本日の注目ニュース!!

2016年04月15日

【動画】「本物そっくりなニセのクモ」で鳥をだまして食べるヘビ 誘われてやって来た鳥を0.2秒で攻撃

11
コメント
29e32647

1: 紅あずま ★ 2016/04/15(金) 11:01:44.64 ID:CAP_USER*.net
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/041300136/

 恐ろしげな生物が苦手な人は知りたくないかもしれないが、この世にはクモのふりをする毒ヘビが存在する。

 イランに生息するスパイダーテイルド・クサリヘビ(Pseudocerastes urarachnoides)は、偽の“クモ”をくねくねと動かし、近くにいる鳥たちを引き付けて襲いかかる。
まるで本物のクモのように見えるのは、ヘビの尻尾の先端に付いた、クモの脚のような形状をしたウロコのおかげだ。

 イラン、ヤースージュ大学の生物学者、ベフザード・ファティニア氏率いる研究者チームは、同国イーラーム州において、3年に及ぶ調査の中で初めて、このヘビが狩りをする姿を確認し、動画に収めることに成功した。

 研究者らはヘビが擬態によって周囲の岩に完璧に溶けこみ、クモに見せかけた尻尾をくねらせながら、獲物をじっと待ち伏せする様子を観察した。

 学術誌「Amphibia-Reptilia」に先ごろ発表された論文によると、鳥がその“疑似餌”に釣られて寄ってくると、ヘビはわずか0.2秒という電撃的な速さの攻撃を繰り出したという。

■最初の発見では尻尾の「クモ」は異常とされた

 2001年まで、このヘビについての記録は、1968年に米国の調査隊によってイランで発見され、誤った分類をされた例がひとつあるだけだった。

 尻尾に付いた奇妙な構造物については、他のヘビが持つどんな器官とも似ていなかったため、先天性か成長途中の異常として片付けられた。

 その後、複数の個体が発見され、いずれにも同じ特徴が見られたことから、2006年に正式に新種として認められた。

 学者らはかねてから、その特徴的な尻尾は獲物を誘うために使われるのではないかと予想しており、今回、見事に鳥を捕まえる姿が確認されたことによって、その説が正しいことが学術的に確かめられた格好だ。

 研究者チームによると、スパイダーテイルド・クサリヘビの成体が捕まえるのは、ムシクイ類を中心とした渡り鳥に限られていたという。

 留鳥が一切餌食にならないのは、おそらくそうした鳥がこのヘビの策略を見抜いているからではないかと推測される。

 今回の研究ではまた、ヘビの尻尾の疑似餌は生まれた後から発達しはじめ、成体になるまでは完全な形状にならないことも明らかになった。

 研究者チームは、発達途中の疑似餌を持つ若い個体がトカゲを誘って捕まえる様子を確認しているが、鳥を誘うのが成体だけかどうかはわかってない。

■ガラガラヘビの尻尾とはまるで別物

 スパイダーテイルド・クサリヘビの尻尾は、ガラガラヘビの“ガラガラ”と音を出す尻尾に似ているようにも見えるが、実際はまるで別物だという。

「ガラガラヘビの場合、(尻尾付近の)椎骨の融合など、体の構造が大きく変化しますが、スパイダーテイルド・クサリヘビの尻尾の骨に変わったところはありません」とファティニア氏は言う。

 また、ガラガラが硬い角質からできており、脱皮のたびに強化されていくのに対し、クモ型疑似餌の丸いコブのような“本体”は、柔らかい組織からできている。

 疑似餌がまるでクモの脚のように見えるのは、獲物を待ち伏せするときに、尻尾から長く伸びたウロコが逆立つからだ。

■とびきり精巧な疑似餌

「ヘビはもちろんのこと、獲物をおびき寄せる戦略を使うあらゆる爬虫類の中でも、スパイダーテイルド・クサリヘビの疑似餌が最も精巧なものであることは間違いありません」。
米サウスカロライナ州にあるアメリカマムシ研究所の進化生物学者で爬虫類学者のゴードン・シュエット氏は言う。

 疑似餌を使って獲物をとらえるヘビは少なくないが、通常、その作りはごくシンプルで、特に多いのは長い尻尾に白、黄色、黒などの色が付いており、これをくねらせておいしそうなエサのように見せかけるというものだ。

