本日の注目ニュース!!

2016年01月28日

生命の起源(Origin-of-Life)の研究。分子は死んでいる…。

5
コメント
lifeoforigin

Origin-of-Lifeスタディとは、人間のパーソナリティを分子(molecule)に帰依させる学問だ。
ポップ文学ではよく見られるテーマだけど、実はこれを信じて研究している科学者もいる。
目に見えないフォームが、まるで工事現場の親方みたいに、複数の異なるパーツをまとめ、構築していく。


DNA

関連記事:DNA損傷の修復や発がん抑制に関わる分子ATMが脂肪細胞の分化を促し、糖代謝を調節していることがわかり。これにより・・・・
 
【82枚】ネットで拾った変なGIF画像貼ってく【大量注意】

禁煙外来のCMでたばこを吸う人は10年寿命が短くなるって言ってたけどマジ?

【科学実験】コーラに漂白剤を混ぜたらどうなるのか…

海外「韓国人は整形をするけど日本人はしないの?」→「外見に自信がない民族w」海外の反応

原発って結局どうすべき?


膜組織(menbrane)が必要?
手始めとして、シンプルな膜を作るのは脂肪酸。
反復子(replicator)
が必要?
このRNAはすごくはないけど、学習することができる。
RNA
タンパク質(protein)が必要?
タンパク質は隕石にもいくらか含まれることがわかっている。

比喩を使ってみよう。
例えば、山くらい高いハードルに囲まれた死んだ走者たちがいるとする。
彼らはすでに死んでいるからハードルを飛び越えたいともレースに勝ちたいとも思っていない。
それゆえ、分子はしばしば「命のかたまり」だと言われる。
分子はハードルを飛び越えてまで前細胞(protocell)に移ろうとする性質を持っていない。 
Origin-of-Lifeスタディの研究者たちが前細胞について明らかにしようとすればするほど、前細胞についてわからなくなっていく。
前細胞は自然に存在する無誘導な力に影響を与えられて働いているのだ。
ダウンロード


この死んだ走者たちが知能的な助けを得ずにハードルを乗り越えられる方法があるとすれば、地震や津波、あるいは隕石の衝突を待つことしかない。
非常な幸運に恵まれれば、最低でも一人の走者は最初のハードルの向こう側に行けるかもしれない。 
でも、その走者に次のハードルを飛び越える意思はない。
彼は欲求を持つことが不可能なのだ。

hurdle

以上が、Origin-of-Life研究者が問題にアプローチできる唯一現実的な考え方である。
分子は死んだものだ。
分子は生きたものになりたいとは思っていない。
ただ単に、化学と物理学の法則に従っているだけだ。
死んだ走者たちが、何か他の強力な影響が関係しない限り、重力に従って地面に横たわったままハードルを飛び越えようとしないのと同じだ。


引用元:EVOLUTION NEWS

 

こちらも読まれております。
【82枚】ネットで拾った変なGIF画像貼ってく【大量注意】

【閲覧注意】男性の耳から出てきたのは、あの虫…

【衝撃映像】ガソリンスタンドで火を使ったら…

【驚愕】路上のオレンジを絶対に踏んではいけない

「パワハラで抑うつになった…退職します」→会社「ふざけんな!詐病だろ!慰謝料1200万円払え!」

【地球ヤバイ】北極の気温が厳冬期平均よりも20度も高い0度~2度に

【朗報】眼球に注射を刺すだけで視力3,0に!しかも効果は永続!

小学生向け危険動物との戦い方マニュアルとかいういい加減な本を手に入れたwwwwwww

韓国人「慰安婦を助けていたのは、むしろ日本人だった…韓国人は何もしていなかった!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



コメント一覧

1. a  2016年01月28日 21:28
何でこういうわけわからん表現を使って自己主張したがるのか謎。
WIRED.jpなんかが近年非常にこの傾向強いけど。
2. 名無し隊員さん  2016年01月28日 21:57
どこからが「生命」なのかは依然として明確に突き止められてないもんな
必要な元素組み合わせても「人形」にしかならない
何がキッカケで「生きだす」のか・・・
3. あ  2016年01月28日 22:25
かがく!
4.    2016年01月28日 22:31
随分回りくどく当たり前のことを小難しく書いてるな
5. 名無し隊員さん  2016年01月28日 22:43
引用元がID論陣の広報サイトという・・・

コメントする

名前
 
  絵文字