本日の注目ニュース!!

2012年07月09日

1億以上の色を知覚できる 「スーパービジョン」 を持つ女性が12%もいる可能性

71
コメント
引用元:GIGAZINE


 人間は、目の中にある錐体細胞(赤錐体、緑錐体、青錐体)が色を感じ、脳へ「これは何色だよ!」というメッセージを送ることで「色覚」を得ています。一般的に、1つの錐体細胞が約100種類の色を識別しており、それを3つ組み合わせることで合計100万色を識別しています。


 この3つの錐体細胞を使って色を識別している人はtrichromat(3色型色覚者)、錐体細胞が2つだとdichromat(2色型色覚者)となります。錐体細胞が2つになると知覚できる色の数は1/100、1万色ほどになります。犬や新世界ザル(広鼻小目)など、人間を除くほとんどのほ乳類は2色型色覚を持っています。

 一方で、鳥や昆虫の一部だけが、紫外線までを知覚することができます。しかし、研究者は、人々の中にそれ以上を知覚する人がいるのではないかと考えています。それが4つの錐体細胞を持った人、tetrachromats(4色型色覚者)です。この4色型色覚者は1億色、色見本がないような色まで知覚可能です(下略
5 :名無しのひみつ:2012/07/08(日) 23:41:58.20 ID:JcW2o5WR
wikiには5色型まで載っているな。



9 :名無しのひみつ:2012/07/08(日) 23:56:19.98 ID:oidBRZsD
可視光の範囲は同じなんだろ?

モンシロチョウ

赤外線や紫外線が見えるとは考えられない。
近赤外線が見えたら、かなりの服は透けて見えるはずだし
紫外線が見えたらモンシロチョウの雄雌の区別が出来ることになる。
そんな、人物が存在すると聞いたことが無い。

98 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 02:20:59.70 ID:99wKDXr5
>>9
これが不思議なことに近紫外線らしきものが見えるんだなぁ。
まぁ、一般には「見えない」から「ない」とされてるものが、この世にはあるのだよ。



11 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:04:12.75 ID:B/X35DZz
色相、彩度、明度のどれが増えるん?
色って三色組み合わせれば全部作れるんじゃなかったん?
四色組み合わせないと出来ない色があるん?見える範囲が広がるとかなんじゃ?

13 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:07:45.78 ID:jUvAoTyD
>>11
三色あれば全部作れる(と思ってる)のは、人間の色覚細胞が三種類だからなんだよ。
二種類の人(それを色盲と呼ぶ)にとっては二色で十分。
逆に四種類持つ人にしてみれば、我々はみんなある種の色盲ってわけ。



15 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:18:47.59 ID:INQVp/tU
クオリアの世界はもうわけわかめだな。



16 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:21:24.29 ID:3gKTbobD
そういえば、マゼンタという色はうまく説明できない色らしいな。
うまく説明出来んけど。

21 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:25:06.42 ID:jUvAoTyD
>>16
マゼンタは光の三原色のうち赤と青を加えたもの。
これ以外に客観的説明は不可能だと思うが?
28 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:41:20.66 ID:3gKTbobD
>>21
波長でいうとどの辺り?
36 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:53:02.53 ID:jUvAoTyD
>>28
あえて言えば380または750ナノメートル付近だな。
つまり可視光範囲の両端。両端が似た色に見えるからこそ色相は環になるわけだ。



ちなみに数字がほぼ二倍なのは偶然ではないと思ってる。
音でいうとオクターブ違い(周波数二倍)が、同じ音に聞こえるのと同じ理屈。
38 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:03:30.36 ID:3gKTbobD
>>36
なるほど。なんとなくわかったような気がする。だからこその「環」なんだな・・・
波長の自然な展開と、それに対する人間の認識様式の差、というか。
51 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:18:16.46 ID:LnxFoacd
>>36
750nmの光が紫に見えるか?
太陽光をプリズムで分光すると(自然現象としては虹だが)、波長順に色が並ぶわけだが、
赤の外側に紫があると?
55 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:23:00.96 ID:jUvAoTyD
>>51
青から紫への変化(赤みが増えていく)の先には、赤紫が来るのが自然だろ?
77 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:45:41.62 ID:LnxFoacd
>>55
750 nmの光は常人には見えないぞ?
赤色光から長波長側に光を持っていくと視感度が無くなっていくだけ。
(その光が見えない部分の温度が上がることから、ハーシェルは赤外線を見つけたわけだが)

