本日の注目ニュース!!

2012年03月05日

軽度の干ばつがマヤ文明を滅亡させた?

25
コメント
引用元:AFP BBNews


 今回の研究は、石筍(せきじゅん、鍾乳洞で滴下した水の含有物が堆積してできた石灰質の突起物)や浅い湖から得た過去の降雨量の変化のデータを基にしたモデルを使い、マヤ文明が衰亡したとされる紀元後800~950年における降水量の減少量を正確に測ろうとする初の試み。

tityen


 分析の結果、河川がなく雨水に依存していた地域では、軽度の干ばつでも厳しい水不足に陥った可能性があったことが分かった。ローリング教授は、ユカタン半島(Yucatan Peninsula)の低地には河川がなく、夏は主な耕作期であるとともに、水源の水が補充される主な季節でもあったと説明した(下略
3 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 03:26:45.87 ID:yuACpSxH
随分と貧弱な文明だな。
こんな文明が残したマヤの週末予言なんてカスだわw

14 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 03:48:58.75 ID:sUF7R0fv
>>3
カガワウドン文明を馬鹿にするな。
サメウラ危機一髪。

800px-Sameura_Dam
早明浦ダム



5 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 03:31:59.66 ID:Ghsnj5I+
それなら、雨乞いの遺跡がたくさん出てくるはずだが?




6 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 03:36:44.12 ID:+5JndyEr
ユカたんって可愛い女の子の名前みたいだよな・・・

24 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 04:27:54.31 ID:JlCmFrLL
>>6
最初にやってきたスペイン人が現地人に訪ねた。
スペイン人「ここはどこだ?」
現地人「おまえが何を言ってるのかわからん。」

これが、スペイン人には「ユカタン」と聞こえた。



7 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 03:36:51.40 ID:RLprYiTS
潅漑とか治水の技術はなかったの?
インカの優れた潅漑技術 水路の一部
インカの優れた潅漑技術 水路の一部



9 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 03:43:23.60 ID:F7WL3OsF
こんなショボイ文明の予言に、人間達は右往左往していたのか・・・

10 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 03:45:46.71 ID:+5JndyEr
>>3と>>9が
>>1の記事を神のお告げの如く、絶対的に妄信してるのがワロタ。



13 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 03:48:45.10 ID:6azsawLv
スペインやらポルトガルが乗り込んだからじゃねーの?

19 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 04:11:24.33 ID:uPgT5JaR
>>13
それ主にはアステカ文明とインカ帝国。
マヤも最後まで残ってたところはスペインにやられてるけど、
スペインが来る以前にほとんど滅んでた。



17 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 04:01:09.39 ID:IO2XQk8O
マヤ暦じゃ自分ら滅びる干ばつも予言できんかったわけやんよ。



20 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 04:19:44.03 ID:RLprYiTS
05-b
クリックで拡大

10世紀の前半から後半にかけて、急激に温暖化してるけど、
火山の大噴火とかあったんだろうか?

22 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 04:23:59.94 ID:aeP6YJor
>>20
大噴火あったら、むしろ粉塵に太陽光遮られて寒冷化するんじゃね?



23 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 04:25:03.26 ID:Fu52megW
水源の無い土地で文明が発達したってところが興味深い。



21 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 04:23:58.58 ID:vqlHytFr
>>1そうかも知れないと思い始めたところに、>>5があってよかった。

25 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 04:29:32.74 ID:+Pk3mTI/
>>21
おい待て。
この頃の遺跡には雨の神チャックが建物にたくさん彫られていたよ。
例えばプーク様式とかね。



29 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 04:50:45.92 ID:rN9zHfXO
そ、それでは水資源の脆弱なうどん県の未来は・・・ごくり。

30 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 04:54:43.74 ID:+Pk3mTI/
>>29
お隣からポンジュースを拝借して・・・



31 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 05:34:58.41 ID:uLNBgR6G
> 降水量は25%~40%減少
これって軽度なの?

37 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 12:05:38.39 ID:/AwdVDwe
>>31
日本でこれがあったら大変だな
東京の年間雨量1460mmが850mmになる年が5年間続いたらボロボロだ。

マヤではこの干ばつにより、それまでの神官と神殿を中心とした文明に、捧げ物が出来ないほどに収穫が減少してしまい神殿の権威が下がり、文明を維持できなくなって住民が各個バラバラに農業を行う文化に戻ってしまった、という事なのであろうか。

ユカタン半島は年間雨量1200~2000mm程度のようだが、これが800~1200mmになると確かに大変だな。
熱帯である程度に密な森林が成立するには、乾季の長さにも因るが1600mmの雨量が必要になる。雨量1000mmのままだと、土地が乾いて乾季にろくな作付けも出来なくなって収穫量が半減してしまう。



33 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 10:05:03.38 ID:7yo+eSzL
文明滅亡と民族滅亡は同義?



