本日の注目ニュース!!

2012年06月27日

他社に真似できぬ燃費性能  ボーイング787エンジン向け低圧タービン

39
コメント
引用元:sankeibiz


 米航空機大手ボーイングの最新鋭中型旅客機「787」のエンジン向けに、IHIの「低圧タービン」が受注を伸ばしている。部材や構造などを見直して大幅な軽量化を実現し、エンジンの燃費性能を大きく改善できると評価されたためだ。IHIでは、同タービンの受注総数を向こう20年間で約3200台と見込んでおり、長期間にわたり業績を牽引する“基幹装置”の一つとして大きな期待を寄せている。



 787は炭素繊維複合材を使って機体を軽量化したほか、搭載するGEnxエンジンについても従来の同型に比べ燃費を15%改善、トータルで2割の燃費改善を図った。エンジン装置のうち、低圧タービンを担当するIHIは、平成16年の開発当初から、常に燃費改善を念頭に取り組んだ(下略
5 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:15:53.72 ID:kbMZ42vj
同業他社ってKAWASAKIか?ガスタービンは作れないし新幹線技術は流出させるし
単車は変なのばっかりだしどうしようもないな

14 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:26:39.06 ID:SCOAatpY
>>5
外国メーカーじゃないの?日本でこの分野でIHIに敵う企業は無いような。
機体に限らず航空エンジンのパーツも国際分業の時代だし。



7 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:17:12.69 ID:UwQCFa8s
原発の非常用発電機にはガスタービンがいいな。
ディーゼルは始動性が悪いし、重くて屋上に置けないから津波に弱い。

49 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 05:37:44.95 ID:Ott3Sauz
>>7
火災の危険を減らすためには、燃えにくい燃料で発電できるディーゼルエンジンのほうがいい。
原子炉本体とは別の建物に置くような発電機なら、燃えやすい燃料で動くタービンでもいいが、
原子炉本体と同じ建物に置く発電機は、燃えにくい燃料は必須。
だからディーゼルでしょう。



9 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:20:06.24 ID:NpLL1ZSD
GEnxってJALの787だけだよな?
ANAの787はRRのエンジンだった気がする。



10 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:22:12.33 ID:kP8zX7Yp
ロールスロイスのT1000はどこの低圧タービン使ってるのかな?



12 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:23:58.92 ID:h40fsZRi
これ最近のニュース?かなり前に見た記憶がある。
1~2%燃費が良いから引き合いがある、って所に違和感を感じてたので。

60 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 09:04:25.46 ID:EEy3ABEL
>>12
結構前から特集番組かなんかで話題に出てたよな。
カーボン素材での軽量化とセットでさ。



13 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:26:36.16 ID:yWVXHJbV
GEnxの方がファンブレードもチタンとカーボン使ってたり、技術的難易度が高いわな。



15 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:27:47.24 ID:CaDIEU9r
タービンブレードってジェットエンジンのコアだろ。
エンジンメーカが単結晶炉とかレーザーで作ってんじゃないの。

25 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:43:40.00 ID:5LyXZL1o
>>15
高圧タービンが鍵で、ロールスロイスはイギリス国内で製造していたような。
あそこら辺の温度がエンジン性能のベンチマークになるくらいだし。



16 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:28:08.10 ID:yWVXHJbV
これか。

三菱重工|TRENT 1000
21 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:38:08.32 ID:kP8zX7Yp
>>16
なるほど。
三菱重工はタービンそのものではなく、タービンブレードか。



20 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:34:32.95 ID:GJBA+3pz
62年度って...
かなり先の年度だけど、西暦?それとも超ローカルな和暦?

