本日の注目ニュース!!

2013年11月16日

犬の起源は欧州、狩猟時代にオオカミが家畜化

28
コメント
引用元:ロイター


 犬と人間が親しい関係になったのは、3万2000 - 1万9000年前の欧州でオオカミが狩猟採集生活をしていた人になついたのが始まりとする研究結果を、フィンランドの研究者らが米科学誌サイエンスに発表した。見つかったオオカミや犬の化石のDNAを研究者らが分析したところ、犬の起源が中東や東アジアだとする従来の説を覆す結果が出たという。

013

 専門家らは、食べ残しを求めて集落に近付いたハイイロオオカミが人になつき、護衛や狩猟のパートナーという役割を通じて、親しい友人となっていったという説では一致しているが、それがいつ、どこで起きたかが問題となっていた。今回のDNA分析で、現在の犬の遺伝子と最も近かったのは、欧州で発見された犬の化石や現在の欧州のオオカミで、欧州以外のオオカミとは類似していないことが分かった(下略
2 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 06:29:18.12 ID:hVYClPBV
犬の起源はウリナラだ。

3 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 06:30:51.78 ID:HdN0IrWw
>>2
半島のわけがない。
あそこは根こそぎ食用にしてきたから、サルでさえ現存していない。



4 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 06:31:05.19 ID:eZEeEOv5
欧州って具体的にどこよ?広すぎるだろ。



7 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 06:44:43.25 ID:9FDLu1/D
オオカミなんて世界中にいるんだから、どこか一カ所が起源なわけじゃなく
あちこちで家畜化は起こったんじゃないの?

25 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 07:21:59.64 ID:Ph0dJ9Ee
>>7
そうじゃないって話を>>1はしている。
もしかすると、欧州のオオカミは他のオオカミよりも人に懐きやすい習性があったのかもしれない。

28 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 07:30:55.48 ID:H1K/JOuy
>>25
アハハ、懐きやすい・・・ってことは家畜化に無関係w
人間が襲って来た母親オオカミを殺した後に、残された子オオカミを育てることから始まったんだろうな。
すべての哺乳類(鳥類も一部)に共通する特質だが、幼獣より育てると人間に簡単に懐いてしまう。
38 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 08:02:33.34 ID:Ph0dJ9Ee
>>28
そうじゃないって話を>>1はしている。
子オオカミを育てることから始まっているのなら、欧州から始まる理由がない。
そもそも子オオカミまで人間狩りに参加するとか意味不明。
49 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 09:18:14.22 ID:wwzfSqmu
>>28
北海道ももう少しすれば、ヒグマが家畜化するはずだったんだぬ。



9 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 06:45:22.21 ID:PhmJFaNg
農耕社会以前に家畜化されていた可能性がって、犬の用途なんて狩猟なんだから、
農耕時代以前がデフォだと思ってけど、今まで違ったんかい。

10 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 06:48:09.25 ID:issqY+m7
>>9
今までも農耕以前だってされてたよ。



12 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 06:54:29.50 ID:DlD8eONV
放牧のお手伝いの姿みれば欧州だろ。 



19 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 07:06:51.01 ID:t/S9X8Pm
大神を豊作の神と崇めて、その後色々とあって商人と旅して温泉旅館で落ち着いたんだろ?



20 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 07:09:44.91 ID:tdHX33uO
オオカミなんて人類の影響がなきゃ広範囲を移動しそうな生態だと思うんだけど、
欧州と東アジアでそんなに遺伝的違い出るの?

23 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 07:18:38.83 ID:issqY+m7
>>20
確かに移動範囲は広いんだけど、地域差はある。
欧州でもスペインのオオカミは別亜種扱いだし。



24 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 07:19:26.41 ID:+VXVHUfX
今晩の地球ドラマチックでも見るか。



29 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 07:32:22.38 ID:UtSKeZHp
オオカミがどうやったら犬になるんだ?
遺伝子操作なんかしてないよな。
野犬とオオカミと何が違うん?

