本日の注目ニュース!!

2012年10月05日

温泉をくみ上げない地熱発電  室蘭工業大とグンゼが開発中

90
コメント
引用元: 読売新聞


 地熱発電はこれまで、火山の地中で噴出する熱水や蒸気を使ってタービンを回し、発電してきた。しかし、熱水などをくみ上げると温泉の湯量の減少につながるとの指摘があり、一部の温泉地からは「地熱発電は温泉に悪影響を与える」と、心配する声が上がっている。


旧地熱発電


 両者が開発する地熱発電は、地上から地中へ水を注入して地熱によって熱水に改める仕組みだ。熱回収には室工大の環境・エネルギーシステム材料研究機構(機構長・香山晃特任教授)とグンゼが開発したセラミック複合材料を表面に巻いた二重構造の管を使用している。セラミック素材は1600度の高温に耐えられ、地中深くの地熱の高い場所で長期間、安定的に運用できるという(下略
5 :名無しのひみつ:2012/09/17(月) 23:40:44.70 ID:0cbNEAsK
水量が変わらなくても熱量は減るだろ?ぬるい温泉なんて誰が入るんだよ。
あ、そうか電気温水器で沸かせばいいんだ!

33 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 00:34:14.84 ID:BsGcjc2k
>>5
まさか、温泉水全てが入浴に適した温度になってるとお思いか?
クッソ熱いのは埋めるなり冷やすなりして給湯してる。
38 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 01:12:17.22 ID:acWsQLzi
>>5
お前な、九州の温泉をなめるなよ。
冗談抜きで、泉量は九州だけで日本の3分の2ぐらい。
そもそも温度が高すぎて普通は、冷やして使ってんだよ。


6 :名無しのひみつ:2012/09/17(月) 23:41:59.51 ID:XTzD2Waf
室蘭なら登別でやればいいのに。


7 :名無しのひみつ:2012/09/17(月) 23:43:47.54 ID:zNoh6hdp
>>6
当然、拒否されたんだろ。



8 :名無しのひみつ:2012/09/17(月) 23:45:15.20 ID:bdfRNEFW
要は原発発電と同じ考えなんだな!

60 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 09:27:00.45 ID:uUV5/plb
>>8
ていうか地熱の大元は地球内部にある大量の放射性物質の崩壊熱だからな。
連鎖反応と崩壊熱という違いはあるが、極論レベルの広義では地熱も原発の一種とも言える。



9 :名無しのひみつ:2012/09/17(月) 23:46:17.78 ID:5nGuV6in
発想が面白いGJ

124 :名無しのひみつ:2012/09/20(木) 19:07:06.53 ID:zknnfYSP
>>9
結構昔からある技術。
実用には高温高圧に耐える配管とその埋設技術の確立が課題だったかと。



10 :名無しのひみつ:2012/09/17(月) 23:46:23.72 ID:psBD7Cuz
熱交換して発電まで持って行くのに、どのくらいの水量が必要なんだろう?
ちょっとググってみたら、この新しいセラミック複合材料で中型ロケットエンジン用の
全セラミック・スラスターノズルとか作ってるのな。

http://www.muroran-it.ac.jp/syomu/saizensen/oasis/index.html

中型ロケットって何なんだろう?イプシロン?GX?
形状見たらあかつきのメインエンジンノズルに似てるんだが。

27 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 00:07:27.61 ID:3rRcKqQ0
>>10
SiCSiC複合体とキャプションにあるが、SiC繊維で編んだ躯体の隙間をCVDで埋めて
気密性を付与したもののように見えるが・・・



11 :名無しのひみつ:2012/09/17(月) 23:47:01.34 ID:pIOkw2eu
これって結構すごいんじゃない?
地熱があるところに山ほど刺してじゃんじゃか熱を吸い出せるってことでしょ?
ほとんど無尽蔵に。



15 :名無しのひみつ:2012/09/17(月) 23:53:15.01 ID:iWcYT1AE
沸点の低い物を使うバイナリー発電化すれば、全国各地で出来そうな予感。



18 :名無しのひみつ:2012/09/17(月) 23:55:51.57 ID:KMxIbiBy
水を送り込むポンプの消費電力の方が、発電量より多いとかいうオチは無いよな?

21 :名無しのひみつ:2012/09/17(月) 23:58:46.47 ID:M4pIHbav
>>18
重力があるだろ!
神戸大学ならそう言うと思う。



20 :名無しのひみつ:2012/09/17(月) 23:57:56.98 ID:IdwgMIXC
閉鎖系でやるんだ、管を埋める?



23 :名無しのひみつ:2012/09/17(月) 23:59:22.87 ID:xFotL7V6
海底にだって温泉あるんだろうからそういうところ掘ればいいのにね。




24 :名無しのひみつ:2012/09/17(月) 23:59:28.54 ID:9CMzwV1r
俺これ前から思いついてたが、つーかエンジニアなら誰でも考えてたはず。
地中深くに熱交換器を設置するようなもんだから、物理的に難しいんだろうなとは思ってたよ。



25 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 00:01:34.38 ID:JGZZcevk
高温岩体よりこっちのほうがいいな。



28 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 00:14:45.52 ID:uBCk+T6m
っていうかセラミックって熱伝導率悪いんじゃね?
水を送り込んでもお湯にならない → 管をたくさん掘らないとだめ → コスト増大ってならない?

146 :名無しのひみつ:2012/09/28(金) 22:42:47.74 ID:xd2pEdOO
>>28
セラミックってどんだけ種類あると思うんだ。



31 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 00:16:08.09 ID:q5c6VfDZ
「弱地熱発電」って感じか。えんじゃね。



32 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 00:28:11.97 ID:r92PdA+i
配管や設備一式、目詰まりしなくなって腐食もしないならすごくリスクが少ない発電方法になるぞ!
エネルギーの塊の日本列島の底力見せてくれよ。



35 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 00:42:31.30 ID:3EzGsK0+
大分には湯布院もあるし、今後楽しみだな。



36 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 00:56:25.25 ID:tpT/X+C/
相変わらず大分は積極的だな、そのうち産業化して発展するんじゃね?



