本日の注目ニュース!!

2013年11月10日

アカシア、樹液でアリを奴隷 (糖分依存症) に変える

17
コメント
引用元:ナショジオ


 (上略)互いに利益を得ながら進化してきたアカシアとアリだが、その相利共生の関係(共進化)には、一方を依存状態に追い込む巧妙な戦略が潜んでいたことがわかった。中央アメリカでは、アリがアカシアのボディガードの役割を担っている。雑草を防ぎ樹液を狙う動物から守るアリは、代わりに住処とエサを得る。自然界の代表的な共生関係の1つだ。


 しかし、メキシコのシンベスタブ・ウニダード・イラプアト研究所のマーティン・ヘイル氏は、アカシアの樹液が含む酵素によって、アリがほかの糖源を摂取できないように仕向けられている状況に気付いた。住処と食事を得るアリは、死ぬまで労働を強制されるのである。「受け身で移動できない植物であるアカシアが、活動的なアリを巧みに操っている」とヘイル氏は驚きを語る(下略)
7 :名無しのひみつ:2013/11/08(金) 23:53:55.85 ID:Qvd8MUSd
恐るべしアカシア
てか、やはり植物は動物の上位に位置するんだな・・・
ということを思わせる記事だ。



8 :名無しのひみつ:2013/11/08(金) 23:55:10.68 ID:8/BSWs5W
さすが真っ先に陸に上がって、そこら中で勢力を伸ばしてきただけあるな。
地球上のすべての動物は。植物の支配下にあるといっても過言じゃないな。



11 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 00:06:27.17 ID:6q/v2uIx
人間だって果物食べないと病気になって死ぬよ。

43 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 12:13:39.69 ID:EaMvfUmF
>>11
果物なんて食べなくても死ぬことはない。
51 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 20:43:41.20 ID:87FyDq4r
>>11
具体的になんて病気になるのか言ってみろよ。
52 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 21:07:46.15 ID:v+rbPUvd
>>51
壊血病とかか?
53 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 21:16:58.50 ID:xF2ocy2S
>>52
壊血病はジャガイモ食ってりゃ大丈夫。
そっちの方が壊れにくく含有量も多いし。



13 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 00:28:45.94 ID:cQzkwU0d
人間も乳糖を分解する消化酵素が乳幼児の頃は分泌するのに、
その能力が失われてしまったりするんだよな。

46 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 13:04:36.14 ID:k+trblOd
>>13
そりゃ大人になってもオッパイ吸ってるようじゃ困るからだろ?
大人になっても吸ってる奴は基本的に病気なんだよ。うん。



14 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 00:48:36.26 ID:D0eG1mym
冷たい牛乳は腹壊す。
ヨーグルト無しでは生きられないみたいなものか。



15 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 00:54:50.34 ID:DW+7sqoT
この理屈でいえば、根本的に酸素が無いと生きていけない陸上生物は、すべて植物の奴隷だな。



16 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 01:04:23.62 ID:aqg76JVo
証明はまだで、とりあえず物語を作ってマスコミに語ったわけか。

17 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 01:13:24.88 ID:uTxrUVJ2
途中まで面白く読んだけど>>16だった。
蟻さんパトロールを勧誘する植物は少なくないから、やり過ぎたら嫌われてお仕舞いになるわけで。
続報で何が出るか楽しみではある。




19 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 01:30:52.45 ID:no24W3Wd
生き物って案外自分の意志はあまり働いてないのかもな。



20 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 01:50:32.33 ID:wVyzuMPv
私も酒の奴隷です。
もうこればっかりはどうしようもない。



25 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 04:41:38.91 ID:wwwNmn3n
> 中毒 奴隷 犯人
もっとマシな例えできねぇのかよ。
クスリでもやってるのか?



