本日の注目ニュース!!

2012年02月27日

古代遺跡ストーンヘンジは、音波干渉という現象に触発されて生まれた?

15
コメント
引用元:AFPBB News


 英古代遺跡ストーンヘンジは音波の干渉という現象に触発されて生み出されたとの研究を、米科学者が16日、カナダのバンクーバーで開かれた米国科学振興協会(AAAS)のカンファレンスで発表した。

ストーンヘンジ
ストーンヘンジ


 (中略)20年にわたって洞窟壁画を研究し、古代遺跡の音響面に深い関心を抱いてきたスティーブン・ウォーラー氏は、現代の科学者が音波の効果であると考えている現象が、過去には極めて謎に満ちていたため、ストーンヘンジが建設されたとの説をとなえている(下略
14 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 00:44:48.97 ID:bAtyc6er
どの文化にも音に関するものが多分に含まれていたはずなんだけど、
そういったことにあまり関心が行かなかったのは本当。音に関する要素に着目したのは面白い。



16 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 01:02:14.01 ID:rQwkCDvL
意味不明な神話の伏線がここで繋がったのか・・・



20 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 02:18:39.79 ID:LsutyngE
単一の信号を複数のスピーカーで鳴らす話なら、これは日々経験していることなので大いに納得だが、
二つの別々のバグパイプを別々の人が演奏して、厳密に同じ周波数が出るとは到底思えない。

32 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 07:01:19.65 ID:U0xJGxQl
>>20
バグパイプがどういう楽曲か知ってるかな?
移動式オルガンといえば想像しやすいかもしれんが、口で袋を膨らませて脇のしたで袋を潰して音を出す。
口内の大きさや吹く強さでピッチを変える管楽器は多いが、バグパイプはそれが出来ない。



つまり厳密に同じピッチにチューニングできる。
チューニングする際は笛部分の長さを調整するが、これは他の楽器と同じ仕組み。
この件と関係があるかどうかは別問題だけどな。



21 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 02:26:38.76 ID:Ac5SfLMc
遺跡の中には、身体との共鳴作用を起こすしかけが見受けられます。



22 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 02:42:18.06 ID:/jktAuk9
なんだ、和音と不協和音の印象を回りくどく、かつ無知に語ってるだけじゃん。
和音の周波数なんて遥か過去の時代にすでに解明されてるじゃん。
さすが米学者、程度が低いのう。

39 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 13:35:12.09 ID:COFc3h/u
>>22
> 和音の周波数

和音の周波数はベースになる音(基音)の周波数によって変化する。
正しくは和音の周波数比。330Hzの音と440Hzの音を同時に鳴らすと、差分の110Hzの音が
鳴ってると錯覚することがある。



24 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 03:30:19.94 ID:SyTuc1rq
音に関連する考古学は難しいらしいね。
耳コピが多いし記録があっても言葉よりも解読が困難。



26 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 04:59:00.70 ID:YxiKkwST
なんで何にでも意味があると考えるんだろう?
現代と同じように、意味のないものを発想する古代人がいたかもしれないだろ。
作らせた権力者が前衛芸術家肌だったのかもしれないだろ。

37 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 12:03:26.65 ID:riWEzWjJ
>>26
何も意味を持たせない、無秩序を表現しようとしても、
数学的に見たらそこかしこに黄金比白銀比が見られるという事もあるからなぁ。
何も意味の無い芸術的なモノを人は作りうるんだろうか?とも思う。

ストーンヘンジに限って言えば、建設期間が長すぎるから何か意味のある場所だったのか、
何か意味を持たせて作られたのかと考える方が自然でしょう。
50 :名無しのひみつ:2012/02/25(土) 21:05:23.16 ID:vGlinuQl
>>37
芸術といってる時点で見当はずれ。
不可思議な現象は神様の力だと考えられてた、まずその視点から
昔の人は洞窟などを上手に使って、トランス状態を作っていた。
電気も無く夜は星が沢山見える時代、音は非常に重要な要素だったはず。
53 :名無しのひみつ:2012/02/26(日) 04:56:35.23 ID:Nlw/eOBr
>>50
神というより、魔法や魔術的要素だろ。
ダーナ神族が神と言っていいのか難しい所。



38 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 12:53:45.08 ID:lWNzxGZj
で、ストーンヘンジの場合の楽器とか音源の間隔は?



41 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 14:25:55.85 ID:TxsTOuCN
ただの音の干渉実験じゃないの? 適当な岩があればどこでも起こる。



42 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 14:43:22.84 ID:SFLdEoJb
並び方も問題だな。



44 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 19:01:36.60 ID:4zMYK3/2
現代を遺跡化させたとすれば、この札幌大通公園の滑り台には
どのような意味がつけられるのだろうか。



46 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 20:06:43.90 ID:CSbS8OnB
>>44
未来に記録が残っていないとして、どのくらい文化の違いが発生しているかで当てられるかどうかだな。
子供が上って滑り降りる遊びなんて意味づけは、そういう文化が残ってないと想像もできんだろうな。
未来の発掘者には、不思議な儀式で使ったんではないかという解釈で十分。