逆になぜ青色光から短波長側に光を持っていくと赤みが出てくるかというと
赤オプシンが青→紫に行くにつれて再度感度を持ち始めるから。
赤オプシンは吸収波長のピークを2つ(紫付近と黄緑付近)持っている。
これによって赤光(赤オプシンの黄緑ピークを刺激)+青光(青オプシンを刺激)と
紫光(赤オプシンの紫ピークと青オプシンを同時に刺激)が視神経レベルでは区別が
付かなくなり色相が環になっている。
110 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 02:45:21.91 ID:r8C/YS1l
>>77
これ、面白いね。
物理的な光では、紫と赤は連続しないけど、
紫から赤に連続して補間して認知できるように知覚が進化した。
それによって、色相が円で表現できるようになった。

でも、この円の色相は物理的に説明できるものではなく、人間の錯覚から、そう決めたことなんだな。
赤、青、緑の角度は120度離れて表現されてるけど、視覚的にはきっちり120度ではないはず。

赤→青の色の変化を10000段階区別できたとして、
青→緑の色の変化を10000段階区別できるとは限らない。
当然、個人差もあるし。



19 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:23:10.42 ID:rT7LXTNo
難易度は食べた経験のない人に、味を教える以上に困難。
味覚でさえライチやカツ丼の味を-体験-無しで伝えるのは困難。
甘酸っぱいとか甘辛と言おうが「うちの国のリンゴや郷土料理と同じだ」となるのが落ち。

137 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 03:56:02.96 ID:ekxsA0Ps
>>19
味覚や嗅覚の神経細胞は、脳内では言語野から遠い位置にあるらしい。
臭いや味そのものズバリを指す言葉の少なさに繋がっているということで味とか臭いを
伝えるときにはなんか見たものの例えを引っぱってこないとうまく説明できないんだと。

「湿った犬の匂い」とか、ワインの表現が難解なのはそのせいもあるらしい。

濡れた犬



20 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:23:53.34 ID:JmMxVkOR
スーパービジョンにしか分からん画像無いの?

22 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:27:15.32 ID:jUvAoTyD
>>20
既存の表示装置では表現不能。
手近の液晶を虫メガネで見ればわかるが、赤青緑の三色しか組み合わせられないんだから。


iPhone4Sの液晶画面の拡大(Retinaディスプレイ)
23 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:29:28.40 ID:JmMxVkOR
>>22
言われてみれば間抜けな質問だったな、ありがとう



25 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:37:23.61 ID:4Nf9ypuw
別な色として見えるのか明るさとして見えるのか、音階のように紫の向こうは赤なのか。

30 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:43:03.73 ID:jUvAoTyD
>>25
別な色として見える。
色相が環ではなく球になるイメージ。



27 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:39:51.90 ID:M70QEKWr
カエルとか鳥も四つあるんだっけ?



31 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:44:08.22 ID:ydiOlZ25
女が色盲でない男と比べても色彩感覚が優れてるとか、食品の劣化などが分かる事は昔から言われてたよ。
客観的説明できなくても無意識に使ってるんじゃないか

106 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 02:39:23.83 ID:J4MTUEfW
>>31
それにした所で12%だから、女がって言い方は違うと思うぞ。



34 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:50:39.98 ID:QNmkBWyt
女の12%が 男より「好色」と言うのは理解できるな



35 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:53:01.93 ID:trO2sYzZ
女はテレビとか液晶の画質とか不満とかでないのか?
服飾は女が好きっていうのは理解できそうだけどな。



37 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 00:59:41.05 ID:3gKTbobD
今までは、RGBそれぞれの要素の強さで色立体を構成できたが、新たな色Xを導入すると、
色の種類が四次元に展開する事になるのか。

41 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:07:56.13 ID:jUvAoTyD
>>37
そう言ってもいいだろうな。

聴覚と比較するとわかりやすい。
聴覚を感じとる神経は有毛細胞といって短いものから、長いものまで何万本も並んでいる。
波長のうち代表として数点を感じとるのではなく、全波長に渡ってそれぞれ専用のセンサーを
用意しているわけだ。