23 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:40:48.26 ID:kP8zX7Yp
>>20
もちろん和暦に決まってるだろ。



24 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:43:22.06 ID:yWVXHJbV
B747はアポロ11号と同じ1969年生まれ 43年目だが新型機-8も出て現役だ。




26 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:43:56.46 ID:orClU8nq
もう、熱力学的効率には、行き着くところまで行っているんだろうなぁ。
最後は強度を保ちながら自分の重さだけで、それで1~2%削るのが限界なんだろうね。
飛ぶこと自体が非効率と言えばそれまでなのだが。



29 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:51:47.23 ID:bj7dhbAk
しかし、飛行機ってなんでもっと早くならないの?

33 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 01:11:41.09 ID:WUOTeiaH
>>29
現在の主力旅客機の速度はもうM0.85まで来てる。
これ以上音速に近づいたら造波抵抗で燃費悪くなるんちゃう?
超音速旅客機の研究もしぶとく続けられてるみたいだけどねぇ。
37 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 01:22:25.18 ID:zzQ2O/7l
>>29
超音速旅客機と呼ばれたコンコルドなんてのもあったよ。
コンコルド
44 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 02:10:37.13 ID:qb2K2R5W
>>33
この前、福岡発羽田行に乗ったら、時速1100km位出てたよ。
あれはビビった。
45 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 04:02:12.11 ID:rlnQL7E2
>>44
西風強いと速度ですぎることはよくある。
ただ、それは乗客が分かりやすいように対地速度に直してないかなぁ。
追い風強いと、対気速度は意外に大したことなかったりする。
47 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 05:24:55.87 ID:lbk4NJ+y
>>45
機内アナウンスの速度は全部対地速度。

41 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 01:34:05.71 ID:++wGUO6+
>>29
マッハ3ぐらいの飛行機(偵察機)なら、SR-71ってのが50年まえからあるよ。
宇宙服着てのるんだけどなw 航空機ではそんなことできない。

59 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 09:02:26.10 ID:z3HEJeJZ
>>41
XB-70なんてお化けも当時はあったしな。
スミソニアン別館に飾ってある半世紀以上昔のB367が、開発中のP1とほとんど同じ寸法
エンジン出力だしな



31 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 00:54:41.26 ID:GJ4DaW11
燃費向上には東レの炭素繊維複合材による機体が最も効果を上げているという・・・・



32 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 01:00:55.16 ID:ANqT9JyP
> 米ゼネラル・エレクトリック(GE)が最終的な組み立てを行う
IHIが誇ると言いながら、GEには筒抜けなんだなw
なんか滑稽でワロタw

34 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 01:16:16.45 ID:fQ2FujA+
>>32
馬鹿発見。



35 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 01:17:42.86 ID:++wGUO6+
この分野は国策もあって(カネがあって)技術流出しにくいからじゃんじゃんやれ。



36 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 01:22:21.80 ID:++wGUO6+
しかしまぁ研究開発にもっとカネ注ぎ込んでやらにゃダメだな
この分野はちょっと古臭い機械工学や材料工学の、しかし最先端技術が要る意外にロシアなんかは
この分野に優れてて、戦闘機なんかではアメリカに引けを取らないよな



38 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 01:22:42.90 ID:69Miz4Df
墜落した787を中国が回収

39 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 01:25:55.47 ID:zzQ2O/7l
>>38
× 墜落
○ 撃墜



42 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 01:42:36.91 ID:imaLUbL3
燃費改善策なら、空中給油やればいいのにって思うんだが


43 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 01:50:03.46 ID:n32fLMjO
>>42
空中給油機のコストが馬鹿にならない



46 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 04:45:47.05 ID:5ZYTR0nw
ここだけの話、GEnxは作れば造るほど赤字なのよね。歩留まりが低いし加工工程もまだ多い。
ICCの鋳造技術があればもっと削る量減らせんだろってな。



51 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 06:23:15.09 ID:BvDeXzI2
エンジンに炭素繊維フレーム、日本の航空産業も成長したものだ。
自力で純国産のジャンボジェット機が作れる時代になったのではないのか?



