本日の注目ニュース!!

2013年09月30日

世界初の「カーボンナノチューブコンピューター」製作に成功、実動作も

8
コメント
引用元:gigazine


 シリコンウェハーとトランジスタからなる現代のコンピューターの進化が限界に達しつつあるといわれている中、スタンフォード大学の研究チームが次世代コンピューター技術のひとつである「カーボンナノチューブコンピューター」を製作して世界で初めて計算処理を行い、実現に向けて新たな一歩を踏み出しました。



 このカーボンナノチューブコンピューター(CNTコンピューター)の製作に成功したのは、米スタンフォード大学の科学者チームです。研究チームの一人、Max Shulaker氏は「Nature」誌に発表した論文の中で「これは現時点で、CNTを使った最も複雑な電気回路です。これまでにも様々な研究結果は発表されてきましたが、本当に使い物になるかということについて誰も答えを出せていませんでした」と今回の成果の意義について語ります(下略
4 :名無しのひみつ:2013/09/27(金) 22:48:36.31 ID:3M4CHABp
俺の毛より1万倍薄いのか・・・



7 :名無しのひみつ:2013/09/27(金) 23:04:38.20 ID:wl+d8u5u
> 従来の方式よりも5倍近くコンパクトになった。
違和感が・・・5分の1でないのかい?

9 :名無しのひみつ:2013/09/27(金) 23:09:12.69 ID:zvO6H4ys
>>7
コンパクトさが5倍ってことでしょ。
機械翻訳でもたまに見るよ。
12 :名無しのひみつ:2013/09/27(金) 23:22:58.31 ID:L44Fbuyl
>>7
「コンパクトさ」っていうのは「大きさ」の逆数、コンパクトさ5倍は大きさが5分の1。
燃費が5倍良くなった、燃費が5分の1のが同じというのと同じだ。



10 :名無しのひみつ:2013/09/27(金) 23:16:59.49 ID:WUpCztxV
Si>SiC>C
evolution of semiconductor



11 :名無しのひみつ:2013/09/27(金) 23:18:53.14 ID:AY35xx2C
量子コンピュータが見えてきたな。

13 :名無しのひみつ:2013/09/27(金) 23:29:05.67 ID:OT1eZAoX
>>11
これはあくまでノイマン型の進化型じゃない?
21 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 01:52:04.37 ID:PB6jTjqS
量子コンピュータなんかない、幻想だよ。



19 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 01:12:38.74 ID:nwmnXJhm
CNTってもっと研究が進んでたと思ってた・・・というか。
このままバブルメモリみたいな末路になるか、誰かがもっと革新的な技術を考え出すか
いずれにせよ、このままじゃムーア則の破綻に間に合わない。


バブルメモリ

シリコンがあまりにもチップを作るのに向いている物質だから、
ちょっとやそっと性能が高いデバイスを作っても置き換わらないんだよな。



20 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 01:22:13.91 ID:7WusIMqe
消費電力が減るということはクロック数増やせる?
6GHzのi7とか胸熱。



22 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 02:17:30.21 ID:au9Jv+wG
ノイマン型コンピュータである限り、その性能限界は計算ではなく 記憶装置の容量と速度である。
ソフトウエアを実行する性能で決まるのに、ソフトウエア解読実行ではなく 演算部分だけ早くても
ソフトウエアに足を引っ張られるだけ。

外部からソフトウエアである「プログラム」を与える仕組みはチューリング マシンそのもので、
その部分は計算部分ではない。

23 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 02:52:22.93 ID:FGc/H7JQ
>>22
それはアセンブラレベルでプログラミングしないとわからんだろうに。
いまどき、アセンブラする奴なんかごく少数だし、Load命令でフェッチにどのくらい
サイクルかかってStore命令でどのくらいサイクルが必要かなんで。
まあレジスタだけで計算がすむとかなり速くなる。

で、Load命令待ちのときに別の命令をどんどん入れていくんで、
並列化が可能な処理ではあまりメモリアクセス速度は関係なくなる
28 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 05:23:25.33 ID:au9Jv+wG
>>23
おまえが何も理解できていないことはわかった。



24 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 02:53:16.09 ID:FGc/H7JQ
周期表だと
C 炭素
Si シリコン
Ge ゲルマニウム
なんだよな。

30 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 05:38:04.25 ID:+hM+Ns2C
>>24
俺もそこが真っ先に引っ掛かった。
ゲルマニウムも当然シリコンもトランジスタになってた訳だし。
CNTは分子構造の違いで炭素原子だから、シリコンもゲルマニウムも分子構造によっては
半導体としての挙動が変わったりしないのかな?

シリコンは既存の技術で高純度の単結晶が作れているんだし
シリコン分子をCNTのように出来たりしないのかな?
31 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 05:56:01.25 ID:wLKWelTv
>>30
できても、電子の周回軌道が大きいため小型化できないんじゃないか。



25 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 03:17:59.25 ID:FS5MtwEC
> 従来のシリコン・トランジスターと比較して3倍の速度、3分の1の電力で作動するCNT
これってCNT一個の話だろ。電力は減るとしても何万個も集積したら速度は結局変わらん気がするな。



27 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 03:55:46.00 ID:y3Djc63D
これ、ものすごく重大なニュースなんだけどあまり一般の人には解らないだろうな・・・
まあ最大の問題は日本の政治家も解らないってことだけど。



33 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 07:03:20.44 ID:vQAhdJSw
CNTを作ったのはNECの人だけど、これはもうNECには作れないかな・・・
全盛期のNECなら可能だったかもしれないけど。