だから(少々訓練すれば)複数の音程が重なっていても、それぞれ独立に認識できる
ドとソの音が一緒に鳴ったらミに聞こえる、なんてことはないわけだ。
45 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:12:30.80 ID:3gKTbobD
>>41
「和音のコードを認識して命名する」 みたいな感じの色認識かな。
50 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:17:44.15 ID:jUvAoTyD
>>45
四種類程度じゃそこまでは行かないな。
視覚細胞一つ一つが分光器ならそれが可能。



39 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:06:05.53 ID:CsTjQCKe
花火の色とか違ってみえることは推測できる。



40 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:06:35.69 ID:2LfMmrzB
「単色光の紫色」と「赤色光と青色光を混ぜて作った紫色」はスペクトル的には別物なので、
第4の350 nm辺りを検知する色覚があれば区別できる。(前者には反応するが、後者には反応しない)
鳥なんかはこれに近い色覚を持っているそうだが。



42 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:10:24.56 ID:CsTjQCKe
しかしちょっと話がおかしい。
これが本当なら常人には同じ色に見えるものが、超色彩能力者には別の色に見えるので 
簡単に発見できていたはずだし、超色彩能力のテストも色盲検査のチャートと同じものが使えるはず。


色盲色弱 色覚を補正メガネレンズ 「ダルトンメガネ」

52 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:18:33.21 ID:ydiOlZ25
>>42
生まれた時からの訓練で違う色を同じ名前で呼ぶと認識してれば発見できない。
日本人にとってのRとLの違いと同じ。生理的には識別能力があっても無視を学習すれば識別しなくなる。



43 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:11:53.54 ID:ydiOlZ25
最初の原始脊椎動物は5つの視物質を持ち、魚のサケは6つに増えてるそうです。(科学1995年7月号)
人から聞いた情報だと金魚は5色素を持ってるくせに3原色。
ウグイでは4原色かもしれないとか。



44 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:12:02.09 ID:CsTjQCKe
アパレル産業やアニメ産業など 色チャートを使う産業でそういう人が一杯発見されてるはず。
なんでいままで見つかってないのか?

53 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:19:41.88 ID:PyFcBH3w
>>44
スーパー色彩女「AとBは微妙に違う色ですよ」
凡人男「同じだろ」
凡人女「同じですよね」
スーパー色彩女「違うのに…」
凡人「勘違いだって。みんな同じだって言ってるじゃん」
スーパー色彩女「はぁ…」
60 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:30:41.99 ID:k9YSZ7Gf
>>53
微妙どころか全く違う色に見えたりするんじゃないのか?
71 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:41:47.44 ID:eeGdfjRJ
>>53
あるわ。



46 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:12:44.55 ID:PyxNROMv
じゃあさ、よく言われてる1600万色とかいうのは嘘なわけ?

47 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:14:35.15 ID:CsTjQCKe
>>46
1600万色は輝度の低いところでの識別で、明らかに100万色とは違って見えます。



48 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:15:06.98 ID:PyFcBH3w
セル画時代、ジブリの色指定のスタッフも女性がやっていたね。
パヤオが色を見極める能力は女性のが高いと当時から言っていた



49 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:15:37.54 ID:jUvAoTyD
それぞれの神経がカバーする範囲がどのくらい違っていてどの程度重なっているか
それらの情報を脳がどう扱うか。
そういうことを抜きにして単純に原色数は決まらないだろうな。



56 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:24:40.89 ID:fI5MNi0r
3色で十分じゃね?



57 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:26:31.05 ID:wue+vmQB
その分の脳の画像処理は重くなるはずだよな?

59 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:29:44.37 ID:jUvAoTyD
>>57
トータルの視覚細胞数が同じなら変わらんだろ。
色の認識に使う分だけ解像度が落ちるわけだ、ディザみたいなもんだな。



65 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:36:15.58 ID:ICccdlXl
進化したのか?



66 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:37:51.62 ID:odSKKs4E
オレは美術系の大学を出ているが、昔大学の授業で 「女性は4色の細胞を持っていて
男より微妙な色の違いを判断できる、だから口紅やファンデの微妙な色の違いにもすぐ気づく事が出来る。」
って教わったが、4色持っている人は少ないの?



73 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:44:16.18 ID:BzSTm7pU
女に霊みたとかいうやつ多い原因これだろ?