30 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 07:37:52.44 ID:issqY+m7
>>29
人為選択でググれ。
32 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 07:42:07.05 ID:UtSKeZHp
>>30
犬はオオカミの一種って事でいいのか?
33 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 07:43:17.98 ID:issqY+m7
>>32
その通り。



40 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 08:26:15.45 ID:3vCQmnSo
オオカミの仔なんて仔犬みたいなものだろうから、
昔の人間が可愛いと思って育てて、以後その子孫がずっと人間と暮らしているってことじゃないの?
シェパードでもドーベルマンでも仔犬のときはもの凄く可愛いよ。



45 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 09:11:45.42 ID:vV+CbcHb
>>40
それもありえそうだね。家畜としてよりペットとしてのほうが先だったという説。
親子二代が人と接触していない環境で育った野犬は人にぜったい懐かないからね。
いまでも犬のその性質は変わっていない。
53 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 09:37:27.83 ID:6KXamIPJ
>>45
家畜として利用は出来ないが愛玩用に飼育されてる動物なんて昔から家畜より種類多いし、
子狼→イヌすらそういう起源だという可能性はあるかも。



41 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 08:27:14.65 ID:6KXamIPJ
>>1にもabstractにも書いてないけど欧州てどこだ?
ウクライナかスペインかじゃ話が全然違うだろ。

55 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 10:02:56.29 ID:HvR0zAgb
>>4
>>41
Researchers gathered DNA from fossils of 18 ancient wolflike and doglike creatures that lived up to 36,000 years ago in Argentina, Belgium, Germany, Russia, Switzerland and the United States.
They compared the genetic material to modern samples from 49 wolves from North America, Asia, Europe and the Middle East,77 dogs of a wide variety of breeds including cocker spaniel, basenji and golden retriever, and four coyotes.

とあるからドイツ辺りなんだろな。



46 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 09:13:01.96 ID:/r16YRbA
別の説もある。
「食べ残しを求めて集落に近付いた」のではなく、羊のように食糧用の家畜として、
育ててようとしていた子オオカミのうち、頭がよくて人の命令をよく理解できるのが飼育されて、
犬の祖先になったという説。

61 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 10:22:06.94 ID:vCRd49ZT
>>46
そっちがいいね。
古代に食べ残すヤツなんていねぇよな。



52 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 09:36:07.77 ID:J0D+qk4Y
犬は現在でも、ある意味狼じゃないか?
親が人に慣れて無いと子供はずっと人に慣れない。



54 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 09:46:56.42 ID:AU1uskzW
イヌは普通にタイリクオオカミの亜種。



57 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 10:15:40.26 ID:rGYipKsH
ロシアで行なわれたキツネの家畜化実験では、十世代・数十年くらいの選択育種で、
攻撃性が弱くヒトに懐きやすいキツネが誕生したらしい。

オオカミを狩ったら仔が居て、殺すに忍びず飼ってみたのが始まりだろう。
多くは成長後に野生化し、逃げ出したり殺されたりしたんだろうが、凶暴性の薄い個体だけ残って
代々飼われるようになった結果、無自覚的選択育種でイヌになっていったんだろう。




ロシアのキツネ実験では百年もかかってない。
無自覚的選択育種では遥かに効率が低かったろうが、それでも千年は掛からなかったんじゃないかな。

90 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 12:32:18.63 ID:vV+CbcHb
>>57
遺伝的に継承される素因の個体差ももちろんあって、
人に懐いて忠誠心を見せるような個体ほど好まれて繁殖されたんだろうけど、
それにもかかわらず、現在の犬が野犬化したときには人に懐かない個体に戻ってしまう現象が起きる。
尻尾も狼のように下げて歩くようになるしね。

だから信じられているほどには犬は犬化していない。
狼と大差ないけれども大半は環境がそうさせている可能性があると思う。



60 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 10:20:06.25 ID:HvR0zAgb
日本の古犬は何年のやつなんだろう。

74 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 11:26:26.56 ID:HvR0zAgb
>>60
9400年前のやつかな?と、思ったがむしろ一番下のやつ
縄文犬(じょうもんけん)は、日本犬の祖先と言われている犬種である。
79 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 11:50:53.61 ID:HvR0zAgb
分岐年代が4万年~5万年前に集中しすぎてるな。日本犬が特殊でワロタ。
ただし>>74である確証はない



64 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 10:37:01.83 ID:CqnQ17lz
ちょっと待て。
オーストラリア原住民のアボリジンが5万年前にオーストラリア大陸に入った時、
既に犬を連れていた事実をどう解釈するつもりだ?

