本日の注目ニュース!!

2012年08月01日

五輪と科学 : 薬や遺伝子工学はスーパーアスリートを創り出せるのか

34
コメント
引用元:Nature


 2012年ロンドンオリンピックが7月27日に開幕するのにあたって、ネイチャーはスポーツの科学的側面についてのいくつかの考察を特集することにした。関係者たちは、ドーピング防止のための基準が十分に厳しいもので、どんなごまかしをも阻止し、検出できることを願っているだろう。


London 2012 Olympics: Fencing


 だが一方で、このような「増強」に対する制限は試みるべきではないという意見もある。もしこれが合法とされれば、増強戦略は「スーパーアスリート」を生み出し、それが競技をもっとおもしろいものにするかもしれないのだ。あるいは、こうした能力増強を、遺伝による能力向上とかルール変更といった問題の一部として見るなら、これは競技に適さない遺伝子を持って生まれた選手に競技における機会平等をもたらすものだとも考えられる (下略
3 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 01:05:24.73 ID:mLr0M8nE
トランスヒューマンというやつかな? そういうのも科学の成果でいい気がするが・・・
ただし、そのように造られた人間が、幸福であるかどうかは別の話だが。



6 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 01:15:59.75 ID:7p4sCU0v
五輪は国対抗。つまり国家の威信という奴がかかってくる。。
優秀なコーディネイターが多い国は強い国、という方向で落ち着きそう。



7 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 01:55:42.98 ID:kllmioHG
東ドイツとかは、女子選手にバンバン何か注射してたので選手は生理が止まり、
髭が生えてきたと告白していたのをテレビで見た。肉体面においてはスーパー人類の掛け合わせは、
将来への良い贈り物だと思うが。

17 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 12:35:23.27 ID:AgUwKqE6
>>7
それで出来るのは 「スーパー人類」 じゃなくて 「競技特化人類」 だと思うよ。
100m走は激烈に速いが日常生活では通常人以下。様々な遺伝病を抱え特定の食べ物や
サプリを欠かさず摂取しないとまともに生活も送れない、みたいな感じになるだろう。

37 :名無しのひみつ:2012/07/23(月) 16:30:10.73 ID:I6nHBiv+
>>7>>17
どっちも間違い。

>>7みたいな人間扱いしない発想は、社会的にあるいは多くの人にとって悪い事であり問題。
>>17みたいな事は人間の遺伝子の特性や世代交代にかかる時間的に、10万年以上かけても起きない。
人道的にそういう事が行われない方が良いし行われないだろうっていうのもあるが、
現実的に行うのが不可能っていうのもある。
40 :名無しのひみつ:2012/07/23(月) 16:55:02.87 ID:qvnahpgg
>>37
別に不可能でもなんでもないじゃん。
薬や遺伝子工学を利用すれば、今の人類の限界を超えるくらい簡単だ。
特別な先端技術を使わなくったって、掛け合わせだけでもなんとでもなる。
犬や馬の変種の生まれる速度を見てみろよ。

サラブレッドなんか、「本来の馬」から脚が速いだけの奇形だしな。
61 :名無しのひみつ:2012/07/26(木) 15:54:12.26 ID:fzpBUZBl
>>37
禁を破ることがアンフェアなのであってソースがこだわっているような、
薬物を使える機会の有無のアンフェアとは関係がない。

例えば、
> これは競技に適さない遺伝子を持って生まれた選手に競技における機会平等を
> もたらすものだとも考えられる

と書いてあるが、こんなことはドーピング禁止を覆すだけの利点になりえない。



8 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 02:05:36.99 ID:kO6BUczr
ドーピングしても怪我は防げないから、コンタクトスポーツほど怪我ですぐいなくなる。
骨格が強化セラミック、皮膚がαゲル、腱がワイヤーってレベルの改造ならわからんが・・・



9 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 02:53:05.61 ID:kllmioHG
>>8
それもう人間じゃねぇし、機械で出来た何かだ。



11 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 04:52:27.89 ID:tSmp3ef2
現在の人類の狭窄な価値観で遺伝子弄ってもロクなことにならないと思うなぁ。
多様性に富む自然交配でいいじゃない。



14 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 11:30:37.07 ID:LKdOwwMn
ネズミを使ったネズリンピックなら分かるけどな。
まあそれも動物愛護からクレームが来るけど。



15 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 12:08:34.11 ID:+luMulQT
昨日見たガタカを思い出した。



16 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 12:29:49.71 ID:pBrwdSE8
セメンヤ、責めんなや
CropperCapture[109]Thumbnail
男性疑惑の金メダリスト・セメンヤ、両性具有と判明…陸上女子



18 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 13:34:08.66 ID:gITCZVF9
ドーピングが禁じられているのは、
ドーピングによって好成績を上げるのがアンフェアだからではなく
ドーピングのもたらす健康被害を防止するためだろ?