37 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 01:04:05.94 ID:8d86bVdn
使用済み核燃料地中に埋めて発電でOK
地熱ってほとんど放射性物質の崩壊熱だし。



43 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 01:46:47.95 ID:y8SJE8fg
>>37
放射脳はケルビン卿以前の骨董品だから、そんなの知らずに騒ぐんじゃないか。



39 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 01:16:00.45 ID:n7QnHIXW
温泉関係者って科学的な話が通用する奴らなのか?

41 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 01:28:25.69 ID:acWsQLzi
>>39
実際通用しなかったし、雇用を作り出しにくいから、地熱発電が発達しなかった。
要するに作っちゃえばかなり安く出ずっと電気作ってくれちゃうので既得権益が生まれない。
本当は日本にとって素晴らしい事だけど、それを嫌う人たちが多いのさ。



40 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 01:16:38.71 ID:acWsQLzi
核燃料じゃねえよw マグマでの地熱と核燃料と一緒にするなよ。
原子力と同じで安定高出力ってのが地熱発電、原子力にとって変われるのは地熱だね。

74 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 16:03:57.25 ID:bG/TEIPK
>>40
そのマグマの熱源の大半は、天然放射性元素の崩壊熱なんだけどな。
地熱発電は天然原発みたいなもんだ。



42 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 01:44:51.23 ID:ZC6/YROD
当然熱効率は悪くなるな。
この熱効率がいくらになるかが問題。
40%は絶対にいくまい。



45 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 01:59:50.81 ID:i97+5T5Q
DCHEか。



47 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 02:15:46.39 ID:UgsLHgXd
なんで別府なんだよ。
登別で発電して室蘭製鉄所で使えよ。



50 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 05:41:56.48 ID:RRSPMvJx
これはなんでやらないんだろうと思っていたぞ。
熱媒体を循環させるコストが、得られるエネルギーを上回るからだと思っていた。
電気だけじゃなくて暖房にも使えるだろうし、雪捨場の融雪にも使えるだろう。
応用は広いと思う。



51 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 06:01:45.90 ID:urm5iPUt
ポンプ使わなくても水タンク付けて、高圧側と低圧側にバルブ付ければ入れられるな。



52 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 06:34:03.32 ID:VU3I2wKH
次は雪を使った発電をお願いします。雪が売るほどあって難儀してます。


53 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 07:10:29.07 ID:EON2o5OA
>>52
復水器に雪投入すれば効率上がるな。



54 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 07:11:45.19 ID:2qBVUzIM
温泉が出たのに温泉街にしないとか効率悪いな、同線脈を使うのも駄目なんだろ?
周囲に温泉が使われて折らず、かつ掘り当てるとか難しい話だ。



55 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 07:15:36.52 ID:KPUhV4xx
要は休火山帯にハリネズミのように土中深く熱交換器を埋め込むんだろ?
小規模な地震でも起きたら一発で使えなくなりそうなんだが、そのへんどうよ?



56 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 07:17:50.62 ID:kkUuNNhW
ペルチェ素子で発電すればよくね。

57 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 07:19:17.41 ID:2qBVUzIM
>>56
双方同じ温度になったら電気が発生しなくね?
放熱側どうするんだ、空冷じゃ間に合わないだろ。



58 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 08:53:53.18 ID:++Nuwqy2
大量投入して活火山の熱を奪っていけば、地殻変動リスクも減っていいかもしれないね。
マグマを冷やしきるほど発電機を増やせるとは思えないけど。



61 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 09:28:10.38 ID:MNYgXykq
地震とか津波が来ても大丈夫なのかね。

63 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 09:39:23.73 ID:1NnoKIiU
>>61
それらより原発利権組の妨害が。
77 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 21:14:37.28 ID:2qBVUzIM
>>63
再生エネルギーに群がった利権は良いのか?
おかげで電気代跳ね上がるぞ。
78 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 21:18:03.91 ID:yBpfm/9i
>>77
「再生エネルギーに利権はきれいな利権」とか言いそう。
基本それ系だから。
64 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 09:50:52.10 ID:c/L6nUzm
>>61
発電所が壊れてもどうってことないだろ?



66 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 10:00:57.43 ID:qrbGF6FT
研究開発関係者は別として、末端で働く原発関係者は地熱に移行できるんじゃね?
熱源が原子力か地熱かだけの話しだろ?

68 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 10:21:10.42 ID:QfdvZhfq
>>66
その安全過ぎて燃料費がかからないのが、原発産業が地熱を敬遠した理由なんだろう。

原発は、
・ 環境アセスメント
・ 炉の研究開発や建設
・ 莫大な量の配管の敷設
・ 定期検査要員、保安要員
・ ウランの濃縮
・ 核燃料の製造
・ 放射線検査
・ 核廃棄物の管理
・ 地元への振興費

など、膨大な額の費用が使われ、膨大な量の雇用が発生する。
それに対してこのDCHEは、井戸を掘って地上のタービン発電施設を建設したら
もうそれでほとんどノーメンテナンス。太陽や風力みたいに電力変動も無い。

燃料もいらないし、配管がスケールでつまる事も無い。
危険じゃないので保安要員も必要ない。



70 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 11:20:24.43 ID:n3if1JYT
温泉の腐食に耐える素材なんて有るのか?
数年ごとに交換が出来るのか?

