本日の注目ニュース!!

2012年10月18日

「ジュラシック・パーク」実現は極めて困難? DNAの数は時間と共に減少する

29
コメント
引用元:VOR ロシアの声


 発掘されたものから恐竜をクローンするという仮説について、学者らは不可能であるとの結論を出した。オーストラリアのマードック大学の研究グループの報告で明らかになった。


 研究グループは、恐鳥(モア)の骨の結合組織を調べた。モアはニュージーランドにかつて生息した鳥で約600年前にアボリジニによって完全に絶滅させられた。研究グループの調べでは、結合組織におけるDNAの数は時間と共に減少することが分かり、最後の分子は680万年後に消滅する。恐竜が絶滅したのはおよそ6500万年前であり、DNAが残ることはない。
3 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 22:29:05.59 ID:8QWjrfzM
復元したら死人出るだろ不可能で構わん。



6 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 22:35:04.84 ID:Egy1LXYz
複数のサンプルがあれば復元できそうだけど?

8 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 22:37:23.07 ID:AxxKsAbr
>>6
DNAが全滅するならそれが複数あっても無駄だろう。
10 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 22:40:23.88 ID:6Hv2oqk0
>>6
一万種ぐらいのサンプルが残っているから、7000万年ぐらい前の遺伝子は再現できるんじゃね?
膨大な遺伝子の読み取りツールと、解析ツールさえあれば。



9 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 22:38:58.85 ID:Gs2ex3dv
分子生物学がもっと発展すると、外形上の形態から、DNA推定して復元もどき
みたいなことできるようになるんじゃない?



12 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 22:42:48.75 ID:RWthuCT8
もし凍ってたらどう?



18 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 22:58:22.46 ID:tLa0bE6T
動物の外見から遺伝子を推測するプログラムとかそのうち作られそう。



19 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 22:59:53.06 ID:FmcOomEq
再生可能性があるとしたら、卵のなかにあるプロト設計図だね。
あれ、卵の発生から今までの進化の道筋をなぞって形を作ってるから、遺伝子のなかに、
プロト設計図が残っている可能性がある。



21 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 23:04:57.51 ID:5EERz2lF
ゼロの証明は不可能こんなの科学じゃないね

25 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 23:28:07.71 ID:4JMyTBhO
>>21
半減期を調べた確率論の話だと原文に書いてあるけど。
立派な科学ですよ。



22 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 23:05:22.34 ID:QJsmv6nA
仮にDNAが残っていたとして、クローンとか作られても迷惑な話だよな。
寿命がどの程度なのかは知らないけど、クローンを作って卵産んで増えたら奴ら肉食が殆どだろ?
食料はどうするんだ?

61 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 14:42:47.34 ID:D2rPerln
>>22
いや、iPS細胞作って皮膚の色だけ調べることなども可能。



23 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 23:09:28.46 ID:6FUoteGc
恐竜なんてコイツでもう十分ですわマジで。

午後半日ジャンピングクロコダイル・ツアー



24 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 23:18:14.51 ID:DCA0dT/w
適当にトカゲや鳥のを足してみたらどうなん?



27 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 23:30:38.56 ID:1owhYwJc
今の技術では不可能ってことだろう?
それを未来永劫可能性を全否定されてもな。

42 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 00:51:41.76 ID:4cJMyJuE
>>27
今後の技術の進歩で可能になるかもしれんわな。



28 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 23:30:54.84 ID:mHr2ps0+
この記事にあるモアやら、俺の大好きなブルーバックやグリプトドンはいけるんすかね?



29 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 23:33:26.74 ID:fXHCkcDf
DNAなんて足りない部分は、既存の鳥類から類推して繋ぎ合わせればいいじゃん。



30 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 23:35:09.11 ID:EhY+WAoe
これ、細かい説明がないから、ちょっとわからんな。

31 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 23:38:05.96 ID:4JMyTBhO
>>30
乾燥した腐らない環境でも、500年で半減するくらいのペースで自然分解する。
というのが研究の趣旨。
33 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 23:44:01.49 ID:JtKWBGm+
>>31
500年で半減なら、マンモスだって無理だな。
36 :名無しのひみつ:2012/10/11(木) 23:59:16.59 ID:CXgRtjLG
>>33
氷付けだと腐敗じゃなくて、諸々の分解反応そのものが減速するから大丈夫だったのかも。
現にケナガマンモスはほぼゲノムが決定されてるし。
47 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 06:42:03.55 ID:vEX+OYgT
>>36
じゃあ南極で凍り漬けの古生物が発見できたら、再生できる可能性があるのかね?
37 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 00:05:19.84 ID:gRDLeXkd
>>36
っていうか、マンモスって絶滅は数万年前じゃなかったっけ? ついこの間だよ。
39 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 00:23:52.22 ID:JAhlnDkk
>>37
いやこの研究結果だと、常温じゃ500年で半減するペースで分解しちゃうから1万年じゃ
ほとんど残ってないよ。