科学ジャーナリズムみたいな顔して、アホなこと発表すんなよ。

37 :名無しのひみつ:2012/07/23(月) 16:30:10.73 ID:I6nHBiv+
>>18
アンフェアも大きい。



19 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 13:37:07.02 ID:yUHkbkZ6
遺伝子レベルでのドーピングってわからないだろうな。
遺伝子が人類のものとして適正かどうかを検査する必要があるが、IOCが現段階で準備も、
計画も練ってないとすれば、問題発生レベルで実現する可能性がある。

20 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 13:47:19.85 ID:gITCZVF9
>>19
主要なベクターを、PCTかけて検出すればやすやすと見つかりそうだな。



21 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 14:05:26.22 ID:lDag20pE
遺伝子操作で未来に生き残った人類、「マンアフターマン」にでてくる異型の人類




22 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 14:13:47.96 ID:7aF1x08b
コレ単に優秀な遺伝子同士の掛け合わせだけで無く、遺伝子治療を悪用するとかの話がメインでは?

30 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 20:04:26.07 ID:LD3Lygct
>>22
優秀な遺伝子の掛け合わせなんて一切書いてなくて、ドーピングはいかに進化するかってことしか書いてない。
もともと運動が苦手な人だって、安全なドーピングで優秀な人に対抗できることは機会均等だろうって考えしか書いてないよ。



23 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 14:30:04.93 ID:CuEIRwQz
一度ドーピングMAXの人間が、どれ程に力を発揮できるか見たいけどな。



25 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 14:45:49.67 ID:qZLWt3ua
足が泣けるほど遅かった俺は(父はスポーツマン、母は運動音痴)
カールルイス(今ならボルツ)とジョイナー(今ならなんだ?)との子は足がメチャ早いのだろうか・・・
そんな妄想ばかりしてた。



26 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 14:59:16.93 ID:Syxnz31l
太く短い生き方になる予感、アスリートの明日はどっちだ!?



27 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 17:10:36.13 ID:FyVC0d4z
人間が人間の価値観で優れていると思う遺伝子だけを残していっても、はたして自然界の中で
それが最も効率的で合理的かはわからない。体が大きくて強い者が良いなら、なぜ恐竜は絶滅したか。

36 :名無しのひみつ:2012/07/23(月) 16:25:16.67 ID:I6nHBiv+
>>27
自然界の中で合理的な事が人間にとって善とは限らないけどな。
人間にとって善となる事を基準とすべき。どういう人が子供を作れるかなんて人それぞれで、
ひとまとめに人間の価値観なんて言えるもんじゃ無い。
あと善悪で言うなら、絶滅するかどうかと善悪も無関係。



29 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 17:32:38.87 ID:X33iM/dr
美人コンテストに似てる。



32 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 23:53:21.58 ID:f18OTi+i
そういえば、中国の馬軍団はどうなったんだ?
女性アスリートは、ホルモン異常で引退して監督は粛清されたか?





38 :名無しのひみつ:2012/07/23(月) 16:33:19.14 ID:I6nHBiv+
他の動物から類推すると、走るのに特化してる人類が現れても、
日常生活その他が困難になるって事はまず無いだろうっていうのもあるな。

43 :名無しのひみつ:2012/07/23(月) 17:01:00.30 ID:qvnahpgg
>>38
本当に類推したのか?
犬なんか遺伝病だらけだし、サラブレッドにだって弱点は多い。
両者とも、人間の高度な生活サポートが前提の生物となってしまっており、
自然界じゃ生きていくだけでも厳しいね。
45 :名無しのひみつ:2012/07/23(月) 17:12:03.16 ID:T/Pyebdl
>>43
犬も福島の事故後普通に野生化してたり、南極で置き去りにされた犬も野生化してたな