26 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 04:42:37.59 ID:Rc7RCe/8
こういうのも進化論で説明できるの?
むちゃくちゃ高度な生存戦略だよね。

57 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 21:54:32.79 ID:Q5mqsNda
>>26
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/35/6/35_6_408/_pdf
キチナーゼ自体はカビに対する防御としてどこにでもあル
60 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 22:36:39.47 ID:AFFLjl5c
>>26
難しいね、中間状態が思い浮かばないから。
麻薬的な効果で操ってるなら、また別なんだけど蟻が舐めた時点で死んじゃうし。
蟻に対する防御機構として備えたのか。
昆虫全体に効果が有るかでも変わってくるのかな?
62 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 23:12:55.95 ID:Q5mqsNda
>>60
キチナーゼだけを分泌していたところからスタートでしょ
それ自体は広範な植物に見られるから。
インベルターゼがいつからかと、キチナーゼでアリのインベルターゼが不活化したのはなぜか。
このあたりが焦点。
64 :名無しのひみつ:2013/11/10(日) 00:13:54.39 ID:mkUfFjKN
>>62
何を言いたいのかわからんw
というか焦点がズレ過ぎだろう。
70 :名無しのひみつ:2013/11/10(日) 09:26:39.33 ID:2GIUZZZ9
>>64
アリの奴隷化に
(1) アカシアがキチナーゼを分泌する
(2) アリがキチナーゼを摂取すると消化不良になる
(3) アカシアが消化酵素を分泌する

この3つの要素が必要で、どういう順番か、どういう中間状態がありえたかだけど
(1)はどこにでもあるって話。
71 :名無しのひみつ:2013/11/10(日) 11:42:36.41 ID:mkUfFjKN
>>70
推測の部分を元に議論するのもアレだけど
その順序だと

(1)アカシアの樹液を食べると蟻が不調になる
(2)蟻に強烈な淘汰圧がかかり、絶滅orアカシアを食べなくなる
(3)アカシアを食べると大丈夫になる

という形で非常に不自然なんだが。
75 :名無しのひみつ:2013/11/10(日) 12:17:10.14 ID:2GIUZZZ9
>>71
(2) アリがキチナーゼを摂取すると消化不良になる

これが達成されてない限りそのシナリオにはならない。
まあそうすると

(1)カビ対策その他でキチナーゼが分泌される
(2)ブドウ糖を求める他の共生生物のためにインベルターゼを分泌する
(3)アカシアアリがインゼルターゼ活性を失う

こういうシナリオかなあ。



32 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 08:51:14.60 ID:VcgjI2vk
まるで小麦と人間の関係のようですね。



36 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 10:10:12.36 ID:cAy0yqw8
この前ダーウィンが来たでやってた、イチジクとハチの共生も
不思議というか危うい関係にみえた。





39 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 11:36:33.95 ID:kEgOS7QS
アカシア、いいやつだと思ってたのに・・・



40 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 11:53:56.43 ID:ftnNkQ4O
ソメイヨシノも人間を操って接木させてる感じ。



41 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 12:02:37.53 ID:mtm5nSFq
煙草と喫煙者の関係に近いかな。



45 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 12:41:37.34 ID:8YauYtYx
悪い女みたいな花だな。

49 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 18:38:48.61 ID:d4PTNCvE
アリ 「アカシアの雨にうたれて死んでしまいたい・・・」



47 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 13:54:08.61 ID:NntJ+7WK
キチナーゼみたいなメジャーな酵素で話できるんかな?

59 :名無しのひみつ:2013/11/09(土) 22:26:13.14 ID:SKLZLlJ7
>>47
これはたぶんアレルギー反応だな。
というか、この酵素自体が動物と植物が別れる前の共通祖先に由来するとか面白いな。
人間も頑張れば外骨格を造れるんじゃ無いか?



65 :名無しのひみつ:2013/11/10(日) 00:52:42.15 ID:vEzrGWul
そして蜂のように刺すんですね。



66 :名無しのひみつ:2013/11/10(日) 01:28:50.90 ID:2RVTStFv
日本人は乳糖(ラクトース)を食べるとお腹ゴロゴロする人種。
なのに小学校給食で牛乳が出る。
納豆と白米でも牛乳をと一緒に食べさせる。 
児童は奴隷である。

72 :名無しのひみつ:2013/11/10(日) 11:51:53.99 ID:6sjY5hMY
>>66
毎日飲んでればラクトースの活性はあがる。
74 :名無しのひみつ:2013/11/10(日) 12:06:22.62 ID:AkeMOC/z
>>72
一時期飲まなくなったら、その後牛乳一発で腹下すようになったな。
摂取再開したら、ある程度元に戻ったけど。



67 :名無しのひみつ:2013/11/10(日) 01:37:51.79 ID:lk2MFVei
奴隷とは言うが、別にアリは自由を求めて闘争しているわけではないのだし
食えて子孫が残せるならそれは万々歳なんではないか?