71 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 11:43:04.05 ID:QfdvZhfq
>>70
いや乾燥した(温泉ではない)高温岩体に穴を空けて底を塞いだ二重円筒管を埋めて
二重円筒管の外側の管に高圧注水して、地下の熱交換部分で高温高圧になった水を
二重円筒管の外側の管から抽出する。

なので抽出される水は地上から注入したきれいな水で地下の岩盤とも全く接触しないし、
地下の岩盤を汚染する事もない。抽出された蒸気は覆水器で再び水に戻され再注入されるが
一部を入浴や温水プールに使ってもいい。

加圧するのは加圧しないと水の温度は100度を超えないから、50気圧まで上げれば沸点は
250度になるので地下の高温の岩盤を冷たい水で冷やさず、
また抽出される蒸気温度も高温に出来る。



72 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 11:59:36.85 ID:K0MN5JQc
火山帯で地熱発電やらないのは不経済だよな。
まあ不経済で高コストだから、色々美味しい思いが出来る連中がいるというのもあるが。
でも、その美味しい思いのしわ寄せは国民に来るからな。

73 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 12:28:23.44 ID:ZuLfqV4C
>>72
地熱自体が不経済なんだよ。
掘るのにエネルギーを食う上に集める効率も悪く、地下のことだけに当たるかどうかわからない。
これが理由で普及してこなかった。

世界2位のフィリピンでさえ、日本の地熱の4倍程度 (日本の大型水力ダム1つにも及ばない)
インドネシアは国が地熱を推進するが、リスクは掘る側の自己責任で、となっている。
80 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 21:55:49.36 ID:ANUmQN56
>>73
まあでも、核燃料処理と事故被害のコストが天文学的な原発よりは安いわな。



76 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 19:12:47.49 ID:Qx4IBX6X
直ぐ実用化できるとは思わないが、研究するのはいいことだ。



81 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 21:59:44.10 ID:ANUmQN56
ちなみに、地熱発電所はどこも掛け流しではない。始めっからな。温泉との競合も無い。
正しく詳しい知識が欲しい方は、

原発大国から地熱大国へ

ゲスト:村岡洋文氏(弘前大学北日本新エネルギー研究所教授)

82 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 22:09:08.21 ID:YgmI+QAC
>>81
原発は絶対安全と同類の胡散臭さだな。



84 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 22:19:28.32 ID:al2mkK3d
地熱はポテンシャルも大きいし、これから技術開発の余地もありそうだな。
工学系の人材を原子力工学系からこっちに再配分すべきだよ。



87 :名無しのひみつ:2012/09/18(火) 23:32:00.20 ID:yhjolb1U
温泉じゃない場所を掘ればいいのに。
蒸気が出るのが確実だから、温泉の下を掘るんだよな。
しかも復水した水を埋め戻して温泉の湯量には影響がないとか言い出すし。
偽装温泉かよ。



89 :名無しのひみつ:2012/09/19(水) 00:18:21.14 ID:nAunSkB+
マントルに発電機ぶちこんで、さっさと永久機関造れよ。



92 :名無しのひみつ:2012/09/19(水) 00:51:11.47 ID:bXQjMG3L
今まで地熱発電で温泉が枯れた事はない。
これ豆な。

140 :名無しのひみつ:2012/09/27(木) 07:09:45.07 ID:tuWbhwsX
>>92
そりゃ温泉は10~300メートル
地熱は数百~千数百メートルで全然泉源が違うもん。
141 :名無しのひみつ:2012/09/27(木) 08:09:16.90 ID:3KJnWLMl
>>140
昨今の都市型温泉は2500mとか掘ってるよ。



93 :名無しのひみつ:2012/09/19(水) 00:52:32.15 ID:2wYyAvKU
地熱発電開始したら近くの温泉地で温泉でなくなったりしたけど、
因果関係証明できないから、今まで地熱発電で温泉が枯れた事はない。

94 :名無しのひみつ:2012/09/19(水) 01:35:02.39 ID:VMSoohHp
>>93
枯れたら枯れたで開き直って発電しまくれば?



95 :名無しのひみつ:2012/09/19(水) 01:52:22.02 ID:XIjlo2S/
枯れたら井戸掘って出た水沸かせばいいじゃん。

97 :名無しのひみつ:2012/09/19(水) 02:02:51.81 ID:oIaZnJ7w
>>95
それは「温泉」ではないので、温泉地は地域丸ごと死ぬ訳で。



99 :名無しのひみつ:2012/09/19(水) 02:18:08.86 ID:XIjlo2S/
何なら鉱泉とか何とかミネラル泉とか言えばいいじゃん。
どうせ温泉なんて湯元以外は沸かしてるんだろ。



100 :名無しのひみつ:2012/09/19(水) 02:22:13.75 ID:1zQkQvDV
図見たらすげーシンプルで、むしろ今まで無かったのが不思議なレベル




104 :名無しのひみつ:2012/09/19(水) 02:55:01.69 ID:HabNjDqK
マグマ発電だな、ついに来たか。



109 :名無しのひみつ:2012/09/19(水) 15:19:10.77 ID:d/D8RsuO
縦に長い熱交換装置か。
加圧水なら沸騰させずに加熱できるもんな。



126 :名無しのひみつ:2012/09/25(火) 20:01:53.42 ID:dhnCx6kh
海底火山とか火山口に突き刺したらダメなの?

128 :名無しのひみつ:2012/09/25(火) 20:14:13.06 ID:ELfae7ew
>>126
おまえが福島の使用済み核廃棄物を簡単に回収して帰ってこれたら
そういう危険なことも出来るんじゃね?



127 :名無しのひみつ:2012/09/25(火) 20:06:29.07 ID:jR55UIjn
メンテのしやすさというものも考えねばならんでな。



129 :名無しのひみつ:2012/09/25(火) 21:08:58.13 ID:IsaV4A+l
地熱の代わりに地下核爆発(水爆)の熱を使えば、夢の核融合発電ができるな。

130 :名無しのひみつ:2012/09/26(水) 01:51:21.98 ID:4b8V78Z5
>>129
一定温度で長時間燃えてくれないと意味ないだろ。



131 :名無しのひみつ:2012/09/26(水) 02:19:17.40 ID:xXIj3Oqz
使用済み核燃料を一か所に集めて、崩壊熱で発電すれば良いんじゃね?
難燃オイル漬で300℃位の温度維持するようにして。

132 :名無しのひみつ:2012/09/26(水) 02:34:27.66 ID:4b8V78Z5
>>131
オイル自体が放射化するから却下。
高温ガス炉型高速増殖炉でリサイクル解決したいところだな。
133 :名無しのひみつ:2012/09/26(水) 02:43:31.75 ID:xXIj3Oqz
>>132
それ言ったら水も放射化するじゃん・・・
まあ密閉空気で300℃位維持するようにして発電でも良いと思う。

