本日の注目ニュース!!

2013年10月02日

質量をもたない光子を相互作用させ、結合させて「分子」を形成することに成功?

15
コメント
引用元:WIERD


 ハーヴァード大学とマサチューセッツ工科大学の物理学チームが、光子を結合させて「分子」を形成することに成功した。これまでは純粋に理論上のものだった、物質の状態だ。

light_1-e1380507441567

 (中略)研究チームは、真空室に、金属元素であるルビジウム原子を満たし、絶対零度近くまで冷却した(原子を、ほぼ静止状態にした)。そしてこの原子の雲に、ごく弱いレーザーを使って光子を照射した。原子の雲に入ると、光子はエネルギーを失い、劇的に減速した。ふたつの光子を一度に照射すると、雲を通り抜けて出てくるときに、結合してひとつの分子を形成していた。これは光子が、雲の中で通り過ぎる原子と、エネルギーを交換することによって生じる。
3 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 05:47:24.48 ID:SpkI4yIo
グルーボールのフォトン版やね。



4 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 05:55:23.71 ID:PQf/la3m
すげえ。5番目の相互作用だ大統一理論が捗るな。



7 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 06:21:00.60 ID:cPtHruEL
何力で結合してんのこれ?



9 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 06:37:10.51 ID:ttSabL5Y
良く分からんのだが、ここで言う「分子」って
水素分子や酸素分子などの原子を核とした物質じゃ無くて
あくまで光子が結合した状態、って事?

11 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 06:43:37.32 ID:cPtHruEL
>>9
そうらしい。
素粒子二つがくっついている状態を「分子」って表現してるだけ。



15 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 07:27:19.50 ID:ST7VTPXe
神の方程式に填まるの?



18 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 07:44:06.52 ID:DSI38M6a
ライトセーバーがうpを始めますた。

19 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 07:51:38.95 ID:qrTRzkz1
>>18
これってそういう事なのか?



21 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 07:57:54.22 ID:zlnmQNgT
波の性質としてはどうなるんだろ?
観測すると単体のままなのかなあ?訳分からん。


二重スリット実験



22 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 07:59:58.21 ID:ttSabL5Y
光子が結合、ねえ・・・
誰かニュートン並みの中学生でも分かる解説してくりゃんせ。



23 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 08:05:44.99 ID:TCgfT+Gy
光子結合に近づいたか、マジンガー完成まであと少しだな。



24 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 08:09:32.61 ID:jI22ziYs
宇宙でレーザービーム撃った時の光線が見えるってのは、
光子が結合して減速してるってことだろ。

37 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 11:36:42.16 ID:X6ZUPdad
>>24
あれはアニメの都合じゃないのか?
54 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 14:55:10.84 ID:mRCjzVqH
>>24
見るものの網膜に残ったレーザー軌跡の残像を表現してるんじゃ?
57 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 15:29:45.41 ID:aRCdeMaV
>>24,54
ガンダムの場合は戦争が頻繁に行われているから、真空の場合でも微小なチリ(デブリ)があって
レーザーだとか亜光速のビームが当たると発光して軌跡が線状に見える。




それはそうとコロニーレーザーはコロニーの一端の壁面で発振しているだけで
誘導発振している描写は別にないのでレーザーと言えるのだろうか。



26 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 09:13:04.86 ID:NZ6vIb80
これはやばい。自己相互作用によって基準となる光の波長が変化し、
プランクサイズ以下の微小領域は、こちらから見て小さければ小さいほど広大な時空が詰まっていることになる。
アインシュタインーローゼン橋みたいな構造が スケールの世界にあることになってしまう。 



28 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 09:33:16.10 ID:fjynNINt
ルビジウム原子が光子に質量を与える、新たな場のようにふるまうと言う事か?



29 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 09:38:24.34 ID:Iy4Oum8m
相互作用が発生した瞬間に、質量が発生するのかどうかが気になる。



33 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 10:11:54.27 ID:EOp/tlPO
で、ガンマ線はどうなの?



42 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 12:56:42.35 ID:XJp+ZXab
> 光子はエネルギーを失い、劇的に減速した。
相対論の光速一定の原理に反するだろ。

43 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 13:02:15.88 ID:Nj6QYd2s
「真空中の」 光速度は一定、媒質中では普通に遅くなる。
63 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 18:04:45.70 ID:/Kr3NWDP
>>42
いや、重力同様空間が曲がっただけだろ。
いったい何が原因でそんなことが可能になりうるというのだ?



46 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 13:12:11.11 ID:EYBdHI3b
光子同士の相互作用があるということは、電子同士を衝突できるように
光子同士を衝突させるのも可能ということ?

47 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 13:36:02.44 ID:ttSabL5Y
電子同士って衝突出来るの?



49 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 14:08:31.42 ID:Z3jCF0aD
質量を持った残像か何か?