75 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:44:31.84 ID:KrZ1F6zi
久々にすげー面白い話題だ。
人類の進化っていうか、何千年後とかに遺伝子自由にデザインできるような時代が
もし訪れたら標準装備になるんだろうか?っていうか男には原理的に不可能なのかねこれ。

82 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:52:41.92 ID:ydiOlZ25
>>75
遺伝子導入すれば可能。
遺伝子異常のある男ならいるかもしれない。
雄の居ないはずの三毛猫に遺伝子異常で雄がいるように。



76 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:45:38.45 ID:0/TDCppo
紫外線か赤外線を検知する錐体細胞があるってことか。
人類全体に標準装備されると色々文化の幅が広がりそうだが。

91 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 02:05:55.98 ID:lbXnmXZQ
>76
増えてるのはたぶん黄色あたりの錐体だと思う。
常人に見えない範囲の波長域が見える訳じゃなくて、同じ範囲の細かい色の違いがわかる、程度の話。



79 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:50:18.08 ID:c9A+kzED
区別できるかどうか分かる画像くらい貼れよ。



81 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:52:12.75 ID:am2rQM+O
理解はできるでしょ?認識できないだけで。



83 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:53:24.88 ID:c9A+kzED
1億色って何ビットだよ?32ビット?



85 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 01:55:33.29 ID:r8C/YS1l
いわゆる「三原色で白」というのは、赤、青、緑しか認識できない人間が、そういう風に色を定義しただけあって、
赤、青、緑の波長が合成されて白になるなんて物理的な話しではない。

そもそも、白なんて、色は物理的に存在しないし、赤、青、緑の色も物理的に存在しない。
ある光の波長域を目が感じて、何色だと呼んでるだけなのだ。



89 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 02:02:19.53 ID:r8C/YS1l
白が物理的に存在しないことは、デジカメのカラーバランスの例を出せばわかるだろう。
人間の目は、太陽光と蛍光灯の白では、同じ白に見えても、カメラの物理的な目では、同じ白にはならない。

つまり、物理的に白が存在しない(人間が便宜的に白と感じるだけ)のだから、
色も三原色である必要が無く、視細胞によって4原色や7原色を感じる人がいても不思議な話ではない。

97 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 02:12:13.48 ID:jUvAoTyD
>>89
本当の「白」はあらゆる波長を均等に含んだ光なんだよね
音の世界でもホワイトノイズというものがあるけど同じ意味だ

でも人間の目は赤青緑の3色だけ均等に感じられれば「白」と認識してしまう
そして蛍光灯も人の目に白く見えるだけで実際には全波長均等な光ではない
一方フィルムやCCDは本当の白、つまり全波長均等な光に対して
人間には白く見えるようなバランスの赤青緑を出力するようになってるわけだ
偽の白である蛍光灯に対しても同じように反応する保証はない、と
99 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 02:23:40.62 ID:r8C/YS1l
>>97
そうなんだけど、すべての波長を均等に放射する物質(化合物)って存在しないと思う。
人工的に、白を放射する光源は作れないはず。
それも、厳密には「灰色」と呼ぶべきものだが。
100 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 02:26:24.65 ID:jUvAoTyD
>>99
その通りだな
そういう意味では「白という色は存在しない」というのも間違いじゃないね。



93 :名無しのひみつ:2012/07/09(月) 02:09:42.59 ID:ydiOlZ25
女性にしかいないのは、青色覚の遺伝子は第7染色体だが赤と緑色覚はX染色体にあるから。
X染色体は女性には2本あるが男性は1本だけ。

そして1本で充分な機能を持つX染色体が2本とも活動すると問題があるから片方は休止する。
しかし休止するのは細胞ごとにバラバラだからX1が活動してる細胞とX2が活動してる細胞が混ざってる。
そこで正常な赤と少し異常な赤'の2種類あれば女性は青,赤,赤',緑の4色覚を持てる。
緑’もあれば青,赤,赤',緑,緑’の5色覚の可能性もある。(青のある第7染色体は混ざらない)


コメント一覧

1. 名無し隊員さん  2012年07月09日 21:44
やたら色彩検定取りたがると思ったらそういう事なのか
2. 名無し隊員さん  2012年07月09日 21:56
おお、なんか久しぶりにここきた

