームリーダーと浜裕研究員らは、保湿クリームなどに使われる尿素を主成分にした試薬「Scale」(スケール)を開発。ホルマリン漬けにしたマウスの胎児や脳をスケールに最長2週間浸したところ、光の散乱が抑えられ、ゼリーのように透明になった。10 :名無しのひみつ:2011/08/30(火) 22:20:44.84 ID:+jeaMtPp
魚類や爬虫類だと実用化してるの見たけど、これは凄い。



11 :名無しのひみつ:2011/08/30(火) 22:23:23.15 ID:I3m9uRq4
クラゲの光るやつでノーベル賞もらったし、これも貰えそう?
いろいろな研究のツールになる。



12 :名無しのひみつ:2011/08/30(火) 22:27:13.63 ID:fa9eEx2A
そのうち人体の不思議展にこれの人体標本でてきそう。

69 :名無しのひみつ:2011/08/31(水) 17:12:13.83 ID:1exaJYFc
>>12
また法輪功が犠牲になるのか。
70 :名無しのひみつ:2011/08/31(水) 18:05:06.88 ID:iztP2u4B
>>69
今度は、共産党員だったりして。



13 :名無しのひみつ:2011/08/30(火) 22:27:58.74 ID:6axqqKqL
実用性高すぎるだろ、ノーベル賞貰えそうだな。

32 :名無しのひみつ:2011/08/31(水) 00:03:04.10 ID:8P4YFJvz
>>13
宮脇 敦史  1961年生
20年後でも大方大丈夫だな。



15 :名無しのひみつ:2011/08/30(火) 22:32:25.77 ID:7raxVS1j
この試薬は生きた生物に対してはつかえない。死んだ生物個体の色素を抜くだけだろ。
解剖学的な意味しかない、猟奇的な標本を作り集める変質医師が使うだけかw

18 :名無しのひみつ:2011/08/30(火) 22:46:50.53 ID:CTiwGzyC
>>15
いや何言ってんの? ツールとしてめちゃくちゃ有用だろ。
緑色蛍光タンパク質
緑色蛍光タンパク質

GFPなどの蛍光たんぱく質をあらかじめ標的部位に発現させておいて、
後からこのscaleで透明化すれば、あらゆる構造を形を崩すことなく外から観察できる。
生物系全体で使えるすごい技術だと思うんだけど?



19 :名無しのひみつ:2011/08/30(火) 22:50:53.17 ID:VBkzD0/o
ホルマリン固定してあるんだから生体じゃないじゃん。

27 :名無しのひみつ:2011/08/30(火) 23:27:40.39 ID:03ZckHD5
>>19
死んだ魚を生魚って言ってスーパーに売ってるだろ?
そういうことだ。



23 :名無しのひみつ:2011/08/30(火) 23:13:03.13 ID:gP/44yIB
マンモスを遺伝子から復活させて、これに浸そう。



26 :名無しのひみつ:2011/08/30(火) 23:26:26.96 ID:i11psjuo
クリスタルボーイ

47 :名無しのひみつ:2011/08/31(水) 01:48:23.85 ID:Pj2HkzWr
>>26
やっぱしそれだよ。



31 :名無しのひみつ:2011/08/30(火) 23:57:07.83 ID:URPDFjU7
尿素が主成分とのことだから、どっちみちタンパクは変性しちゃうんじゃないの?

39 :名無しのひみつ:2011/08/31(水) 00:26:53.53 ID:ZP9uAFAw
>>31
組織を固定しつつ、透徹するってことなんじゃないかな?
でもそれでGFPは機能を維持できるんだろうか?
41 :名無しのひみつ:2011/08/31(水) 00:40:38.97 ID:aF4wn+NO
>>39
俺もそこが気になる、GFPって意外と頑丈なのか?
ってかGFPだけスルーする理由がわからん。
50 :名無しのひみつ:2011/08/31(水) 04:58:50.12 ID:AbbT1KlF
>>39
GFPはホルマリン固定試料の中でも光ってるよ。
光量は落ちるけど。



34 :名無しのひみつ:2011/08/31(水) 00:15:34.25 ID:u57cARtK
内部の病状の具合が見れたらわかりやすいね。



43 :名無しのひみつ:2011/08/31(水) 00:57:37.18 ID:pDEI9K9X
特許とっととけよ、周辺技術も含めて。



54 :名無しのひみつ:2011/08/31(水) 10:33:03.68 ID:XFGhRa8Z
名前のセンスがもう・・・



62 :名無しのひみつ:2011/08/31(水) 12:40:17.09 ID:sYPKbxbB
透明なワカメでも販売する気?