52 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 06:23:52.89 ID:yQOOSOAW
IHIって人事で韓国人優先の会社だって以前、騒がれていたよな。
この技術も、新日鉄のように流出して終わりだろうw

55 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 07:32:16.45 ID:86FJOcV+
>>52
韓国による日本乗っ取り計画は、確実に実行されているんだな。



53 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 06:25:38.01 ID:IeOwO9Al
MRJ見ればわかるでしょ。
全く無理な話。



54 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 06:41:15.15 ID:dNxTHYIF
イタリアでもやってるのにね。

Avio

65 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 11:40:29.44 ID:5LyXZL1o
>>54
リンク先よく読め…
stator parts of the low-pressure turbine (低圧タービンの"スタータ部品")



56 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 07:55:34.59 ID:U2pqEbeH
所詮はOEM生産



57 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 08:57:05.41 ID:z3HEJeJZ
下請け自慢
トヨタの下請け町工場のオヤジが、俺がレクサス作ってると自慢するようなものだろ(笑)

58 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 09:01:10.77 ID:RYS7o8/2
>>57
だが現実に、津波で多数の町工場が被災しただけで、世界中の産業が滞ったわけだが。
61 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 09:06:46.99 ID:H7ydNzMI
>>57
下請けの意味から勉強しなおせ。
組み立て屋が部品より偉いなんていつ決まった?



64 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 11:16:06.53 ID:a/760oBR
でもエンジン本体を作ろうとすると
GE P&W R&Rとそのロビイストから圧力がかかって潰されるんだろ?

78 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 19:51:32.63 ID:0l7Bq/xB
>>64
作ろうとしても作れないが正解。
予算つけて来なかったし開発経験もないしな。

いくら戦後の禁止令が響いたと言っても、今から追いつくのは相当大変。
毎年1兆円以上掛ければ、10年以内に世界最高水準のエンジンを作れると思うが・・・
79 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 21:05:59.30 ID:Thel7okI
>>78
1兆×10年・・・お前は小学生かw
100億円くらいあれば十分だろ。
96 :名刺は切らしておりまして:2012/06/26(火) 00:12:37.71 ID:MYpML6Z1
>>79
100億で出来るなら、とうに完成しとるわw



66 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 12:05:36.71 ID:AW4Wecyh
真似出来ないというか、もはや新規参入できる分野じゃないわな。



67 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 13:05:14.53 ID:BwDYcvhG
そのうち日本企業だけで、大型ジェット旅客機作れそうだな・・・

74 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 16:37:47.93 ID:gWpEiws9
>>67
作るのは、今すぐにでも作れるんだろうけど、
部品の信頼性や航行システムの検証で、とんでもなく時間がかかって売れる保証がない。
ボーイングから仕事貰ってた方が確実。
75 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 17:43:00.30 ID:a1TWghTR
>>74
仮に日本企業だけで作ったとして、ライバルに対抗する値段で売って開発費の元を取るには、
相当大量に売らないといといけないんじゃ?



68 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 13:31:17.95 ID:CaDIEU9r
昔そんなに混んでないころ、偏西風で大阪東京25分で到着なんてあったらしい。
今はなぜかほぼ定時か遅れるか。

70 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 14:10:52.09 ID:g+R3uSoM
>>68
それって全日空の機長が記録狙って直線飛行したやつでしょ
航空路無視したり、少しでも短距離飛行するために離着陸滑走路替えたりかなり無茶してるw
いまでは絶対に許されない



69 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 13:52:04.50 ID:3Sc4cC8o
軽のマイルドチャージみたいなもんか?