39 :名無しのひみつ:2012/07/23(月) 16:38:12.35 ID:53mJU+yZ
メッシ薬物投与で作られたサイボーグ

41 :名無しのひみつ:2012/07/23(月) 16:58:21.81 ID:fn0/+iH9
>>39
メッシは成長ホルモン打ってただけでしょ。



46 :名無しのひみつ:2012/07/23(月) 17:26:55.92 ID:y8EmEzUp
コーディネーターですね。



53 :名無しのひみつ:2012/07/24(火) 09:09:36.36 ID:mv6EGL4R
単純に人間の遺伝子操作自体も問題ではある。



54 :名無しのひみつ:2012/07/24(火) 11:35:07.55 ID:eK2I7Oq/
薬使わない、ただのトレーニングだってやりすぎたら後遺障害バリバリなんだから、
薬認可したら、摂取量守らせないととんでもないことになる。
しかし、誰がどうやって守らせる?無理だな。



55 :名無しのひみつ:2012/07/24(火) 14:33:39.88 ID:dEicDNHV
あと100年もしたら、遺伝子操作で注射をして半年も寝ていれば身体が組み替わって
超美形の超天才の超スポーツマンになれるようになるんだろ?

56 :名無しのひみつ:2012/07/24(火) 16:14:49.21 ID:AjvC2WPF
>>55
それは流石にちょっと無理。
個々の遺伝子はメリットもあればデメリットもある。
筋肉が発達するってことはエネルギーを筋肉に持ってかれるってことで、
その分脳みそは可愛そうな事になる。



57 :名無しのひみつ:2012/07/24(火) 17:32:03.64 ID:GDJzftRp
本当にスーパーマンになるんなら、まず構造物から替えないとなぁ。
タンパク質やカルシウムをベースに細胞で体を作ってる以上、幾ら遺伝子でパラメーターの
調整をしたところで本質的に強くはなれない。



62 :名無しのひみつ:2012/07/26(木) 16:08:01.26 ID:c8r71YEZ
スポーツをやったことのない学者が考えそうな議論だな。
そもそも、スポーツで成功するには「運」も重要なんだよ。

・大きな故障をしない
・優れた指導者に出会う
・ライバルがいる
・パフォーマンスが時代と合致する
・有能なプロモータ、代理人と出会う

これらは薬や遺伝子操作じゃ無理。
薬や遺伝子操作が効果的なのは、ある程度のステージに到達したアスリートのみ。
・・・と、スポーツをやったことのない俺が言ってみる。



63 :名無しのひみつ:2012/07/26(木) 16:28:18.96 ID:mto/+VoT
スーパーアスリート フローレンス・ジョイナー


ドーピングは心臓の筋肉までムキムキにしてしまい、
何かのきっかけで不具合が起きれば心不全を起こしやすいとも言われてたね。
あの超絶の記録を破りそうな女は未だ現れず。



64 :名無しのひみつ:2012/07/26(木) 22:03:09.98 ID:11mfgUKi
猫ひろしに性転換させてオリンピック出場させよう。



65 :名無しのひみつ:2012/07/27(金) 04:03:30.90 ID:Kx2XJFtC
ボディビルみたいにナチュラル部門と分ければいいんじゃね?
あとは後遺症が残るような過度な強化だけチェックして弾けばいい。





13 :名無しのひみつ:2012/07/22(日) 09:40:18.90 ID:7CPLaTB9
アスリート(遺伝子組み換えでない)


60 :名無しのひみつ:2012/07/26(木) 15:37:22.49 ID:deRrPuOe
>>13
食べたいです。


コメント一覧

1.    2012年08月01日 21:26
>>8
どかーん!どかーん!
2. 名無し隊員さん  2012年08月01日 21:36
美人コンテストに整形美人のがあるように、やりたい放題やってとにかく
記録伸ばすのに特化しただけの世界競技あってもいいんじゃない?
あくまで記録も別物として扱ってさ。

人道やら非人道やらで潰されるならそれもそれだろうし、
一度そういう名目の大会開いてみてはいかがだろうか。
3. 名無し隊員さん  2012年08月01日 21:38
亡父は若い頃は軟式バリバリで年とったらソフトボールだった。
母は学生時代陸上部だったらしい。
でも自分は運痴で義務教育の間体育の通知表が2固定だったわけだが。

