本日の注目ニュース!!

2013年06月04日

日本の「豆ぶちマウス」が実験用マウスの起源?

23
コメント
引用元:サイエンスポータル


 世界の生物・医学研究分野で使われている現在の実験用マウスは、江戸時代末期にヨーロッパに渡った日本産のマウスと西ヨーロッパ産マウスの交配集団が起源となっていることが、国立遺伝学研究所哺乳動物遺伝研究室の城石俊彦教授らと理化学研究所バイオリソースセンターらのグループが行ったマウス・ゲノム(全遺伝情報)の比較研究で分かった。実験用マウスの成立に関して100年余りにわたる議論に終止符を打つものだという。


 (中略)JF1/Msも森脇博士が、デンマークのニールセン(Nielsen)博士が飼っていたマウスを系統化したものだが、パンダのように白地に黒い斑(ぶち)の入った姿が、江戸時代中期(1787年)に発刊されたハツカネズミ飼育本『珍翫鼠育草(ちんがんそだてぐさ)』に出てくる「豆ぶち」マウスにそっくりなことが分かり、後の遺伝解析でやはり日本由来であることが確認されていた(下略
2 :名無しのひみつ:2013/05/31(金) 23:54:35.81 ID:6hxNn2UU
意外な事実だな。
ネズミに歴史ありというか。なかなか面白いエピソードだ。



3 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 00:04:14.16 ID:hBLRhFuM
それより江戸時代にねずみをペットにしてたのが驚きだわ。

4 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 00:06:02.60 ID:hBLRhFuM
しかもペットネズミ専門書ってw
22 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 19:11:24.48 ID:nuhO1kWw
>>3
むか~しの時代劇では、悪代官のそばにクルクル回る遊具の中でハツカネズミが
遊んでいるシーンがよく出てきた。



5 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 00:06:25.17 ID:dS5T+OdU
今いる日本のネズミは何なんだよ。外来種か?

7 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 00:14:50.33 ID:dgUojKs/
>>5
そのへんの考察は眉唾だからな。
結果だけ受け取ってこっちで独自の考察をするべきでは?
8 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 00:17:17.91 ID:Crr91jhx
>>5
別の系統のマウスだろ。一々言わんと分からんのか?
9 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 00:22:39.50 ID:0wnnU7rI
>>5
日本の血統書付きペットネズミの血統のひとつが
戦前までに途絶えたことがわかってるってだけの話だよ。



6 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 00:07:39.24 ID:pC3pihnL
クマネズミとかドブネズミの立場はどうなるん?



11 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 12:33:29.84 ID:7sZ4GDwM
ハツカネズミ飼育本ってなんだよw

17 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 15:55:08.61 ID:rR3LFGW+
>>11
江戸時代からマニュアル本が売られていた日本てw
21 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 18:33:25.31 ID:6Hfp8I3G
>>11
朝顔の品種改良攻略本「朝顔三十六花撰」(嘉永7-1854)」
ハツカネズミ飼育本「珍翫鼠育草」(1787年に発刊) とか、超マニアックな趣味の本がゴロゴロ。



『養鼠玉のかけはし』春帆堂主人述 安永4 (1775) 刊 2冊のうち下巻



12 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 13:02:41.15 ID:VO2/7U9o
つくづく豊かな社会だったんだなぁ・・・



13 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 13:04:29.28 ID:J5N5elB2
江戸あさがお に 江戸はつかねずみ か。
ペットねずみを飼う習慣は、コレラ騒動か戦中に途絶えたんかね?