41 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 00:33:21.24 ID:1eJM03cM
ちなみに使ったのは普通に埋まってた、モア(飛べない鳥)の腿の骨とのこと。

DNA破壊の原因として
> Environmental conditions like temperature, degree of microbial ‘attack’ and oxygenation
を挙げているので、これらが大幅に減少する氷漬けの環境なら、かなり残ると思われる。



49 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 08:15:49.68 ID:y7xyf5OC
マンモスは確か可能らしぞ。
アフリカゾウのDNAの一部が一致していて、マンモスの完璧なDNAは、蚊かなんか虫から
発見された奴で掛け合わせて3代目で完璧なマンモスが出来るらしい。



51 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 11:17:18.33 ID:vZbVtfKG
空気にさらされていた場合だろ。
ジュラシックパークのように、琥珀の中に保存されていてもDNAが消滅するのか?



57 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 13:13:02.49 ID:sy3lrM2P
>>51
水と空気から遮断されて、そのまま埋まって紫外線もカットされてればかなり残るんじゃないか。
ただ残念ながら吸血昆虫が現れたのが生代末期だから、恐竜の血を吸って琥珀に閉じ込められた
蚊そのものがそもそもいなかった可能性が高いらしい。
104 :名無しのひみつ:2012/10/15(月) 14:17:28.72 ID:lYb+Mh9V
>>57
皮膚のかけらがはがれて琥珀に封入された可能性はあるな。
そっちを探そう。



54 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 11:46:15.34 ID:nUNIRzoa
DNAをゼロから作り出せる技術があれば、いつかは出来る気もするけど。

55 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 11:47:20.10 ID:NqEiguE3
>>54
配列がわからなきゃ仕方がない。
60 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 14:29:58.54 ID:KvR2+LdB
>>54
はたしてそれはクローンというのだろうか。



58 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 13:22:12.64 ID:k7qokmrZ
南極の氷の下に恐竜が生き埋めになっているかもしれないぞ。



59 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 14:10:02.75 ID:t36rb2Yp
恐竜は無理でも1万年ちょっと前に絶滅した大型動物群が復活できたら、かなり素晴らしい。
シベリアだと、ケナガマンモス、ケサイ、オオツノジカ、ホラアナライオンなど。



62 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 14:49:34.15 ID:nv2sWVF4
隕石の衝突で大気圏外まで吹き飛ばされた恐竜の死骸がその辺に漂ってないものか

63 :名無しのひみつ :2012/10/12(金) 15:30:29.43 ID:EbSbObOl
>>62
あっても宇宙線でダメになってる。
69 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 21:01:52.10 ID:5rl3ciqY
>>62
火星の衛星ダイモスにあるらしいよ。



67 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 17:22:17.31 ID:n90Yfpjl
DNAさえ見つかれば、鳥類なりワニ類なりの卵に移植して孵化させる・・・できるのかな。

70 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 21:33:13.82 ID:I1vkZHDq
>>67
形と大きさが似てるなら出来るかもな。
でもプロトケラトプスやオビラプトルの卵なんか、薬のカプセルみたいな形だぞ?


オビラプトルの卵



71 :名無しのひみつ:2012/10/12(金) 23:34:21.79 ID:k7qokmrZ
前提がおかしいわなこの説。
特殊な環境下でDNAが保存されている可能性は、ゼロではないだろ。

74 :名無しのひみつ:2012/10/13(土) 15:00:33.23 ID:uGqIHHa+
>>71
例え冷凍保存とか、どんな環境で保存されていようとDNAの成分は経年劣化するので無理。



72 :名無しのひみつ:2012/10/13(土) 01:49:31.42 ID:7c4Qqzkd
オオトカゲが海生爬虫類モササウルスに近縁なんだっけ。
オオトカゲ



73 :名無しのひみつ:2012/10/13(土) 02:08:29.43 ID:vs/qkyZk
化石しかないんじゃ、恐竜っぽい何かを創り出すことは出来ても再現はできないんだな。
ちょっと寂しいな。