52 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 14:48:15.48 ID:CFbQgSNr
光子って、あくまでも理論上のゲージ粒子ではないの?
よく分からん・・・



53 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 14:49:29.46 ID:xtGSeOwG
質量を持つように振舞うってことは、理論上は物理盾のような透明バリアや
物理的に切れるビームサーベルみたいのが作れるってことか?

amXLXKd_700b



55 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 15:27:23.80 ID:OHFspkWR
X線かγ線から分子生成?意味が分からんw



59 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 15:38:10.31 ID:jTfMpoOm


光子と光子の衝突実験
quasireal photonは仮想光子のこと?



62 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 17:25:54.86 ID:1JqOS8oW
この記事さぁ、ビームサーベルだけが話題になってるけど、科学的にはどうなの?
ルビジウムをリドベルグ原子にして光を閉じ込めたり、非線形素子で光量子を絡み合いにさせたりするのは、
もはや古典的だと思うレベルで普及してると思うんだけど、光を止めて分子にするというのはありうるの?
何か話題先行な気がするんだよね。



64 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 18:08:42.57 ID:/Kr3NWDP
エネルギーを原子と交換って・・・
原子核のエネルギー準位と?



65 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 18:42:00.76 ID:cgmWCbjw
これ光子準粒子とか、その類だろ。



66 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 19:18:29.83 ID:mPaJaPIh
> 質量がある様に振舞う
結局質量は無いって事なのか?
無から有を作るとかだったら凄いのに。

101 :名無しのひみつ:2013/10/02(水) 10:04:11.52 ID:NVzdMSIS
>>66
ヒッグスの許可がないと質量は持てない決まりになってる。



69 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 20:11:46.38 ID:nzlmI89p
> entanglement between light fields and atoms in quantum superpositions
> of the ground and highly excited (Rydberg) electronic states

abstractによれば、成功したのは↑のエンタングルを作ること。
どうしてこれを光子の分子と呼んでいいのかわからん。



70 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 20:13:27.47 ID:6L9FWyF5
e=mc^2の関係を知っているなら、速度を失った光に質量が生じるのは式の通りだろ。
ただ速度を打ち消す技術が無かっただけ。

71 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 20:22:48.49 ID:AUaNOtYw
アホか。
光の質量は常にゼロだ、運動量は持つけどな。
速度減らすだけなら大気中でも減速するわ。



77 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 22:48:48.89 ID:g4H2a9Hl
正直さっぱり意味が分からん。
これトンデモ記事じゃなくて真面目な記事か?

78 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 22:56:33.21 ID:On6ihvcz
>>77
上見る限り光子-光子の量子もつれを作ったって話だなあ



80 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 23:19:57.59 ID:iFeWL3J0
質量の起源はヒッグス粒子でわかったとしても
重力の起源はまだ分かってないよね?
ないよね?



81 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 23:23:46.92 ID:Nj6QYd2s
重力子(グラビティ)の存在が予想されている。
実際に観測されてはいない。

83 : 名無しのひみつ:2013/10/01(火) 23:53:31.23 ID:ttSabL5Y
>>81
いや。
俺、目のまで爪楊枝落として実地に観測したわ。
重力子。



82 :名無しのひみつ:2013/10/01(火) 23:28:00.94 ID:jNNfMyWB
光と原子がもつれあった状態を保つのに、絶対零度を保つ必要があるのかな。
それでどうやってコンピュータをつくるんだろう。



87 :名無しのひみつ:2013/10/02(水) 03:53:37.04 ID:OzMvXbUo
質問があるんだけど元素って、例えば鉛と銀では、原子と中性子がそれぞれ違うの?
すべての元素で原子と中性子が共通で、その数が違うだけなら、錬金術のように鉛から金を作ることも
不可能じゃないような気がするんだけど。
誰か教えて下さいな。

88 :名無しのひみつ:2013/10/02(水) 03:55:53.00 ID:4DzPsPn5
>>87
可能だよ。コストパフォーマンス激悪だと思うけど。
89 :名無しのひみつ:2013/10/02(水) 04:12:07.48 ID:XENjRt+h
>>87
可能だけど、それをひっぺがしたりくっつけたりするのが死ぬほど辛い
90 :名無しのひみつ:2013/10/02(水) 04:18:06.32 ID:Auft7A14
>>87
核融合とか自在にできる世界なら・・・
94 :名無しのひみつ:2013/10/02(水) 06:12:40.52 ID:OzMvXbUo
>>87だけど、みなさん教えてくれてありがとう。
前に読んだ本で、大量の金が何万年も経つと、鉛に変わってしまうというのがありました。



95 :名無しのひみつ:2013/10/02(水) 06:28:49.14 ID:/8hzOs2h
もしかしてこれ、放射性物質の半減期の存在解明にかかわってくるんじゃないか?