14 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 13:10:56.86 ID:eqpWaB+H
>>13
今はハムスターが居るからな。



15 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 13:42:18.22 ID:TxcRswmt!
『珍翫鼠育草(ちんがんそだてぐさ)』 全訳

16 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 14:23:35.93 ID:dJZIIUzA
ちんがんって・・・



18 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 16:01:48.64 ID:UR+W7BEN
シーボルトがオランダへ持ち帰った一品かな。



19 :名無しのひみつ:2013/06/01(土) 16:28:15.81 ID:fJWvJcRY
明治維新まで日本は世界から隔絶した極東の最貧国であったが、農民からの厳しい収奪で一部の
特権的階級は餓死する農民を尻目にネズミをペットにするほど豊かであったのか。

23 :名無しのひみつ:2013/06/02(日) 00:01:42.14 ID:6H1Xs2nF
>>19
マルクスの亡霊か、迷わず成仏しろよ。
24 :名無しのひみつ:2013/06/02(日) 00:16:32.43 ID:4USelc2p
>>19
当時の世界全体から見たら、日本の飢饉はかなり回数が少ないんですがそれは・・・



25 :名無しのひみつ:2013/06/02(日) 01:08:42.59 ID:f+28cw3v!
そが一個足らんような。

26 :名無しのひみつ:2013/06/02(日) 01:17:51.17 ID:6EayK3Z/
>>25
歌舞伎や戯作本のタイトルもそうだが、
こうした本のタイトルには語呂合わせや、当て字で字数を奇数にする事が好まれた。
割り切れぬ数が縁起がいいとかで。だから鼠育で「そだて」と読みを当てたんだろう。



29 :名無しのひみつ:2013/06/02(日) 18:59:49.25 ID:kIoFqush
1850年の世界で貴族に生まれたら英国に、
庶民に生まれたら日本(江戸)に住みたいと米国の学者が言ってた。

コメント一覧

1.   2013年06月04日 12:17
>>19みたいな教育受けたってどんだけじじいなんだ…
カムイ伝が書かれた頃の60才代とか70才代じゃねーの?
もしくは朝鮮学校とか

まあカムイ伝面白いけどね
2. 名無し隊員さん  2013年06月04日 12:38
>ちんがんそだてぐさ
「そ」が一個抜けているよ、と書こうとしたが合っていたでござる。
3. 名無し隊員さん  2013年06月04日 13:00
元禄時代からすでにこんなマニアックな本の需要があったのかw
小動物を飼うことにこんなに歴史があったとは知らなかった
4. 名無し隊員さん  2013年06月04日 13:20
そんなマニアックな本が売れる(=読める人が多数いる)ことの方がびっくりだよ
5. 名無し隊員さん  2013年06月04日 13:35
江戸時代も犬派、猫派、鳥派、鼠派みたいにペット自慢していたんだろうか?
6. 名無し隊員さん  2013年06月04日 14:33
米1
じじいじゃなくてもザラにいますよ。
若いヲタブサヨとか放射脳系ミュージシャンとかw
7. 名無し隊員さん  2013年06月04日 16:04
犬猫はもちろん鼠、金魚、文鳥、兎…
植木盆栽は専用の町(染井町)まであった江戸時代。
8. 名無し隊員さん  2013年06月04日 16:10
飢饉での餓死数も怪しいんだよね
幕府に報告してるのに、藩内の裏戸籍じゃ全然死んでないという
9.    2013年06月04日 16:15
*8
藩にもよるけど、仕事に対して給料が割り当てられてなく
合戦で武勲があったかどうかだったんで、割り合わない仕事が多かった
10. 名無し隊員さん  2013年06月04日 18:12
小さき物やもふもふした物に萌えを感じるのは平安の頃には文章化されてるなw
11. 名無し隊員さん  2013年06月04日 18:28
※8
野生でもドングリとかもあるしね、保存も利くし大量に収穫できるし
栄養価的には玄米に近いし幾らかデンプン状態にして団子にしたりとか
緊急避難的に数年なら繋げそう。
12. 名無し隊員さん  2013年06月04日 19:39
江戸時代は支配者階級である武士と庶民でえらく違っていて完全に別の民族と思ったらしいね当時ユーロからやってきた人らが。
しかも支配者階級側が質素倹約で戒律が厳しくて、庶民はおちゃらけてたという、当時のスタンダードの真逆だったから衝撃を受けたらしい。しかも庶民の庭先で花が活けて有り、こんなのはクエストクラスじゃないとありえないことだった。しかもその花は品種改良しまくりでものすごかった。学問も武家だけに学校造って庶民は自分らで好きにやりなってスタンスで完全に分かれてた。
農村でも高等数学扱われたりある意味楽園だったんじゃないかと思う。武士に対して体に触れたら死を覚悟しないといけなくて、明治に平民にも伝わって体罰なんか昭和ぐらいまでなかった。子育ても男が進んで参加してたからユーロの人間はおったまげたとか。
産業革命が起きなかっただけで無茶苦茶進んだ文化文明だった。だから明治も近代化を結構すんなりできた。当時の人らが賢かったからってのもある。
ほんと凝り性でメモ魔だったんだよね。メモ魔は古代中国からの伝統みたいなんあって記録が残ってるから本当にありがたい。中国は現在残念なことになってるけど。
13. 名無し隊員さん  2013年06月04日 21:37
>>19みたいな無知ってのもすげーよな。
日本史を全然知らない奴なんだろうけどw