弁開くだけの空冷で緊急時は冷却OKって形で、燃料棒の形でもガラス固化体でも
どっちでもまだ連鎖反応させなくてもエネルギー取り出せそうなのに。
エネルギー投入して冷却続けるとか馬鹿みたい。
134 :名無しのひみつ:2012/09/26(水) 02:51:08.11 ID:4b8V78Z5
>>133
水じゃなくてヘリウムの高温ガス。
135 :名無しのひみつ:2012/09/26(水) 02:52:55.44 ID:4b8V78Z5
>>133
商用電力として発電できるほどの熱量じゃないからな。

コメント一覧

1. 名無し隊員さん  2012年10月05日 21:18
>しかし、熱水などをくみ上げると温泉の湯量の減少につながるとの指摘があり、一部の温泉地からは「地熱発電は温泉に悪影響を与える」と、心配する声が上がっている。

この意見がそもそもおかしい。
アイスランドでは、発電して要らなくなった温泉をそのままプールに入れて、いつでも誰でも入れる温泉プールにしている。
そういうように再利用すればいいのに、なんで発電した後は捨てるという前提で言うのか不思議でならないんだが。
2. 名無し隊員さん  2012年10月05日 21:20
地熱資源利用者の組合つくって利益山分けすりゃいいじゃん
3. 名無し隊員さん  2012年10月05日 21:56
さすがMITや
4. 名無し隊員さん  2012年10月05日 22:04
温泉を水でさまして入浴するようなところならそれをエネルギーとして再利用しないのか?
それが一番簡単そうだが。
5. 名無し隊員さん  2012年10月05日 22:11
地震で地下の配管が断裂したら復旧が大変そう
6. 名無し隊員さん  2012年10月05日 22:11
どうせ汲み上げているのだから、発電に利用した後に温泉に回せば良い。
風呂に使うお湯の温度が問題なら、高温のお湯と混ぜて適温にすれば文句は言われないでしょう。
7. 名無し隊員さん  2012年10月05日 22:19
なんで放射脳の方々が湧いているんですかね・・・温泉だけに・・・
8. 名無し隊員さん  2012年10月05日 22:31
>>5
草津の湯の花はどこでどうやって採るか知ってるか?

>>99
っ温泉法

※6
発電に使うのと温泉水は使うところが違う。主に深さが。
9. 名無し隊員さん  2012年10月05日 22:39
別府市内であっちこっちから湯気が立ってるのは、熱すぎるお湯をわざわざ冷ましてるからなんやで。源泉によっては100度を超えるところもあって、もちろん圧力も高いから勝手に吹き出て来る。あれを何かしらに使わんのは持ったない話やと小学校の頃から大阪人のわしが言うとるんやけどナ。独り言で。
10. ku  2012年10月05日 23:05
まぁ、技術と法律はなんとかなった。
あとはバイナリー発電とセットで商用化していくだけだ(気が早い)。

11.   2012年10月05日 23:17
このコメントは削除されました。
12. 名無し隊員さん  2012年10月05日 23:31
アツアツ人工温泉ですか
どれぐらいかかるのかな?
13. あ  2012年10月06日 00:03
だよなぁ
家では選択に使ってる。洗剤は環境回復させる特殊なよくワカラン奴使ってるし。金魚鉢に入れたら金魚が元気になるやつ。どっかの島浄化したとかしないとかって洗剤
14. あ  2012年10月06日 00:05
このコメントは削除されました。
15. 名無し隊員さん  2012年10月06日 00:33
研究開発に力を入れれば、原発以外にもそこそこいける技術は
出て来るんだよなー
今までは全部握りつぶされてただけで。
16. 名無し隊員さん  2012年10月06日 00:49
地方にいけば維持するだけで精一杯の赤字温泉がゴマンとあるんだからどんどん地熱に使っちゃえばいいのにと思う
17. 名無し隊員さん  2012年10月06日 01:22
米1
これまでの風呂用とは量が違うから地下水自体が枯れてしまう心配じゃないの?
アメリカの地熱発電所で創業から水量が減って当初の発電量が得られなくなったというケースがあったはず。
この発電所には日本の企業がかなりかかわっているようだから情報はしかるべきところにあると思う。

アイスランドは人口が30万人くらいしかいないから参考にならないと思う。

18. 名無し隊員さん  2012年10月06日 02:05
*15
まあ、今まで化石燃料が安かったんだししょうがないよ
19. 名無し隊員さん  2012年10月06日 02:58
地熱、火力、原子力
どれも考えてみれば
発電するのには
蒸気機関車と変わらぬ
水蒸気を利用してるんだな

だれか画期的な発電形式を発見してくれ!



20. 名無し隊員さん  2012年10月06日 03:42
ちなみに香山先生の専門は原子力
21. 名無し隊員さん  2012年10月06日 07:41
原子力ムラによる妨害がーとか単なる陰謀論じゃん
22. ななし  2012年10月06日 08:12
東電その他の力が弱っている今こそ新エネ開発のチャンス。
電力足りないとか値上げだとか自分で煽ってるから逆手にとって易くて安定供給可能な
電源開発がんばらないとダメダ。
23. 名無し隊員さん  2012年10月06日 08:51
CPUの空冷とかにつかってるヒートパイプみたいな感じか?
断熱性とか破断の耐性とか…素人が考えるようなことはもう検討済みなんだろうなあ

# とりあえず放射脳と中韓陰謀厨は消えて欲しい
24. 名無し隊員さんε  2012年10月06日 09:59
地下水(温水)を汲み上げないから温泉に影響無いとか、短絡的にも程が有るんだよな。
水を汲み上げなくても熱量は汲み上げる訳で、大規模に開発すれば地中の温度が下がるのは絶対に確実。地中の温度が下がれば温泉の元のお湯だって温度下がるし、温度下がって圧力が下がれば噴出していた温泉だって出て来なくなる。