自分の健康や生命を賭けてまでやりたいのならドーピングもありかと。選手生命終わった後のことは自己責任で。
4. 名無し隊員さん  2012年08月01日 21:41
世界記録の上位が80・90年代の共産圏の選手で占められてる
競技なんかはなんだかなあと思うよ
5. 名無し隊員さん  2012年08月01日 22:00
ガタカの世界がやってくる
6. 名無し隊員さん  2012年08月01日 22:13
こいつらのドーピング・薬物のイメージ古過ぎワロタw
7. 名無し隊員さん  2012年08月01日 23:08
科学のかの字も知らないバカ文系が古い知識で語りあうスレか
8. 名無し隊員さん  2012年08月01日 23:15
オチで笑った
9. 名無し隊員さん  2012年08月01日 23:20
技術の粋を尽くしてやりたいだけやれっていう競技ってほぼ無いよね.
F1とかでもとにかくコースからはみ出さずに走ればどんなマシンでもおkとかそういうの見たい.
10. 名無し隊員さん  2012年08月01日 23:27
ジャック・ハンマが出てこなくて悲しかった。
11. 名無し隊員さん  2012年08月01日 23:42
米9
世界一は人々の関心を集めるけども、面白さや楽しさとは別。

それをやると、レースの決勝では追い越し追い越されの戦いが見られなくなる。
勝つのは常に1チームになって、遅い車ほど無理するので事故とマシントラブルが多発する。
参戦するメーカーが少なくなって、2チームくらいになるとほとんど戦争のような醜い争いがコースの外で行われるようになる。

見ている人には何が起きているのか全くわからない。

むしろ同じ道具をうまく使いこなして競い合うアメリカ式のレースのほうが見ているほうとしては面白い。

12.   2012年08月01日 23:43
レースは無理だな
レギュレーション抑えてるのはマシンの性能が人間の制御能力超えてしまってるから

どんなのでもOKならコントロールできずに事故続出になるだろね
それはそれである意味面白いかもしれないが
13. 名無し隊員さん  2012年08月02日 00:35
興味本位で許可することがどれだけ危険なことか・・。
薬剤に関しても、現代の便利な機器諸々に関しても、社会的弱者に対してのみ与えるべき。
興味がわく気持ちはわからないでもないが人類の絶滅を早めるだけ。
14. 名無し隊員さん  2012年08月02日 00:51
ドーピング前提で競うルールがあってもいいと思うが、
その参加者は後戻りできないもんなあ
つまり一度その道に進んだら、その後ドーピング禁止の競技には
二度と参加できなくなってしまうわけで
果たしてそんな選手を育ててしまっていいのだろうか
15. 名無し  2012年08月02日 02:03
遺伝子工学でその競技に特化するのじゃなく運動神経やIQなどの底上げをして新人類を作ったほうがいい

このままだと何万年も待って進化する前に滅びる
16. 名無し隊員さん  2012年08月02日 02:45
運動神経やIQを底上げしたって、教育によってはより危険な存在を生むだけ。
それにどの遺伝子をこうすれば足が速くなるなんて単純なものじゃない。
遺伝子いじりはあちらを強めるとこっちが引っ込むってのが殆どで、必要な全因子を4次元的に追えるくらいの技術がないと狙った通りの強化人間なんて無理。
17. 名無し  2012年08月02日 03:00
IQや運動神経上げただけで
脅威になるってワロタw

18. 名無し隊員さん  2012年08月02日 06:06
まぁ中国なら人民の命が缶ジュースより安いから、こういう危険な遺伝子改良もサクサク進むだろうな・・・。
19. 名無し隊員さん  2012年08月02日 08:08
※10
トーナメント編のジャックはすげーかっこいいよな
絶対やりたくないけどw
20. 名無し隊員さん  2012年08月02日 08:15
制限や個の差がないところで競ってるのを観たってぜんぜん面白く無いんだが……
21. 名無し隊員さん  2012年08月02日 08:45
フェア/アンフェアといってるが、お前ら勘違いしているぞ

継続的にドーピングするにはそれなりの金が必要
よって経済的に貧しい国ではドーピング自体が安価で危険なものになってしまう。

一般人がアスリートに対抗できるだけの薬を作れるとするなら、
それはもう個人ではなく製薬会社同士の戦い。
どれだけ金を注ぎ込めるかが勝敗を分けるようになり、
後進国では対抗不可能になる。