波長の色の関係は面白いね
3.    2012年07月09日 21:57
鮮やかな虹を見ると透明な帯がくっきり出るよね。あれ何色って言うんだろう。
4. 名無し隊員さん  2012年07月09日 22:00
これとは違う話だけど、水晶体を取ると近紫外線が透過されて青がより一層青く見えるって話を思い出した
5.   2012年07月09日 22:06
もともと女の方が色識別能力高いよな
6. 名無し隊員さん  2012年07月09日 22:16
小学校の図工の時間で同じ系統の色を全体に使う子がいたけど
本人にとっては全部違う色だったんだろうなあ
7. 名無し隊員さん  2012年07月09日 22:17
俺男だけど色弱テストノーミスで全部の色見分けられるんだけど
そんな俺でも識別できない色があるのかと思うと胸熱だけどなんか悔しい
8. 名無し隊員さん  2012年07月09日 22:32
人型コーラリアンか
9. 名無し隊員さん  2012年07月09日 22:33
モノクロしか知らない人に青や赤を説明するのは難しいもんな
クオリアすげー
10. 名無し隊員さん  2012年07月09日 22:42
あーさんのことか。
11.   2012年07月09日 22:49
3原色でも2^8*3=16,777,216表示と言う事になってるんだから、各8ビット、24ビットじゃなく、10ビット、20ビットと上げて行く事で、10億、百億色対応可能
4原色なんてモノは知らん。
シャープのテレビでも見てろ
12.   2012年07月09日 22:52
共感覚なんかもあるしクオリアって一体なんなんだろうかと
この世界は投影されたホログラムはありなのか
13. 名無し隊員さん  2012年07月09日 22:56
ちょっと前に4原色のテレビ売り出してなかったか?
14. 名無し隊員さん  2012年07月09日 23:01
四次元の色彩が見えちゃうのか
軽く発狂するな
15. 名無し隊員さん  2012年07月09日 23:04
>既存の表示装置では表現不能。
>手近の液晶を虫メガネで見ればわかるが、赤青緑の三色しか組み合わせられないんだから。

この説明は正確ではない気がするんだが…
識別の話だろ?(アクチュエータじゃなくてセンサ
16.   2012年07月09日 23:09
この能力はあんま羨ましく感じないな
17. 名無し隊員さん  2012年07月09日 23:17
この能力の有効な使い道が思いつかない。
なんかあれば良いのに。
18. 名無し隊員さん  2012年07月09日 23:20
遥か昔のシャーマン、巫女と呼ばれた人たちにはこういう人が選ばれていたのかもね。
19. 名無し隊員さん  2012年07月09日 23:28
スレ住人が詳しくてワロタ
20. 名無し隊員さん  2012年07月09日 23:38
合計の錐体細胞の数自体は変わらないから3色に関する方の錐体細胞は相対的に少なくなるってこと?
そうすると3色の方の感度が下がるってことはないのかな?
21. 名無し  2012年07月10日 00:28
私がピンクのジャケットだと思ってる物が、家族にオレンジだよって言われて喧嘩したけど、これが原因?
黄緑と黄色とか、割りと齟齬が生まれてて謎なんだが。
22. あ  2012年07月10日 00:43
その人にとって大体の人間が色盲でも大体の人間にとってはその人が色盲なんだよな
色が多く見える事が本当に良いのかどうかようわからんが
23. 名無しさん  2012年07月10日 00:58
ジブリの色指定の女の人は2000色を使い分けることが出来る。これマメな。
24. 名無し隊員さん  2012年07月10日 00:58
※10に安心した
25.   2012年07月10日 01:05
普通にすげぇ・・・
26. 名無し隊員さん  2012年07月10日 01:18
味覚聴覚が言語野が遠いことと
においや味覚が具体的に説明しにくいのは別じゃね?

色は具体的にそのもの色を指して言葉にすることが出来る形あるものだけど
感覚は物理的に(視覚的に)は形がないので感覚を共有するしかないけど
感覚は人それぞれで、人の感じた感覚を、色と同じレベルで具体的に共有することが出来ないから、色ほど名称を固定して指すことができないことの方が大きいと思う。


関係あるのかもしれないけど、一番の理由ではないんじゃね?