75 :名無しのひみつ:2012/10/13(土) 15:31:57.00 ID:GiyMaZwq
月の極クレーターに飛ばされた恐竜肉。
冷凍保存に的していたとしても、宇宙線の問題がクリアできないか。



76 :名無しのひみつ:2012/10/13(土) 16:55:13.10 ID:OpK5NHrh
それにクローンに成功しても、今の地球の重力じゃ生きていかれないぞ。

77 :名無しのひみつ:2012/10/13(土) 17:59:12.48 ID:oGlEGog1
>>76
重力は有為な差はないわ流石にw
94 :名無しのひみつ:2012/10/15(月) 08:05:11.24 ID:cOffTYu1
>>77
でも恐竜は体重が何万tもあって身長だって何十mもあるんだろ?
本で恐竜は体重が何万tもあるので、現代に誕生した途端、自重で即死すると書いてあったぞ。
99 :名無しのひみつ:2012/10/15(月) 12:30:05.57 ID:Lpv1u6yE
>>94
何万t? 何十tが関の山だろ、常考。
100 :名無しのひみつ:2012/10/15(月) 13:14:14.44 ID:Wr90X0rF
>>94
ウルトラ怪獣の本の話は当該板でやってね。



78 :名無しのひみつ:2012/10/13(土) 18:32:19.25 ID:YqO21oP0
人間の復活は可能なのか。
死後、再び自分がクローン化されて蘇ることは有り得るのだろうか。

81 :名無しのひみつ:2012/10/13(土) 19:23:40.80 ID:UaL3qRTF
>>78
遺伝情報はいくらでも記録できるが経験は今の技術では転移できない。
単なる年の離れた双子が生まれるだけ
84 :名無しのひみつ:2012/10/13(土) 20:24:31.52 ID:y7YRWAve
>>81
内蔵がHDDとして経験が記憶されているって説(臓器記憶説)があってだな。
脳みそ無くても体の一部の臓器から情報読み出して死ぬ前の記憶を復元できるらしい。
今の所は単なる仮説だけどな。



83 :名無しのひみつ:2012/10/13(土) 20:16:54.71 ID:GZ1Kzvgo
結合組織以外のDNAはどうなるの?



85 :名無しのひみつ:2012/10/14(日) 07:40:00.00 ID:38FJiJ17
DNAが残っていなくても何らかの形でデータが残っていれば、合成DNAから復元できるはず。



90 :名無しのひみつ:2012/10/14(日) 17:25:33.21 ID:J8dfl1ne
地球上の生物って意外に経年劣化に弱いんだよ、カリウム諸々の物質は年月により劣化しやすいし。
あのクマムシですら数十年から数百年しか持たない。



91 :名無しのひみつ:2012/10/14(日) 17:44:21.45 ID:KhdhqRow
>>90
じゃあ何千年も生きる樹木や、何百万年以上も昔の大昔の活動再開したバクテリアとか
クマムシより強いんだふうん。
97 :名無しのひみつ:2012/10/15(月) 11:38:01.43 ID:gorM38D4
>>91
樹木は生きてて構成物質を循環してるから大丈夫。
静止していて物質の循環が途絶えてる休眠状態のクマムシとは違うだろ。
バクテリアは知らん。



93 :名無しのひみつ:2012/10/14(日) 21:05:11.98 ID:xRE+R3LS
カナダのタールの湖に恐竜が落ちて集まってる場所があったと思う。
寒いとこで似たような事が起こるとか、塩漬けになるとか受精卵を体内に抱えて凍るとか。


オイルサンド採掘中に恐竜の化石を発見、カナダ

コメント一覧

1. 名無し隊員さん  2012年10月18日 21:04
エデンの檻でこういう話やってるな
あっちはそこにウルトラQ的な要素が入ってるけど
2. あ  2012年10月18日 21:21
特攻の拓ジュラ紀編とか昔チャンピオンでやってたな
3. 名無し隊員さん  2012年10月18日 21:37
エピジェネティック云々でどのみちダメなんじゃないのけ
4. 名無し隊員さん  2012年10月18日 21:53
鳥を退化させて、恐竜にまで戻せないかな。
5. あ  2012年10月18日 21:54
ジェラシッコパークが映画で話題になってすぐぐらいにテレビ大阪で昼ぐらいに放送されるって番組欄にあったからわくわくして観たら大昔にやってた同じタイトルの映画だった。サギだわ。むっちゃがっかりした。最初なんか雰囲気おかしいと思いながらもしばらく観てたけど
6.   2012年10月18日 21:56
封鎖領域に恐竜の遺伝子が残されていないものか…