「一方で、尻尾の動かし方は種によって大きく異なります。カエルや鳥、トカゲなどは、こうした疑似餌に非常に誘われやすいのです」

 獲物をだまし、自分の体の一部を食べさせるふりをするヘビの方にも、危険がないわけではない。

 研究者チームによると、スパイダーテイルド・クサリヘビの疑似餌は傷つきやすく、鳥につつかれてすっぱり切り落とされてしまった例もあるそうだ。

National Geographic:2016.04.14
 https://www.youtube.com/watch?v=URJK9614N1c

582b677e

関連記事:【可愛い】「僕達、大きくなったよ!」 猫の成長した姿を昔と見比べてみた 後編
 
ノートに「タヒね」「学校来るな」と落書きされたので、そのページを破って教室の掲示板に張っておいた結果wwww

【話題】東京駅の床に謎のマークを発見。調べてみたら●●現場だった…

ファミレスで。店員「あちらのお客様が払ってくれるからと言われまして…」俺「え?」同僚「またか…」俺「」

【驚愕】マンホールを開けたら、内部に秘密の部屋が…

2016卒の新入社員だけど会社嘘つきすぎだろwwwwwwwwwwww

なんでなの?!日本人は韓国車を買わない・・・中国ではバカ売れなのに!!!!!!!!


8: 名無しさん@1周年 2016/04/15(金) 11:06:28.44 ID:GoKIvT3Q0.net
鳥「あの蜘蛛はスパイだー!」

12: 名無しさん@1周年 2016/04/15(金) 11:07:55.03 ID:FvknYFeE0.net
こんな蛇がいるとは・・・自然界はすごいね

16: 名無しさん@1周年 2016/04/15(金) 11:11:13.41 ID:OlrqgVwu0.net
動画みたけどこれすごいww
本体に全然気付かなかったwww

18: 名無しさん@1周年 2016/04/15(金) 11:11:41.51 ID:STRoxkLX0.net
鳥さん一回目はかわしたのに
また戻って来てつっついてバックリやられている

そうとう腹がへってたんだなぁ

28: 名無しさん@1周年 2016/04/15(金) 11:14:40.08 ID:zgkKexRb0.net
>>18
まさに鳥頭

20: 名無しさん@1周年 2016/04/15(金) 11:12:31.16 ID:nQhvvBRv0.net
動画すげえわ、どう見ても本物の蜘蛛にしか見えん
あと鳥もヘビの第一打で逃げれば助かったのに、
「獲物の蜘蛛」に執着して自ら食われに行ってる

27: 名無しさん@1周年 2016/04/15(金) 11:14:20.77 ID:NqHMG3710.net
一度かまれてるのにすぐに戻るアホな鳥w
32: 名無しさん@1周年 2016/04/15(金) 11:16:01.04 ID:57W8M4bf0.net
おお、すげえな。

33: 名無しさん@1周年 2016/04/15(金) 11:16:15.67 ID:/hoRoWaI0.net
何でこういう形質が遺伝するんだろうな、ほんと不思議だわ

34: 名無しさん@1周年 2016/04/15(金) 11:16:42.40 ID:jiZA30sY0.net
すげーどう言う方法でこんな進化するんだ
人間も指がクモみたいになりたい!!と思えば数世代後は指がクモみたいになるのか?

39: 名無しさん@1周年 2016/04/15(金) 11:18:23.62 ID:aT3gCgDx0.net
これすげえな
尻尾がくもにしかみえん

42: 名無しさん@1周年 2016/04/15(金) 11:20:32.49 ID:CV445c+f0.net
no title

134: 名無しさん@1周年 2016/04/15(金) 12:17:11.83 ID:0ws+Hrf60.net
>>42
なるほど

52: 名無しさん@1周年 2016/04/15(金) 11:25:27.81 ID:nurh/xng0.net
偶然な進化でこんなふうになったとは思えないな
ダーウィンは甘い

54: 名無しさん@1周年 2016/04/15(金) 11:27:25.84 ID:MIaQmWV20.net
これは反則級の疑似餌ですわ 生物って凄いなあ


こちらも読まれております。
発想が天才すぎる。やはりロバート秋山…これは笑うwww

【閲覧注意】こんなに気持ち悪い生き物がいるの? 南アメリカのジャングル奥深くに住む生き物とは…

【朗報】本田望結ちゃん、めちゃめちゃ可愛くなる(画像あり)


新入社員が「アレ」を持っていないことに驚く!