84 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 22:18:51.71 ID:36I2Ccx6
低圧タービン程度でで誇らしげなのが情けないというか哀れ。
日本の重工メーカの欧米下請け体質は、いつまでたっても変わらんなw



88 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 23:05:59.75 ID:VzktwkrI
まあ一番エンジンで美味しいのは高圧タービン部分なんだけどな。
低圧タービン部分と違って、燃焼室で燃やした高温高圧ガスを動力にしてエンジンを回す。
主要部品に高圧タービン部分のファンブレードが、エンジンの4000稼動時間とかで交換と相成る。



インクは血よりも高い

その交換部品(ファンブレード)の利益がパないw
プリンタでいうところのインク、電動剃刀でいうところの替刃みたいなもん。
この中核技術だけは、日本企業が必ずといってもいいぐらいタッチさせてもらえない部分。
自前の航空エンジン企業がない、日本の悲哀だぬ。

89 :名刺は切らしておりまして:2012/06/25(月) 23:12:53.16 ID:EZ2dbNWh
>>88
産業用の大型ガスタービンではMHIが世界でも屈指の技術を持っているが、
航空用となると、更にハードいるが高いようだね。

コメント一覧

1. ku  2012年06月27日 21:04
とは言え、エンジン全体としては開発遅れていたよな・・・。

ANAがトレント1000を選択した理由はソレだろ?
2. 名無し隊員さん  2012年06月27日 21:28
IHIはエアバスに採用予定のP&Wの新型エンジンにもFPR技術提供するらしい。
XP-1のF-7エンジンの経験も活かされている。
3.   2012年06月27日 21:38
一流エンジンを作れるのが二ヵ国三社だけつうのも…
ハードルめっちゃ高いんだろうな
4. 名無し隊員さん  2012年06月27日 21:40
航空機用エンジンは一社じゃ作れないくらい高度になってるからな
IHIに限らず、○○しか作れないっていいう製品の塊
正直、純国産(×準国産)の飛行機を作ろうとするのはナンセンス
5. 名無し隊員さん  2012年06月27日 22:10
このコメントは削除されました。
6. 名無し隊員さん  2012年06月27日 22:35
LE-7を作ったのに比べたら楽なもんだろ
宇宙は無駄。と言ってたアホウは今もその技術に支えられているを気が付いてない
7. 名無し隊員さん  2012年06月27日 22:40
純国産の超大型旅客機なんて未来永劫無いんじゃ無いか?
ボーイングですら他国との分業前提になってるし
8. あ  2012年06月27日 22:44
※7
超大型旅客機自体、今の主流じゃないしな。
9. 名無し  2012年06月27日 22:58
余談だが世界初の量産ツインターボエンジン搭載車のマセラティ・ビトゥルボのターボはIHI製
10. 名無し隊員さん  2012年06月27日 23:14
戦時中は満足できる性能の排気タービン付きエンジンを1つも作れなかった日本企業が
今こうやって輝いてるのを見ると感動するなぁ
11. 名無し隊員さん  2012年06月27日 23:17
空中給油は燃費改善が目的じゃなくて
兵器満載したいので燃料削って離陸重量制限をクリアする軍用機の航続距離改善が目的だね
12. 名無し隊員さん  2012年06月28日 00:16
>原発の非常用発電機にはガスタービンがいいな。
ガスタービンは一旦停止すると冷却が済むまで再起動できない。
こういうGT特有のデリケートさから来る事情が有って、病院なんかでも
本当に重要な非常用発電機は95%ディーゼルが導入されてる。
燃料は軽油で良いし単体重量は軽いけどなぁ…
13. 名無し隊員さん  2012年06月28日 00:25
>6
ロケットエンジンとジェットエンジンの設計思想は全然違うぞ。
ロケットエンジンは「いかにフライト中壊れないぎりぎりで軽くするか」というのが難しいけど、
ジェットエンジンは寿命が命だからな。燃費ももうギリギリをさらに削ってる感じだし、疲労強度とかクリープとかいろいろ大変なんよ…。
14. 名無し隊員さん  2012年06月28日 00:27
B787が就航して長距離直通便が可能になるとハブ空港の地位が低下するんじゃないかと言われているけど、ハブ特化のA380は就航に空港施設の改良を要するだけにどうなるんだろう?
15. 名無し隊員さん  2012年06月28日 01:23
ガスタービンは燃えやすい燃料が云々とかガスタービンは一旦停止すると冷却が云々とか
アホ丸出し。A重油でも回せるし、そもそも冷却不要だっつーの。