69 :名無しのひみつ:2013/11/10(日) 06:07:41.75 ID:Thu31abT
>>1を読むと、アカシアは意志を持ってるように思える。
持ってるのか?

80 :名無しのひみつ:2013/11/10(日) 14:27:01.65 ID:Q5riNs1p
>>69
植物は不思議だよな。



78 :名無しのひみつ:2013/11/10(日) 13:39:07.44 ID:HDhrdoB6
キャベツだって虫に食われたら食われた部分から農薬に似た虫除け成分を出す訳で
自然に生きているものはみんな何らかの手段で他者に働きかける性質を持ってるってことだねぇ



81 :名無しのひみつ:2013/11/10(日) 16:22:26.76 ID:OiMd7C1m
野菜嫌いだが正解だったか。

84 :名無しのひみつ:2013/11/10(日) 17:05:36.64 ID:HDhrdoB6
>>81
栄養は満遍なく取ったほうが良いんでないの?
昔から身土不二っていうし。



83 :名無しのひみつ:2013/11/10(日) 16:48:59.69 ID:sMifYITT
俺の彼女みたいだな・・・・

コメント一覧

1.   2013年11月10日 20:45
まあ酸素という毒物撒き散らして大量虐殺やってのけた植物さんですし
酸素に依存しないと生きていけなくなっております
2.   2013年11月10日 21:10
ルパンの映画を思い出した!
3. まとめブログリーダー  2013年11月10日 21:17
社畜やないか。しかも住み込みとかw
4. 名無し隊員さん  2013年11月10日 21:55
※3
日本の社畜も糖分依存症に陥れれば死ぬまで労働してくれる可能性が微レ存
5. 名無し  2013年11月10日 21:55
美食神の話かとおもた
6. ニコニコ名無しさん  2013年11月10日 21:59
トリコスレだと思ったのに
7. 名無し隊員さん  2013年11月10日 22:10
アカシアのアーチを抜けて歩いてゆきましょう
8.   2013年11月10日 22:54
このコメントは削除されました。
9. 名無し隊員さん  2013年11月10日 23:58
>>83
彼女の樹液無しじゃ生きられないって?
ふざけんな!
10. 名無し隊員さん  2013年11月11日 09:10
動植物界にはよくある話だけど。
アカシアが美味いもので釣って蟻を奴隷化するとか、ジャンプのしまぶーに追い風だな。
11. 名無し隊員さん  2013年11月11日 10:42
日本人じゃなくても乳糖不耐症になるよ
ケーシーストーナーとか
12. 名無し隊員さん  2013年11月11日 12:57
肝心のインベルターゼが阻害されるメカニズムが分からんのじゃあなあ
ソースにも書いてあるけど、キチナーゼがインベルターゼを
直接的に阻害することは非常に考えにくい
インベルターゼは実は共生細菌由来で、キチナーゼによって細菌が減少するため、とか
そもそもキチナーゼは関係なく、インベルターゼを作らず、
外部から取り入れるアリの方がエネルギー的に有利なので生き残った、とか
の方がまだ納得できる
13. 名無し隊員さん  2013年11月11日 14:41
日本人も米と醤油の依存症だよね
14. 名無し隊員さん  2013年11月11日 19:35
人も植物を利用していると見せかけて依存させられていると
見えなくもないな 向こうには人はなくていいけどこっちには必要不可欠だし
15. 名無し隊員さん  2013年11月12日 13:11
※3,※4
仕事に対する「正統な報酬」が支払われているならば、
「日本」に限らず世界の誰でもそうなるんじゃないの?

俗世から解脱した人ならしらんけど。
16.   2013年11月13日 21:35
このコメントは削除されました。
17. 名無し隊員さん  2013年11月20日 11:23
実際、穀物を人間は大量生産してる。

米・麦・ヒエ・アワ・とうもろこし、これが無いと
基本的に人類社会は成り立たない。

人間は穀物の奴隷といっても過言ではないな。

コメントする

名前
 
  絵文字