34 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 10:12:04.63 ID:YwloFY0P
もともとマヤ文明って、何回か都市が放棄されたりしてんだよね。
それも気候不順のせいと言われてるけど。



40 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 15:19:17.29 ID:kOAmqT21
25%も降水量が減るのは、軽度の干ばつなのか。
例えばメコン川流域でも中国のようにダムで水を独占する動きがあれば、
下流の国全体が混乱する、主要河川が無い地域ならなおさら。





42 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 21:55:29.15 ID:Nrko5ezK
鉄砲と天然痘でじゅうぶんですよ。

44 :名無しのひみつ:2012/03/04(日) 22:05:22.21 ID:HE9PJkke
>>42
お馬さんも入れてください。
アメリカ大陸は人類が入り込んだのが遅かったので、人類に慣れていなかった
現地の大型獣は、新人類の最新の狩猟方法で瞬殺された。
結果、その後の現地人は大型獣の家畜化を進められなかった。



50 :名無しのひみつ:2012/03/05(月) 18:31:29.19 ID:alecS4aM
9世紀前後に軒並み滅びたのは、干ばつのせいじゃないかって昔から言われてたことだよな。
カルスト地形で川がないから、ちょっとした干ばつでもすぐ水不足に陥ってしまうって。


コメント一覧

1. ku  2012年03月05日 20:23
高階 良子に聞いてみよう、そうしよう(棒。
2. 名無し隊員さん  2012年03月05日 21:14
25%降水量が減ったって蒸発量は大差ないだろうから、使える水の量は激減だろ。
だったら軽度以上の旱魃じゃないのか?
3. 名無し隊員さん  2012年03月05日 21:38
漫F画太郎先生のドストエフスキーの罪と罰はマヤがマヨに変更になったんだっけ?
4. 名無し隊員さん  2012年03月05日 21:40
25%~40%の降水量減って、軽度じゃねーぞ
香川だったら暴動から内乱に発展して、四国全土が戦場と化すレベル
5. 名無し隊員さん  2012年03月05日 21:46
早明浦ダムはヨウ化銀かなんか空に散布実験してたから干ばつに見舞われただけじゃないのかって言われてて、本来は日本屈指の豪雨地帯らしいな
ちょうどゲリラ豪雨が流行った頃。ゲリラ豪雨の原因はこの実験と中国のオリンピックでの散布じゃないのかって話を聞いたことがある
うどん県は海水を真水に変えてくみ上げて池田ダムに新しくパイプか水路通して流し込んで豪雨の前は新しいパイプか水路から海に流しきってしまえば水の心配が激減するぞ。塩の問題も元の場所に水流すから一応±0。うどん用に出来るならしてしまえばいいし。ダムが枯渇しそうなら早めにくみ上げて、ダムが溢れそうなら早めに流してって双方向に流せる仕組みの構築やっといたほうがいい。
6. 名無し隊員さん  2012年03月05日 21:48
北京オリンピック開催中はゲリラ豪雨なし。工場止めてたからって説もある
7. 名無し隊員さん  2012年03月05日 22:21
地獄のミサワのリンクなくなったの?
8.   2012年03月05日 22:31
増えた人口を自然環境が支え切れず文明崩壊ってもう定番やね
いずれ地球希望で起こるのかな?
9. 名無し  2012年03月05日 23:56
「あれは何?」
「何言ってんのか分からん」
「ほう、『何言ってんのか分からん』って言うのか」
ていう説は色んなことに対して聞くけど、本当なのかな
10. 名無し隊員さん  2012年03月06日 00:10
※9
金田一博士(親父の方)がアイヌ研究で使った手法だろ?
11. 名無し隊員さん  2012年03月06日 01:05
ポンジュースうどんか…
12. 名無し隊員さん  2012年03月06日 02:17
*11
ゆで汁のためにポンジュースを奪うモヒカンか
世も末や
13. 名無し隊員さん  2012年03月06日 02:28
インカ帝国の成立 つボイノリオ
14. 名無し隊員さん  2012年03月06日 02:47
前からあった仮説に物証が見つかった、って感じなのかな。
なかなか興味深い。
15. 名無し隊員さん  2012年03月06日 03:13
茹でる→〆る→ゆがく→食う→洗う、水はいくらあっても足りない
16. 名無し隊員さん  2012年03月06日 04:39
※9と※10の会話が全く噛み合ってなくてワロタw
17. 名無し隊員さん  2012年03月06日 11:16
自分達が生活してる土地の数年先の天候も予測できない文明がどうやって当たる預言書など作れるんだよ。
18. 名無し隊員さん  2012年03月06日 11:36
※17
いや? 「預言の書」なんてオレでもお前でも書けるぞ?
「当たる」なんてのはだいたい勝手な解釈だ。
ノストラダムスの"預言の書"とか"アナグラム"と勝手解釈のオンパレードだぜ?
例えばお前が「預言の書()」を適当に長い文章を書いてあとで、
何か事が起こったら「アナグラムでこういう文書を隠したのだ!」って言えばおk。

ついでに言えば、現状でも「数年先の天候予測」なんて不可能だから!


あと>>3,>>9はマジで言っているのか?
ユカタン半島周辺なども他の赤道直下の地域と同じく、
通常雨が多く「熱帯雨林地帯」なわけで…。
19. 名無し隊員さん  2012年03月06日 12:17
茹でる→〆る→ゆがく→食う→洗う、ポンジュースはいくらあっても足りない
20.   2012年03月06日 14:04
このコメントは削除されました。
21.   2012年03月06日 16:22
海水温度の影響も大きいんじゃないかと思うけど降水量

夏の嵐が減ったと想定してるみたいだからそっちじゃないかと素人の当て推量
22.   2012年03月06日 16:27
カルスト地形で表土剥き出しだとあっという間に乾いてしまうんじゃ
蒸発しようにも水がないとか

現在はジャングルに覆われてるけど、南米で百年二百年くらいで熱帯雨林復活した例が
以前牧場だったところにいったらジャングルになってたという
23.   2012年03月06日 16:37
このコメントは削除されました。
24. 名無し隊員さん  2012年03月07日 07:15
何かで見たのか忘れたけど、石灰を作るために木を切り倒しまくって

あげく、森が保水しなくなったって。

今回の説は干ばつだけど、前者もふくめ少なからず何かしら生活に影響があったんじゃないの?
25. 名無し隊員さん  2012年03月07日 12:55
11
既にみかんうどんなるものがあるよ。大丈夫。

コメントする

名前
 
  絵文字