47 :名無しのひみつ:2012/02/24(金) 22:26:45.12 ID:4zMYK3/2
岡山付近の直島にある巨石だが、これもやはり同様の遺跡化を考えれば、
コスタリカの巨石のような謎になるはずだ。


by 地中美術館

49 :名無しのひみつ:2012/02/25(土) 04:22:46.10 ID:e7t7QmjS
>>47
逆じゃないかな?
そういう技術があったという証拠になるか、労働力余力があったという証明じゃないかな。
現代は技術が、コスタリカの石は社会的余裕と支配者がいたっていう証じゃないかな。



51 :名無しのひみつ:2012/02/25(土) 23:17:25.23 ID:GiPso58D
これそんなにたいしたものかね。
当時エジプトはクフ王のピラミッドの時代。それに較べて田舎だなあ。
イギリスがいかに地の果てか、際立つばかりだ。

環状配石墓
by 環状配石墓

同じ時代の三内丸山遺跡にもストーンサークルあるしな。
レベル的にエジプト >>>>>>>> イギリス=日本

53 :名無しのひみつ:2012/02/26(日) 04:56:35.23 ID:Nlw/eOBr
>>51
地学的に当然。
人類が安定して繁殖するのに必要な条件が揃っているだけのことだ。



54 :名無しのひみつ:2012/02/26(日) 07:42:49.02 ID:2UU67CU7
昔から儀式の場で音はすごく重要なもんだった。
人々は不思議な音色によって辺りに非日常的な雰囲気を漂わせ、儀式がより神聖で特別な物に
なるよう演出していた。インドネシアのガムランも日本の笙もそう。



ストーンヘンジも昔の人々が、音にまつわる不思議な現象を象り、こういった物として使っていた
可能性も十分ありえるよってウチのインコが言ってる。

55 :名無しのひみつ:2012/02/26(日) 10:53:20.83 ID:Nlw/eOBr
>>54
笙って日本だっけか。



57 :名無しのひみつ:2012/02/26(日) 19:29:40.21 ID:N0KNK44c
他のストーンサークルも音波干渉で説明するのは、ちょっと無理がある気がするけどなぁ。
音を遮るほどのデカい石使ってないサークルも多いし。




58 :名無しのひみつ:2012/02/27(月) 16:34:19.25 ID:WEyNQCez
>>57
完全に音を遮る必要はない。
音圧を20dB程度下げるだけでいい。

コメント一覧

1. 名無し隊員さん  2012年02月27日 21:14
面白いなぁ。

最初の段階では「音」という意味があってやったことが形式化していったのかもしれないし
逆にどんどん大きなものを作れるようになっていったのかも知れないし。
2. 名無し隊員さん  2012年02月27日 21:17
ソース略しすぎだろ。
これじゃわからん
3. 名無し隊員さん  2012年02月27日 21:38
トルコのギョベックリ・テペ遺跡(1万年以上前)の円形の石の壁も音がどうこう言っていたから、ルーツは一緒かもしれない。
4. 名無し隊員さん  2012年02月27日 22:16
エイブベリーのストーンサークルにしろ、スコットランドのサークルにしろ、使い勝手のいい巨石は長年にわたって近所の人間達によって切って運ばれて、家の壁やら石垣にされちゃってるんだから、それらの残骸だけ見てる現代人がああだこうだは言えないんだけどな。
5. 名無し隊員さん  2012年02月27日 22:25
> 古代遺跡の音響面に深い関心を抱いてきたスティーブン・ウォーラー(Steven Waller)氏
はじめに結論ありきっぽいなぁ
6. 名無し隊員さん  2012年02月27日 23:08
こないだのNHKの特集に出てたホープウェルとエイブベリーサークルが似てる。
なんだか考えさせられるなぁ。
7. 中身◆OZ3bFThwrE  2012年02月27日 23:48
コメ欄えらい炎上してんなぁ
8. 名無し隊員さん  2012年02月27日 23:51
エイブベリーサークルは見に行った事がある。
ストーンヘンジが修復中で見られなかったので。
9. 名無し隊員さん  2012年02月28日 03:46
考えすぎだろ
ただの祭りごとに使ったとか、神を祭ったとか、そのへんだろ
月日や時間を割り出すといっても、大体の感覚でしか作れてないだろうし。
そもそも不揃いのただのでかい石だしな。
太陽を神と崇めてた時代だろ?(揶揄してるわけじゃないぞ
10.    2012年02月28日 04:27
>>50頭良さそう
11. 名無し隊員さん  2012年02月28日 11:47
笙てアジア各地にあるんだな。知らんかった。
まぁ、魅力的だもんなぁ。
12. 名無し隊員さん  2012年02月29日 01:38
確かに雅楽って鑑賞するための音楽じゃないしなあ
13. 名無し隊員さん  2012年03月01日 19:45
周りに石が置かれてるだけで、この中で演奏すると無音になる場所があるのか
何も遮るものがないのにそんなスポットを見つけたら、神の力・領域を実感するのかもな
14. 名無し隊員さん  2012年06月19日 12:23
近くで見つかったウッドサークルの痕跡とか音響でどうせつめいすんのよ
15. 名無し隊員さん  2014年12月02日 02:25
ストーンサークルって、他に女性が入ると膝が震える場所、とか
色々あるらしいな

コメントする

名前
 
  絵文字