こういう技術で地熱が活用されるのは良い事だけど、だからと言って地熱発電が何倍にも増やせるってのは無いな。それに倍に成っても日本全体で見れば本当に微々たる物。
しかも、地熱技術は外国に売るにしても買ってくれる国に地熱資源が無ければ買って貰えない訳で・・・この辺りが原子力と比べて根本的に劣って太刀打ちできない部分だな。
25. 名無し隊員さん  2012年10月06日 10:19
よく分からんが、技術開発は良い事だ。
この調子でいけば、きれいな脱原発ができるだろう。
26. 名無し隊員さん  2012年10月06日 10:24
室工大って全国的にはどんな位置なんだろう。
室蘭は故郷なんでちょいと嬉しい話題だな
27. 名無し隊員さん  2012年10月06日 10:26
※1
別におかしくないよ
従来のくみ上げ式の地熱発電では温泉街の利用分に加えて
発電用にさらにくみ上げを過剰に行うから温泉が駄目になるって危惧でしょ
現に旅館や風呂屋を作りまくってくみ上げすぎて温泉が出なくなったとことかある

しかし放射脳や陰謀厨も凄いが利権悪い厨も同様にお花畑だな
管理人は既得権益が科学の発展を阻害しているとでも言いたいんだろうけど
既得権益なんて誰しもが享受してるし、それがない世界とか幼稚すぎるわ
28. 名無し隊員さん  2012年10月06日 10:36
グンゼって下着メーカーのあのグンゼなの?
29. 名無し隊員さん  2012年10月06日 10:50
原発推進派の反論おこちゃますぎw
地球の崩壊熱なんだから原発と理論上はかわらんでしょ
原発の方が変換効率上とかw
水沸かしてタービン回すの同じなんだけどねw
30. 名無し隊員さん  2012年10月06日 11:28
どんどん開発して欲しい。日本は火山国。資源が一杯楽しみだ。
31.   2012年10月06日 11:58
このコメントは削除されました。
32. 名無し隊員さん  2012年10月06日 12:26
※24
取り敢えずソース読もうぜ。
下手な図だけど、熱源はマグマだまりって書いてある。
温泉は関係ない。

※29
どこに原発推進派の書き込みがあるの?
地熱は原発と原理が同じ~とか、どう見ても放射脳の一人相撲なんだが。
俺は中長期的に脱原発は良いと考えてるが、お前みたいな奴は議論の邪魔でしかない。
33. あ  2012年10月06日 13:02
湯沸し器と同じ原理だな。
熱いところにパイプ通して水流して水をあっためる。
循環させたら本当に設備費要ぐらいで随分維持費安そうだな。近い将来地下に張り巡らせたパイプで人や物も運んだりして
34. 名無し隊員さん  2012年10月06日 13:37
やってみないと、実際温泉にどういう影響が出るかは分からない。
万が一何かあったときのために、温泉事業者に対する保証制度を整えてからでないと駄目だろ。賛成が得られるわけがない。

ちなみに、「地熱発電によって枯れた温泉はない」という奴もいるが、正確には「地熱推進側が地熱発電のせいで枯れたと認めた温泉はない」が正解。
西山地熱発電所の周りは結構枯れていると聞く…
35. 名無し隊員さん  2012年10月06日 13:40
うーんこの陰謀論
36. 名無し隊員さん  2012年10月06日 14:49
マグマ溜まりの辺りまで穴掘る技術ができたなら、
そこに放射性廃棄物もまとめて投げ込めば問題無いわな。
穴掘りの影響で噴火して放射性物質が撒き散らされたら?
それならそもそも(ry
37. あ  2012年10月06日 14:51
おいおい、あまり地熱使うと地球内部が冷えて滅びるんじゃないか?
38. 名無し隊員さん  2012年10月06日 15:20
今回のは温水をくみ上げるタイプじゃないのに
そう勘違いしてるっぽいのがちらほらいるな…

熱をとることに関する懸念はわかるけどね


※37
地熱は放射性物質の崩壊熱によるもの。
ほっといても放射性物質はどんどん崩壊してくし
熱は宇宙空間へ放出されるので取っても変わらないよ
39. 名無し隊員さん  2012年10月06日 15:43
地球の地熱の半分は地球が出来た頃の原始の熱それが原子の崩壊熱でもある
それがまだたんまりあるっていってるのに理解してないやつだらけw
ここに書かれている技術は温泉地でも使え温泉には影響なし温泉地意外でも使えますよって技術の話しだよ
はやく予算ぶんどって試験してほしいよ
それと原発推進派ですって宣言して書き込んでる馬鹿はいらっしゃいますか?w
いたら返事をお願い致します
40. 名無し隊員さん  2012年10月06日 15:55
このパイプ(セラミック)の画期的なところは腐食に強い
地下400M~600Mぐらい掘りこのパイプで地下熱をつかうと摂氏80度程度のお湯になるこれにより今までとは違う地熱発電方法に利用できるという研究の話
もっと深く掘ったり(地熱は上がる)温泉地(腐食が多い)やマグマ黙り近く(危険地帯)でも応用できる可能を秘めているってのが画期的ってこと
41. 名無し隊員さん  2012年10月06日 16:25
…で、注入した水が岩盤破砕して地震起きたらどうするんですかねぇ
42. あ  2012年10月06日 16:36
※41
直接入れないから大丈夫じゃないの?チューブ通すんだよ?
43. 名無し隊員さん  2012年10月06日 17:46
結局こういったのも原子力関連に全力で潰されるんだろうな。
西暦が始まってから2000年ちょっとしか経ってないのに
本気でこれから8000年とか放射性廃棄物管理できると思ってるのかね皆。
44. 名無し隊員さん  2012年10月06日 18:01
※68「膨大な額の費用が使われ、膨大な量の雇用が発生する。」

どうせ原子力と違って発電量は少ないから
発電所を沢山作れば雇用は減らないんじゃない?
やろうとすれば国内に数百箇所ぐらい作れるんでしょ?