一般人がアスリート並になるなら、
アスリートがドーピングしたらどうなるんだよってツッコミも残ってる。

それぞれに対応した制限/制約を作るしかなくなるが、
それならドーピング自体を禁止することが一番シンプルな解決策。
22. 名無し  2012年08月02日 12:52
ドーピングを極めたのが、色々な意味で病んでる一部のボディビルダーなんだけどね。
23. 名無し隊員さん  2012年08月02日 13:46
ドーピングあり大会と・ドーピングなし大会を作ったら?
同じ大会でも各競技で別カテゴリーにしてそれぞれの記録を目指せばいい。

カウボーイビバップ第一話の「目薬」があったら球技とかえらいことになりそうだ。
24. 名無し隊員さん  2012年08月02日 20:47
マジレスするとだな、こういう強化人間は薬物や遺伝子操作よりも
サイバネティクスによって実現される公算の方が大きい。
いわゆるサイボーグ。

薬物は元来の人体に対する反応が予測も制御もやりづらいし、
遺伝子操作は設計の難しさと時間がかかるのがネックになる。
いずれは体組織を人工物と交換する技術が発展するだろうし、
その時になって初めて常人を超えた身体能力を持つ人間が現れるんだろう。

ま、将来の五輪は「生身」と「サイボーグ」の二つに大きくカテゴリー分けされて、
選手がそれぞれの領域で棲み分けるようになるんだろう。
サイボーグ選手の競技の方は今でいうF1レースのような、
高度な技術を持つ民間企業がスポンサーについて、選手の体で先進技術のデモを
行う場になるんだろうね。

こうなると見世物としてはサイボーグ選手の方が面白いだろうから、
生身の競技は徐々に廃れそうな気もするがw
25. 名無し隊員さん  2012年08月02日 22:35
ボルトの衝撃はすさまじかったな

現代科学の粋をあつめてトレーニング・栄養管理していたアスリートをぶっちぎるとか
26. 名無し隊員さん  2012年08月03日 08:33
身体障害者枠でボクシングするのか
27. 名無し隊員さん  2012年08月03日 09:58
遺伝子工学に夢を見すぎだ。特定の競技において有利になりうる身体という、創発的性質を直接操作できるわけではないのに。
動物の育種やらドーピングやら遺伝子操作やらの話が混同されてる時点でクソスレだわ。
28. 名無し隊員さん  2012年08月03日 18:20
それでは※27様のご高説をどうぞっ!
29. 名無し隊員さん  2012年08月03日 19:28
ドーピングではなしに、競走馬みたいに一流アスリート同士を掛け合わせたみたいとは思う
室伏んとこの兄妹みたいにロシアの血が入るとあんな超人ができるんだから
イチローとシャラポワとか澤とメッシとか組み合わせたらどうなるのか夢が広がりんぐ
30. 名無し隊員さん  2012年08月03日 21:31
確かにタイトルに「遺伝子工学」は入ってるけど、普通に考えて遺伝子工学の話よりも「ドーピング」やら「身体の延長」の話に焦点が当てられていることを理解してほしい
31. 名無し隊員さん  2012年08月05日 22:53
ドーピング禁止って、F1とかみたいなレギュレーションってことだろ?
F1にバイクが出れないのと同じで、ドーピングしたら出れない。
競馬馬は自然受精だけど、牛は人工授精した牛が品評会で賞をもらう。
権威あるものがルールを作り、みんながそれに従っている。
それだけ。

個人的にドーピングアリアリの大会は見てみたい気がするw
32. 名無し隊員さん  2012年08月12日 12:56
>これは競技に適さない遺伝子を持って生まれた選手に競技における機会平等をもたらすものだとも考えられる
許可されたらどの選手もドーピングするから、何の救済にもなってない気がする
33. 電車男。  2012年08月18日 18:27
5 日本製造のスーパーコーディネータースポーツ選手アスリートのキラ・ヤマトを作る方が良いよ。
34. 電車男。  2012年08月23日 02:43
5 東方不敗はナチュラルな体操の勝負を願って居るよ。
多分後のコーディネーター。
勿論スターオーシャン3の紋章遺伝子学で遺伝子を改造された人間だよ。
スターオーシャン3見たいに宇宙空間ごと神様に削除されるぞ。

コメントする

名前
 
  絵文字