まぁ色だって普通は、青を、青・薄い青・濃い青・紫っぽい青・緑っぽい青とか
「何々っぽい」って使って生活してるんであってアトランティコ・ブルー・ オリオン・ブルー・インク・ブルーなんて呼ぶやつはほぼいないわけで

さしてにおいや味と変わんないんじゃねぇかと。
しいていえば、色の方が、具体的な色を指す必要性が高いってことなんじゃないの?
27. 名無し隊員さん  2012年07月10日 01:35
※21
ここから一番近い色を選んで
ttp://www.finitojapan.com/cltable.html
28. 27  2012年07月10日 01:37
※21
あるいは逆にどっちかが色弱の可能性もあるかも
ttp://www.happycolors.net/simulation-list.html
29. 名無し隊員さん  2012年07月10日 01:39
薄化粧とかすぐに気づくもんね
化粧変えた?とか、
女の目ってどうなっとんねん!
30. あ  2012年07月10日 02:22
色見本みたいなの
欲しい色見つけたくてもない
間の色が欲しいのにって思うけど
それは違うのかな
31. 名無し隊員さん  2012年07月10日 03:27
外人と日本人は色の見え方が違うっつーのはこれと同じ話なのかね
32. 名無し隊員さん  2012年07月10日 05:05
瞳の色でも見え方少し違ってくるし
白内障とかでも見え方変わってくるがこれとは別の話だよ
33. 名無し隊員さん  2012年07月10日 07:43
色相環の間の色が欲しいっていうのはどんな色相環でかで変わるけど一般的なやつは大体の人が思ってる
34.   2012年07月10日 08:17
だからかーちゃんは俺が体調悪いの隠してもすぐわかっちゃうのか…
35. 名無し隊員さん  2012年07月10日 11:50
人間の目って、理論上は光子一個でも感知できるんだってね。
36. 名無し隊員さん  2012年07月10日 11:57
4色型色覚者の学者とかいないの?
37. 名無し隊員さん  2012年07月10日 12:57
においを表現するのが難しいのは色で言う絵の具が発達してないからじゃないの
例えたらバラ臭とりんご臭を混ぜると○○臭になる的な
って趣旨が違うね
38. 名無し隊員さん  2012年07月10日 13:24
「青の入ったピンク」
「青の入った緑」
って表現をして、「こいつ、何言ってんだ」って言われることが多いんだけど
39. 名無し隊員さん  2012年07月10日 15:54
4原色の増え方はこの考察が説得力あると思う
http://dog.w3m.jp/hobby/furu-color/index.html

色弱ならぬ「色強」のための4原色ディスプレイとか
そのうち作られるようになるのかな
40. 名無し隊員さん  2012年07月10日 16:57
普通の人は3つの色が混ざり合った形で世界を認識しているが、スーパーの女は4つの色が混ざり合った形で世界を認識していると。色認識において次元が違う世界に生きているということですね。

おばさんが電気のコードが切れたってまとめてつないでブレーカーを飛ばしていたのと何か関係があるような気がする。
41. 名無し隊員さん  2012年07月10日 17:25
アンビリーバブルか何かで白人の女の子の透視能力を確かめるために
インタビュアーとして来ていた芸人の特徴を当てているの思い出した

(確かその芸人は内臓が左右逆についてて女の子は『この人の心臓は違う位置にありますね~』みたいなことを言ってた気がする)

色弱がいるんだから色強がいても不思議じゃないよな

あとこの問題が理解されにくいのは
3原色の中で生きてるのに4原色の話を無理やりしてるからであって
2次元の中の女の子が3次元の俺らを認識できないようなものなんだよね・・・(´・ω・`)


42. 名無し隊員さん  2012年07月10日 17:51
でも凡人には光って見えないものが光って見えたりするんだろ?鬱陶しくて仕方なくね?
43. 名無し隊員さん  2012年07月10日 18:07
ここのテストで色彩感覚のテストが出来るよ
自信のある人は挑戦してみては

http://www.xrite.com/custom_page.aspx?pageid=77&lang=
44. 名無し隊員さん  2012年07月10日 18:48