64 :名無しのひみつ:2011/08/31(水) 12:56:47.36 ID:/vpKXtmr
これで脳の解明が急激に進展する。
勿論、強いAIの開発も、間違いなく着実に進展。



67 :名無しのひみつ:2011/08/31(水) 16:10:32.87 ID:iZd8thLQ
魚とかの透明標本に使われる抱水クロラールとは違うのけ?

by 新世界『透明標本』-Topページ



68 :名無しのひみつ:2011/08/31(水) 16:37:25.87 ID:iztP2u4B
尿素ってことは、毒性を無くすことができるな。
生物科学が進歩するという予想を裏切って、売れ筋の食品が出来る予感w

BUZZったイチオシ記事!!!!!(*゚∀゚)ゞ

    この記事へのコメント

    2011年08月31日 20:31
    グロいだろうなあと思いつつもこのブログが好きだから開けてしまう
    そしてやはりグロかった・・・orz

    でも純粋に話題としてすごいな
    活躍する機会が多そうだ
    2011年08月31日 21:23
    透明化してるマウスがコーラアップみたい

    ハリウッドに注目されそう
    2011年08月31日 22:10
    おもしれーな。>>1の実物弄ってみたい
    2011年08月31日 22:21
    リアルインビジブルの時代か
    2011年08月31日 23:03
    木耳にかけたらどうなるのっと
    2011年08月31日 23:04
    昔、胎児饅頭(外は透明な寒天、内臓は餡)を作ってる漫画を同人誌で読んだけど、まんまだな。
    2011年08月31日 23:26
    見かけはナタデココ、実はカマボコ。
    2011年08月31日 23:37
    何が凄いって、透明にしようと考えたのが凄いよ
    出発点は偶然からか?それともこうすれば透明になるとと目論んだのかね
    2011年09月01日 00:39
    バナナをゲル化させたり、タイムトラベルに失敗した被験者がゼリー化するわけですねわかります
    2011年09月01日 00:47
    クリスタルボーイの原型か…
    2011年09月01日 02:07
    水溶性試薬を用いて古くなったハムを新鮮な生ハムに捏造する事件が発生!
    犯人は透明度を高めることで発覚しないようにしたという。

    ・・・とか、起こらないよね?
    ku
    2011年09月01日 02:57
    素直に驚愕!

    本気でノーベル賞級の技術だな。
    っt
    2011年09月01日 04:34
    これなんでNatureは通らなかったんだろうな。
    門外漢だけどインパクトすげーし、姉妹誌レベルは越えてると思うのだが・・・
    使用制限というかGFPというか何かあるんかもな。
    2011年09月01日 06:31
    2011年09月01日 07:01
    人間も透明になっちゃうん?
    2011年09月01日 07:19
    昔は元から透明で内臓の動きが観察しやすい生物を使ってたんだよね?
    2011年09月01日 08:48
    実写版シュタインズゲート
    2011年09月01日 14:11
    ※14
    マジレスすると、ああいう生き物はホルマリンで脱水した時点で形が崩れてアウト。
    2011年09月01日 19:01
    透明人間って題材で犯罪しか重い浮かばなかったジョージウェルズはアホって言った人誰だっけ?
    名無し
    2011年09月01日 19:47
    お前ら勘違いすんなよ。
    これは生きたままの固体には使えない。
    組織を観察する手法として、着色やら脱色やらの手法があるが、これまでの脱色方法は有機溶媒を使うもので、蛍光色素や観察対象のタンパク質を破壊・変性させてしまう問題があった。今回のは水溶性の物質を使うので、組織の破壊を抑えたまま透明化できるということ。
    応用は広いと思うけど、たぶん想像してるほどすごいもんじゃないw
    2011年09月01日 21:41
    *20
    工程にかかる費用が10分の1だったらどう言い訳するよ?w
    2011年09月02日 00:32
    何というゼリーマン……
    2011年09月03日 05:16
    *21よ、だからって何だ?

    *22が、おいらたちの想像があまりにも行き過ぎてるだけで少々抑えろっていってるだけだろ?
    そのへんがNatureじゃなくて姉妹誌レベルに落ち着いた理由だろうな
    名無し隊員さん
    2017年04月22日 11:59
    見えなくなれるか・・・・閃いた!!