その内建設関係は減ってくるけど、そしたら海外に進出すれば問題ないと思う
45. 名無し隊員さん  2012年10月06日 18:10
※43
潰されてるんじゃなくて、みんなが関心なかっただけじゃない?
上にあるリンクを読んでみると

「1997年に地熱は「新エネルギー」から除外され、その後、
地熱の技術開発に対する公的支援も完全にストップしてしまう。」

と書いてあるから一時期は公的支援され
新エネルギーとして開発されてたって事だ。

陰謀論を信じたり、他人を馬鹿にする前に建設的な議論をしてもらいたいもんだ。
46.    2012年10月06日 18:13
高耐圧で二重のチューブね。。
これは実用にできる深さかなり限定されるんじゃないかな?(ポンプの圧力もあるし途中で沸点に達する可能性もある)
それに高圧系でメンテいらずなんて事は絶対ないし(腐食しなかろうが流体で削れる)、抜き出す事はコスト面考えたらやらないしできないだろう。
最後はこういうマグマだまりまで通ったチューブが何本も埋められて放置された土地ができると。

これを進めるなら土地利用についても長期視点での決まりを作らないとね。
47. 名無し隊員さん  2012年10月06日 18:37
米国に地熱発電量で追いつかないのはしょうがないけど、
フィリピン、メキシコ、インドネシアにダブルスコアで負けるのはちょっと悔しい。

日本は、せめてメキシコレベルまで科学水準を上げて欲しい
48. 名無し隊員さん  2012年10月06日 19:03
地熱発電は そもそも成立たないと武田教授が言ってたがな・・
最初は良いが何れ熱が足らなくなって移動させね~と駄目だとか・・
効率が悪い
49. 名無し隊員さん  2012年10月06日 21:20
低温で沸騰する物を水の代わりに循環させれば
ぬるくてもタービンは回せるんだよね?
50. 名無し隊員さん  2012年10月06日 21:50
温泉に浸かりながら雪見酒っていいよねー
51. 名無し隊員さん  2012年10月06日 21:59
パイプが地震なんかで断裂したら水蒸気爆発を起こす可能性とか無いの?
鬼首の地熱発電所は駐車場で水蒸気爆発が起きて犠牲者が出たろ。
52. あ  2012年10月06日 22:16
今思ったが沸騰しなくてもタービン回せるんじゃね?水が温度差で勝手に循環するなら。水力発電みたいな水流で回したら
53. 名無し隊員さん  2012年10月06日 22:20
>>49
「蒸気が…」とか考えるからちょっとわかりにくいけど、極論すればタービンを回してるのは熱という形をとったエネルギーそのものなのよ
だから低温の蒸気は高温の蒸気と比べてゆっくりとしかタービンを回せない
だから加圧水を使うっていう話になるんだ
水はそのままなら100℃で蒸気になってしまうので、100℃の仕事しかできない
でも加圧すれば200℃、250℃とより高い温度で仕事ができる
54. あ  2012年10月06日 22:28
温泉の排水でも発電出来るんじゃねって水力発電は用水路でやるやつは実用化してたな。山間部はほとんどこれで賄えるだろうと言われてるが
55. 名無し隊員さん  2012年10月07日 00:30
※48 「地熱発電は そもそも成立たないと・・・」

過去60年の世界各国で普通に運営されてきて
熱水系資源量が四分の一のメキシコですら日本の倍くらい発電してるのに
何が成り立たないのか意味不明

その人 三十年前の知識で言ってない?
原発の発電量に比べたら劣るが、充分採算が取れてるよ
現にフィリピンですら1900MW以上発電してるんだし
(日本は535MW-2010年度)

流石に原発全部止めて代用するのは不可能だが
改良すれば日本の発電量の30%くらいは利用できると思う。
56. 名無し隊員さん  2012年10月07日 00:52
アイスランドではエネルギー生産量の73%を氷河による水力発電、
27%を地熱発電が賄っていて火力や原子力発電所はない。
その上使っているのは日本の機械w

日本の方が熱水系資源量が数倍多いんだから、使わない手は無いよな。
57. 名無し隊員さん  2012年10月07日 01:09
>>56
そりゃ日本とは発電する絶対量が違いますし・・・


まあ現時点では建て替え期間やら考えても時期尚早だが将来的には総発電量の2,3割程度を賄うことも悪くはないと思う
58. 名無し隊員さん  2012年10月07日 01:12
地熱の熱量は膨大だし問題ないと思う。
パイプが破損したら確かに怖いかもしれない。

誰も言ってないけど、水を循環させるってことは当然それによる振動も起こるわけで、
地震を誘発したりはしないのか?

まあ、日本では誤差の範囲内か。
59. 名無し隊員さん  2012年10月07日 01:14
地熱につきものの析出物による管の詰まりは解消出来るメドがついたの?
地下深くにある設備を毎回取り返るの?そのコストを含めたらどういうメリットがあるの?
決して地熱発電はバラ色の技術ではないし、結局はトータルのメリットが他よりも優れてないと普及しない。
ある分野に関して研究が進まない、普及しないというのにはその他の分野がトータルで優れている点があるからで、そこで陰謀論が出るのはとても不思議。
60. 名無し隊員さん  2012年10月07日 03:52
>>59
管が詰まる、ちゃんと上の解説読んだのかお前
もう一回読んでこい。
61. あ  2012年10月07日 08:06
※58
二重にするみたいだし大丈夫じゃねーの?
62. 名無し隊員さん  2012年10月07日 11:45
ここのコメ、スレも解説も読まずに脊髄反射で書き込むバカがいるよな
63. 名無し隊員さん  2012年10月07日 12:48
※58
地震を誘発する振動・・・・ちょっと意味がわからない。
どれぐらいのエネルギーを使えば地震が起こるんだ?

そりゃシェールガスの様にガンガン穴を開けて無理矢理空洞を作ったり
水を注入すれば地震が起こる可能性はあるが
パイプを置いて水を循環させる位なら影響ないんじゃないか?
それに、そもそも地震対策で壁面のパイプと外壁の間に「あそび」となる空間を作るはずだし(直接地面と接してるのは一番底の部分だけ)

64. 名無し隊員さん  2012年10月07日 14:56
地熱は風力や太陽光に比べればエネルギー密度も高くて有望だろうとは思うな。
温泉が涸れるかも知れないからダメってのも確率的にも物事の優先順位的にもバカげた話だと思うし。

有効活用が進めば、それで火力や原子力の割合を『多少減らせる』かも知れないよね。
ただ、火山活動には波があるはずだと思うのだが、出力はどの程度安定するのだろうか。
65. 名無し隊員さんε  2012年10月07日 17:52
※55
その人は原子力・放射能影響関係や再生エネルギー関係で随分もてはやされた教授だよ。まともな事とおかしなことをごっちゃに言うから信頼出来ないが、脱原発・再生可能エネルギーの人からは大分指示はされていたと思う。
熱が岩盤を伝わる速度とか考えれば、大規模にやったら移動の必要が出るってのは正しいよ。フィリピンですらと言うけど、その数字は日本の発電設備1%にも満たない訳で……
アメリカ・フィリピン・メキシコ全部足しても、やっと日本の全発電設備の2%位。