111 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 15:28:10.42 ID:CUCKNgx9
>>64
ディンゴは数万年前の初期移住民と一緒じゃなくて、
9000年前かその後の移住民が連れてきたって説のほうが有力になってるよ。



67 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 10:54:52.33 ID:PcG9+U+G
そりゃ古代はイングランドなどが最先進国だったからな。
ストーンヘンジが作られた時代は、中国やら中東やらは影も形もない。



68 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 10:59:33.86 ID:HgHzSbTo
トイプードルやチワワでも野生に戻せばオオカミに変身するの?



72 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 11:12:59.60 ID:dLB//8WO
むしろヨーロッパに犬種が多すぎたから、狼との遺伝子の相違が沢山あったとかじゃ?



80 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 11:52:33.06 ID:tkSof9TL
なぜヨーロッパにはサルがいないのか

83 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 12:12:06.60 ID:Sv70OPti
>>80
寒いから。
もともと枝葉をやたらと伸ばす熱帯雨林に適応した動物。
85 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 12:16:14.98 ID:4L4anupP
>>80
寒いからじゃね
亜熱帯の森林にいるのが基本だから・・・
例外は日本サルくらいじゃなかったっけ?
107 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 14:42:18.85 ID:GoPOThVG
>>80
日本の下北にいるのが例外で北限。
元々、針葉樹の亜寒帯にいないのでは?



81 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 12:04:09.95 ID:/jNPunha
狼の遺伝子に一番近いのが実は、柴犬だとロシアの声で記事になってたぞ。

86 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 12:20:02.21 ID:Jp6yOWMi
>>81
そのせいか知らんが 「飼い犬に咬まれた!」
と言って病院に来る人のなかで、柴に咬まれて来る人がかなりの割合でいるんだわ。
あれはかわいいだけで飼っては駄目な犬種。




84 :名無しのひみつ:2013/11/16(土) 12:15:13.64 ID:DlD8eONV
ただ間違いなく日本犬の起源は日本狼が狩猟のお手伝いで進化した感じ。
見た目から欧州の犬と違うもんな。 

コメント一覧

1. 名無し隊員さん  2013年11月16日 21:25
バウリンガルで聞いてみよう
2. あ  2013年11月16日 21:29
まぁ!タイムマシンでもないかぎり 確かめようがないな!結局 信じる 信じないはあなた次第じゃねーの?過去の歴史だって 作り話を信じてる事も結構あるんじゃねーの?
3. ku  2013年11月16日 21:34
実は柴犬は狼に近い種類。

ウチのxシープ・ドックはもうちょっと人間よりに改良されている。
4. と  2013年11月16日 21:34
なんか犬種ごとのDNA分析結果あったよね。そこら辺どうなんだろ?
5. 名無し隊員さん  2013年11月16日 21:36
日本オオカミが絶滅していなかったらなんて思ってしまった。
6. 名無し隊員さん  2013年11月16日 21:41
>>45はもしかしてNHKのヤノマミ族のドキュメンタリー番組のことなら
あのサルすぐ捨てたってよw
例がある()って
7. 33  2013年11月16日 21:58
トラとかライオンの家畜化にはどのくらいかかるのかな?
大きい猫になっちゃってるのが結構いるようだが
8. 名無し隊員さん  2013年11月16日 21:58
イヌとかネコを飼い始めた理由はカワイイからって要素も大きいと思うわ
人間が住んでるところによってきたイヌなりネコなりに子どもが勝手に餌あげて飼い始めるところまで想像できた
9. 名無し隊員さん  2013年11月16日 21:59
米2
実際の証拠を基にした仮説とまったく根拠のない妄想は全くの別のものだよ
少なくともフワフワした相対主義で対等扱いできるような関係にはない
10. 名無し隊員さん  2013年11月16日 22:14
原始人は狼を食う目的で狩ったり飼育したりしてたっていうのか?
11. 名無し隊員さん  2013年11月16日 22:24
※8
森の近くでテントみたいな家に住んでた時代だとオオカミは相当危険な存在だったと思うから子供が近付くなんてありえないだろう

それよりも自然発生した弱い種を人間が家畜にしたってことはないのかな?
鶏が先か卵が先かみたいな話になるけど
12. 名無し隊員さん  2013年11月16日 22:36
しかし犬にしても狼にしても、そいつらのボスという立場にのし上がらならなければ、
けっこう悲惨な目に合う。
13. 名無し隊員さん  2013年11月16日 22:37
※10,11
>>1にも書かれてるが