【驚愕】6時間睡眠を死守せよ 研究データが物語る恐ろしいリスクの数々

飲み会で。A君「これやったら大儲けですよwww」社長「それ面白いww採用ww」→結果…


正直大河ドラマやったら絶対面白いと思う偉人を挙げてくスレ


美人「おばぁちゃん死んじゃった…悲しいよぅ…」自撮りパシャー ツイッターツブヤキー

【中国】イケメンパイロットが、機内をネットでライブ放送 → 大炎上


韓国人「日本の街並みが美しいだと?日本のスラム街を見てもそう言える?」

両親が他界したら「身寄りがないから奴隷にしてOK」と、友人をこき使いまくった友人の元ウトメ&元旦那。リコン時「身寄りのない女が1人でw」友「正看なめんな」→3年後… 他


この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント一覧

1. 名無し隊員さん  2016年04月15日 22:33
久しぶりに感動した
2. 名無し隊員さん  2016年04月15日 22:41
ヘビは穴の中にでもいて尻尾だけ出してるのかと思った
全身出てた
3. 名無し隊員さん  2016年04月15日 22:46
>偶然な進化でこんなふうになったとは思えないな

これ、ダーウィンの進化論に否定的な人がよく言う言葉だけど
たった数世代で一気にこんな変化が起こったと勘違いしてないか?
4. 名無し隊員さん  2016年04月15日 22:53
しゅごい…
5. 名無し隊員さん  2016年04月15日 23:13
これどうやって進化したんだ?
「しっぽを蜘蛛に見せて鳥を釣ろう」っていう知識があったとしても、こんな見事に進化できるもんなん?
6. 名無し隊員さん  2016年04月15日 23:25
>偶然な進化でこんなふうになったとは思えないな

偶然なのは進化じゃなくて変異な。
変異によって「ランダム」に用意されたたくさんの選択肢の中から、その時々で繁殖成功率が一番高くなる選択肢が勝手に残る、という「基準で選抜」されるわけ。
「ランダム」と「基準で選抜」を足すわけだから、結果的に「一定の方向性を示す」のよ。
この、一定の方向性を示すようになること=他と違う形質を有するようになる現象を分化と呼び、分化という呼称では一般の人に分かりづらいし響きが格好良くないから、曖昧な表現だけれどもロマンあふれる言い方である進化という呼称で呼ぶことがある。
7. 名無し隊員さん  2016年04月15日 23:50
※5
>「しっぽを蜘蛛に見せて鳥を釣ろう」っていう知識があったとしても

ヘビにはそんな知識はない。
実際にこの種のヘビがどういう順序で今の形質を獲得したかは知らないが、考え方は下記の通り。
おそらく始まりは、「ヘビの尾の先端を鳥が獲物と間違えて近づくことが稀にある」という状況があったこと。
そうすると、例えば「近づいてきた鳥を捕まえるのに1秒かかる身体能力を有する1匹のヘビ」と「0.9秒かかる身体能力を有する同じ種類の1匹のヘビ」がいた場合、後者の方が生存率が高くなり、その結果、繁殖成功率が高くなるという「不公平」が生じる。
ほんの少しの不公平でしかないが、数百世代や数千世代繰り返せば、後者の一族の方が個体数が多くなる。
同じように、「尾の先端の鱗が滑らかで、獲物に間違えられる確率が100日に1回の個体」と「尾の先端の鱗が前者に比べるとめくれ気味で、獲物に間違えられる確率が100日に2回の個体」がいたとして生存競争をすると、後者(あるいは後者の特徴が出現しやすい後者の一族)が、長い時間をかけると勝つ。
こういった「突然変異によってランダムに用意されたいろんな特徴を遺伝的に持つ個体達が数万年以上の時間をかけて生き残り勝負をした結果」、最終的には>>1のような、「クモっぽい見た目の器官と、動かないでいる間は石にしか見えない体の形や色に勝手に育ってしまって、腹が減るとクモっぽく動かす癖も生まれつき持ち、動かしてる間は何故か尻尾以外微動だにする気が起こらない気性で、鳥が近づいてくると超速で噛みつく癖と能力をもったヘビ」が存在するようになる。
8. 名無し隊員さん  2016年04月16日 00:06
鳥カスまじ無能だな
9. 名無し隊員さん  2016年04月16日 02:09
鏡もないのに擬似する進化はすごいな
10. 名無し隊員さん  2016年04月16日 05:29
>>7
ありがとう、面白い
この手の、偉人の考えの粗をついて上に立った気分になるタイプが気に食わなかったのもあるが、確かにそんな流れで進化したと考えれば納得がいくな。最初の尻尾は豆にでも似せてたんかね
11. 名無し隊員さん  2016年04月16日 05:31
ヘビ×クモ
もはや地獄のクリーチャー泣

コメントする

名前
 
  絵文字