日本の30%って言うと原発並みなんだけどね、理解してる?上記3カ国の15倍でやっと達成で、国内で言うなら150倍に増やせって意味なんだよ。活用はすべきだが、果てさて。
原子力よりも火力を減らしていかないと駄目なのに原子力も減らすって言うと、日本の電力の8割は何処から持って来るのかと……生活便利になれば消費量もっと増えるのに。
66. 名無し隊員さん  2012年10月07日 19:04
※65
「大規模にやったら移動の必要が出る」ってどういうこと?
67. 名無し隊員さんε  2012年10月07日 21:44
※66
熱水を取り出すなら熱水が減るよね?地下水の使い過ぎで枯渇するみたいに。
地下の岩って石だから熱の伝わりが遅いよね?

熱水も熱も周りや更に地下からジワジワゆっくり伝わって来てるのに、大規模に汲み出したら穴の周りの熱水は不足するし温度は下がっちゃうでしょ。周りから伝わって回復するから一時的だけど、回復するのには時間掛かるし何十年何百年掛かるのか?って事。

現在みたいに小規模なら何十年も運転できるけど、回復速度を上回って取り出したら枯渇だって考えないといけない。
68. 名無し隊員さん  2012年10月07日 22:22
※66
横だが周辺の熱量が下がるから出力が低下するんだよ。
どっかで見た気がするが、どこの施設でも十年、二十年で半減ぐらいするらしい。
http://www.hepco.co.jp/info/2012/1188548_1474.html
http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/422/9/Honbun-06chapter06.pdf

だから上に書いてあるような何らかの応急処置を打たないといけないし、
地震や事故でも同じだが、最悪、熱量が十分あるとこに
移動して堀り直さないといけない。

仮に一時的に電力の30%も賄う場合、十年ぐらいでどんどん低減してくから、
それを補うには尋常じゃない数増やしてかないといけない。

地熱って再生エネルギーみたいに言われてるが、実は使い捨てなんじゃないか…?
69. 名無し隊員さん  2012年10月07日 22:51
※67・68

なるほど。勉強になりましたサンクス

だからこのスレの様に循環型にして山岳の中小規模の町などに
100世帯から1000世帯向けにして数を多く作るのが最適なんだね。
だからアイスランドは成功してたのか。
重・軽工業や大都市は火力・水力・原発でが適切なのか
70. 名無し隊員さん  2012年10月07日 22:54
おおざっぱな計算だが
日本の時間当たり電力が季節、時間変動込みで 4000~6000万kW。
で、その 3割で 1200~1800万kW

見積もりだから後々変わるかもしれないが、
地熱で使いやすい温度の部分の見積もりが
国立公園とか今掘りにくいとこ含んで 2300万kWとか(熱水とかはちょっと違うんで別枠で)
そのうち掘りやすいとこが 400万kW。
現在 55万kW ぐらい発電に使ってる。

簡単に 3 割ぐらいは行くだろうって言ってる人がいるが、
国立公園全域含んで5~8割開発する勢いで死ぬ気でやんないと
3 割なんて到底無理なんじゃないか…?
ポテンシャルがある7~8 割が保護地域で法規制緩んでも掘りにくいんだし、
電力消費の1 割行けば恩の字のレベル。

もし本気なら釧路湿原とか地熱の豊富なんだから、
壊して全部発電所にする勢いで自然破壊を厭わずやんないとなw。
71. 68  2012年10月07日 22:57
※69
> 100世帯から1000世帯向けにして数を多く作るのが最適なんだね。
そうやねえ。

そういう意味では、この記事のだと、
"たくさん作るのに向くのか(採算合うのか)"ってのがまたアレかもね。

素人目には多少複雑になるから出力あげて採算合わせたいように思うがはたして。
期待はしたいところなんだけどな。
72. 名無し隊員さん  2012年10月07日 23:04
用は使い分ければ良い話で大規模工場などは自前でも発電方法を用意する時代になるだろうし家庭用など様々組み合わせればいい話なのにこれで100%?30?と極論に持っていこうとする工作員くさい人が居るってだけのこと
石油が枯渇するする詐欺はあと何年続くのか?シェールガスやメタンハイドレードの環境破壊はどの程度おきるのか?原発は安心安全で本当に安いのか?
冷静になんで話し合えないのだろうか・・・・
73. 70  2012年10月07日 23:12
※72
てか、※70 の地熱の見積もり見ればわかるが、地熱推進の人らの見積もりでも、
全ポテンシャルで消費の半量いかないんだよ。
そんななかで、消費電力の 3 割いけるだろって軽々しく進めるのは自殺行為だろ。

まともな目標として10~20年後に5%とかしないと、
過剰に補助金とる利権化したメガソーラーのように近々破たんするだろ。

最近の再生可能エネルギー(?)では地熱が有望だから、
原発のあて馬に利用されて、馬鹿みたいに気楽にハードルあげられて、
失敗するのが腹立つから言ってるんだよ。
74. 名無し隊員さん  2012年10月07日 23:32
地熱は開発に5~10年はかかるし基数も必要だから
10~20年後に5%でもかなりチャレンジング。
75. 名無し隊員さん  2012年10月08日 00:39
※70・71
いろいろサンクス、勉強になりました。
となると用地買収の問題と
小型化(安全化)とコストダウンが重要なのね

タービンを回す以外に温度差を利用しての発電の開発や
温水プールや温泉・暖房など二次利用を活用して
上手くコストダウンできたら良いな。
76. 名無し隊員さん  2012年10月08日 00:55
※73
※74
だからね次次世代のエネルギー研究としては有望って話でしょう