小出力に向かない、変動出力に向かない、メンテナンスコストが高い、
始動コストが高いので頻繁な停止~再起動すると燃費がかさむ、
これらがレシプロを選択する理由であって、病院の用な数百kWクラスならともかく
数千kWクラスより上の「非常用」発電機ならガスタービン一択やろが。
16. 名無し隊員さん  2012年06月28日 03:39
数日前に、ボーイングの炭素繊維を隣町でつくってるって知って驚いた。
17. 名無し隊員さん  2012年06月28日 07:11
※13
その通りですけど、IHIの場合だと部分部分(素材の加工とか)では応用可能な技術もあるので、ロケット開発と無関係ではないと思う。
18. 名無し隊員さん  2012年06月28日 07:43
>>20
50年間と言う意味で西暦だろうな。

>>57
下請法って知ってる?
どう言う企業が対象か調べてみ。
19. 名無し隊員さん  2012年06月28日 08:14
なんでエンジンや全部作らないのってあるけど、
航空機メーカーはどんどん統廃合が進んでるし、
今から参入しても自滅するだけだろ
半導体メーカーも1位以外はほぼ赤字になるとか言うし、
意外と先進科学による製品は資本主義による競争の限界を
迎えているんじゃないか
20. 名無し隊員さん  2012年06月28日 08:43
管理人が韓国どうこうとか知性のかけらもないレス拾ってんのは誰かに金貰ってるから?
21.   2012年06月28日 09:47
ガスタービンて始動にコンプレッサーとか必要で、始動に電力結構食うんでないの?
それで非常時大丈夫なの?
22.    2012年06月28日 09:55
技術発展の停滞が資本主義の限界とも言えるね
富裕層が新しい技術手に入れられなければ
資源やエネルギーを独占して欲求を満たすと思うよ

産業革命以前に逆戻り。
23. 中身◆OZ3bFThwrE  2012年06月28日 10:27
*20
まったく載せないのもどうかと思って。
24. 名無し隊員さん  2012年06月28日 10:38
日本企業としては、最終製品まで作って競争するよりも、
ボーイングにもエアバスにも双方に部品を供給できる商売を目指した方が賢いんじゃないか。

最終製品の組立工場で労働力を安くこき使ってシェアを伸ばす海外企業があったとしても、
そこの売り上げが最終的に利益として還流していくのは、
『替えの利かない高付加価値な部品・モジュールや素材』供給元としての日本企業や、
株主である日本の金融機関、という鵜飼いの構図を目指しているんだと思う。

貿易摩擦も起きないし、土民との知財を巡る面倒事なんかに直接わずらわされることも減る。
ファブレスまで行っちゃうと雇用が減り過ぎちゃって、国全体としての旨味は減ると思うんだわ。
25. 名無し隊員さん  2012年06月28日 10:44
※20
いいと思うよ。
載せなきゃ載せないで「わざと抜いてるだろ」って言われるだけだからな
26. 名無し隊員さん  2012年06月28日 11:55
※20

技術流出は一番懸念される話題だから載せても問題ないでしょ。

※19

焼畑し過ぎて1位すらまともに利益が出せない状況だとか聞いた。DRAMの値下がり率見ると
どうやって利益出してるのか不思議に思うほど下がってるし(8割~9割OFFなんてのもザラ)
これじゃあルネサスやエルビーダが潰れるのも当然だと思う。
27. 名無し隊員さん  2012年06月28日 14:20
旅客機では音速の突破時の衝撃で機体のメンテナンスが大変になる事と、
大気との摩擦も機体にダメージを与えるからあまり現実的とは言えない点
また、空気の流入が減るとジェットエンジンの燃費が落ちること、
逆に高速飛行を念頭に置くと低速時の燃費が落ちることも原因か?

