本日の注目ニュース!!

2014年12月24日

超薄型、ここに極まり!? 原子一つ分の厚みしかない素材

19
コメント
atom-thick

テレビの薄型化、携帯電話の薄型化に始まり、様々なものがどんどん薄くなっている。
それは小型化とほぼ同一の意味であり、持ち運びに便利であり軽量であり、
かつその分スペースが確保できるので、まぁ、良いことだ。

だがもしも、原子一つ分の厚みの素材ができたとしたらどうだろう。
何mmという世界ではない、ほぼ厚みなんてない等しい、そんな素材が完成したのだ。

 ・・・

 


海外「誇り高い民族だ!」 日本人がチップを受け取らない理由に外国人が感銘

海外「日本に泥棒はいないの?」日本の街中で外国人が財布を落とした結果・・・

「日本人はこのアンドロイド美少女を何に使う気だよだよ‥」 韓国人「日本人が開発したリアルな美少女型アンドロイドロボットをご覧下さい」 【動画】

 ・・・

テキサスのライス大学の科学者たちが開発したのは、
なんと原子一つ分の厚みしかないという素材だ。
しかも単なる素材ではなく、画像などを映し出せる素材だという。

この素材、CISにより、画像データをここに映し出したりすることで、
より完璧に平面に近い画像の映写が可能になるのではないかと考えられている。

こうなると応用範囲は無限大である。
街角のポスターが画像を映し出すようなものになったり、
もしかするとiPadのようなタブレットが巻物のように巻いたり、
折りたたんだりできるようになるのかもしれない。
ラッピングカーなどもよりいろいろな種類が楽しめるようになり、
ファッションにも影響を与えることになるかもしれない。

そしてゆくゆくは、紙のような薄さのカメラのようなものまで
作れるかもしれないということで、いよいよ未来がやってきたな、という感じである。
あなたなら、この素材をどう生かすだろうか。

元の記事:dailymail

*)訳の一部を修正しました。


こちらも読まれております。
韓国人「バスの乗り方で分かる、日本人と韓国人の民度の違いをご覧下さい」 

【閲覧注意】シリアの子供たちの ”遊び” がヤバすぎて話題に

【画像】レクサスで4500万円の車をご覧ください

獣医に教わった 「猫が喜び長生きする良い家」 実際に作ってみた結果www

【海外の反応】 日本軍の東南アジア侵攻は『侵略』だったのか『解放』だったのか

「日本ヤバ過ぎだろ‥」 韓国人「日本で放送されている地上波の番組がヤバ過ぎるだろ」と昇天wwwwwwwww 【画像53枚】

ビルゲイツが出した入試問題。これ解ける奴いんの?wwwwwww

美少女(4)が行方不明→父の執念で12年後に発見も、カウンセリングが必要な状態…

【爆笑注意】 昔のこち亀ってこんな神漫画だったのかよwwwwwwww (画像あり)