狼の一部が人間の食い残しを漁ることを覚える
→人間が近づいても逃げないものが有利になる淘汰が働く
→ある程度淘汰が進み、人間に慣れやすくなったものが人間に飼われるようになった

というのが今の定説なんじゃなかったっけ。
最初に飼われるようになったのはやっぱり愛玩用だったんかね。
14. 名無し隊員さん  2013年11月16日 23:03
確実なのは
・狙う獲物が被ってる邪魔者
あるいは
・邪魔者であり、獲物でもある

という感覚から、
・こいつと組めば生存率上がるんでないか?
・それに賢いし、なかなか可愛いし

という風に人間の方に意識変革があった事だね。
15. 名無し隊員さん  2013年11月16日 23:13
こういう歴史って、最初を求めるけども「野生動物を家畜化する手法」が文化として広まれば現地調達するんじゃないの?
最初に家畜化した品種は残っていないかもしれないし、途中でオオカミとの混血もあるだろうし。

フグの毒のある部位をどうやって確立したのかも同じくらい謎。
16. jkl  2013年11月16日 23:32
オオカミとイヌの鳴き声が違うのは不思議だよなぁ。
17. 名無し隊員さん  2013年11月17日 06:04
科学ニュース+って、現在、看板ないよね。
Web Archiveでは2006年まで履歴が残ってるけど、それ以降は全く無し。
復活させたいけど何処が窓口なのか分からんよ。
18. 名無し隊員さん  2013年11月17日 07:42
>86が意味わからん...躾の問題ちゃうのん
19.   2013年11月17日 13:11
現存する犬種の中で遺伝的にオオカミに一番近いのは日本犬、既に滅んだ犬種も含めたら欧州の犬になりましたって話だろ
現時点の段階で

更に昔の犬が発掘されればまた覆る可能性もアリアリ
20.   2013年11月17日 20:46
これは欧州の研究者が人類のルーツをやたらと欧州にしたがるのと似てるなぁ。
21. 名無し隊員さん  2013年11月19日 08:43
わっちを家畜化したのが始まりだろ。

縄文犬はバセンジーみたいだな。
22. 科学にゅーす隊  2013年11月19日 17:38
時間的にはバラつきはあるが、狼自体は様々な種(例えば、絶滅した日本狼とか)が色々な場所に生息していたのだから狼の家畜化自体は狩猟が見られる諸地域において、少なからず共存関係としてはあっただろうに。
23. 名無し隊員さん  2013年11月20日 05:02
そんなことはないニダ。
24. 名無し隊員さん  2013年11月20日 10:43
科学板にしちゃえらくレベルが低い議論だな

>古代に食べ残すヤツなんていねぇよな。
俺もこの意見に同意なんだが、別の研究で猫系の論文中に食べ残しの記述があったりもするし、なんだか当たり前のことになってるっぽいんだよなあ。
完全になかったとは言わないけど、明らかに飼料として用意しているのではないかと、小一時間……
学説的には、新人類になって狩りが多様になった時点で、同時多発的に哺乳類を家畜化させたって見る方が自然じゃなかったか。
25.   2013年11月20日 20:25
このコメントは削除されました。
26. 、  2013年11月20日 22:13
ニワトリみたいに、ダイアモンド継承なんじゃないの?
って思う
オオカミとジャッカルとかの。
27. 名無し隊員さん  2013年11月29日 11:13
※29
>オオカミがどうやったら犬になるんだ?
>遺伝子操作なんかしてないよな。
>野犬とオオカミと何が違うん?

交配による品種改良
今ある数々の犬猫の品種だってそうやってできてる。
遺伝子操作なんぞしなくてもフナから金魚など例はいくらでもある。

因みに生物学的には犬とオオカミは同じ学名、つまり同種。
亜種関係まで分かれていなかったと思う。
28. 名無し隊員さん  2014年04月07日 18:01
もっと古くから家畜化されてたのかと思った
人類が石器持って分岐しながら移動してた頃から連れて行ってたイメージだったが、これだと現地現地で調達してたってことになるのか?

他の動物も人の近くにいたろうに、狼→犬だけが起こったってのは狼の元の性質が他者との共存に向いていたからなのかな

コメントする

名前
 
  絵文字