96 :名無しのひみつ:2013/10/02(水) 06:36:49.94 ID:/8hzOs2h
放射性物質を、極低温と高温の間で急速に移動させつづけることにより、
“エネルギーの減衰”を恣意的におこさせ、そのもっている“放射性の性質”を融合させ、最終的に
極小化させることができるとか、そういう仮説も成り立たないか?



97 :名無しのひみつ:2013/10/02(水) 07:01:36.79 ID:6hjfTCeB
俺の仮説。
光は単光子で干渉縞を作る。光分子では作らない。

102 :名無しのひみつ:2013/10/02(水) 11:29:27.12 ID:pDAeYqV3
>>97
面白い。確かにあり得そう。



108 :名無しのひみつ:2013/10/02(水) 15:20:46.16 ID:DPjxlLt9
これは二つの光子のツンデレ状態。
普通の光子はつねにつんつん状態だが特殊な条件でツンデレ状態に陥る。
その状態が外部から見ると、そのエネルギーの偏りによりまるでそこに質量が生じたようにみえるのだな。
問題はその現象が二つの光子でのペア状態でのみ起きるのか集団でも可能なのか、ということだろう。
その際、階層性が生じるかということも問題だろうな。



109 :名無しのひみつ:2013/10/02(水) 17:51:44.08 ID:J9gMGJNu
質量が光になるのを知っているのに、光が質量になる現実を受け入れない池沼が多すぎる。

110 :名無しのひみつ:2013/10/02(水) 17:59:33.25 ID:sQOgAZEa
>>109
対生成してんの?

コメント一覧

1. ku  2013年10月02日 21:04
なんか理論が追い付くのは何時になるかって言う現象だな。

色々とヒント<真実>が隠れていそうだ。
2.    2013年10月02日 21:25
>>109
光が質量になるのと、
光が質量を持つのは違う。
3.   2013年10月02日 21:30
フラーレンてでかい分子を使っての二重スリット実験でも干渉縞できるんだろ?

光分子でもできるんじゃないの
4. 名無し隊員さん  2013年10月02日 21:46
この記事書いた奴きっと理解してないだろ。
光子が運動量を失うって何言ってんだこいつと思ったら
吸収励起放出の繰り返しを運動量の喪失と表現してるんだな

アホカト
5.   2013年10月03日 00:08
重力子ってほんとにあるのかねえ?
加速度と重力が同じなら、加速してる時はどこと重力子をやりとりしてるのかと果てしなく疑問なんだけどどーなってんの?
6. 名無し隊員さん  2013年10月03日 00:44
空間を重力子と考えればいい
いわゆる素領域理論
7.  あ  2013年10月03日 01:47
「飲む光子であ貴女のお肌が光の輝き」
とか出そう。
8.   2013年10月03日 06:04
※6
なるほどわからん

重力子のいらない?ホログラフィ理論の方がまだしっくりする感じ
どっちにしろよくわからんけど
9. 名無し隊員さん  2013年10月03日 09:08
光子同士は普通相互作用しないけど、「特殊な条件下で光子-光子の分子みたいな何かが出来たよ」って話だね。
直角に射出したら、普通はスルーしてそのまま直角に出てくものをくっつけることが出来ましたよってことなのかな。

光を波ではなく粒子のように振る舞わせることが出来た……。面白そうだね。
10. 名無し隊員さん  2013年10月03日 13:38
>>94
どんな本だ、読んでみたいな。
中性子捕獲とそれに伴う崩壊を何度か繰り返さないとならなくなるが。
金は確かに安定同位体が一種類しかないので中性子捕獲しやすいなら長期的には
変質するんだろうけど。
11. 名無し隊員さん  2013年10月03日 16:12
>光子
どうも「みつこ」と読んでしまう…
12. 名無し隊員さん  2013年10月03日 18:53
>>59の図式と同じ相互作用だとすると、原子を媒介として光子と光子をカップルさせて「分子」にしたのか。超伝導のクーパーペアみたいな感じなのかな。
13.   2013年10月03日 22:03
「結合して分子」と言うのが、まだ良くわからないんだが…

偏光フィルターを使うと、ある方向に振動する光だけ、全体からひっぺがす様な事ができるが、これは特定の原子雲を媒質にして、
その逆過程を行ったって事なのかな?

原子雲も極低温の水素やヘリウムだとどうなんだろうね。
14. 名無し隊員さん  2013年10月05日 21:18
相対性理論含む古典物理学だと、光速度は不変だけど、素粒子物理学だと、光子も質量持ちうるから、光の速度は減速すると思うんだが。これをクォークや電子などに応用したのがヒッグス場だろ。
15. 名無し隊員さん  2013年10月26日 17:41
>>21がナイトライダーにしか見えない

コメントする

名前
 
  絵文字