六ヶ所はあと6~7年で一杯になるしまた事故ったよねw
ガラス固体化実用まであと少しって何年いってるの?
最終処分場すら決まってなくてどうするの?
それこそ最終処分場なんて何年で完成するつもり?
今政治が茶番を繰り広げているけどどう考えても最終処分場は福○しかないでしょう
また6基新規原発しかもMOX作るのを再開しているし・・・・

今の政権が無能なだけ(売○奴)でアメリカに頼み込めばシェールガスだって1~2年で配備できるだろうにロシアのプーチンからもガスパイプラインの話貰ってるでしょうこっちはかなり難しい問題もからんでいるけれど
今年は何とか原発0でも乗り切れた火力発電所もかなり老朽化しているのも分かっている
なんにも手を打っていないで政争に明け暮れる日本人を見てどう思うの?
原発だって今の%にするまで何年かかったわけ?
77. 名無し隊員さん  2012年10月08日 03:55
このエントリで30%を最初に言い出したのは
コメ55で原発側の工作員でもなんでもないだろ

誰も地熱を全否定してるわけでもないし
原発を無条件に褒め称えてる奴がいるわけでもないのに
お前は何を言ってるんだ?
78. 名無し隊員さん  2012年10月08日 10:43
燃費が無料なんだから発電量や効率より頑丈で安く世界で売れる量産型で作れる方が賢いと思うね
冷却材もナトリウムじゃなくてろ過した雨水で動かせる設計で
地熱なら小型の物を都心部にも作れるから送電ロスが少なくて何よりお得
莫大なパワー産むけど高価で壊れやすいF1のエンジンより安くて丈夫で信頼性の高いカブエンジンを沢山作る方が名案
79. 名無し隊員さん  2012年10月08日 11:03
※76
お前何と戦ってんの?w
30% とか推計的に極めて難しいことを言って
何も考えず簡単に無理言ってくれちゃう奴をたしなめてるだけの人間捕まえて
何が工作員なんだね?
着実な開発のためには逆にこういうお花畑なアホ ※55 が有害だって話だろ。
極めて冷静な話だ。

それこそお前の言ってること、そのものじゃないのか?
> 様々組み合わせればいい話なのに
> 冷静になんで話し合えないのだろうか・・・・

地熱に夢見すぎなお花畑がたしなめられたの見て
原発批判みたいなヒステリー起こされても、お前こそ冷静になれよと。

意味がわからん。
80. 79  2012年10月08日 11:10
まともな読解力あって冷静なら、
※70は原発については全く書いてないのふつー分かる。
意味わからん説教始めるし。
原発工作員!!!!とかヒステリーかなんか起こしてるのか?
81. 名無し隊員さん  2012年10月08日 11:59
※77
※79
※80
後半部分については現状の事実を言っているだけで原発ヒステリーとかでいっているわけではないのだけれどもそこに反応するってことがおかしいんじゃないの?
※77に対しては完全に勘違いしているよね前半部分が私の意見
で後半は次世代次次世代エネルギーへの原発推進派への皮肉であり事実を言っているんだけど
それに対してまともに反論できない根拠すら示せないのに否定するところが人格否定やヒステリーでしょう
論理的に反論してくださいよ
現在の東電や政府政治家に原発の管理ができないのは事故当時の映像を見れば一目瞭然のだが
やはり原発にかかわるとへんなのが沸くよねw
82. 名無し隊員さん  2012年10月08日 12:43
上のコメであったが

慶応大学・武藤佳恭教授の
「ペルチェ素子による熱水と冷水の差で発電するシステム」を
併用することはできないのかな?

83. 名無し隊員さん  2012年10月08日 14:53
誰も原発をほめてねー所で
「原発にはこんな欠点があるのに!!!」
とか俺らに言われてもね・・・
84. 名無し隊員さん  2012年10月08日 18:13
ペルチェ素子もそうだけど熱循環が可能であるならば圧と対流を利用し高低差をつかった小水力発電もプラスできそうに思う
85. 名無し隊員さん  2012年10月08日 20:35
※81
原発に関係ないレスに絡んで沸いてるのはあんただろ…
ヨーロッパの情勢話してる人らにいきなり反米議論ふっかけてるみたいだぞ。
沸かすのは発電用のお湯だけにしてくれよ…

※79
残念ながら、この技術は今までの地熱とおなじで熱源はそれなりにないとダメみたいなんで、
都心とか都市部で沢山、ってのは難しいかもしれない。
スレ内とかで書かれてないけど、熱源が北のほうに多いとか、それなりに場所選ぶから>地熱。
熱源の問題は高温岩体とかあるけど、それなりにむずかしいね。
86. 85  2012年10月08日 20:38
やべ ※79 じゃなくて ※78 だった!
ごめん。>※79
87. 名無し隊員さん  2012年10月08日 21:19
 まったくの横槍だが、熱音響エンジンの技術はこういう方面では生かせないのか?
88. 名無し隊員さん  2012年10月08日 22:10

熱音響エンジンって初めて知った。いろいろ考えるなー。
ペルチェ素子もだけど、構造が少し複雑になるし故障やメンテの問題とかで、
地下のパイプ自体につけるのとかは難易度高そう。

地上で残りの排熱を余すところなく使うのには利用できるかも。
最後はやはり構造を追加するコストと発電量の採算性になるんだろうね。
89. 名無し隊員さん  2012年10月09日 11:10
温泉だらけの県の人間としては温泉だけに使うんじゃなくて、こういった発電と更に他の国みたいに安価な温水供給の実現なども行って欲しいところ。
正直、地域一体の地熱資源を占有していて税金なんて客から取る入湯税ぐらいしか掛かってないのに、なんで自分らの利益を削り取る事はまかりならん!みたいな態度を取っているのかさっぱり分からんね。
地熱発電などを拒否するなら、温泉権に税金を設定して欲しい所。
90. 名無し隊員さん  2012年10月09日 12:47
※89
温泉少ない県だから、うらやましい

小型循環式地熱発電機が普及したら、
初期投資と土地代だけで半永久的に電気代で食っていけるんだろ?
今も遠距離から無人でネット監視してる設備もあるし・・・

放熱してる所でついでに水を温めれば
枯渇の心配が一切無い温水プールができる

こりゃ山奥のニートが増えるだろうな

コメントする

名前
 
  絵文字