35 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 08:01:32.33 ID:wLKWelTv
>>33
最先端の微細化プロセスじゃなくとも超低消費電力とか超高クロックなら使い道がある。
まあNECは生産をルネサスに押し付けたから、どのみち作らないだろうけど。



34 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 07:39:17.86 ID:KXJsj/6P
理論的に燃やせるコンピュータができるな。 007の世界で使えるかもな。
超最先端のコンピュータを敵地に持ち込んで、分捕られても安心の心折設計。


ストロボで燃える単層カーボンナノチューブ



36 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 08:28:52.78 ID:url0oIR9
> 予測不能な金属製不純物が発生する確率は30%前後。
30%の動作不良箇所を隠蔽するために 100倍以上の冗長性が必要ということか?
速度や消費電力はともかく、微細化は全然できてないな。

37 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 08:33:23.29 ID:pd3ptzK4
まあそうだろう。
ただ今後改善しないこともないだろう。



38 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 09:05:18.41 ID:DupyLTBX
炭素だけならものっすごい燃えるんじゃないか?電気通しただけでダメな気がする。

39 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 09:18:56.47 ID:wLKWelTv
>>38
パッケージ内に酸素を入れなきゃいいし、熱を逃がしやすいため発火点にも達しにくい。



40 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 09:24:37.62 ID:url0oIR9
>1      178トランジスター
Intel4004 2300トランジスター
Z80     8200トランジスター

この辺は作ろうと思えば作れるんだろうな。


CropperCapture[107]Thumbnail
Intel4004

41 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 09:42:40.99 ID:DWBHAvCm
それらが3倍速くても。



43 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 10:08:25.72 ID:rTSce3Hf
キャッシュメモリを作ってスピードを測定しなさい。



44 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 10:21:41.03 ID:5hiuwDMy
最近アメリカにやられっぱなしじゃん。



46 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 10:51:55.74 ID:9b5Nqmat
まだ10年くらいかかりそうだなw



47 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 12:30:34.44 ID:EdE1eNuI
飯島さんのノーベル受賞にむけて、アメリカ人が尽くしてくれてるようだな
くるしゅうないぞ。

48 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 21:48:06.66 ID:TLbooKKd
若いと思ってたけどググったら飯島澄男、74歳って結構な歳だな。
10年以内には貰えるな。
59 :名無しのひみつ:2013/09/30(月) 19:35:37.31 ID:ZgHdZ6ad
>>48
ポックリ逝って貰えんかもしれんな・・・



49 :名無しのひみつ:2013/09/28(土) 22:28:03.82 ID:gmKdA7X+
ウェーハーの9㎜? そのまま使ってるけど大丈夫かよ。
あれ、ミクロンの塵でも壊れるぞ!



53 :名無しのひみつ:2013/09/29(日) 19:31:33.88 ID:a09nT6qt
わざわざ金使うよりは、コストも安く抑えられていいよね。
実用化が何年先でも研究する価値あるわ。

55 :名無しのひみつ:2013/09/29(日) 22:31:37.24 ID:Xzfoe1a0
>>53
現時点ではCNTって、金よりずっと高いと思うけどな。
遥かに安い製造法も研究中のはず。



54 :名無しのひみつ:2013/09/29(日) 22:18:31.01 ID:4TW2YdsN
日本の大学やら半導体製造装置メーカも、こういう研究開発はしてるのかね?



56 :名無しのひみつ:2013/09/29(日) 23:45:32.03 ID:IcyqeM59
30%も不良があるのにそのまま受け入れて
桁違いの冗長性で動かしてしまう、こういうのは王道じゃないわな。
日本人でこういう方向を実行する人や実行できる環境は、少ないんじゃなかろうか。
思いつく人はいたとしても。



57 :名無しのひみつ:2013/09/29(日) 23:46:57.66 ID:30ApAPMd
量産化されればコストの問題は解決すっかもだね。
とりあえず、作ったってのはすごいな。

コメント一覧

1. 名無し隊員さん  2013年09月30日 22:04
au9Jv+wGの方が言ってることおかしいと思うのは俺だけか?
2. 名無し隊員さん  2013年09月30日 22:11
今のシリコンでももうそろそろ原子何個レベルの話になってるけど
CNTだと「どこが」画期的なんだろうな
その辺がいまいちはっきりしない
3. 名無し隊員さん  2013年10月01日 02:54
CNTの方がグラフェンよりも半導体にしやすいってことですかい。
4. 名無し隊員さん  2013年10月01日 03:38
大きさも性能もSiよりCNTの方が限界値が高いから研究してるんだろう
グラフェンは電子移動度は高いけどOn/Off比が悪いからデジタル回路には向かないという話だ
5. 名無し隊員さん  2013年10月01日 12:01
※2
「原子を横に並べられなくなるから、縦に積み重ねて立てにして並べよう!」だもんな。
6. 名無し  2013年10月01日 14:58
飯島さんはノーベル賞取れる可能性有るんですか?
CNTに利用価値が有れば取れそうですが
7. 名無し隊員さん  2013年10月02日 04:27
飯島さんは明らかにノーベル賞の人種差別の犠牲になってるよね
カーボンで既に2つ賞出てるけど、先発のフラーレンは現状のCNT程度で応用が止まり、CNTより後発なのに実用化待ったなしとか持て囃された勢いで賞持っていったグラフェンは未だに活路が見えてないっていう
8. 名無し隊員さん  2013年10月03日 21:43
名城大学万歳!

by卒業生より

コメントする

名前
 
  絵文字