※12
江戸の街なんて町民が豊かで武士はからかいの対象ですわw
「切り捨て御免()」も実際には正当な理由があり、届け出が必要で、
理由が正当でなければ切り捨てた側も切腹でさようならっていう
しかも武士階級は町民階級から好かれていなかったので、
当たり前に「正当な理由だった」なんて証言が出るわけもなく、
武士側は町民からバカにされても「ぐぬぬ」で我慢しないとダメって言うねw

あと、世界的な識字率の判定が「名前を書けたらOK」ってレベルの判断だから、
そんなのは江戸時代後期にはほぼ全国の農村まで識字率100%だっていうねw
14. ku  2013年06月04日 23:27
朝顔のマニュアル本は知っていたけど、ねずみまであったのかぁ。

流石当時識字率世界一・清潔度世界一の江戸やでぇ(適当)。
15. 名無し隊員さん  2013年06月04日 23:57
当時の資源・技術レベルで飽和人口に達しちゃったのが江戸時代。で、身長も小型化した。
16. 名無し隊員さん  2013年06月05日 00:38
>>19は皮肉じゃないのか。
17. 名無し隊員さん  2013年06月05日 03:50
ガラパゴスで昔は幸せだったのかー日本
それに比べて最近のガラパゴスJAPANは・・・
18. 名無し隊員さん  2013年06月05日 11:41
※17
今の日本は「ガラパゴス」っぷりを世界に浸透させればいいのに、
何を勘違いしたのが貴方みたいに「ガラパゴスが悪い」と思い込んでいる所。

例えば携帯でネット観たり、写真撮ったり、動画観たり、
音楽聞いたり、お財布携帯だったりは全て
「ガラパゴスwWwwwwwwwwwwww」って言われていたのに、
今のスマホでその機能が無いヤツってほとんどないのよね。

よーするに日本人は「日本で楽しめればいい」って感じできて、
ほぼ完結しちゃっていたのが今までの悪い点であって、
それの楽しみを世界に広める努力をすればいいだけのお話。
19. 名無し隊員さん  2013年06月06日 20:28
狆と色合いがマッチするなあ。
20. 咎兵衛  2013年06月07日 18:23
元禄は庶民文化が花開いた時代だヨ(クスクス

豆腐百珍なんてグルメ本だし、美人画はご町内アイドルのブロマイド、商家の娘が美人画に成ると遊山を呼んで商売繁盛何てステマでショ、数楽なんて高等数学の参考書も有ったヨ
21.   2013年06月10日 16:25
江戸時代にもこーいうもんがあったのかぁ。
つくづく日本人だなw
22. まとめブログリーダー  2013年08月20日 20:06
26たんの博識っぷりにわし脱帽
23. 名無し隊員さん  2014年04月08日 10:56
江戸時代の変人番付で、複数の狸?を買ってた浪人、狸侍みたいなの居なかったかな

コメントする

名前
 
  絵文字