【画像】「美しすぎて、選手が集中できない」 とレッドカードを出された美女レポーターがこちら

【愕然】ジェネリック拒否した結果wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

まさに決定的瞬間。世界最大級のコンテストに入賞した写真17選

【閲覧注意】少年(10)原因不明の頭痛→長さ10cmの寄生虫が脳を破壊していた

元寇の神風、本当に吹いた? 米研究者、伝説が事実である証拠を見つけたと主張

衛星「いぶき」で世界のCO2濃度を観測した結果…くっきり浮かび上がった都市は

海外「日本のカタナってさ・・・」刀に対する海外のリアルな反応

【画像あり】女子校の現実ヤバすぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwww

あなたはiPhoneを使いこなしているか? iPhoneを使いこなすための9つの知られざる機能

小学生の女子は怖い!小2の娘が落ち込んで帰宅。訳を聞いてみると...。

【医学】「寝すぎ」がもたらす脳の異変が明らかに
Facebookでシェア Twitterでつぶやく
はてブする
 

コメント一覧

1. まとめブログリーダー  2014年12月24日 23:14
簡単に破れるよね?
2. 名無し隊員さん  2014年12月24日 23:16
原始(げんし)とは、人類の進化および発展段階において一番初期の段階にあると考えられる状態。
せめて直してから転載しろよくそ管理人
3.    2014年12月24日 23:18
※1
ディスプレイ1枚で1分子ならわりと丈夫かもよ?
4. 名無し隊員さん  2014年12月24日 23:35
科学コラムで誤字ってのは痛すぎるよ管理人!
5. 名無し  2014年12月24日 23:44
コンドームでよろしく
6. 名無し隊員さん  2014年12月24日 23:49
ARMSで見た
7. 名無し  2014年12月24日 23:56
紙と同じくらいのカメラとかいらなくね?w
8. ななし  2014年12月24日 23:58
原始が超薄型とか何事かと思ったけど普通に凄かった
9. 名無し隊員さん  2014年12月25日 00:33
最低CIS化合物の説明くらい書いておいてくれよ。
元記事読んだらキャストの薄膜っぽいから原子一層じゃなさそうだけどどうなのよ?
ソニー辺りが歪んだ構造のCCDを発表してるから今更柔軟性を言ってもね…
未だにシリコン系の太陽電池が主流なのと一緒で化合物薄膜系は実用化が難しい
10. 名無し  2014年12月25日 00:35
コンドームかと思った
11. 名無し隊員さん  2014年12月25日 00:35
単分子ブレード…
12. 名無し隊員さん  2014年12月25日 00:56
原子の厚さ一個分でデバイスを作るならグラフェンが良いんじゃないの。
13. 名無し隊員さん  2014年12月25日 00:58
何を翻訳してるんだろう
14. 名無し隊員さん  2014年12月25日 01:01
グラフェンも厚み的には原子1個分と変わらないんじゃないの
15.   2014年12月25日 01:19
大した事じゃないかもしれないけど
ビシッと決めるべきところで誤字とか文法間違いとかがあるとなんか色々台無しだよね
16. ゴンザレス  2014年12月25日 01:26
【大量生産は難しいだろう。】

 「>原子一つ分の厚みしかない素材」とは、実験室では試作品として製作出来ても、大量生産を前提とした商品化となると、欠陥品だらけとなり、商品化は難しいだろう。
 何故なら、原子が一つもない空虚な島が多数出来てしまう恐れがあるからだ。
 これが電気抵抗のように作用して、効率が低下したり、発光素子であれば、発光しない箇所が出来たりするだろう。
 超ミクロなトランジスターがあるべき所に、超ミクロなトランジスターがない、という可能性も生じる。
 極めて、歩止まりの悪い製品となる恐れがある。
 実験室では、試作品が出来て動作が成功したにも関わらず、その後、なかなか商品化が進まない事があるのも、このように大量生産すると、歩止まりが悪くて、生産性や利益率が低いために、せっかく工場を造っても、なかなか市場に製品が出回らない事があるのだ。
 有機発光デバイスを用いたテレビもその例だ。
 脚光を浴びて、いずれ市場に大量に登場すると期待されたにも関わらず、試作品レベルで姿が消えた例だ。
 大量生産技術が未熟なために、歩止まりがなかなか向上しなかったからだ。
 LED電球だって、寿命が短かった物を改良に継ぐ改良で、どんどん延ばして、実用化と商品化に至った。
 部分的に欠陥があっても、発光する部分の面積や体積が欠陥を薄める事で、成功したと言える。
 しかし、「原子一つ分の厚みの素子」となると、わずかな欠陥の存在で、その素子は全部が道連れとなって動作出来ない、最初から壊れている製品となる恐れがある。
 大量生産となると、欠陥品だらけで、歩止まりの向上には大変苦労するだろう。
17. 名無し隊員さん  2014年12月25日 02:41
元記事には
"He said the layer was about two nanometers thick and consists of a nine-atom-thick lattice."
とか書いてあるので原子1個分の厚みではないのでは。
ちなみに半導体では7年ほど前にゲート絶縁膜の厚みが1nmクラスのものが量産されている。
今はHigh-k材料のおかげで実際の厚みはもうちょっとあるけど。
18.   2014年12月25日 03:08
お、原始が原子に直っとるな
管理人GJ
あと「極まり」も「極まる」か「極まれり」にした方がいいかな…?
まあそれは別にいいか
19.    2014年12月25日 13:14
たまっしーのルフ~ラン♪

コメントする

名前
 
  絵文字