それはここで言ってる内容のテストじゃなくね?
どうあがいても一般のモニタでは色を出せないんだし
45. 名無し隊員さん  2012年07月10日 20:26
スレ内のレスが頭悪すぎる
単純に赤の色を司る細胞に短波長側に感度があるだけだろ
46. 名無し隊員さん  2012年07月10日 20:39
波長がキャッチ出来れば、電子レンジが発光してるように見えたり、携帯電話を使う手を電磁波色が覆っていたりって事なのかな?
四色女にっとっては、夜も薄い紺色くらいに感じたりしてるのかもなあ。
デジタルよりアナログ写真の方が好きそうな気もする。
47. なんというか  2012年07月10日 21:18
人が見る映像は、
1,赤と青の中間の周波数の正弦波
2,赤の正弦波と青の正弦波を重ねたもの
この2種類の違いが全く識別できない。

という現象を利用しているのが、光の三原色の理屈

周波数の分解能はかなり低いが、代わりに解像度がものすごく高い。
可視光は直進性が高いため、形の識別にはこの方が都合がいい。

一方、人間の場合、音は直進性の低い周波数のにしか対応していない。
解像度は左右2点のみで、耳や頭蓋骨の反響を利用し立体感を補助的に感知している程度。
周波数の分解能は非常に高く、倍音成分は少数倍のものまで分別可能。
これにより楽器の違いから弦のハリ具合まで詳細に識別できる。
48. 名無し隊員さん  2012年07月10日 22:07
関係ないかもしれんけどちょっと思い出した

小学生の時に全体的に青っぽい色ばかり使って絵を描く子がいて
先生に「青ばかりじゃなくて色んな色を使った方がいいよ」と言われてたけど
その子の絵は色んな色が使われてるのに先生の言うことはよく分からないねーと周りの子と話してた
先生に何度も他の色を使うようにアドバイスされてる内にその子も涙目になるし
自分もその子の絵は変なのかな?と思うようになった
今思い出すとその子の絵は青ばっかり使った絵としか思い出せないんだけど
当時は確かに「色んな色を使ってるのに…」と思った記憶もあるんだよな
周りの子も同調してたし
当時は今と色が違って見えたのかね
少なくともその子には全体的に青っぽい絵もカラフルに映ってたのかも
49.    2012年07月10日 23:51
スーパーカセットビジョンなら持ってる
50. 名無し隊員さん  2012年07月11日 03:25
自分は軽いアスペルがーなのだが
前にNHKで緑の微妙な色を簡単に識別できる民族の話があった。
もちろん自分も一瞬で違いが分かった
そのぶんその一族はオレンジと緑だったか?の区別が逆に難しいらしい
自分はそんなことはない

昔色関係の仕事に就いていたが色見本をみて色を合わせるのが大変苦労した
色見本も印刷物であり紙媒体なので多少色斑がある
そしてその素材の質感によって同じ色でも多少光源の変化(反射を含む)と色見本と若干イメージが変わったり見えたりする
6万色ぐらいなら見分けがつく
クライアントにはその微妙な感覚はもちろん理解できず色決定だけでもかなり苦労した

また耳についても同様で1000Hzの音と1010Hzの音の違いなどが聞き取れるのだが
さまざまな都会のノイズが別々に入ってくるので大変なときがよくある
無線などWiFiや無線マウスの通信音もたまに聞こえてくるw
個別にはすごいスペックらしいのだが本人にしてみればエライ迷惑であったりする
51. 名無し隊員さん  2012年07月11日 08:37
確かにお前アスペだは
3行でまとめろ
52. 名無し隊員さん  2012年07月11日 08:43
馬鹿は知的コミュニケーションが取れないから
馬鹿なんだろう
なあお馬鹿さん 3行で答えてやったぞ
53. 名無し隊員さん  2012年07月11日 10:17
※17
※18のシャーマンをマージャンに空目したんやけど、ガン牌できるんちゃう?
54. 名無し隊員さん  2012年07月11日 10:29
※43
スコア14だった。  33歳♂
55. 名無し隊員さん  2012年07月11日 20:35
この世界に色があることに感謝するよHAHAHA
56. あすほーる  2012年07月11日 22:24
昔プリンターを買いに家電屋に行った際に
「5色機を持っていたが、この店には4色機しか置いてないが紫色はどの程度の再現できるの?」
と店員に聞いたら