7. 名無し隊員さん  2012年10月18日 21:58
>何百万年以上も昔の大昔の活動再開したバクテリアとか
これはずっと活動してたんじゃないですかね
8. 名無し隊員さん  2012年10月19日 00:53
まだ「昔は重力が遥かに小さいから云々」信じてる人いるんだな
9. 名無し隊員さん  2012年10月19日 00:59
保存状態がどうのこうの言ってる奴多いけど、分子の半減期の問題だから冷凍だからとか関係無くね
10. 名無し隊員さん  2012年10月19日 01:03
おや、俺のうぽってニュースリンクが無くなっているw

ところで、奨学生ブログってどうなったの?
11. 名無し隊員さん  2012年10月19日 01:20
要は酸化させなきゃいいんだろ
まぁそんな還元的環境で恐竜が無くなってるのかが問題だが
12. 名無し隊員さん  2012年10月19日 02:10
あっけらかーん
13. 名無し隊員さん  2012年10月19日 03:07
とーーけぇたこおりのなーーかにー
14. 名無し隊員さん  2012年10月19日 03:21
1994年現在得られいるもっとも古いDNAは1億2000万年前のゾウムシからのもの
http://www.brh.co.jp/seimeishi/journal/006/ss_2.html

半減期ならまだ話の筋としては判るけれども
完全に分解するって眉唾だわな
15. 名無し隊員さん  2012年10月19日 04:52
DNAみたいに分子が複雑なものはよほど特殊な環境じゃない限りすぐ分解するよな
凍り漬けとか個体自体が見た目として残ってるレベルの保存度じゃないと
16. jkl  2012年10月19日 06:36
>>9
そもそも、外形の予測自体が現状じゃ妄想レベルで全くあてにならないんだがw
17. 名無し隊員さん  2012年10月19日 08:26
午後半日ジャンピングクロコダイル・ツアーのワニこええw
18.   2012年10月19日 08:51
アメリカの大富豪がガチでジュラシックパーク作ろうと研究中らしいけど
19. 名無し隊員さん  2012年10月19日 09:14

どうせ本物見たことのある人いないんだから劣化DNAから作っていいよ。
20. 名無し隊員さん  2012年10月19日 09:43
>>72の子供とオオトカゲが可愛い…コドモオオトカゲ…
21. 名無し隊員さん  2012年10月19日 14:14
逆にいうと炭素同位体法より精確に標本の年代が測定できるってこと?
22. 名無し隊員さん  2012年10月19日 15:51
骨やたんぱく質が分解されてる(化石はもちろん成分が違う)のは当たり前 と捉えるなら
同じくらい早くDNAが分解されてるのもまた当たり前
23. 名無し隊員さん  2012年10月19日 17:49
DNA分子はタンパク質なんかに比べればかなり安定性高いよ。それでも半減期500年位というのがこの論文の要点かと。

それにしてもこの半減期って、DNA鎖がどこかしら切れちゃうことをさしてるのかな?
断片的でも塩基配列がわかれば、色々捗りそうだけども。
24. 名無し隊員さん  2012年10月19日 20:31
1000年前のカブトエビだかウーパールーパーが
卵から復活した話があったがあれはいったい
25. 名無し隊員さん  2012年10月19日 20:41
まず500年ってのは何処から出てきたんだ?
引用元の記事にも載って無いんだが
26. 名無し隊員さん  2012年10月19日 21:27
※9
いや、分子の半減期ってなんだよw
27. 名無し隊員さん  2012年10月19日 21:35
 
DNAがなければ作ればいいじゃない。
28. 名無し隊員さん  2012年10月19日 23:08
元ねたの翻訳が悪いのか、DNAの数という言葉の定義が分からない。
分解によって切れる数なのか、完全長のDNA数なのか…
オリゴマーレベルまで分解されていなければ、組織から断片DNAを抽出して次世代シーケンサにかければそれなりに読めそうだけどな。
現生の近縁種の情報と照らし合わせながら完全長DNAを人工合成して、鳥やらの受精卵でES細胞化すればどうだろう?
もちろん現状で恐竜レベルの長さのDNAを人工合成するのは無理があるけど、将来的にはできそうな気がする。
29.    2012年10月20日 23:04
DNAだけ複製できたところで、細胞内の他の組織はどうするんだ?
無理だよ再生なんてできっこない
馬鹿げている
妄想だ

コメントする

名前
 
  絵文字