ちなみにかの有名なM3での飛行が可能だったSR-71も駐機中の常温状態では、
高温で素材が膨張を防ぐ対策のためにあった機体のスキマから、
高熱になる機体の冷却に使い、最終的にエンジンに放り込むための特殊燃料が
常に漏れ出すような。そんな仕様だったらしい…

あと>>57のような認識の日本人が増えて、デカイ企業で胡座をかいているから、
日本の企業群の体力が無くなっているんだよな…
その割りに間違った「コスト削減」を叫んで更に技術者を…バカなんだな。経営陣が。
28. 名無し隊員さん  2012年06月28日 14:29
※26
DRAMに関していえば前年からのDDR3メモリー下落は
DRAM一位の某企業が焼き畑したって話だ
おかげで8GBモジュールが1万割れになって一部で喜ばれたけど、
DRAMに偏っていたエルピダが「焼き畑+円高無策」コンボでやられた。
それまでメモリー各社はメモリ価格の必要以上の下落を抑えるために
暗黙の了解の元で必死にやりくりしていたんだよ…
確か数年前のDDR2のスポット下落もその一位の某社発端だったし、
本当に害悪でしかない

しかし…搭乗時は3万円もしたDDR3の8GBモジュールが、
わずか三ヶ月で3分の1の1万円をわったのは圧巻だったな…
29. 名無し隊員さん  2012年06月28日 18:31
>>79
100億じゃ「既に技術を持っている」状態で、「既存技術の流用を前提とした」特に目新しい部分の無いエンジンの開発にすら足りないんじゃないかなぁ
30. 名無し隊員さん  2012年06月28日 19:42
アメリカやロシアは軍からじゃんじゃん研究開発費が湧いてくるからな。
よくやってると思うよ。
31. 名無し隊員さん  2012年06月28日 22:17
米28
つまりカルテルを肯定するって言うこと?
32. 名無し隊員さん  2012年06月28日 22:53
※31
記事から全く離れるし、難しい話だけど"価格カルテル"ではないよ
「暗黙の了解も価格カルテルだ」というならば、そうなるけど
生産量の調整はどんなところでも市場を読んでやるわけよ
そうしないと各社が価格暴落からのドミノ倒産倒を防ぐための企業の防衛機構
例えば商品が100個しか売れない市場に200個投入しても売れないでしょ?
売るためには価格を下げるしかない。やりすぎると原価>製品価格になるわけで…
みんながそれをやると…あとはわかるな?
33. 名無し隊員さん  2012年06月28日 23:48
米15
悪いけど非常用発電機で数千kwクラスなんて見たこと無いわw

巨大工場でも動かすんならともかくそんなニッチな話を無理に持ち出されてもね…
34. 名無し隊員さん  2012年06月29日 12:36
↑ほれ
http://www.khi.co.jp/gasturbine/product/industry/emergency.html
35. 名無し隊員さん  2012年06月29日 22:10
米34
いや、そういう物が製品として存在するのは当然知ってますよ?
36. 名無し隊員さん  2012年06月30日 19:38
一応言っておくと
非常用発電としてガスタービンは非常に優れてる。
原発の事故だって、冷却できなくて即逝ったディーゼル発電機も原因の一つ。


37. 名無し隊員さん  2012年06月30日 21:12
>冷却できなくて即逝ったディーゼル発電機
はいはい。中途半端な知識乙
38. 名無し隊員さん  2012年06月30日 23:10
米37
なんら意味を成さないあおり文句でしか返せないなら、科学ニュースみなければいいんじゃね?
39. 名無し隊員さん  2012年07月01日 01:06
じゃぁ、発電機が冷却不能になったっていうソースを持って来い。
話はそれからだな。

コメントする

名前
 
  絵文字