「……はぁ?」

と返された
まぁ、商品が売れれば良いだけで色なんぞ関心ないだけだったのだろうけど。
57. 名無し隊員さん  2012年07月11日 23:17
※53
それだ!
58. 名無し隊員さん  2012年07月12日 02:25
へぇー…すげぇー…
うらやましー(棒
59. 名無し隊員さん  2012年07月12日 03:00
脳はおんなじだから赤~紫は同じで
赤外線に赤の一部紫外線に紫の一部
が割り振られるって感じなのかな?
全体が引き伸ばされる分
ほんのわずかな色の違いも感じれるとか?
60. 名無し隊員さん  2012年07月12日 15:40
単に細かい違いが分かるとかじゃなくて、色弱と3色色覚くらい違うんじゃないか
61. 名無し隊員さん  2012年07月12日 17:21
やたら色彩感覚に溢れた絵の著者を調べると、大体女性なんだよね。
女性特有のものだってのは分かってたけど、理屈は初めて知ったわ。
62. 名無し隊員さん  2012年07月12日 18:17
>>39
非常に面白かった
以後コメントする人はこのテキストを隅から隅までまで必修とする
63. 名無し隊員さん  2012年07月14日 07:03
「12%いる」って言われると多い気がするけど
「88%違う」って言われるとあんまり多くない気がする不思議
64. 名無し隊員さん  2012年07月15日 04:56
>>42
>これが本当なら常人には同じ色に見えるものが、超色彩能力者には別の色に見えるので 
>簡単に発見できていたはずだし、超色彩能力のテストも色盲検査のチャートと同じものが使えるはず。

よく分からんが特に超細かく塗り分けしてなかったら多少色が違ってても全く別色になるわけじゃなし
赤系で描かれた文字、紫系で描かれた文字って認識になるだけなんじゃないか?
65. あ  2012年09月09日 17:51
女が男より色に敏感なのは平均値的にそうなんだろ
12%てのはそのなかでさらにスーパービジョン持ちの奴がいる可能性の割合だから、女の方が、であってるぞ
66. 名無し隊員さん  2012年10月26日 01:17
※65
しかも男性は4.5%(白人だともっと多い)が色覚異常だと考えると
平均値は確実に女の方が敏感となるわな。
12%ってかなり多いと思うよ。
10個レジのあるスーパーだとレジ打ちのおばちゃんのうちの一人はスーパービジョンだって確立なんだもん。
67. 名無し隊員さん  2012年11月04日 01:44
色彩に敏感、なんじゃなくて違う色が見えるわけだよね??
この人色彩感覚がすごい、って感じた人もスーパービジョン持ちなのかね

性染色体上に色彩に関する遺伝子があるから赤緑色盲は伴性遺伝になる。
このときRとGが乗換えだか何だかで中間の波長に反応する遺伝子になると、
この2色の判別ができなくなる。
逆に、この変異遺伝子を持った女性はもう片方の遺伝子が無事なら
RG、Bと変異(RとGの中間)の4色を見る可能性がある
…んだとさ。うろぎき

そういう人は写真に写らない色があると感じるらしいけども。
68. 名無し隊員さん  2013年02月03日 01:14
鳥は、4色視出来る上に、視細胞にフィルターの働きのある油滴を持っているので、極彩色に見えるらしい。
69. 名無し隊員さん  2013年04月01日 00:59
そんなに色覚が優れていたところで何のメリットもないような気がするのだがね
70. 名無し隊員さん  2013年07月04日 16:37
色覚は多ければ多いほど捕食者から逃れたりエサを探したりするのに有利なのよ。
71. 名無し隊員さん  2016年03月11日 20:22
現代人は捕食される事がほぼなくなったのと食料の直接調達をしなくなったので 
"また"退化して2色型色覚だけの色弱者の人口割合が増えてきてるそうだよ

哺乳類の祖先だった爬虫類は基本4色型色覚だったが哺乳類になって"夜行性"となった結果2色型色覚に退化してしまった

しかし、哺乳類の中でも樹上生活を始めて昼行性に戻った霊長類は果実の識別が容易になってエサの獲得競争に有利な3色型色覚に再進化したという
が、ここに来て霊長類の中でも人類は果実の争奪戦をしなくても良い生活になったので2色型色覚でも問題なくなってきてるというわけ
(3色型色覚者の2色型色覚者に対する優位性がなくなり、淘汰圧がなくなったという事)




尚、一部の鳥類は5色型色覚を持つと言われる、やはり上空からの餌の識別は大変なのだろう。

コメントする

名前
 
  絵文字